おすすめの海外FX業者はこちら!
海外FXでなかなか勝てない人へ

海外FXでのトレード勝率を上げたいなら、こちらの記事をどうぞ。
海外FXの基本戦術をまとめています。

おすすめトレード手法を見る ▷

AXIORY(アキシオリー)取引プラットフォーム「MT4・cTrader」の使い方・ダウンロード方法まとめ

AXIORYでは2種類の取引ツール「MT4・cTrader」が利用できます。

MT4は世界で最も普及しているFX取引ツールで、対応しているEA自動売買プログラム・インディケーターの種類が多いのが特徴。

一方cTraderはECN口座でのスキャルピングトレードと相性の良い取引ツールで、約定・決済のスピードが速く、操作性に優れています。

ではAXIORYでFXトレードをするなら、どちらの取引ツールを使った方が良いのでしょうか?

この記事ではAXIORYの取引プラットフォームを見ていきます。

取引プラットフォームは、AXIORYの「MT4cTrader」でも確認できます。

 

  1. AXIORY MT4のメリット
    1. メリット1、EA自動売買プログラムの種類が多い
    2. メリット2、カスタムインディケーターの種類が多い
    3. メリット3、利用者が多く、ネットの情報量も多い
    4. メリット4、対応している海外FX業者が多い
  2. AXIORY MT4のデメリット
    1. デメリット1、スマホ版MT4アプリの性能が低い
    2. デメリット2、公式のMetaQuotes社が開発を終了している
    3. デメリット3、Mac OSに対応していない
    4. デメリット4、全体的な動作が遅い
    5. デメリット5、操作性でMT5・cTraderに劣る
  3. AXIORY cTraderのメリット
    1. メリット1、約定・決済のスピードが速い
    2. メリット2、板情報を確認できる
    3. メリット3、cTraderツール内で経済指標を確認できる
    4. メリット4、チャート内で日本時間設定ができる
    5. メリット5、ワンタップ注文・決済が便利
  4. AXIORY cTraderのデメリット
    1. デメリット1、対応している海外FX業者が少ない(AXIORY・Tradeviewなど)
    2. デメリット2、自動売買の種類が少ない
    3. デメリット3、日本語の情報がまだ少ない
  5. AXIORYのMT4とcTraderを比較。どっちがおすすめ?
  6. AXIORYの「MT4・cTrader」に関するよくある質問
    1. AXIORY MT4のダウンロード方法は?
    2. AXIORY cTraderのダウンロード方法は?
    3. AXIORYのMT4・cTraderでログインできない場合は?
    4. AXIORYのMT4・cTraderに利用手数料はかかる?
    5. AXIORYでプラットフォームを変更できる?
  7. まとめ:自動売買ならMT4、裁量トレードならcTraderがおすすめ

AXIORY MT4のメリット

ここからはAXIORYでMT4を使うメリットを解説します。

 

メリット1、EA自動売買プログラムの種類が多い

MT4を使う最大のメリットは、EA自動売買の種類が多いこと。

MT4は世界で最も普及している取引ツールで、利用者もトップクラス。自動売買プログラムの販売マーケットも大きく、EA開発者の多くもMT4向けで開発しています。

MT5でもEA自動売買は利用できますが、MT4の方が種類は数倍多いです。

自動売買プログラムの数が多ければ多いほど、「当たりEA」を引ける確率も大きくなります。そのため海外FXで自動売買をする人の多くは、MT4を使っているのです。

ちなみにMT4で自動売買をするなら、無料EAから始めるのがおすすめ。無料EAはMQL5のフォーラムサイトで入手できます。

MT4は、AXIORYの「MT4」でダウンロードできます。

 

メリット2、カスタムインディケーターの種類が多い

またMT4はカスタムインディケーターの種類が多いのも特徴的。

チャート上に様々なインディケーターを組み込むことで、自分好みのチャートをカスタマイズできるようになり、チャート分析の効率がアップします。

とはいえMT4にはすでにインジケーターがインストールされており、新しいものをインストールしなくても、十分チャート分析は可能です。

個人的におすすめなインディケーターは「JPN_Time_SubZero.mq4」。これをインストールすると、MT4チャートで日本時間に変更できるようになります。

MT4にはチャートの表示時間を変更する設定がないので、こうしたインディケーターを使う必要があります。ちなみにMT4アプリには非対応です。

このインディケーターの設定方法は、こちらの記事が参考になります。

MT4は、AXIORYの「MT4」でダウンロードできます。

 

メリット3、利用者が多く、ネットの情報量も多い

MT4は世界中で普及しているため、利用者が非常に多いです。

利用者が多いということは、MT4の情報をネットで発信している人も多いということ。MT4でわからないことがあっても、ネットで検索すれば、すぐに答えを見つけられます。

海外FXが初めてで、ソフトやアプリの操作が苦手な方は、情報量の多いMT4がおすすめです。

MT4は、AXIORYの「MT4」でダウンロードできます。

 

メリット4、対応している海外FX業者が多い

MT4は利用者が多いためか、ほとんどの海外FX業者に対応しています。

XMやGemForexなど有名どころの海外FX業者なら問題なく利用できます。

例えばXMからAXIORYに乗り換えても、XMの時に使っていたMT4の設定は、そのままAXIORYで引き継げます。これが国内FX業者だと、プラットフォームがそれぞれ異なるため、1から設定し直す羽目になります。

ボーナス目当てなどでたくさんの海外FX業者を使うなら、対応業者が多いMT4に慣れることをおすすめします。

MT4は、AXIORYの「MT4」でダウンロードできます。

 

AXIORY MT4のデメリット

ここからはAXIORYでMT4を使うデメリットを紹介します。

 

デメリット1、スマホ版MT4アプリの性能が低い

スマホやタブレットでFXトレードをするなら、MT4アプリは性能が低いため、おすすめできません。

MT4アプリの不満点を列挙すると以下の通り。

  • チャートの同時表示ができない(iOS版MT5はできる)
  • ワンタップ注文・決済ができない(cTraderはできる)
  • 自動で損切りと利食いを設定できない(cTraderはできる)
  • 板情報 や経済指標を確認できない(cTraderはできる)
  • 日本時間表示ができない(cTraderはできる)

MT4アプリは、取引ツールとしてcTraderに大きく劣ります。そしてMT4最大の長所である自動売買も、MT4アプリだと利用できません。

cTraderアプリが使える以上、MT4アプリを使うメリットは少ないのです。

cTraderは、AXIORYの「cTrader」でダウンロードできます。

 

デメリット2、公式のMetaQuotes社が開発を終了している

また公式のMetaQuotes社は、MT4の開発を終了したと宣言しています。

現在はMT5の開発やアップデートに力を入れており、MT4に便利な機能が追加される可能性は低いです。

自動売買トレードにこだわるならMT4を使うのはアリですが、裁量トレードをするなら、もっと性能の高いcTraderを使った方が良いです。

AXIORYはcTraderに対応しているので、裁量トレードをするなら、積極的に利用したいですね。

cTraderは、AXIORYの「cTrader」でダウンロードできます。

 

デメリット3、Mac OSに対応していない

またMT4はMac OSに対応していません。

MetaTrader公式サイトにはMacOSのダウンロードボタンがあるように見えますが、実際には「Windows版をPlayOnMacで使う方法」のページに移動させられます。

MacユーザーがMT4を使う場合は、XMやAXIORYなどの海外FX業者で、Mac OS対応の専用MT4をダウンロードする必要があります。

MT4は、AXIORYの「MT4」でダウンロードできます。

 

デメリット4、全体的な動作が遅い

MT4はソフトウェアとして古く、全体的な動作が遅いです。

MT4は歴史が古く、当時のパソコンに合わせて作られているため、2020年新しいパソコンだと、正常に動作しない可能性もあります。

私もMac OS対応のMT4をMacBookで使ったことがありますが、うまくログインできなかったり、動作が停止したりすることがよくありました。

一方アプリ版のMT4であれば、最新のアンドロイドスマホでも問題なく起動できました。アプリの方は安全度が高いです。

MT4はソフトウェアとしては古い方で、最新のパソコンだと動作しない可能性があることは、覚えておきましょう。

MT4は、AXIORYの「MT4」でダウンロードできます。

 

デメリット5、操作性でMT5・cTraderに劣る

またMT4は操作性でMT5・cTraderに劣ります。

特にMT4はワンタップ注文・決済ができないため、迅速な判断が必要なスキャルピングトレードだと、注文が遅れがちになります。

それに対して、cTraderはワンタップ注文ができますし、自動で損切り・利食いの設定もできるため、安全かつ迅速なトレードができるようになります。

デイトレードやスイングトレードをするにしても、操作性に優れたcTraderの方がお勧め。

cTraderは、AXIORYの「cTrader」でダウンロードできます。

 

AXIORY cTraderのメリット

ここからはAXIORYでcTraderを使うメリットを見ていきます。

 

メリット1、約定・決済のスピードが速い

cTraderの最大の特徴は、約定スピードが非常に速いこと。注文ボタンを押せばすぐに約定が決まります。

約定スピードが速ければ、スリッページやリクオートが起こりにくくなり、トレードの損失を大幅に抑えられます。

取引回数の多いスキャルピングトレードでは、0.1 pipsの損失も赤字につながります。そのため1回1回の注文を確実に通せるcTraderは、スキャルピングトレードと相性が良いのです。

cTraderは、AXIORYの「cTrader」でダウンロードできます。

 

メリット2、板情報を確認できる

cTraderでは板情報を確認できます。

板情報とは、一定の価格帯での「売り」と「買い」の注文量を表示した表のこと。売りと買いのどちらが強いのかが一目でわかります。

移動平均線などのテクニカル指標と組み合わせれば、より効率の良いチャート分析が可能になります。

それと板情報はアプリ版のcTraderでも確認できます。スマホでもこれほど高度な情報収集ができるのは助かりますね。

cTraderは、AXIORYの「cTrader」でダウンロードできます。

 

メリット3、cTraderツール内で経済指標を確認できる

さらにcTraderでは取引ツール内で経済指標を確認できます。

MT4でも専用インディケーターをインストールすれば導入できますが、cTraderだとデフォルトで設定されているわけですね。

cTraderの経済指標では、発生する時間帯だけでなく、指標の影響度や前回の変動値も表示されます。必要最低限の情報収集がツール内で済ませられるのは便利ですね。

注意点として、cTraderの標準時間はデフォルトだとUTC+0になっていること。日本時間を基準にしたいなら、UTC+9に設定しておきましょう。

cTraderは、AXIORYの「cTrader」でダウンロードできます。

 

メリット4、チャート内で日本時間設定ができる

cTraderでは、チャート内の表示時間を日本時間に設定できます。

これは国内FXだと当たり前の機能ですが、MT4にはその機能が備わっていません。パソコン版ならインジケーターをインストールすればいいですが、アプリ版だと日本時間を表示できないのです。

それに対しcTraderなら、パソコン版でもアプリ版でも、標準時間をUTC+9にすることで、表示時間を日本時間に変更できます。

チャート時間が日本時間と同じになれば、注文時間を間違えたり、勘違いしたりするリスクの低減できますね。

cTraderは、AXIORYの「cTrader」でダウンロードできます。

 

メリット5、ワンタップ注文・決済が便利

cTraderではワンタップでの注文・決済が可能です。

トレードの注文に必要な動作が最小限に抑えられ、トレードのスピードがアップするため、スキャルピングトレードをする人には嬉しい機能です。

さらにcTraderではワンタップ注文をしたときに、損切り・利食いのタイミングも事前に設定できます。

例えば損切りを20 pips、利食いを60 pipsと設定しておけば、うっかり損切りの設定を忘れてしまうこともなくなります。

ただしcTraderには、「保有ポジションを2倍にする」などのリスキーな機能もワンタップで利用できます。操作ミスによる損失を抑えるためにも、まずは0.01ロットから取引を始めましょう。

操作に慣れるまでは、cTraderのデモ口座を使った方がいいかもしれません。

cTraderは、AXIORYの「cTrader」でダウンロードできます。

 

AXIORY cTraderのデメリット

ここからはAXIORYでcTraderを使うデメリットなどを見ていきます。

 

デメリット1、対応している海外FX業者が少ない(AXIORY・Tradeviewなど)

cTraderが使える海外FX業者は少ないです。

代表的なところだとAXIORYとTradeviewぐらいでしょうか。日本で有名なXMやGemForexでは、cTraderは利用できません。

もしXMでMT4でトレードをしていて、AXIORYのcTraderに乗り換えたら、cTraderでチャートの設定をやり直すことになります。

そしてXMやGemForex、LAND-FXなどボーナスの豊富な海外FX業者で、MT4の設定を使い回すこともできなくなります。

cTraderでFXトレードをするなら、使える海外FX業者はAXIORYとTradeviewだけと考えておきましょう(他にもありますがおすすめ度は低め)。

cTraderは、AXIORYの「cTrader」でダウンロードできます。

 

デメリット2、自動売買の種類が少ない

cTraderでも自動売買は利用できますが、利用できる自動売買プログラムの種類が少ないです。

cTraderフォーラムサイトの「cBots」で自動売買プログラムをダウンロードすれば、手軽に自動売買が可能です。ただcTraderの自動売買プログラムの数は、MT4と比べると少ないのが現状です。

またMT4・MT5の自動売買プログラムは、cTraderでは利用できません。海外FXで自動売買をするなら、MT4の方がまだ優勢といえます。

cTraderは、AXIORYの「cTrader」でダウンロードできます。

 

デメリット3、日本語の情報がまだ少ない

cTraderは比較的新しい取引ツールで、日本人の利用者もそれほど多くありません。

そのためネット上を探しても日本語の情報が比較的少なく、わからないことがあっても自力で解決するのが難しいです。

海外FXが初めてで、ソフトウェアの操作が苦手な方は、操作のシンプルなMT4から試してみましょう。

MT4は、AXIORYの「MT4」でダウンロードできます。

 

AXIORYのMT4とcTraderを比較。どっちがおすすめ?

MT4とcTraderの違いをまとめると、こんな感じです。

MT4cTrader
ワンタップ注文・決済できないできる
板情報なしあり
約定スピード平均的速い
自動売買プログラム多い少ない
カスタムインディケーター多い少ない

MT4はEA自動売買プログラムとインジケーターの種類が多め。海外FXで自動売買をするなら、今のところはMT4の方がおすすめです。

それに対しcTraderはワンタップ注文・決済による操作性が優れており、裁量トレードと相性が良いです。

さらにcTraderでは、板情報や経済指標の確認もでき、ツール内で最低限の情報収集が済ませられます。

したがって私が個人的におすすめするなら、自動売買トレードをする人にはMT4、裁量トレードをする人にはcTraderです。

MT4・cTraderは、AXIORYの「MT4cTrader」で確認できます。

 

AXIORYの「MT4・cTrader」に関するよくある質問

ここからはAXIORYの取引ツール「MT4・cTrader」について、よくある質問にお答えします。

 

AXIORY MT4のダウンロード方法は?

MT4は、AXIORYの「MT4」でダウンロードできます。

 

AXIORY cTraderのダウンロード方法は?

cTraderは、AXIORYの「cTrader」でダウンロードできます。

 

AXIORYのMT4・cTraderでログインできない場合は?

MT4・cTraderにログインするには、口座アカウント番号とログインパスワードの2つが必要です。

これらの情報は、AXIORYで口座開設した後に届くメールに記載されています。

メールをなくしてしまった方は、AXIORYのサポートデスクに問い合わせましょう。

 

AXIORYのMT4・cTraderに利用手数料はかかる?

AXIORYのMT4・cTraderは、無料で利用できます。

海外FX業者で発生する手数料は、基本的にスプレッドと取引手数料のみです。

 

AXIORYでプラットフォームを変更できる?

AXIORYでは一度設定した取引プラットフォームは変更できません。MT4の口座アカウントでは、cTraderは利用できないわけです。

もし別の取引プラットフォームを使いたいのなら、追加口座を開設しましょう。

追加口座開設は、AXIORYの「トップページ→MyAxiory」から行います。

 

まとめ:自動売買ならMT4、裁量トレードならcTraderがおすすめ

ここまでAXIORYの取引プラットフォームについて説明してきました。

AXIORYでは「MT4・cTrader」の2種類の取引ツールが利用できます。

MT4はEA自動売買プログラムとインディケーターの種類が多く、海外FXの自動売買する人におすすめ。

それに対しcTraderは約定スピードが非常に速く、操作性にも優れているため、裁量トレードと相性が良いです。

どちらか迷ったら、cTraderがおすすめ。取引ツールとしての完成度が高いため、デイトレードやスイングトレードでも力を発揮します。

取引プラットフォームは、AXIORYの「MT4cTrader」でダウンロードできます。

タイトルとURLをコピーしました