GemForexで最大2万円ボーナスをゲットしよう!
海外FX業者のおすすめは?

海外FX業者選びで迷ってしまったら、以下の記事を読んでください。↓

おすすめ海外FXを見る ▷

FBSの口座解約・退会方法まとめ。解約前にやることは?

FBSには専用の口座解約フォームがなく、公式も口座解約はできないと言っています。

口座解約の代わりに使われるのが、口座アーカイブ。

FBSでは90日間口座を使わずに放置することで、口座がアーカイブ状態になり、ログインできなくなります。これを口座解約と割り切りましょう。

また口座を解約する前には、以下の3つをやっておきましょう。

  1. 口座から全額出金する
  2. 保有ポジションをすべて決済しておく
  3. 取引履歴をダウンロードしておく

ここからはFBSの口座解約方法と、解約前にやっておくべきことを解説します。

口座アーカイブの詳細は、FBS会員ページの「口座アーカイブ」で確認できます。

 

FBSで口座解約(削除)はできない

冒頭でも述べた通り、FBSでは口座解約の専用フォームがなく、サポートデスクからも口座解約の申請はできません。

誰かがFBSサポートデスクに「口座解約したい」と尋ねたところ、FBSは以下の回答をしています。

Please, be informed that FBS does not close any accounts in order for you to be able to restore access to them at any time. If you do not need your account anymore, you can simply stop using it – it will be archived after 90 days of inactivity.

We would like to remind you that Demo accounts are valid for 45 days, after that they are being deleted automatically.

FBSはアカウントへのアクセスをいつでも復元できるようにするため、アカウントを閉鎖しないことに注意してください。 アカウントが不要になった場合は、アカウントの使用をやめることができます。90日間使用しないとアーカイブされます。

デモアカウントは45日間有効であり、その後は自動的に削除されることをお知らせします。

引用元:I want to delete my account.

日本語訳にもある通り、FBSではアカウントが閉鎖できないことが書かれていますね。

そしてアカウントが不要になった場合は、口座を90日間放置してアーカイブさせることを推奨しています。なおデモ口座の場合、45日間放置でアカウントが削除されるとのこと。

口座アーカイブの詳細は、FBS会員ページの「口座アーカイブ」で確認しましょう。

 

口座解約の代わりに、口座アーカイブを利用する(90日間放置)

FBSでは口座解約ができず、代わりに口座アーカイブを利用します。

アーカイブとは、書類や文章などを長期間安全に保存すること。口座アーカイブでは不正ログインを防ぐべく、口座データをFBSの安全な場所に保管します。

FBSの口座アーカイブは、90日間トレードをせずに口座を放置していると発動します。アーカイブされた口座は、FBS会員ページから復元することも可能。

逆に言えば、使わなくなった口座は90日間放置することで、安全にアーカイブすることができます。

アーカイブされた口座はログインパスワードを入力しても、ログインできないため、安全といえば安全ですね。

口座アーカイブの詳細は、口座開設後のFBS会員ページでも確認できます。

 

FBSで口座を解約(アーカイブ)する前にやっておくこと

FBSで使わなくなった口座はアーカイブすることで、実質的に解約できます。

ただ口座を解約する前にいくつかやっておくべきことがあります。

 

その1、口座から全額出金しておく

FBSで口座をアーカイブする前には、口座内の資金を全て出金しておきましょう。

出金手続きは、FBS会員ページから行えます。

口座に資金を入れたまま口座アーカイブされても、復元すれば口座の資金は出金できます。ただ口座内のお金を無意味に遊ばせておくのももったいないですからね。

FBSでは6種類の出金方法を利用できます。

  • bitwallet
  • VISAクレジットカード
  • JCBクレジットカード
  • SticPay
  • Perfect Money
  • Bonsai Trader Exchanger Money

出金方法のおすすめはbitwallet。利益出金ができ、出金手数料も824円と安く、サービスが日本語に対応しているからです。

出金方法の詳細は、FBS公式の「出金ページ」をご覧ください。

 

その2、保有ポジションを全額決済しておく

FBSで口座アーカイブする前には、保有ポジションのすべて決済しておきましょう。

FBSの口座アーカイブが発動すると、MT4・MT5にログインできなくなり、注文や決済もできなくなります。

保有ポジションの決済は、取引ツールMT4・MT5で行います。

取引ツールを削除してしまった方は、FBS公式サイトの「取引プラットフォーム」からまたダウンロードしましょう。

デスクトップ版をダウンロードするのがめんどくさいなら、アプリ版のMT4・MT5を使いましょう。

MT4・MT5はデスクトップ版よりもアプリ版の方が動作が安定します。ポジションを決済するだけなら、アプリ版で十分でしょう。

FBS対応アプリも、FBS公式サイトの「取引プラットフォーム」からダウンロードできます。

 

その3、取引ツールから取引履歴をダウンロードしておく

FBSで口座アーカイブをする前には、その口座の取引履歴もダウンロードしておきましょう。口座を復元しても、取引履歴までは復元できない可能性があるからです。

MT4・MT5の取引履歴がダウンロードできるのは、デスクトップ版のみ。ウェブブラウザ版やアプリ版ではダウンロードできません。

取引履歴のダウンロード方法は、こちらの記事が参考になります。

デスクトップ版MT4・MT5のダウンロードは、FBS公式サイトの「取引プラットフォーム」からおこないましょう。

 

FBSの口座アーカイブ後におすすめの海外FX業者

FBSで口座解約を検討するのは、FBSが合わなかったからかもしれません。

FBS以外にも魅力的な海外FX業者はたくさんあるので、自分に合わないと感じたら乗り換えを検討しましょう。

ここからはFBSの代わりとしておすすめの海外FX業者を3つ紹介します。

 

XM:日本人利用者が多く、少額トレード向け

FBSは公式サイトの日本語訳が雑で、海外FXが初めての人には使いにくいかもしれません。

海外FXで初めての人にまずおすすめしたいのがXMという業者。サイトのデザインがシンプルで、海外FXが初めての人でも使いやすいです。

また日本人利用者も多いため、わからないことがあっても、ネットで検索をかければ簡単に答えが見つかります。

さらにXMでは以下の3種類のボーナスもあります。

  • 3,000円の口座開設ボーナス
  • 最大5万円の100%入金ボーナス
  • 最大45万円の20%入金ボーナス

FBSと違ってボーナスの仕組みもシンプルで、入金するだけで自動付与されます。ボーナスの取りこぼしが生じにくいのがいいですね。

ボーナスの詳細は、XM公式の「プロモーションページ」で確認できます。

 

LAND-FX:最大50万円の入金ボーナスがもらえる

ボーナスがたくさん欲しいなら、LAND-FXもおすすめ。最大50万円の100%入金ボーナスがもらえます。

さらにスプレッドもアメリカドル円で0.8 pipsと狭めで、STP口座なのにデイトレードでも利益が出しやすいです。

欠点は出金手数料が高いことで、銀行出金するだけで45ドルの手数料がとられてしまいます。10万円以下の資金で少額トレードをする人には相性が悪いでしょう。

ボーナスの詳細は、LAND-FX公式の「スペシャルプロモーション」で確認できます。

 

AXIORY:取引手数料が安く、cTraderに対応

ボーナスが不要で、FXトレードの利益率を重視するならAXIORYもおすすめ。

特にナノスプレッド口座はECN口座で、取引手数料が1ロット往復6ドルと他と比べても安い方です。

さらにAXIORYではcTraderに対応しており、ECN口座によるスキャルピングトレードとも非常に相性が良いです。

cTraderの主な機能は以下の通り。

  • チャートを見ながらワンタップ注文ができる
  • 自動で損切りや利食いの設定ができる
  • ツール内で板情報の確認ができる
  • ツール内で経済指標の確認ができる
  • チャートを予測する「オートチャーティスト」が使える

cTraderはFXトレードを快適にする機能が多く、裁量トレードの利益に大きく貢献してくれるはずです。

cTraderの詳細は、AXIORY公式の「cTraderページ」で確認しましょう。

 

まとめ:口座解約前には、取引履歴をダウンロードしておこう

ここまでFBSの口座解約について解説してきました。

残念ながらFBSでは口座解約できません。使わなくなった口座は、90日間わざと放置して口座アーカイブしましょう。

アーカイブされた口座は復元しない限り、ログインや入出金もできません。口座の復元はFBS会員ページからいつでも行えます。

それとFBSで口座アーカイブする前には、以下の3つのこともやっておきましょう。

  1. 口座から全額出金する
  2. 保有ポジションをすべて決済しておく
  3. 取引履歴をダウンロードしておく

特に取引履歴のダウンロードが重要です。

FXで20〜38万円の利益を出していたなら、確定申告の義務が発生します。その時にFXトレードの収益や損失がわからないと、確定申告で困りますからね。

FBSの口座アーカイブの詳細は、口座開設後のFBS会員ページの「口座アーカイブ」で確認できます。

タイトルとURLをコピーしました