おすすめ海外ブローカーはこちら ▷
海外FXで勝てない人へ

FXの勝率を上げるなら、逆張りトレードがおすすめ。
再現性・利益率が高く、効率的に稼ぎやすいです。
詳細はこちら↓

おすすめトレード手法を見る ▷

MT4でのEA自動売買におすすめの海外FX業者まとめ

MT4でのEA自動売買で収益を出すなら、ブローカー選びは大切。

スプレッドが狭くて、約定率が高いブローカーを選ぶことで、自動売買の利益率もアップするからです。

中でもおすすめのブローカーは以下の4つ。

自動売買が初めてなら、AXIORYが一番おすすめ。

ウェブサイトや会員ページが使いやすく、最大10口座まで開設できるため、複数のEAを同時運用をしたい人と相性が良いからです。

もっと収益源を分散したいなら、コピートレードに対応しているHotForexTradeviewも検討しましょう。

この記事ではMT4でのEA自動売買におすすめの海外FX業者を紹介します。

 

自動売買向け海外FX業者の選び方

海外FXで自動売買をするなら、以下の基準でブローカーを選びましょう。

  • スプレッドが狭い
  • ECN口座の取引手数料が低い(目安は1ロット往復6ドル)
  • 約定力が高い
  • マイナススリッページが少ない
  • 追加口座をたくさん作れる

これらの条件をある程度バランスよく満たしているのは以下の4つ。

中でもAXIORYは、ウェブサイトや会員ページが使いやすく、追加口座もたくさん作れるため、いろいろなEAを試したい人と相性が良いです。

逆にXMGemForexFBSなどは、スプレッドが広く、約定力がそれほどでもないため、自動売買とは相性があまりよくないです。

 

自動売買におすすめの海外FX業者

ここからは自動売買と相性の良い海外FX業者の4つを紹介します。

 

AXIORY:最大10口座作れて、初心者におすすめ

AXIORY」の詳細スペックは以下の通り。

  • 取引手数料:6ドル
  • 最大口座数:10口座
  • 取引プラットフォーム:MT4cTrader
  • 口座放置ペナルティ:なし

EA自動売買が初めてなら、最初の海外ブローカーはAXIORYがおすすめ。

ウェブサイトが日本語に対応しており、会員ページも使いやすく、海外ブローカーが初めての日本人利用者でも使いやすいです。

また最大口座数が10口座と多いため、新しいEAをいろいろと試したり、複数のEAと同時運用してポートフォリオを組んだりもできます。

さらにAXIORYは口座放置ペナルティがないため、リアル口座の残高をゼロにしたまま長期間放置しても、口座が休眠・凍結になることがありません。

AXIORYはスプレッドと約定力が優秀で、最大口座数も10口座と多いことから、自動売買トレーダーの間でも人気のある海外ブローカーです。

詳しくはAXIORY公式サイトをご覧ください。

 

HotForex:コピートレードと併用できる

HotForex」の詳細スペックは以下の通り。

  • 取引手数料:5〜8ドル
  • 最大口座数:5口座
  • 取引プラットフォーム:MT4MT5
  • 口座放置ペナルティ:60日間放置で、口座アーカイブ(復元可能)

AXIORYの10口座を使い切ったら、次のブローカーはHotForexがおすすめ。

またHotForexのゼロスプレッド口座は、取引手数料が1ロット往復最低5ドルと最安値クラス。上級者に人気なTradeviewと同レベルです。

会員ページもXMと似たようなデザインになっており、全体的に使いやすく、複数口座の管理もしやすいです。

ただしゼロスプレッド口座はSTP口座で、取引プラットフォームはMT4にしか対応していません。MT5で自動売買をするなら、Tradeviewを選びましょう。

詳しくはHotForex公式サイトをご覧ください。

 

Tradeview:cTraderコピーと併用できる

Tradeview」の詳細スペックは以下の通り。

  • 取引手数料:5〜6ドル
  • 最大口座数:5口座
  • 取引プラットフォーム:MT4MT5cTraderCURRENEX
  • 口座放置ペナルティ:6ヶ月放置で休眠、1年放置で凍結

自動売買の利益率をさらにアップさせたいなら、Tradeviewもおすすめ。

MT4 ECN口座の取引手数料が、1ロット往復5ドルと非常に低く、自動売買の利益率が大きく上がります。

さらにTradeviewはMT5にも対応しているため、MT5で優秀なEAを持っているなら、MT4自動売買と併用してリスク分散もできます。

デメリットは、会員ページが使いにくいこと。1口座1アカウントでのログインとなるため、複数口座の管理ができません。

海外ブローカーとしての性能は高いものの、使い勝手があまり良くないことから、上級者向けのブローカーといえます。

詳しくはTradeview公式サイトをご覧ください。

 

TradersTrust:VIP口座の取引手数料が低い(往復3ドル)

TradersTrust」の詳細スペックは以下の通り。

  • 取引手数料:3〜6ドル
  • 最大口座数:3口座(4口座目以降はサポートデスクで申請)
  • 取引プラットフォーム:MT4
  • 口座放置ペナルティ:90日放置で口座アーカイブ(復元不可)

自動売買の利益率を最大限まで上げたいなら、TradersTrustもおすすめ。

TradersTrustのVIP口座は、取引手数料が1ロット往復3ドルと最安値クラス。ただし利用には200万円の入金が必要です。

TradersTrustも約定率が優秀で、マイナススリッページが少ないことから、EA自動売買トレーダーに人気のあるブローカーです。

詳しくはTradersTrust公式サイトをご覧ください。

 

MT5で自動売買するなら、Tradeviewがおすすめ

メタトレーダーで自動売買をするなら、基本的にはMT4の方がおすすめ。

MT4は世界中で利用者が多く、ほとんどの海外ブローカーが対応しており、EAの市場規模も大きいため、EAの選択肢が大きいからです。

逆にMT5は、対応しているブローカーの数が少なく、EAの市場規模が小さいため、EAの選択肢が限られます。

それでもMT5で自動売買がしたいなら、ブローカーはTradeviewがおすすめ。スプレッドが狭く、約定力も優秀で、EA自動売買でも利益が出しやすいです。

MT5のダウンロードは、Tradeviewの「MT5ページ」からおこないます。

 

まとめ:自動売買が初めてなら、AXIORYがおすすめ

ここまでEA自動売買におすすめの海外ブローカーを紹介してきました。

中でもおすすめなのは以下の4つ。

自動売買が初めてなら、まずはAXIORYがおすすめ。

AXIORYはウェブサイトが日本語に対応しており、口座開設も簡単で、EA自動売買を始めやすいからです。

さらにリアル口座を最大10口座まで作れるため、様々なEAを試したり、複数のEAを運用してリスク分散したりもできます。

まずはAXIORYで口座開設して、EA自動売買に慣れてきたら、HotForexのコピートレードcTraderのコピートレードでさらにリスク分散しましょう。

口座開設は、AXIORYの「口座開設ページ」から行えます。

タイトルとURLをコピーしました