GemForexで最大2万円ボーナスをゲットしよう!
海外FX業者のおすすめは?

海外FX業者選びで迷ってしまったら、以下の記事を読んでください。↓

おすすめ海外FXを見る ▷

FBSのゼロカットまとめ。口座残高マイナスでも、追証は発生しません

FBSはゼロカットシステムを導入しています。

ゼロカットとは、口座残高がマイナスになった時に、すぐにゼロにリセットされる仕組みのこと。目的はロスカットと同じく利用者の資金保護です。

口座残高がマイナスになることがないため、追証による借金を抱え、海外FX業者に取り立てられる心配もありません。

ただゼロカットになると資金のほとんどを失うことになるため、できるだけリスク管理をして避けるべきです。

この記事ではFBSのゼロカットとその防ぎ方をわかりやすく解説します。

ゼロカットの詳細は、FBS公式の「マージンとレバレッジ」でも確認できます。

 

FBSではゼロカットを利用可能

FBSはゼロカットを導入しており、公式サイトでも明言しています。

念のため公式サイトからも引用しておきましょう。

レバレッジを使う際には、リスク管理について覚えておく必要があります。FBS運用口座をご利用のお客様に対して、マイナス残高の保護を提供させていますが、ストップ注文はリスクを最小限に抑えるのに役立ちます。

引用:FBS公式「マージンとレバレッジ

口座残高がマイナスになった場合、その保護を提供すると書いていますね。

FBSはレバレッジ3000倍の超ハイリスクなトレードが可能です。リスク管理を誤れば、口座残高がマイナスになることも珍しくないでしょう。

しかしゼロカットが導入されていれば、口座残高がマイナスになっても、追証を請求される心配はありません。

トレードの腕に自信があり、レバレッジ3000倍の超ハイリスクなFXトレードに挑戦したいなら、FBSを利用してみる価値はあります。

FBSの口座開設は、こちらのFBS口座開設ページから行えます。

 

ロスカットとゼロカットの違いは?

ゼロカットと似た言葉に「ロスカット」があります。

ロスカットとゼロカットの違いは以下の通り。

  • ロスカット:証拠金維持率が20%以下になると強制決済
  • ゼロカット:口座残高がマイナスになると強制決済

ロスカットが発動しても、証拠金維持率が20%を下回った段階で決済されるので、最低限の資金は残ります。

それに対しゼロカットが発動すると、口座残高がマイナスからゼロになるだけで、資金は少しも残りません。

ただどちらも多額の資金を失うことには変わりありません。FXトレードの勝率を安定させたいなら、ロスカットもゼロカットも避けましょう。

FBSのロスカットについては、こちらの記事をご覧ください。

 

ゼロカットを避けるためにやるべきこと

ゼロカットが発動すると、口座残高がゼロになり、多額の資金を失います。FXトレードで安定して勝ちたいなら、ゼロカットは避けるべきです。

ここからはゼロカットを避けるためにやるべきことを紹介します。

 

その1、注文時に逆指値(ストップロス)設定をしておく

FBSのゼロカットを防ぎたいなら、まずは逆指値設定をしましょう。逆指値設定をすることで、損失が一定以上になったときに、自動で損切りしてくれます。

人間は損失を受け入れることに苦痛を感じるもの。FXトレードで大きな損失を抱えてしまうと、塩漬けにしてしまいがちです。

しかし注文時に逆指値設定をしておけば、損失が一定以上になったときに、本人の意思とは関係なく、自動で決済してくれるわけです。

FXトレードの収益を安定させたいなら、必ず逆指値設定を入れる癖をつけましょう。

 

その2、取引ロット数を少なくする

ゼロカットを避けたいなら、取引ロット数を減らすのも有効です。

FXトレードの収益・損失は、取引ロット数に直結します。取引ロット数が10倍になれば、収益も10倍になるわけですね。ただし損失も10倍になります。

FXトレードに慣れておらず、負けの方が多い方は、まずロット数を減らしましょう。損失を最小限に抑えられます。極端な話、ロット数を10分の1にすれば、損失も10分の1になりますからね。

FXトレードや取引ツールに慣れていない人は、ロット数を少なくしましょう。ロット数を引き上げるのは、FXトレードの勝率が安定してからでも遅くはないはずです。

FBSの1ロット通貨量は、FBS公式の「口座タイプ一覧」でも確認できます。

 

その3、証拠金維持率500%以上を意識する

ゼロカットが発動しやすい人は、FXトレードのリスク管理がうまくできていないことが多いです。

まずは証拠金維持率を高くキープすることを意識しましょう。証拠金維持率はリスクの許容度を示す指標で、高ければ高いほど資金的に安定していることを意味します。

デイトレードなら目安は500%以上でしょうか。スイングトレードをするなら、1000%以上を意識したほうがいいです。

海外FXは数百倍のレバレッジがかけられる非常にリスクの高いトレードです。証拠金維持率は常に高めに設定し、慎重な運用を心がけましょう。

FBSの証拠金維持率は、ポジションを保有中のみ取引ツールで確認できます。

FBSの取引ツールは、FBS公式サイトの「取引プラットフォーム」でダウンロードしましょう。

 

FBSのゼロカットに関するよくある質問

ここからはFBSのゼロカットについてよくある質問にお答えします。

 

FBSのゼロカットのメリットは?

FBSのゼロカットを利用するメリットは以下の通り。

  • 少ない資金でハイリスクなトレードがしやすくなる
  • マイナス残高になっても、追証による借金を請求されなくなる

ゼロカットがあれば、数百万円の損失を出しても、すぐにゼロにリセットされます。トレーダーが負担するのは、自分で入金した金額分だけです。

多額の損失を出しても、追証の借金となって請求されないので、トレーダーの心理的負担も少なくなります。

ちなみに国内FX業者はゼロカットを採用していません。金融庁がトレーダーの損失を補填する行為を禁止しているからです。

ゼロカットを活用したハイリスクトレードをするなら、海外FXがおすすめ。

 

FBSのゼロカットのデメリットは?

FBSのゼロカットには、特にデメリットはありません。

確かにゼロカットが発動すると、口座残高がマイナスになってしまいますが、これはFXのトレードの損失によるもので、ゼロカットとは関係ないはずです。

むしろゼロカットを導入していない国内FX業者・証券会社の方が、追証を請求される恐れがあり危険です。

 

FBSのゼロカットのタイミング・条件は?

FBSのゼロカットは、口座残高がマイナスになった1〜3秒後に発動します。

 

FBSでゼロカットされると、複数口座に影響はある?

FBSのゼロカットが発動しても、口座残高がゼロになるのは1つの口座のみ。それ以外の複数口座は影響を受けません。

ただし海外FX業者の仕組みを悪用した取引をした場合は、その限りではありません。

FBSの追加口座は、FBS会員ページから開設できます。

 

まとめ:FBSでゼロカットを活用するなら、入金額は少なめに

ここまでFBSのゼロカットについて解説してきました。

FBSにはゼロカットがあり、口座残高がマイナスになるとゼロにリセットされます。LAND-FXのようにゼロカット申請は必要ありません。

ただゼロカットが発動すると、口座残高がゼロになるため、資金的に大きなダメージを受けることは間違いないです。

ゼロカットを避けるためにも、最低でも以下の3つは意識しましょう。

  • 逆指値設定をしておく
  • 取引ロット数を少なくする
  • 証拠金維持率を高めにすることを意識する(目安は500%〜1000%)

1番大事なのは逆指値設定。注文時に20 pipsから40 pipsくらいの逆指値を設定しておきましょう。大変動に巻き込まれても、損失を最小限に抑えられます。

逆指値を設定しておくだけでも、ゼロカットのリスクを大きく減らせます。

タイトルとURLをコピーしました