おすすめ海外ブローカーはこちら ▷
FXで勝てない人へ

FXのトレード手法は、リバ狙いの逆張りがおすすめ。
再現性と勝率が高く、リスクも低いため、FX初心者向けです。
詳しくはこちら↓

逆張りトレードの記事を読む ▷

Myfxbookのコピートレードサービス「Autotrade」の評判・メリット・デメリットまとめ

Autotradeは、Myfxbookの運営するコピートレードプラットフォームです。

Autotrade経由でアフィリエイト口座開設をすることで、無料でコピートレードができます。

コピートレードは自動売買よりも利益率が高く、VPSも不要で、パソコンが苦手な方でも使いやすいのが大きな特徴です。

ちなみにAutotradeでコピートレードをするなら、以下のストラテジーがおすすめ。

  • DRAGONSCALPER:口座残高1,200ドル、勝率69%、最大ドローダウン14%
  • systemone:口座残高12,000ドル、勝率67%、最大ドローダウン20%
  • NightVisionEA:口座残高1,700ドル、勝率72%、最大ドローダウン15%
  • Alpari DM:口座残高1,800ドル、勝率69%、最大ドローダウン19%
  • FINANCIALLY:口座残高22,000ドル、勝率70%、最大ドローダウン22%

コピートレードで安定した利益を出すなら、優秀なストラテジーを選ぶことが大切です。

この記事ではAutotradeのコピートレードについてわかりやすく解説していきます。

 

Autotradeの基礎知識

ここからはAutotradeの基礎知識について簡単にまとめておきます。

 

利用するには、Myfxbook経由の口座開設が必要

Autotradeを利用するには、Myfxbook経由で口座開設する必要があります。

Myfxbookのアフィリエイトリンクを経由して口座開設をすることで、Myfxbook側にアフィリエイト収入が入るからですね。これと後述のマークアップスプレッドが、Autotradeの収益源となります。

Autotradeに対応している海外ブローカーは以下の通り。

この中ならTradeviewが一番おすすめ。ウェブサイトやサポートデスクが日本語に対応しているため、日本人でも利用しやすいです。

スプレッドも狭く、取引回数の多いスキャル系のストラテジーでも利益を出しやすいはずです。

海外在住者なら、よりスプレッドの狭いIC Marketsで口座開設しましょう。ただし日本在住者は利用できません。

Autotradeの対応ブローカーは、Autotradeの「ライブ口座開設ページ」でも確認できます。

 

利用料金は無料(代わりにスプレッドが上乗せされる)

Autotradeの利用料金は無料ですが、代わりにマークアップスプレッドが上乗せされます。

マークアップスプレッドとは、通常のスプレッドに追加で上乗せされるスプレッドのこと。

この場合は海外ブローカーのスプレッドに加えて、Autotrade側でも追加でスプレッドが上乗せされるということです。

5. AutoTradeの手数料はどのようになっていますか?

それは口座によって異なります。一部のブローカーでは完全に無料ですが、他のブローカーでは小さなマークアップスプレッドがあります(これは、スプレッドの違いによるものです)。
同様のサービスが無料とされている理由を不思議に思われていますか?それは見えない部分に手数料が隠されているためです。

引用:Autotrade「よくある質問」

スプレッドはFXにおける手数料なので、大きくなるとコピートレードの利益率も少なくなってしまいます。

Autotradeも慈善事業ではなく、ビジネスとして成り立っています。サービスを賢く利用するなら、収益構造は理解しておきましょう。

 

ストラテジーの利益率は低め(月利1〜10%)

Autotradeのストラテジーの利益率は、月利1%から10%ほど。HotForexやcTraderコピートレードの月利20%〜30%と比べてもかなり低めです。

Autotradeのストラテジーは半分以上が自動売買で、裁量トレードをする人が少ないため、利益率が低くなりやすいのです。

利益率を重視するなら、AutotradeよりもHotForexのコピートレードcTraderのコピートレードの方がおすすめ。

 

Autotradeのメリット

ここからはAutotradeのメリットをまとめておきます。

 

メリット1、シミュレーションで将来得られる利益を予想できる

Autotradeの最大のメリットは、シミュレーションで将来の利益を予想できること。

ストラテジーを選択して、入金額や期間を設定すれば、将来得られる収益を計算できます。

例えば「Financially」というストラテジーを1カ月間フォローした場合のシュミレーションは以下の通り。

月間の利益率は10%で、1000ドル入金すれば100ドル稼げる計算になります。

最大ドローダウンが2%と非常に低く、取引回数も47回と多いため、ストラテジーとしては優秀な部類に入ります。

このように入金額と投資期間を調整して、得られる利益を細かく計算できるのが、Autotradeの強みです。

シュミレーターは、Autotradeの「シュミレーターページ」から利用できます。

 

メリット2、デモ口座でコピートレードを試せる

Autotradeではデモ口座を開設して、コピートレードを試してみることもできます。

Autotradeは口座残高が1,000ドル以上が条件なので、いきなり10万円入れるのが怖いなら、デモ口座でコピートレードを体験してみましょう。

特にコピートレードが初めてだと、優秀なストラテジーの区別がつきにくいため、ストラテジーの目利きができることは大切です。

デモ口座開設は、Autotradeの「デモ口座開設ページ」からおこないます。

 

メリット3、ストラテジーのソート機能が便利

Autotradeはストラテジーのソート機能が使いやすく、ストラテジーを月利の高い順や、登録者数の多い順に並べ変えることができます。

利益率を重視するなら、月間利益の高いストラテジーをフォローした方が良いですし、安定性を重視するなら、登録者数の多いストラテジーをフォローした方が良いでしょう。

ストラテジーのソート機能に関しては、Autotradeは使いやすい部類に入ります。

ソート機能は、Autotradeの「システム」で利用できます。

 

メリット4、初期費用が低い

Autotradeは初期費用が無料なため、資金の少ない初心者トレーダーでも気軽に始められます。もっともこれはAutotradeだけでなく、HotForexなどのコピートレード全般に言えることです。

逆にEA自動売買だと、EAを1つ買うだけで3万円前後の費用がかかってしまうため、資金の少ない人だと金銭的な負担も大きくなります。

FXに使える資金が10万円前後なら、初期費用の低いコピートレードの方がおすすめ。

 

メリット5、仮想専用サーバー(VPS)を契約しなくていい

AutotradeはMyfxbook側のサーバーでトレードをするため、利用者はVPSを契約する必要がありません。

VPSも月額2,000円前後の料金がかかるため、こうした費用を節約できるのもありがたいですね。

またVPSは基本的にWindowsOSを使うことになるため、UIの優れたMacOSに慣れた人だと、操作だけでストレスが溜まるかもしれません。

VPSの費用などを節約したい人、OSはMacOSだけを使いたい人は、コピートレードがおすすめ。

 

Autotradeのデメリット

ここからはAutotradeのデメリットをまとめておきます。

 

デメリット1、ストラテジーの種類が少ない(57種類)

Autotradeのストラテジーは、57種類と少なめ。ストラテジーの種類が少ないと、優秀なストラテジーの数も少なくなるため、コピートレードで利益を出しにくくなります。

それに対しHotForexのコピートレードならストラテジーは800種類以上、cTraderのコピートレードなら900種類以上あります。

特にcTraderは上級者向けのFX取引プラットフォームであるため、優秀なストラテジーの数も多く、コピートレードで利益を出しやすいです。

優秀なストラテジーを探すなら、cTraderのコピートレードがおすすめ。

 

デメリット2、フォロワー(コピーする側)は、スプレッドが広くなる

Autotradeでストラテジーをフォローすると、フォロワー口座はマークアップスプレッドが追加され、スプレッドがさらに広くなります。

スプレッドはFXにおける手数料なので、これが広がると利益率がダウンしてしまいます。スキャルピング系など取引回数の多いストラテジーだと、利益が出しにくくなるかもしれません。

Autotradeでコピートレードするなら、元のスプレッドが狭いTradeviewなどの海外ブローカーを利用しましょう。

 

デメリット3、口座残高は1,000ドル以上

Autotradeの口座残高は1,000ドル以上が条件で、それ以下の金額では入金できません。

1,000ドル以下でコピートレードをしたいなら、HotForexのコピートレードcTraderのコピートレードを使いましょう。

HotForexなら最低100ドルから、cTraderも200ドルか500ドルあたりからフォローできます。

 

Autotradeでの優秀なストラテジーの選び方

Autotradeでコピートレードするなら、以下の手順でストラテジーを選びましょう。

  • エクイティ(有効証拠金)が右肩上がり
  • 最大ドローダウンは20%以下
  • 勝率は60%以上
  • 口座残高が1,000〜2,000ドル

これらをある程度バランスよく満たしているストラテジーはこちら。

  • DRAGONSCALPER:口座残高1,200ドル、勝率69%、最大ドローダウン14%
  • systemone:口座残高12,000ドル、勝率67%、最大ドローダウン20%
  • NightVisionEA:口座残高1,700ドル、勝率72%、最大ドローダウン15%
  • Alpari DM:口座残高1,800ドル、勝率69%、最大ドローダウン19%
  • FINANCIALLY:口座残高22,000ドル、勝率70%、最大ドローダウン22%

口座残高1,000ドルで始めるなら、フォローするのストラテジーも口座残高1,000ドル前後が好ましいです。

コピートレードの取引ロット数は、ストラテジー口座とフォロー口座の残高比率で決まります。例えば口座残高10,000ドル以上のストラテジーをフォローすると、フォロー口座の取引ロット数は10分の1になってしまうからです。

そのため一部のストラテジーは、ある程度口座残高が増えると、フォロワー側のコピー比率を高く維持するために、残高が1,000ドル以下になるよう定期的に出金することがあります。

コピートレードで効率よく稼ぎたいなら、口座残高の少ないストラテジーをフォローしましょう。

 

Autotradeコピートレードで効率よく稼ぐコツ

Autotradeのコピートレードで効率よく稼ぎたいなら、以下の点に留意しましょう。

  • 最低1,000ドル以上入金する
  • フォローしたストラテジーは、なるべく見ないようにする
  • 口座残高のレスキュー機能は、使わないようにする
  • 数ヶ月・1年単位の長期的な利益を重視する

重要なのは、一度フォローしたストラテジーはなるべく見ないようにすること。

利益率の高いストラテジーは、トレード手法でナンピンを使うことがよくあります。ただナンピンは含み損が大きくなりやすいので、口座残高をこまめに確認する事は、精神衛生的に良くありません。

一度ストラテジーをフォローしたら、後は放置するだけでOKです。

とはいえ一部のストラテジーは利益が出せないと口座を削除することもあるので、月に1度はストラテジーが機能しているか確認しましょう。

 

まとめ:HotForex・cTraderのコピートレードの方がおすすめ

ここまでAutotradeのコピートレードについてわかりやすく解説してきました。

Autotradeでは、Myfxbookのアフィリエイトリンクから口座開設をすることで、無料でコピートレードができます。

開設する口座は、日本在住者ならTradeview、海外在住者ならIC Marketsがおすすめ。どちらもスプレッド・約定力が優秀で、上級者トレーダーも好んで利用しています。

フォローするストラテジーは以下の基準で選びましょう。

  • エクイティ(有効証拠金)が右肩上がり
  • 最大ドローダウンは20%以下
  • 勝率は60%以上
  • 口座残高が1,000〜2,000ドル

上の条件をある程度満たしているストラテジーはこちら。

  • DRAGONSCALPER:口座残高1,200ドル、勝率69%、最大ドローダウン14%
  • systemone:口座残高12,000ドル、勝率67%、最大ドローダウン20%
  • NightVisionEA:口座残高1,700ドル、勝率72%、最大ドローダウン15%
  • Alpari DM:口座残高1,800ドル、勝率69%、最大ドローダウン19%
  • FINANCIALLY:口座残高22,000ドル、勝率70%、最大ドローダウン22%

ただAutotradeはストラテジーの種類が少なく、優秀なトレーダーを見つけるのが難しいです。

時間と余力があるなら、HotForexのコピートレードcTraderのコピートレードも併用しましょう。

タイトルとURLをコピーしました