おすすめの海外FX業者はこちら!
海外FXでなかなか勝てない人へ

海外FXでのトレード勝率を上げたいなら、こちらの記事をどうぞ。
海外FXの基本戦術をまとめています。

おすすめトレード手法をチェックする ▷

GemForex(ゲムフォレックス)オールインワン口座の特徴まとめ。ボーナス・EA・ミラートレード対応

GemForexにはオールインワン口座とノースプレッド口座の2種類の口座タイプがあります。

違いは以下の通り。

  • オールインワン口座:ボーナス・GemForexEA・ミラートレードが使える
  • ノースプレッド口座:スプレッドが狭い

オールインワン口座は、GemForexの豊富なボーナスが利用でき、かつEA自動売買やミラートレードなども利用できます。

この記事ではオールインワン口座のメリット、 デメリットなどをわかりやすく解説していきます。

オールインワン口座の詳細は、GemForexの「取引口座→口座タイプ」でも確認できます。

 

オールインワン口座のメリット

ここからはGemForexオールインワン口座のメリットを詳しく見ていきます。

 

メリット1、EA自動売買を利用できる

まずGemForexのオールインワン口座では、EA自動売買が利用できます。

それに対して、もう一つの口座タイプ、ノースプレッド口座では自動売買は利用できません。

EA自動売買が使えることは、MT4対応の海外FX業者にとって当たり前のことなので、大きな強みとは言えないかもしれません。

ただGemForexでは多数のEA自動売買プログラムが利用できます。これらをうまく活用すれば、EA自動売買の勝率が上がるでしょう。

EA自動売買の詳細は、GemForexの「プラットフォーム→FX自動売買ソフト(EA)」で確認できます。

 

メリット2、ミラートレードを利用できる

GemForexオールインワン口座ではミラートレードが利用できます。

ミラートレードとは、簡単に言うと、FX業者にトレード代行してもらうこと。

FX業者のサーバーでトレードを行うため、MT4や仮想専用サーバーなどが不要で、スマホ1つで簡単に自動売買ができるようになります。

その一方で自動売買の自由度が低く、チャートの検証やストラテジーのカスタマイズができないため、EAよりも利益率は低い傾向があります。

ミラートレードの詳細は、GemForexの「プラットフォーム→FXミラートレード」で確認できます。

 

メリット3、最低入金額が低い(100円)

GemForexオールインワン口座の最低入金額は100円と低いです。資金が少ない人でも、手軽にFXトレードに挑戦できます。

それに対しノースプレッド口座の最低入金額は30万円と高く、資金の少ない人とってはハードルが高いと言えます。

オールインワン口座を含めたSTP口座は、最低入金額が低い傾向があります。実際XMのSTP口座も最低入金額は500円です。

そのかわりSTP口座はスプレッドが高めなので、資金に余裕が出てきたらECN口座に切り替えましょう。

最低入金額は、GemForexの「取引口座→入金方法」で確認できます。

 

メリット4、豊富なボーナスを利用できる

オールインワン口座では、GemForexの豊富なボーナスが利用できます。

特に1万円から2万円の口座開設ボーナスは、入金しなくても得られるため、資金が少ない人には心強いです。

逆にノースプレッド口座だとボーナスは利用できません。GemForexの豊富なボーナスを利用したいなら、オールインワン口座を選びましょう。

ボーナスの詳細は、GemForexの「トップページ」で確認できます。

 

メリット5、スプレッドがそれなりに狭い(USD/JPY 1.2pips)

GemForexのスプレッドは、アメリカドル円で1.2 pips。XMの1.6 pipsと比べれば低めです。

スプレッドはFXトレードでの取引手数料のようなもの。スプレッドが狭ければ狭いほど、FXトレードで利益を出しやすくなります。

少額の資金でデイトレードをするなら、GemForexは候補に入れていいでしょう。

スプレッドは、GemForexの「取引条件→通貨ペアとスプレッド」で確認できます。

 

オールインワン口座のデメリット

入金ボーナスが豊富で、自動売買とミラートレードが利用できるGemForexオールインワン口座ですが、当然デメリットもあります。

ここからはオールインワン口座のデメリットを見ていきます。

 

デメリット1、通貨ペアの種類が少ない(33種類)

GemForexの通貨ペアは33種類。XMの57種類、LAND-FXの67種類と比べると少なめです。通貨ペアが少ないと、投資できるマイナー通貨が限られ、収益化のチャンスが狭くなります。

ただマイナー通貨はスプレッドが広く、変動も激しいため、利益を出すのが難しいです。

デイトレードや自動売買など取引回数の多いトレードをするのなら、スプレッドの低いメジャー通貨がおすすめ。そしてメジャー通貨でFXをするなら、GemForexでも十分事足ります。

通貨ペアは、GemForexの「取引条件→通貨ペアとスプレッド」で確認できます。

 

デメリット2、経済指標時にスプレッドが広がりやすい

オールインワン口座のようなSTP口座は、基本的にスプレッドが広がりやすいです。

そのため経済指標などを狙ったアービトラージ取引では、利益を出しにくくなります。

以下のツイートは、GemForexのスプレッドに言及しています。

スキャルピングトレードや自動売買などで利益を出したいなら、スプレッドが広がりにくいECN口座を利用しましょう。

特にAXIORYTradeviewは取引手数料が低くおすすめです。

 

デメリット3、MT5・cTraderは使えない

GemForexオールインワン口座で利用できる取引ツールはMT4のみ。MT5やcTraderは利用できません。

MT4は世界で最も普及しているFX取引ツールで、EAやインディケーターの種類が多いのが特徴。自動売買をする人におすすめです。

それに対しMT5やcTraderは、注文スピードが早く、約定率が高いため、スキャルピングトレードと相性がいいです。

MT5やcTraderを使いたいなら、海外FX業者はTradeviewがおすすめ。両方の取引ツールも利用できる上に、取引手数料が安く、海外FXベテラン勢に人気があります。

詳しくはTradeview公式サイトをご覧ください。

 

まとめ:ボーナスを活用するなら、オールインワン口座がおすすめ。

ここまでGemForexのオールインワン口座について詳しく説明してきました。

オールインワン口座は入金ボーナスが豊富で、EAやミラートレードを利用でき、最低入金額も100円と低いです。

特にGemForexの豊富なボーナスを利用できるのは、資金の少ない人にひとにとっては心強いはずです。

資金の少ない人がボーナスをフル活用するなら、オールインワン口座はおすすめです。ノースプレッド口座では、ボーナスが使えませんからね。

オールインワン口座の詳細は、GemForexの「取引口座→口座タイプ」で確認できます。

タイトルとURLをコピーしました