GemForexで最大2万円ボーナスをゲットしよう!
海外FX業者のおすすめは?

海外FX業者選びで迷ってしまったら、以下の記事を読んでください。↓

おすすめ海外FXを見る ▷

FBS対応アプリは「MT4・MT5・FBS Trader」の3種類。ダウンロード方法・使い方まとめ

FBSでは3種類の取引アプリが利用できます。

  • MT4アプリ
  • MT5アプリ
  • FBS Traderアプリ

FBSでスマホによるトレードをするなら、トレードアプリはMT5がおすすめ。

大画面スマホなら1画面で2つのチャートを表示できますし、iOS版ならチャートを見ながらワンタップ注文もできるからです。

もっと詳しく知りたい人のために、この記事ではFBSの対応アプリ「MT4・MT5・FBS Trader」の特徴をわかりやすく解説していきます。

アプリのダウンロードは、FBS公式サイトの「取引プラットフォーム」から行えます。

 

FBSの対応アプリは「MT4・MT5・FBS Trader」の3種類

冒頭でも述べた通り、FBSでは3種類の取引アプリが利用できます。

主な特徴は以下の通り。

  • MT4:日本人利用者が多く、無難な使い勝手
  • MT5:MT4よりも使い勝手が良くなっている
  • FBS Trader:全体的に使いにくい

アプリのダウンロードや詳細確認などは、FBS公式サイトの「取引プラットフォーム」からも行えます。

ここからはそれぞれのアプリの特徴を見ていきます。

 

FBS MT4アプリの特徴

ここからはFBSのMT4アプリの特徴を見ていきます。

 

MT4アプリのメリット

FBSでMT4アプリを使うメリットは以下の通り。

  • FBSで口座開設していなくてもデモ口座を試せる
  • シンプルなデザインで、海外FX初心者でも慣れやすい
  • 時間足の切り替えがスムーズ
  • 日本人利用者が多く、わからないことがあっても解決しやすい
  • 対応している海外FX業者が多い

MT4は世界で最も普及しているFX取引ツールで、対応している海外FX業者が多いのも特徴。

MT4アプリの使い方を覚えておけば、後でXMGemForexに切り替えても、ノウハウを生かせます。

またはMT4アプリは日本人利用者が多いため、わからないことがあってもすぐにネットで答えを見つけられますし、Twitterで質問することもできます。

海外FXが全くの初めてで、スマホトレードに自信がないなら、MT4アプリがおすすめ。

MT4アプリのダウンロードや詳細確認などは、FBS公式サイトの「取引プラットフォーム」から行えます。

 

MT4アプリのデメリット

FBSでMT4アプリを使うデメリットは以下の通り。

  • 約定スピードや操作スピードが少し遅い
  • ワンタップ注文ができない
  • 自動で損切り・利食いの設定ができない
  • 板情報や経済指標等の確認ができない
  • EA自動売買が使えない(デスクトップ版MT4のみ利用可能)

MT4アプリはMT5アプリと比べると、約定スピードが遅めで、操作ももっさりしています。手早い操作が求められるスキャルピングトレードとは相性が悪いでしょう。

高性能取引ツール「cTraderアプリ」と比べても、見劣りするところが多いです。ワンタップ注文や自動の損切り設定、経済指標の確認などもできません。

スマホアプリで快適な裁量トレードしたいなら、cTraderアプリを使いましょう。cTraderアプリはAXIORYとTradeviewで利用できます。

詳しくはAXIORY公式サイトTradeview公式サイトをご覧ください。

 

FBS MT5アプリの特徴

ここからはFBSのMT5の特徴を解説します。

 

MT5アプリのメリット

FBSでMT5アプリを使うメリットは以下の通り。

  • 注文方法が5種類から7種類に増えている
  • ワンタップ注文・決済ができる(iOS版のみ)
  • 板注文ができる
  • 1画面で2チャートを同時表示できる(大画面スマホのみ)
  • 通貨ペア・時間足の切り替えがスムーズ

MT5アプリの最大の特徴は、1つの画面で2つのチャートを表示できること。この機能をうまく活用すれば、チャート分析が効率的になります。

例えば1時間足のチャートで全体的な相場の流れを読みつつ、5分足のチャートでエントリーのタイミングを見極めるといった具合ですね。

これはcTraderアプリにもない機能。この機能のためだけにMT5アプリの利用を考えても良いレベルです。

あともう一つ大きな特徴は、iOS版限定でワンタップ注文ができること。チャートを表示させたまま注文ができるため、迅速な判断が求められるスキャルピングトレードと相性が良いです。

FBSのMT5アプリのダウンロードは、FBS公式サイトの「取引プラットフォーム」から行えます。

 

MT5アプリのデメリット

FBSでMT5アプリを使うデメリットは以下の通り。

  • Android版だとチャートを見ながらのワンタップ注文ができない
  • 対応している海外FX業者の種類が少ない
  • ツール内で経済指標を確認できない
  • cTraderと比べると機能性は劣っている

MT5アプリの最大の欠点は、対応している海外FX業者の数が少ないこと。

そのためMT5アプリの操作になれたとしても、他の海外FX業者でそのノウハウを生かしにくいです。MT5アプリが使える海外FX業者の代表は、XMLAND-FXあたりでしょうか。

またMT5アプリはMT4アプリよりも使いやすくなってはいるものの、cTraderアプリと比べると使い勝手は良くないです。

裁量トレードの勝率をあげたいなら、操作性と機能性に優れたcTraderアプリを使った方が良いです。

cTraderアプリはAXIORYとTradeviewで利用できます。詳しくはAXIORY公式サイトTradeview公式サイトをご覧ください。

 

FBS Traderの特徴

FBS TraderはFBSオリジナルの取引ツールアプリです。

ここからはFBS Traderの詳細を見ていきます。

 

FBS Traderのメリット

FBS Traderアプリを使うメリットは以下の通り。

  • アプリにパスコードや指紋認証を設定できる
  • デモ口座を開設できる(MT4・MT5アプリでも可能)

試しに使ってみましたが、アプリでパスコードと指紋認証を設定できるのは面白いと感じました。MT4・MT5アプリだと、いちどログインしたらそのままですからね。

ただ私の使っているスマホ自体に指紋認証があるため、アプリでパスコードや指紋認証を使えても、それほど大きなメリットとは感じませんでした。

逆に言えば見出せるメリットはそれぐらいで、MT4・MT5アプリと比べると使いにくいです。

FBS Traderアプリの詳細は、FBS公式サイトの「取引プラットフォーム」で確認できます。

 

FBS Traderのデメリット

FBSトレーダーアプリを使うデメリットは以下の通り。

  • 利用にはFBSのアカウントが必要
  • ログイン時にパスワードを自動入力してくれない
  • チャートを大画面で確認できない
  • アプリ内の日本語の翻訳が雑
  • 取引ツールアプリとして使いにくい

FBSトレーダーではデモトレードをするのにも、FBSの口座開設が必要です。MT4・MT5アプリのように、登録なしでデモ口座を開設できません。

またFX取引ツールとしての使い勝手もMT4・MT5アプリよりも劣っており、このアプリを使うメリットが見出せませんでした。

スマホアプリでFXトレードをするなら、MT4・MT5アプリで十分です。

FBS対応アプリは、FBS公式サイトの「取引プラットフォーム」で確認できます。

 

FBSのスマホアプリでトレードするなら、MT5がおすすめ

FBSでスマホトレードをするなら、MT5アプリがおすすめ。

理由としては、

  • 全体的な動作が早い
  • 1画面で2チャートを同時表示できる(大画面スマホのみ)
  • チャートを表示しながらワンタップ注文ができる(iOS版のみ)
  • 板注文を利用できる

などが挙げられます。

特に1画面で2つのチャートを同時表示できる機能は非常に便利。

1時間足で全体的な流れを読んで、5分足でエントリーポイントを見極めれば、より効率的なトレードができるようになります。

FXトレードは基本的に情報量が多い方が有利です。複数の時間足や通貨ペアチャートを同時に分析すれば、収益化のチャンスも増えますからね。

FBSのMT5アプリのダウンロードは、FBS公式サイトの「取引プラットフォーム」から行えます。

 

FBSアプリのダウンロード方法・始め方

FBSではアプリをダウンロードしただけでは、トレードは始められません。

ここからはFBSでアプリによるトレードの始め方を解説します。

 

手順1、FBSで口座開設しておく

FBSの対応アプリでトレードをするには、FBSの口座アカウントが必要です。

まだFBSのアカウントを持っていない方は、こちらのFBS口座開設ページから口座開設を済ませておきましょう。

 

手順2、口座開設後に届くメールで、パスワードを確認しておく

FBSでの口座開設が終わると、登録したメールアドレスに口座開設完了のメールが届きます。

メールには以下の3つの重要情報が含まれています。

  • 口座アカウント番号
  • ログインパスワード
  • 取引サーバー名(FBS-Real-5など)

これらはログインするときに必要になるので、なくさないよう保管しておきましょう。

 

手順3、FBS公式サイトの「取引プラットフォーム」からダウンロードする

次はFBS対応アプリのダウンロードです。

アプリのダウンロードは、FBS公式サイトの「取引プラットフォーム」とから行います。

アプリへのリンクをクリックすることで、App StoreやGoogle playストアなどのサイトにアクセスでき、そこからアプリをダウンロードできるようになります。

 

手順4、アプリを起動し、ログインパスワードを入力する

アプリを起動したら、まずはログインしましょう。

ログインするには、以下の情報が必要となります。

  • 口座アカウント番号
  • ログインパスワード
  • 接続するサーバー名

これらの情報はFBSで口座開設した後に送られてくるメールに記載されています。

ログインが完了すれば、FBSでFXトレードができるようになります。口座残高がゼロの人は、FBS会員ページから入金しておきましょう。

 

FBSアプリに関するよくある質問

ここからはFBSのアプリに関してよくある質問にお答えします。

 

FBS対応アプリはどこからダウンロードする?

FBS対応アプリは、App StoreもしくはGoogle Playでダウンロードできます。どのアプリも無料でダウンロードできます。

FBS対応のアプリ・デバイスは、FBS公式サイトの取引プラットフォームで確認しましょう。

 

FBSで口座開設せずに、MT4・MT5アプリを試せる?

MT4・MT5アプリは、FBSの口座アカウントがなくてもデモ口座を開設できます。口座残高は10万円。

アプリの使い勝手を試したいだけなら、FBSで口座開設せずに、MT4・MT5アプリをダウンロードしましょう。

ただしFBS Traderのデモ口座を使うには、FBSのアカウントが必要となります。

アプリのダウンロードは、FBS公式サイトの「取引プラットフォーム」から行えます。

 

MT4アプリとMT5アプリなら、どっちがおすすめ?

スマホで裁量トレードをするなら、MT5アプリがおすすめ。

特に大画面スマホだと1画面で2チャートを同時表示でき、チャート分析の効率が良くなるからです。FXは情報量が多いほど有利になると心得ておきましょう。

MT4・MT5アプリの詳細は、FBS公式サイトの「取引プラットフォーム」をご覧ください。

 

MT4/MT5アプリで自動売買はできる?

MT4・MT5アプリでは自動売買はできません。これはブラウザ版のウェブトレーダーも同様です。

自動売買ができるのは、デスクトップ版のMT4・MT5のみです。

デスクトップ版MT4・MT5のダウンロードは、FBS公式サイトの「取引プラットフォーム」から行えます。

 

FBSではcTraderアプリは使えないの?

FBSではcTraderアプリは利用できません。

cTraderアプリを利用したいなら、AXIORYかTradeviewで口座開設をしましょう。

詳しくはAXIORY公式サイトTradeview公式サイトをご覧ください。

 

まとめ:FBSでスマホトレードをするなら、まずはMT5アプリがおすすめ

ここまでFBSの対応アプリについて解説してきました。

FBSでは3種類のアプリを利用できます。ざっくりとした特徴は以下の通り。

  • MT4:日本人利用者が多く、無難な使い勝手
  • MT5:Mt 4よりも使い勝手が良くなっている
  • FBS Trader:全体的に使いにくい

3つのアプリの中で1番おすすめなのはMT5アプリ。

MT5アプリは1画面で2チャートを同時表示でき、チャート分析の効率がよくなるからです。

さらにiOS版だとチャートを表示しながらのワンタップ注文もでき、デイトレードやスキャルピングトレードも快適になります。

FBSアプリ3つのどれかで迷ったら、まずはMT5アプリから試してみましょう。

MT5アプリの詳細は、FBS公式サイトの「取引プラットフォーム」で確認できます。

タイトルとURLをコピーしました