LAND-FXの50万円ボーナスをチェック!
海外FXのおすすめは?

海外FXが初めての方は、こちらの記事を読みましょう↓

海外FX業者のおすすめはこちら!

GemForexオールインワン口座の特徴は? メリット・デメリットをわかりやすく解説

GemForex

GemForexにはオールインワン口座とノースプレッド口座の2種類の口座タイプがあります。

中でもオールインワン口座は、GemForexの豊富なボーナスが利用でき、かつEA自動売買やミラートレードなども利用できます。

この記事ではオールインワン口座のメリット、 デメリットなどをわかりやすく解説していきます。

今すぐ知りたい人は、GemForex公式の「取引口座→口座タイプ」をチェックしましょう。

今すぐ無料で登録できます

 

オールインワン口座のメリット

オールインワン口座の強みは、ボーナス・EA自動売買・ミラートレードが使えることです。

ここからはオールインワン口座のメリットを詳しく見ていきます。

 

メリット1、EA自動売買を利用できる

まずGemForexのオールインワン口座では、EA自動売買が利用できます。それに対しもう一つの口座タイプ、ノースプレッド口座では自動売買は利用できません。

EA自動売買が使えることは、MT4対応の海外FX業者にとって当たり前のことなので、大きな強みとは言えないかもしれません。

ただGemForexでは多数のEA自動売買プログラムが利用できます。これらをうまく活用すれば、EA自動売買の勝率が上がるでしょう。

EA自動売買の詳細は、GemForex公式の「プラットフォーム→FX自動売買ソフト(EA)」で確認できます。

 

メリット2、ミラートレードを利用できる

オールインワン口座ではミラートレードが利用できます。

ミラートレードとは、簡単に言うと、FX業者にトレード代行してもらうこと。

FX業者のサーバーでトレードを行うため、MT4や仮想専用サーバーなどが不要で、スマホ1つで簡単に自動売買ができるようになります。

その一方で自動売買の自由度が低く、チャートの検証やストラテジーのカスタマイズができないため、EAよりも利益率は低い傾向があります。

ミラートレードの詳細は、GemForex公式の「プラットフォーム→FXミラートレード」で確認できます。

 

メリット3、最低入金額が低い(100円)

オールインワン口座の最低入金額は100円と低いです。資金が少ない人でも、手軽にFXトレードに挑戦できます。

それに対しノースプレッド口座の最低入金額は30万円と高く、資金の少ない人とってはハードルが高いと言えます。

オールインワン口座を含めたSTP口座は、最低入金額が低い傾向があります。実際XMのSTP口座も最低入金額は500円です。

そのかわりSTP口座はスプレッドが高めなので、資金に余裕が出てきたらECN口座に切り替えましょう。

GemForexの最低入金額は、GemForex公式の「取引口座→入金方法」で確認できます。

 

メリット4、豊富なボーナスを利用できる

オールインワン口座では、GemForexの豊富なボーナスが利用できます。

特に1万円から2万円の口座開設ボーナスは、入金しなくても得られるため、資金が少ない人には心強いです。

逆にノースプレッド口座だとボーナスは利用できません。GemForexの豊富なボーナスを利用したいなら、オールインワン口座を選びましょう。

ボーナスの詳細は、GemForex公式の「トップページ」で確認できます。

 

メリット5、スプレッドがそれなりに狭い(USD/JPY 1.2pips)

GemForexのスプレッドはアメリカドル円で1.2 pips。XMの1.6 pipsと比べれば低めです。

スプレッドはFXトレードでの取引手数料のようなもの。スプレッドが狭ければ狭いほど、FXトレードで利益を出しやすくなります。

ちなみにスプレッドが狭いSTP口座をお探しなら、LAND-FXもおすすめ。アメリカドル円0.8 pipsと、GemForexの1.2 pipsよりもさらに狭いからです。

詳しくはLAND-FX公式サイトをご覧ください。

 

オールインワン口座のデメリット

入金ボーナスが豊富で、自動売買とミラートレードが利用できるオールインワン口座ですが、当然デメリットもあります。

ここからはオールインワン口座のデメリットを見ていきます。

 

デメリット1、通貨ペアの種類が少ない(33種類)

GemForexの通貨ペアは33種類。XMの57種類、LAND-FXの67種類と比べると少なめです。

通貨ペアが少ないと、投資できるマイナー通貨が限られ、収益化のチャンスが狭くなります。

ただマイナー通貨はスプレッドが広く、変動も激しいため、利益を出すのが難しいです。

デイトレードや自動売買など取引回数の多いトレードをするのなら、スプレッドの低いメジャー通貨がおすすめ。そしてメジャー通貨でFXをするなら、GemForexでも十分事足ります。

通貨ペアの詳細は、GemForex公式の「取引条件→通貨ペアとスプレッド」で確認できます。

 

デメリット2、経済指標時にスプレッドが広がりやすい

オールインワン口座のようなSTP口座は、基本的にスプレッドが広がりやすいです。

そのため経済指標などを狙ったアービトラージ取引では、利益を出しにくくなります。

以下のツイートは、GemForexのスプレッドに言及しています。

スキャルピングトレードや自動売買などで利益を出したいなら、スプレッドが広がりにくいECN口座を利用しましょう。

特にAXIORYやTradeviewは取引手数料が低くお勧めです。

詳しくはAXIORY公式サイトTradeview公式サイトをそれぞれご覧ください。

 

デメリット3、MT5・cTraderは使えない

オールインワン口座で利用できる取引ツールはMT4のみ。MT5やcTraderは利用できません。

MT4は世界で最も普及しているFX取引ツールで、EAやインディケーターの種類が多いのが特徴。自動売買をする人におすすめです。

それに対しMT5やcTraderは、注文スピードが早く、約定率が高いため、スキャルピングトレードと相性がいいです。

MT5やcTraderを使いたいなら、海外FX業者はTradeviewがおすすめ。両方の取引ツールも利用できる上に、取引手数料が安く、海外FXベテラン勢に人気があります。

詳しくはTradeview公式サイトをご覧ください。

 

まとめ:ボーナスを活用するなら、オールインワン口座がおすすめ。

ここまでGemForexのオールインワン口座について詳しく説明してきました。

オールインワン口座は入金ボーナスが豊富で、EAやミラートレードを利用でき、最低入金額も100円と低いです。

特にGemForexの豊富なボーナスを利用できるのは、資金の少ない人にひとにとっては心強いはずです。

資金の少ない人がボーナスをフル活用するなら、オールインワン口座はおすすめです。ノースプレッド口座では、ボーナスが使えませんからね。

オールインワン口座の詳細は、GemForex公式の「取引口座→口座タイプ」で確認できます。

 

海外FXのお試しは、GemForexがおすすめ!

海外FXが初めてなら、GemForexはまあまあおすすめ。

口座開設ボーナスで1万円〜2万円もらえるため、自分のお金を使うことなくFXトレードができるからです。トレードの腕次第では1万円のボーナスが、10万円に化けるかもしれません。

詳しくはGemForex公式サイトをご覧ください。

今すぐ無料で登録できます
おすすめ海外FXランキング
LAND-FX:ボーナスが多く、トレードを続けやすい

トレード資金が少ない人には、LAND-FXがおすすめ。
最大50万円の100%入金ボーナスがもらえます。
スプレッドも狭く(USD/JPY 0.8 pips)、デイトレードと好相性。

AXIORY:スキャルピングトレードにおすすめ

少額でスキャルをするなら、AXIORYがおすすめ。
最低入金額が2万円と低く、レバレッジは400倍と高め。
ECN口座の取引手数料が1ロット往復6ドル。
取引ツール「cTrader」はスキャルピングトレードと好相性。

Tradeview:ベテラントレーダーに人気

取引コストを極限まで抑えたいなら、Tradeviewがおすすめ。
ECN手数料が1ロット往復5ドルと、最安値クラス。
取引ツールは「MT5・cTrader」も使えます。
海外FXベテラン勢からも大人気!

この記事を書いた人
むれ

海外FXの情報を発信しているトレーダーです。
サイト運営やSEO、サイトデザインも大好きです。

むれをフォローする
GemForex
むれをフォローする
海外FX大全
タイトルとURLをコピーしました