GemForexで最大2万円ボーナスをゲットしよう!
海外FX業者のおすすめは?

海外FX業者選びで迷ってしまったら、以下の記事を読んでください。↓

おすすめ海外FXを見る ▷

FBSのCFD取引まとめ。銘柄ごとのレバレッジ・スプレッド・取引手数料は?

FBSでは貴金属や株価指数などのCFD取引が可能です。

取引できる銘柄は以下の通り。

  • 貴金属:4種類
  • 株価指数:5種類
  • 株式:33種類

特に株式銘柄にはAmazonやGoogleなど有名企業の銘柄もあります。レバレッジ100倍で株式投資をやってみたい方は、検討する価値があるでしょう。

この記事ではFBSのCFD銘柄やCFD取引の始め方などを詳しく解説します。

どんな銘柄があるかを今すぐ知りたい方は、FBS公式の「CFD銘柄一覧」をチェックしましょう。

 

FBSのCFD銘柄一覧

ここからはFBSのCFD銘柄をカテゴリーごとに見ていきます。

 

FBS 金属・レアメタル銘柄のスプレッド・レバレッジ

FBSの貴金属銘柄の詳細は以下の通り。

スプレッドレバレッジ
Palladium295.0 pips100倍
Platinum285.0 pips100倍
XAGUSD5.0 pips333倍
XAUUSD30.0 pips333倍

金銀だけでなく、パラジウムやプラチナなどのマイナーなレアメタル銘柄にも投資できます。

レアメタル銘柄の詳細は、FBS公式の「レアメタル銘柄一覧」をご覧ください。

 

FBS CFD銘柄・株価指数のスプレッド・手数料・レバレッジ

FBSのCFD銘柄の詳細は以下の通り。

スプレッド手数料レバレッジ
BRN2.0 pips25ドル33倍
DAX302.0 pips25ドル33倍
NASDAQ25.0 pips25ドル100倍
S&P50025.0 pips25ドル33倍
WTI2.0 pips25ドル33倍

CFD銘柄の種類は5種類と少なめ。日経平均株価など他の株価指数も投資してみたいなら、XMでCFD取引をしましょう。

XMでは18種類の株価指数銘柄を取り扱っています。XMのCFD銘柄は、XM公式サイトの「取引商品」で確認できます。

FBSのCFD銘柄は、FBS公式の「株価指数銘柄一覧」で確認できます。

 

FBS株式銘柄のスプレッド・手数料・レバレッジ

FBSの株式銘柄の詳細は以下の通り。

スプレッド手数料レバレッジ
AIG3.0 pips3ドル10倍
ALCOA3.0 pips3ドル10倍
ALIBABA3.0 pips3ドル10倍
AMAZON3.0 pips3ドル10倍
APPLE3.0 pips3ドル10倍
AT&T3.0 pips3ドル10倍
BAC3.0 pips3ドル10倍
CISCO3.0 pips3ドル10倍
CITIGROUP3.0 pips3ドル10倍
COCA-COLA3.0 pips3ドル10倍
DISNEY3.0 pips3ドル10倍
EBAY3.0 pips3ドル10倍
FACEBOOK3.0 pips3ドル10倍
FORD3.0 pips3ドル10倍
GE3.0 pips3ドル10倍
GM3.0 pips3ドル10倍
GOOGLE3.0 pips3ドル10倍
HP3.0 pips3ドル10倍
IBM3.0 pips3ドル10倍
INTEL3.0 pips3ドル10倍
JPM3.0 pips3ドル10倍
MASTERCARD3.0 pips3ドル10倍
MCDONALDS3.0 pips3ドル10倍
MICROSOFT3.0 pips3ドル10倍
NETFLIX3.0 pips3ドル10倍
NIKE3.0 pips3ドル10倍
NVIDIA3.0 pips3ドル10倍
ORACLE3.0 pips3ドル10倍
PEPSICO3.0 pips3ドル10倍
PFIZER3.0 pips3ドル10倍
TESLA3.0 pips3ドル10倍
VISA3.0 pips3ドル10倍
WALMART3.0 pips3ドル10倍

FBSでは33種類の企業の株式投資ができます。投資できる企業はAmazonやGoogleなど有名企業が多いです。

特定の株式に投資できる海外FX業者は珍しいです。日本人利用者の多いXMやGemForexでも、個別株は取り扱っていません。

FXトレードのついでに個別株投資もしたいなら、FBSを利用する価値はあります。

FBSの株式銘柄の詳細は、FBS公式の「株式銘柄一覧」で確認できます。

 

FBSでCFD取引をする方法

ここからはFBSでCFD取引をする方法を解説します。

 

パソコンでのCFD取引の始め方

パソコンでのCFD取引の始め方は以下の通り。

  1. FBS公式の「口座開設ページ」で口座開設する
  2. FBS公式の「会員ページ」でMT4・MT5をダウンロードする
  3. 取引ツールを起動して、ログインする(口座アカウント・パスワードが必要)
  4. 「シンボルの追加」から取引したい銘柄を追加する

FBSでCFD取引をするには、当然FBSの口座アカウントが必要です。まだ口座を作っていない方は、FBS公式の「口座開設ページ」から作っておきましょう。

口座開設をすると、取引ツール「MT4・MT5」にログインできるようになります。ログインした後は、シンボル追加の項目から、取引したいCFD銘柄を追加しましょう。

 

スマホでのCFD取引の始め方

スマホ・タブレットでCFD取引を始める方法は以下の通り。

  1. FBS公式の「口座開設ページ」で口座開設する
  2. FBS公式の「会員ページ」でMT4・MT5アプリをダウンロードする
  3. 取引ツールを起動して、ログインする(口座アカウント・パスワードが必要)
  4. 「シンボルの追加」から取引したい銘柄を追加する

基本的な流れはパソコンの時と同じです。

ただスマホ版はデスクトップ版と違って、パスワードの自動入力機能があります。FBSから他の海外FX業者への切り替えがスムーズです。

海外FX業者でのCFD取引が初めてなら、使いやすいMT4・MT5アプリから始めましょう。

対応アプリのダウンロードは、FBS公式の「取引プラットフォーム」からも行えます。

 

FBSでのCFD取引とFX取引の違いは?

ここからはCFD取引とFX取引の違いをまとめておきます。

 

レバレッジの違い(CFDはレバレッジ100倍)

CFD取引とFX取引におけるレバレッジの違いは以下の通り。

  • CFD取引:100倍以下
  • FX取引:最大3,000倍

FBSのCFD取引では、レバレッジが100倍以下に設定されています。それに対しFX取引では最大レバレッジ3000倍と非常に高いです。

レバレッジが高ければ高いほど、必要証拠金が少なくなり、少ない資金でも大きな利益を出しやすくなります。FBSで10万円前後の資金で取引するなら、CFD取引よりもFX取引のほうがおすすめ。

FBSのレバレッジは、FBS公式の「口座タイプ」でも確認できます。

 

スプレッドの違い

CFD取引とFX取引におけるスプレッドの違いは以下の通り。

  • CFD取引:2-240 pips
  • FX取引:0.8-100 pips

両者を比較してみると、FX取引の方がスプレッドが低い傾向にあります。

特にアメリカドル円やユーロドルなど、取引量の多い通貨ペアだと、スプレッドも1 pipsを下回ることがあります。

スプレッドが狭ければ狭いほど、取引コストが低くなり、取引回数の多いトレードでの利益率が大きくなります。デイトレードをするなら、CFD取引よりもFX取引の方がおすすめ。

FBSのスプレッドは、FBS公式の「通貨ペアスプレッド一覧」で確認できます。

 

取引時間の違い

CFDとFXの取引時間の違いは以下の通り。

  • CFD取引:銘柄によって異なる
  • FX取引:月曜07:04〜土曜06:58(夏時間は1時間早くなる)

FX取引は取引時間が決まっているのに対し、CFD取引の取引時間は銘柄によってバラバラ。

海外FXでの取引が初めての人は、まずFX取引から始めましょう。CFD取引は、取引に慣れてからでも遅くはないです。

 

まとめ:CFD取引よりFX取引の方が利益を出しやすい

ここまでFBSのCFD銘柄について解説してきました。

FBSのCFD銘柄には、レアメタルや株価指数だけでなく、個別株なども含まれています。そのためAmazonやGoogleなどの大企業の投資も可能です。

ただFBSのCFD銘柄は、レバレッジが100倍以下と低く、スプレッドも広めで、デイトレードで利益を出しにくいです。

短期的に大きな収益をあげたいなら、レバレッジの高いFXトレードの方がおすすめ。FBSでは口座残高200ドル以下の時に、3,000倍のレバレッジを利用できます。

CFD銘柄の詳細は、FBS公式の「CFD銘柄一覧」をご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました