おすすめの海外FX業者はこちら!
海外FXでなかなか勝てない人へ

海外FXでのトレード勝率を上げたいなら、こちらの記事をどうぞ。
海外FXの基本戦術をまとめています。

おすすめトレード手法を見る ▷

FBS会員ページ(個人エリア)の使い方。ログインできない原因と対処法は?

FBSでFXトレードをするには、FBSの会員ページにアクセスする必要があります。

会員ページでできることは以下の通り。

  • 口座入金
  • 口座出金
  • 資金移動
  • 追加口座の申請
  • ボーナスやプロモーションの申請

特に口座入金と口座出金は重要で、これができないとFXトレードを始められませんし、お金を引き出すこともできません。

またFBSは豪華なボーナスやプロモーションを実施していますが、その利用申請も会員ページから行います。

この記事ではFBSの会員ページの使い方やログインできない原因・対処法をわかりやすく解説します。

詳しくはFBSの会員ページをご覧ください。

 

FBSの会員ページでできること

まずはFBSの会員ページでできることを紹介します。

 

その1、FX口座への入金

FBSでリアルトレードを始めるには、口座入金が必要です。会員ページから入金手続きしましょう。

ただしFBSは銀行送金による入金が使えません。入金するならSticPayやbitwalletなどのオンラインウォレットサービスを登録する必要があります。

FBSの入金方法は、bitwalletがおすすめ。入金・出金の手数料が安く、利益出金にも対応しており、公式サイトが日本語にも対応しているからです。

詳しくはFBSの「入金方法」をご覧ください。

 

その2、FX口座からの出金

トレードで稼いだお金を出金するには、FBS会員ページで口座出金する必要があります。

ただFBSは銀行送金による出金もできません。入金時に登録したオンラインウォレットサービスで出金しましょう。

FBSの出金方法もbitwalletがおすすめ。利益出金に対応しており、出金手数料も824円と安いからです。

詳しくはFBSの「出金方法」をご覧ください。

 

その3、別口座への資金移動

FBSの追加口座を開設したなら、資金移動を活用しましょう。口座に直接入金するよりも手数料を節約できます。

複数口座間の資金移動も、FBS会員ページから行います。

 

その4、追加口座の申請

FBSで他の口座タイプも試したいなら、追加口座を作ってみましょう。

追加口座の開設は、FBS会員ページから行います。

ただし同じタイプの追加口座を作るには、既存の口座に100ドルの残高があることが条件となります。

逆に初めて作る口座タイプなら、口座残高がなくても追加口座を開設できます。

 

その5、ボーナス・プロモーションの申請

FBSは豪華なボーナスやプロモーションを実施しています。

これらの利用申請は、FBSの会員ページから行います。

 

FBSの会員ページにログインする方法

FBSの会員ページを利用するには、当然会員ページにログインする必要があります。

ここからはFBS会員ページへのログイン方法を述べておきます。

 

前提:会員ページログインには「リアル口座アカウント」が必要

まずFBSの会員ページを使うには、FBSで口座開設を済ませている必要があります。

まだFBSの口座アカウントを持っていない方は、FBSの口座開設ページから登録しましょう。

 

手順1、FBS公式サイトにアクセスする

まずはFBS公式サイトにアクセスします。

 

手順2、画面上の「会員ログイン」をクリックする

次に画面上にある「会員ログイン」ボタンをクリックしましょう。鍵マークのついている緑色のボタンですね。

もしくはFBS会員ページから直接アクセスしてもOKです。

 

手順3、ログイン画面でパスワードを入力する

ログイン画面に移動するので以下の2つの情報を入力しましょう。

  • メールアドレス
  • ログインパスワード

これらの情報は、FBSで口座開設した後のメールに記載されているはずです。パスワードを忘れてしまった方は、メールを掘り返しましょう。

メールが見つからない方は、FBS会員ページからパスワードをリセットできます。

メールアドレスとログインパスワードが正しければ、ログインは成功です。これで会員ページのアクセスできるようになります。

 

FBSの会員ページにログインできない原因

FBSの会員ページにログインできない。そんな時はどうすれば良いのでしょうか?

ここからはログインできない時にありがちな原因を見ていきます。

 

原因1、メールアドレス・ログインパスワードを間違えている

ログインできない原因として1番ありがちなのが、ログイン情報の打ち間違い。

FBSの会員ページにログインするときは、以下の2つの情報を入力します。

  • メールアドレス
  • ログインパスワード

特にメールアドレスを手打ちで入力していると、打ち間違いが生じやすくなります。これはログインパスワードでも同様です。

パスワードなどの入力はなるべくコピペや自動入力を使った方が良いです。最近のGoogle Chromeブラウザは非常に優秀で、一度入力したパスワードは今後自動で入力してくれます。

こうした機能をフル活用すれば、メールアドレスを打ち間違いのリスクは最小限に抑えられます。

会員ログインは、FBSの会員ページから行います。

 

原因2、別の口座アカウントと混同している

その次によくあるのが別の口座アカウントのパスワードと混同しているケース。

FBS以外にもたくさんの海外FX業者を使っていると、パスワードを混同しやすくなります。

1番シンプルな予防策は、海外FX業者ごとにパスワードなどをメモで控えておくこと。メモを用意するのがめんどくさいなら、スマホやパソコンのスクリーンショットでもかまいません。

複数の海外FX業者の同時に使っていると、パスワードの混同は生じやすいです。パスワード管理に慣れるまでは、1つの海外FX業者の管理に専念しましょう。

会員ログインは、FBSの会員ページから行います。

 

FBSの会員ページにログインできない時の対処法

ここからはFBSの会員ページにログインできないときの対処法を見ていきます。

 

対処法1、パスワードをリセットする

ログインできない対処法として1番おすすめしたいのが、パスワードのリセット。メールが使える状態であれば、FBSのパスワードは簡単にリセットできます。

パスワードをリセットする手順は以下の通り。

  1. FBSのログイン画面にアクセスする
  2. 「パスワードを忘れました」のリンクをクリックする
  3. メールアドレスを入力して、認証コードをもらう
  4. メールに届いた認証コードを入力して、パスワードを再設定する

パスワードリセットは、FBSのログインページから行えます。

 

対処法2、FBSのサポートデスクに連絡する

パスワードをリセットしてもうまくログインできない場合は、別の問題が発生している可能性もあります。

FBSのサポートデスクに連絡をして、原因を調査してもらいましょう。連絡先は以下の通り。

ただFBSのサポートデスクは日本語の翻訳を通しているためか、返信に時間がかかります。メールを送っても、すぐには返事が返ってこないと考えておきましょう。

サポートデスクの連絡先は、FBSの「カスタマーサポート」でも確認できます。

 

FBSの会員ページ・ログインに関するよくある質問

ここからは会員ページのログインに関してよくある質問にお答えします。

 

パスワードを忘れた場合は?

あと忘れてしまった場合は、パスワードをリセットするのが1番手っ取り早いです。

リセットの手順は以下の通り。

  1. FBSのログイン画面にアクセスする
  2. 「パスワードを忘れました」のリンクをクリックする
  3. メールアドレスを入力して、認証コードをもらう
  4. メールに届いた認証コードを入力して、パスワードを再設定する

パスワードリセットは、FBSのログインページから行えます。

 

FBSの会員ページで複数口座の管理はできる?

FBSは1つのユーザアカウントで、複数の口座を管理できます。Tradeviewのように1アカウント1口座ではないので、安心してください。

複数口座の確認は、FBSの会員ページから行えます。

 

FBSの会員ページでレバレッジ変更はできる?

FBSの会員ページでレバレッジの変更は可能です。

ただし変更できるのは1つの口座につき1日1回だけです。

 

まとめ:FBSの会員ページは普通に使いやすい

ここまでFBSの会員ページの機能やログインできない原因・対処法について解説してきました。

FBSの会員ページでは以下のことができます。

  • 口座入金
  • 口座出金
  • 資金移動
  • 追加口座の申請
  • ボーナスやプロモーションの申請

FBSでFXトレードをするなら、会員ページへのログインは必須です。ログインに必要なメールアドレスやパスワードはきちんと管理しておきましょう。

ログインできないケースとしては、メールアドレスやパスワードが間違っているケースが考えられます。パスワードを思いだせないのなら、FBSの会員ページのログイン画面からパスワードのリセットをしましょう。

それでもログインできない時は、FBSのサポートデスクに問い合わせましょう。

タイトルとURLをコピーしました