GemForexで最大2万円ボーナスをゲットしよう!
海外FX業者のおすすめは?

海外FX業者選びで迷ってしまったら、以下の記事を読んでください。↓

おすすめ海外FXを見る ▷

FBSのレバレッジルールまとめ。最大レバレッジは3,000倍。レバレッジ制限、確認・変更方法は?

FBSでは最大レバレッジ3000倍でトレードできます。ただレバレッジ3000倍が使える口座タイプは限られており、口座残高にも制約がつきます。

FBSのレバレッジルールをまとめると以下の通り。

  • レバレッジ3000倍が使えるのは、スタンダード口座、マイクロ口座、ゼロスプレッド口座のみ
  • レバレッジ3000倍が使えるのは、口座残高に200ドル未満のときのみ
  • 入金ボーナスを利用すると、レバレッジ500倍に制限される

FBSのレバレッジ3000倍を活用するなら、最低でも以下の3つのルールは知っておきましょう。

この記事ではFBSのレバレッジルールについてわかりやすく解説していきます。

 

FBSの最大レバレッジは3,000倍。必要証拠金は?

FBSの最大レバレッジは3000倍で、他の海外FX業者と比べてもかなり高いです。

では1ロットあたりの必要証拠金は何円くらいでしょうか?

1ドル=110円の時に、アメリカドル円を1ロット(10万通貨)保有するとしましょう。価値は11,000,000円に相当するため、以下のような計算式になります。

  • 11,000,000円/3,000倍=3,666円

レバレッジ3000倍の時、FBSの1ロットあたりの必要証拠金は3600円くらいとなります。

レバレッジ888倍のXMで12,000円、レバレッジ1,000倍のGemForexでも10,000円なので、1ロット3,600円はかなりは低い方です。

10,000円から20,000円くらいのわずかな資金でハイリスクトレードするなら、FBSは選択肢の1つとして検討して良いでしょう。

FBSでのFXトレードは、こちらのFBS口座開設ページからすぐに始められます。

 

FBSでは1万円・2万円でどれくらいのトレードができる?

ではFBSのレバレッジ3000倍を使うと、1〜2万円で何ロットの取引ができるのでしょうか?

一応資金が10,000円あれば3,600円の必要証拠金で2.7ロット保有できることになります 。ただそれだと証拠金維持率がギリギリで、すぐにロスカットされてしまいます。

できれば証拠金維持率は500%以上を目標にしたいところです。

仮に資金1万円で1ロットを保有したときの証拠金維持率は以下の通り。

  • 10,000円/3,600円*100%=277%

100%を大きく超えているため安全かもしれませんが、証拠金維持率は500%以上は欲しいところです。

では資金が2万円ならどうでしょうか? 資金20,000円で1ロット保有したときの証拠金維持率は以下の通り。

  • 20,000円/3,600円*100%=555%

証拠金維持率が500%を超えています。これなら最低限のリスクを許容しつつ、ハイリスクのトレードができますね。

したがってFBSでレバレッジ3000倍のトレードをするなら、資金20,000円で最大1ロットが目安となります。

FBSでのFXトレードは、こちらのFBS口座開設ページからすぐに始められます。

 

FBSのレバレッジルール・レバレッジ制限まとめ

FBSではレバレッジ3000倍を利用できますが、利用制限もあります。

ここからはFBSのレバレッジルールについて基本的なことをまとめておきます。

 

その1、レバレッジ3,000倍が使えるのは、3つの口座タイプのみ

FBSの最大レバレッジ3000倍が使えるのは、以下の3つの口座タイプのみ。

  • マイクロ口座:1ロット=1,000通貨
  • スタンダード口座:スプレッドが狭く、おすすめ
  • ゼロスプレッド口座:取引手数料が高く、おすすめできない

それ以外の口座タイプの最大レバレッジは、セント口座で1,000倍、ECN口座で500倍となっています。

レバレッジ3,000倍対応の3つの中で1番おすすめなのがスタンダード口座。

理由としては、

  • スプレッドが口座タイプの中で一番狭い
  • 1ロット通貨量が10万通貨
  • 入金ボーナス対応
  • 最低入金額の100ドルと低め

などが挙げられます。

それに対しセント口座はスプレッドが広く、1ロット=1,000通貨で利益が出しにくいです。最後のゼロスプレッド口座も、取引手数料がかなり高め。

以上のことからレバレッジ3000倍を利用するなら、スタンダード口座が1番おすすめという結論になります。

FBSの口座タイプの違いは、FBS公式の「口座タイプ一覧」で確認しましょう。

 

その2、最大レバレッジ3,000倍が使えるのは、口座残高200ドルまで

レバレッジ3000倍の利用条件はもう1つあります。それは口座残高200ドル未満であること。

口座残高が200ドル以上になると、レバレッジが2000倍に制限されるので注意しましょう。

そのためFBSでレバレッジ3000倍トレードをするなら、入金金は200ドル未満にしておくべきです。

FBSの入金手続きは、FBS会員ページからおこないます。

もし口座残高が200ドルを超えているなら、200ドル未満になるよう出金か資金移動をしておきましょう。

FBSの出金手続きや資金移動も、FBS会員ページからおこないます。

 

その3、入金ボーナス利用時は、レバレッジ500倍に制限

FBSの入金ボーナスを利用すると、最大レバレッジは500倍に制限されます。

FBS会員ページからも引用しておきましょう。

13.ボーナス口座の最大レバレッジは、最高500倍です。

引用:100%入金ボーナス(ログイン後に閲覧できる)

FBSの最大レバレッジ3000倍は魅力的ですが、入金ボーナスとセットで利用できません。

FBSでハイリスクなトレードするなら、20,000円でレバレッジ3000倍トレードをするか、入金ボーナスをたくさん使ってレバレッジ500倍トレードをするかのどちらかです。

FBSの入金ボーナスの利用条件は、FBS会員ページの「100%入金ボーナス」で確認できます。

 

その4、口座残高が増えるごとに、レバレッジは低く制限される

FBSのレバレッジ3000倍を使うは、口座残高200ドル未満の条件があることはお話ししました。

ただそれ以外にも口座残高によるレバレッジ制限は存在します。

こちらの表をご覧ください。

レバレッジ口座残高による制限
3,000倍200ドル
2,000倍2,000ドル
1,000倍5,000ドル
500倍30,000ドル
200倍150,000ドル
100倍制限なし
50倍制限なし

引用:What are the leverage limits?

口座残高が増えるごとに、レバレッジが低くなっていることがわかります。

口座残高が2000ドル(20万円)を超えると、レバレッジ2000倍に制限。さらに口座残高が5000ドル(50万円)を超えると、レバレッジ1,000倍に制限されます。

FBSで数十万円、数百万円のトレードをするなら、こうした口座残高ごとのレバレッジ制限があることも覚えておきましょう。

FBSの現在のレバレッジは、FBS会員ページのダッシュボードにあるそれぞれの口座アカウントから確認できます。

 

その5、CFD銘柄のレバレッジは10〜100倍

MBSのレバレッジ3,000倍が使えるのは、FX通貨ペアのみ。CFD銘柄だとさらに低いレバレッジになります。

CFD銘柄のレバレッジは以下の通り。

銘柄レバレッジ
WTI33倍
BRN33倍
NASDAQ33倍
S&P50033倍
DAX100100倍
個別株10倍
金銀333倍
パラジウム、プラチナ100倍

引用:What are the leverage limits?

金銀を除くとどれも100倍以下ですね。

レバレッジが低ければ低いほど、必要証拠金が大きくなり、少ない資金でのFXトレードが難しくなります。

少ない資金でたくさんのレバレッジをかけてトレードをするなら、CFD銘柄よりもFX通貨ペアの方がおすすめです。

CFD銘柄の詳細は、FBS公式の「CFD銘柄一覧」で確認できます。

 

その6、Trade 100 Bonus口座はレバレッジ100倍に制限

FBSの「Trade 100 Bonus口座」という口座タイプは、レバレッジが100倍に制限されます。

この口座タイプは、簡単に言うと、30日以内に5ロットの取引をすることで100ドルのボーナスがもらえる口座です。

ただ100ドルもらうための条件が厳しく、口座の使い勝手も良くないため、おすすめはしていません。

Trade 100 Bonus口座の詳細は、FBS会員ページの「Trade 100 Bonus口座」をご覧ください。

 

FBSのレバレッジ確認方法

FBSの現在レバレッジは以下の手順で確認できます。

  1. FBS会員ページにログインする
  2. ダッシュボードにある口座アカウントをクリックする
  3. 口座アカウントの詳細画面でレバレッジを確認する

FBSはレバレッジ3000倍をよく喧伝していますが、条件によっては利用できないケースも多いです。

FXトレードをする前には、現在のレバレッジを確認しておきましょう。

レバレッジの確認は、FBS会員ページのダッシュボードからおこないます。

 

FBSのレバレッジ変更方法

FBSのレバレッジ変更は、以下の手順で行います。

  1. FBS会員ページにログインする
  2. ダッシュボードにある口座アカウントをクリックする
  3. 口座アカウント詳細画面の「レバレッジの変更」リンクをクリックする
  4. レバレッジを選択して「保存」ボタンをクリックする

FBSのレバレッジを変更するなら、以下の点に注意しましょう。

  • レバレッジ変更は口座ごとに1日1回
  • 変更できるレバレッジは最大7種類(50倍、100倍、200倍、500倍、1,000倍、2,000倍、3,000倍)
  • レバレッジ3000倍が使えるのは、スタンダード口座、マイクロ口座、ゼロスプレッド口座のみ
  • レバレッジ3000倍が使えるのは、口座残高200ドル未満の時のみ

FBSの最大の魅力はレバレッジ3,000倍が使えることですが、利用条件は厳しく制限されています。口座残高が200ドルを超えると、レバレッジが2,000倍に制限されるので注意してください。

繰り返しなりますが、レバレッジの変更はFBS会員ページからおこないます。

 

FBSのレバレッジを他の海外FX業者と比較

ではFBSのレバレッジは他の海外FX業者と比べて高いのでしょうか? それとも低いのでしょうか?

ここからはFBSのレバレッジを他の海外FX業者と比較してみます。

 

FBSの最大レバレッジ(STP口座)を比較

FBSの最大レバレッジを比較してみましょう。

比較対象は他の海外FX業者のSTP口座です。

海外FX業者
レバレッジ(STP口座)
FBS3,000倍
GemForex1,000倍
XM888倍
LAND-FX500倍
Tradeview500倍
AXIORY400倍

FBSのレバレッジ3,000倍は、他の海外FX業者と比べても圧倒的に高いことがわかりますね。GemForexは海外FX業者の中でもレバレッジが高い方ですが、FBSはその3倍あるわけです。

ただFBSのレバレッジ3,000倍が使えるのは、口座残高200ドル未満の時のみ。さらに入金ボーナスは適用できません。

レバレッジが高くなればなるほど、海外FX業者側のリスクも高くなるため、利用制限が課されるのはよくあることです。

FBSでレバレッジ3,000倍が使えるかどうかは、FBS会員ページのダッシュボードで確認できます。

 

FBSのECN口座のレバレッジを比較

FBSではスプレッドが非常に狭いECN口座が利用できます。

こちらの表では、FBS ECN口座のレバレッジを他の海外FX業者と比較しています。

海外FX業者レバレッジ(ECN口座)
1ロットの取引手数料
FBS500倍12ドル
XM500倍10ドル
AXIORY400倍6ドル
LAND-FX200倍5ドル
Tradeview200倍7ドル
GemForexなしなし

ECN口座のレバレッジを比較すると、FBSとXMのレバレッジが500倍と1番高いことがわかります。

ただFBSもXMも取引手数料が高めで、スキャルピングトレードで利益を出しにくくなってしまいます。

スキャルピングトレードは取引回数の多いトレード手法です。スプレッドの狭いECN口座を使うなら、手数料の低いAXIORYやTradeviewの方が利益を出しやすいです。

高いレバレッジでECN口座を使いたいなら、FBSやXMを検討しても良いでしょう。ただしどちらもECN口座だと入金ボーナスは使えないので注意してください。

FBSのECN口座の詳細は、FBS公式の「口座タイプ一覧」で確認しましょう。

XMのECN口座の詳細は、XM公式の「口座タイプ」で確認できます。

 

まとめ:FBSのレバレッジ3,000倍はとても高いが、利用制限がきびしい

ここまでFBSのレバレッジルールについてわかりやすく解説してきました。

FBSの最大レバレッジは3,000倍と非常に高いですが、以下の条件があります。

  • 利用できるのはマイクロ口座、スタンダード口座、ゼロスプレッド口座のみ
  • 口座残高が200ドル未満の時のみ利用できる

それ以外に以下のレバレッジルールも存在します

  • 入金ボーナスを使うと、レバレッジは500倍に制限
  • 口座残高が増えると、レバレッジが低くなる
  • CFD銘柄のレバレッジは10倍から100倍ほど(金銀は333倍)

FBSのレバレッジルールは複雑です。少しでもわからないことがあれば、FBS公式サイトのライブチャット、もしくはFBSサポートデスクに問い合わせましょう。

サポートデスクの連絡先はこちら。

メールリンクをクリックすると、メール送信画面に移動します。

タイトルとURLをコピーしました