FBSデモ口座の開設方法・手順まとめ。開設後にやることは?

FBSではデモ口座を開設できます。

基本情報は以下の通り。

  • デモ口座の開設は、リアル口座開設後にFBS会員ページで行う
  • デモ口座の有効期限は45日間
  • 残高は自由に設定可能
  • 利用通貨はアメリカドルで固定
  • 対応口座タイプはボーナス口座を除く7種類

この記事ではFBSのデモ口座の作り方、利用する上での注意点、おすすめの設定方法などをわかりやすく解説していきます。

今すぐFBSでデモ口座を開設したいなら、口座開設後のFBS会員ページから手続きしましょう。

 

FBSデモ口座の基礎知識

ここからはFBSのデモ口座について知っておくべき基礎知識をまとめておきます。

 

FBSデモ口座の有効期限は45日間

FBSのデモ口座の有効期限は45日間。有効期限は登録日からで固定され、トレードをしていても、45日後にはアーカイブ(削除)されます。

アーカイブされた口座はMT4・MT5でログインできなくなり、会員ページのダッシュボードにも表示されなくなります。

またデモ口座を使いたいなら、FBS会員ページでアーカイブ口座を復元するか、新しくデモ口座をつくり直すかしましょう。

 

FBSデモ口座の残高は変更できるが、通貨はドル固定

FBSではデモ口座の残高を自由に設定できます。リアル口座でトレードするときの口座残高を設定しましょう。

ただしデモ口座で利用できる通貨はアメリカドルのみ。日本円やユーロはデモ口座だと利用できません。

どうしても円口座でデモトレードをしたいなら、XMやLAND-FXでデモ口座を開設しましょう。どちらもボーナスが豊富で、FBSの代わりとなるはずです。

XMのデモ口座については、XM公式の「デモ口座」をご覧ください。

LAND-FXのデモ口座については、LAND-FX公式の「デモ口座」をご覧ください。

 

FBSデモ口座の口座タイプは7種類

デモ口座で利用できる口座タイプは7種類。ボーナス口座以外は対応しています。

  • デモ・セント
  • デモ・マイクロ
  • デモ・スタンダード
  • デモECN
  • デモ・ゼロ(ゼロスタンダード口座のこと)
  • デモ・セント MT5
  • デモ・スタンダード MT5

口座タイプの違いなどは、FBS口座タイプ一覧で確認できます。

 

FBSデモ口座の取引ツールは3種類

FBSデモ口座では3種類の取引ツールを利用できます。

  • MT4
  • MT5
  • FBS Trader(アプリ版のみ)

取引ツールのダウンロードは、FBS公式サイトの「取引プラットフォーム」で行えます。

FBS TraderはFBSオリジナルの取引ツールアプリです。ただ使い勝手が良くないので、無理に使う必要はないです。

FBSの対応アプリは、こちらの記事で詳しくまとめています。

取引ツールアプリのダウンロードも、FBS公式サイトの「取引プラットフォーム」で行えます。

 

FBSデモ口座の開設方法

ここからはFBSデモ口座の開設手順を述べていきます。

 

前提:FBSのアカウント登録をしておこう

FBSのデモ口座を作るには、FBSのアカウントが必要となります。デモ口座の開設手続きは、FBS会員ページにログインして行うからです。

まだFBSの口座アカウントを持っていない方は、こちらのFBS口座開設ページからアカウント登録をしておきましょう。

メールアドレスと名前を入力するだけですし、登録作業は1分くらいでできるはずです。

 

手順1、FBS会員ページにログインする

ではデモ口座の開設手順に戻りましょう。

まずはFBS会員ページにログインします。ログインページはFBS公式サイトの「会員ログイン」ボタンからもアクセスできます。

ログイン画面の入力フォームでは、2つの情報を入力します。

  • メールアドレス
  • ログインパスワード

ログインに成功すれば、FBS会員ページの管理画面にアクセスできます。

うまくログインできない方は、こちらの記事を読んで原因を突き止めましょう。

 

手順2、ダッシュボードからデモ口座開設手続きをする

FBS会員ページにログインすると、最初にダッシュボードが表示されます。

ダッシュボードではリアル口座とデモ口座の管理ができます。

「デモ口座」のタブをクリックし、その下にある「口座開設」リンクをクリックしましょう。デモ口座開設フォームに移動します。

デモ口座開設フォームでは4つの情報を入力します。

  • 口座タイプ
  • 口座の基本通貨(USDで固定)
  • レバレッジ(50倍、100倍、200倍、500倍、1,000倍、2,000倍、3,000倍)
  • バランス(口座残高のこと)

口座の基本通貨はアメリカドルのみ。日本円でデモ口座を作りたい場合は、XMのデモ口座LAND-FXのデモ口座を開設しましょう。

またFBSデモ口座の口座タイプは以下の通りです。

  • デモ・セント
  • デモ・マイクロ
  • デモ・スタンダード
  • デモECN
  • デモ・ゼロ(ゼロスタンダード口座のこと)
  • デモ・セント MT5
  • デモ・スタンダード MT5

デモ口座を開設するときは、リアルトレードで使う予定の口座タイプを選びましょう。

FBSの口座タイプで1番おすすめなのが、MT5のスタンダード口座。

スタンダード口座をすすめる理由は、スプレッドが狭く、入金ボーナスを利用できるから。MT5をすすめる理由は、MT4よりも操作性に優れているからです。

他の口座タイプの詳細は、FBS口座タイプ一覧で確認できます。

 

手順3、デモ口座開設完了のメールを確認する

黄色の「口座開設」ボタンをクリックすると、デモ口座開設完了のメールが届きます。

メールにはデモ口座の口座アカウント番号とパスワードを確認できるので、なくさないよう保管しましょう。パスワードはMT4・MT5のログインで必要となります。

それとFBSの口座ログインパスワードはリンクをクリックして確認するタイプですが、24時間経過するとリンクが無効になります。

リンクが無効になると、ログインパスワードを確認できなくなりますし、パスワードを再設定する手間もかかります。

ログインパスワードが書かれた画面は、スクリーンショットを撮っておくことを強くおすすめします。

もしパスワードを確認できなくなったら、FBS会員ページからパスワードを再設定しましょう。

 

FBSデモ口座を開設した後にやること

デモ口座を開設しても、すぐにFXトレードができるわけではありません。

ここからはFBSデモ口座を開設した後にやることをいくつか述べておきます。

 

その1、取引ツールをダウンロードする

デモ口座でFXトレードするには、取引ツールが必要です。FBS会員ページにログインしてダウンロードしましょう。

FBSでは利用できる取引ツールは3種類。

  • MT4
  • MT5
  • FBS Trader(アプリ版のみ)

おすすめは操作性に優れたMT5。さらにMT5アプリだと1画面で2チャートを同時に表示でき、チャート分析の効率がアップします。

FBSの取引ツールの詳細は、FBS公式サイトの「取引プラットフォーム」で確認しましょう。

またFBSでは3種類のトレードアプリを利用できます。

  • MT4アプリ
  • MT5アプリ
  • FBS Traderアプリ

こちらも詳細はFBS公式サイトの「取引プラットフォーム」で確認してください。

 

その2、取引ツールにログインする

FBS会員ページで取引ツールをダウンロードしたら、実際にログインしてみましょう。

MT4・MT5でログインするには、3つの情報が必要です。

  • 口座アカウント番号
  • ログインパスワード
  • 接続サーバー

これらの情報はFBSのデモ口座を開設した後に送られてくるメールで確認できます。

ただログインパスワードだけはメール内のリンクをクリックして確認する形となります。リンクの有効期限は24時間。

それ以降はリンクをクリックしても確認できなくなり、パスワードを確認するには、新しいパスワードを作り直す必要があります。

パスワードの再発行もFBS会員ページで行います。

会員ページにログインできない場合は、こちらの記事をご覧ください。

 

その3、実際にトレードしてみる

取引ツールにログインできたら、実際にFXトレードしてみましょう。自分のお金を使わないため、気軽にトレードできるはずです。

具体的にどうトレードすればいいのかわからないなら、以下の手法がおすすめ。

  • トレードの基本戦術は、トレンド相場での押し目買い・戻り売り
  • 取引ロット数は0.1ロットから
  • デイトレードは損切り20 pips、利食い40 pips
  • スイングトレードは損切り40 pips、利食い80 pips
  • 1日以上ポジションを保有するなら、経済指標にも警戒する(経済指標カレンダーが便利)

FXトレードのコツは、うまく言葉にするのが難しいです。トレードの腕を鍛えたいなら、まずは実際にトレードしてみましょう。

取引ツールのダウンロードは、FBS会員ページから行えます。

 

FBSデモ口座の注意点

ここからはFBSのデモ口座を使う上での注意点を述べておきます。

 

その1、デモトレードは実際に使う金額を設定しよう

デモ口座の残高は、自分が実際にFXトレードで使う金額に設定しましょう。資金が10万円なのに1,000万円で取引をしても、身の丈にあったトレード感覚が身につきません。

FBSデモ口座では口座残高を自由に設定できますが、利用通貨はアメリカドルのみです。日本円でリアルトレードをするなら、デモ口座の取引通貨も日本円の方が好ましいでしょう。

もしFBSの代わりで日本円の使えるデモ口座を開設したいなら、XMやLAND-FXがおすすめ。XMは最大5万円、LAND-FXは最大50万円の100%入金ボーナスがもらえます。

XMのデモ口座については、XM公式の「デモ口座」をご覧ください。

LAND-FXのデモ口座については、LAND-FX公式の「デモ口座」をご覧ください。

 

その2、デモトレードとリアルトレードは全くの別物

デモトレードで運良く大金を稼いだからといって、その手法をリアルトレードに持ち込むのはやめましょう。

デモトレードでは自分のお金を使わないため、リスクに無頓着になりがちです。ロスカットやゼロカットをされても、自分のお金ではないので、他人事のように思えてしまうのです。

ただリアルトレードとなると話は違います。実際に自分のお金を使うため、デモトレードの時ほど冷静な判断はできないでしょう。

たとえデモトレードであっても、今後リアルトレードをするなら、なるべく真剣にやりましょう。デモトレードで手を抜くと、トレードの手法が身に付かず、リアルトレードの成績も悪くなります。

FBSのロスカットを防ぐ方法は、こちらの記事でまとめています。

 

その3、本番と同じく経済指標にも警戒しよう

デモトレードはリアルトレードの練習をするためのものです。デモトレードをする時でも、本番と同じように経済指標を確認しましょう。

経済指標の発表があると、チャートが大きく変動して、ポジション・ロット数次第では大損を抱えるリスクもあるからです。

経済指標はみんかぶFXの「経済指標カレンダー」で確認するのが便利です。

 

まとめ:FBSデモ口座は簡単に作れるが、パスワード管理がめんどくさい

ここまでFBSのデモ口座についてわかりやすく解説してきました。

FBSデモ口座を開設するには、先にリアル口座を開設して、FBSのアカウント登録をする必要があります。デモ口座の開設手続きが、FBS会員ページで行われるからですね。

とはいえリアル口座の開設は簡単で、入力する項目も非常に少なく、1分ぐらいで手続きは完了します。

FBSのデモ口座開設で1番やっかいなのが、口座ログインパスワードの確認リンクに有効期限があること。有効期限の24時間が経過すると、メール内のリンクでクリックしても、パスワードを表示できなくなります。

その場合はFBS会員ページでパスワードを再設定すれば解決しますが、パスワード管理が煩雑になることに変わりありません。

FBSデモ口座を開設したら、必ず口座アカウント番号とログインパスワードをメモに控えておきましょう。そうしないとリンクの有効期限が切れた後に面倒になります。

繰り返しますが、FBSデモ口座の開設は、口座開設後のFBS会員ページから行います。

タイトルとURLをコピーしました