LAND-FXの50万円ボーナスをチェック!
海外FXのおすすめは?

海外FXが初めての方は、こちらの記事を読みましょう↓

海外FX業者のおすすめはこちら!

GemForexのCFD銘柄まとめ。レバレッジ・スプレッド・取引時間は?

GemForex

GemForexではCFD取引が可能です。

CFD取引とは、商品先物や株価指数などにレバレッジをかけて行う取引のこと。通貨ペアを扱うFXとは異なります。

GemForexでのCFDとFXでは何が違うのでしょうか? またCFD取引で投資できる銘柄はどんなものがあるのでしょうか?

この記事ではGemForexのCFD取引についてわかりやすく解説します。

今すぐCFD銘柄を知りたい人は、GemForex公式の「取引条件→CFD」をチェックしましょう。

今すぐ無料で登録できます

 

GemForexのCFD銘柄一覧

GemForexで利用できるCFD銘柄は、大きく分けて株価指数とエネルギーの2種類。

株価指数の詳細は以下の通りです。

シンボル正式名称
JPXJPY日経225
CACEUR
ユーロネクスト・パリ
DAXEURドイツ株価指数
FTXGBP
ロンドン株価指数
NASUSD
ナスダック100指数
DOWUSD
NYダウ平均株価指数
S&PUSD
スタンダード&プアーズ500
ASXAUD
オーストラリア株価指数
ESXEUR
ユーロ・ストック50
HSXHKD香港株価指数

エネルギー銘柄の詳細は以下の通り。

銘柄名正式名称
BRTGBPブレント原油
WTIUSD軽質スイート原油

銘柄の名称は、GemForex公式の「取引商品→CFD」でも確認できます。

 

CFD銘柄のレバレッジ

株価指数のレバレッジは以下の通り。

銘柄名レバレッジ
JPXJPY200倍
CACEUR100倍
DAXEUR100倍
FTXGBP100倍
NASUSD100倍
DOWUSD100倍
S&PUSD100倍
ASXAUD100倍
ESXEUR100倍
HSXHKD66倍

レバレッジは66倍から200倍ほどで、レバレッジ1,000倍のFXと比べると低めです。

エネルギー銘柄のレバレッジも以下の通り。

銘柄名レバレッジ
BRTGBP66倍
WTIUSD66倍

こちらも66倍とFXよりかなり低いです。

レバレッジの詳細は、GemForex公式の「取引条件→CFD」で確認できます。

 

CFD銘柄のスプレッド

株価指数のスプレッドは以下の通りです。

シンボルスプレッド
JPXJPY1.0
CACEUR18.0
DAXEUR30.0
FTXGBP27.5
NASUSD20.0
DOWUSD42.0
S&PUSD7.0
ASXAUD30.0
ESXEUR26.0
HSXHKD0.8

日経225・香港株価指数以外は、どれもスプレッドが広めです。スキャルピングトレードで稼ぐのは、難しいでしょう。

エネルギー銘柄のスプレッドは以下の通り。

銘柄名スプレッド
BRTGBP0.5
WTIUSD0.5

エネルギーは株価指数と比べると、スプレッドが狭いです。

最新のスプレッドはGemForex公式サイトからでは確認できません。口座開設して、MT4にログインして、チェックしましょう。

口座開設は、こちらのGemForex口座開設ページから行えます。

FXのスプレッドはこちらの記事で確認できます。

 

CFD銘柄の取引時間

CFD銘柄は、それぞれ取引時間が異なります。

株価指数の取引時間は以下の通り。

銘柄平日の取引時間月曜開場金曜閉場
Nikkei22502:00 – 23:152:0023:15
CAC40 (FRA40)09:00 – 23:009:0023:00
DAX (GER30)02:30 – 23:002:3023:00
FTSE 100 (UK100)09:00 – 23:009:0023:00
NASDAQ (US100)01:00 – 23:151:0023:15
US30 (DJ30)01:00 – 23:151:0023:15
US500 (S&P500)01:00 – 23:151:0023:15
ASX200 (AUS200)00:50 – 07:30,
08:10 – 23:00
0:5023:00
Euro50 (EUSTX50)09:00 – 23:009:0023:00
Hang Seng50 (HK50)03:15 – 06:00,
07:00 – 10:15
3:1510:15

エネルギー銘柄の取引時間は以下の通り。

銘柄平日月曜開場金曜閉場
BRENT03:05 – 24:003:0523:15
WTI Light Sweet (XTIUSD)01:00 – 24:001:0023:15

取引時間の詳細は、GemForex公式の「取引条件→CFD」で確認できます。

CFDとFXの違いは?

ここからはGemForexにおけるCFDとFXの違いを述べていきます。

 

レバレッジの違い

レバレッジの違いは以下の通り。

  • CFD:66倍〜200倍
  • FX:1,000倍

FXはレバレッジ1,000倍と高いのに対し、CFDのレバレッジは最大200倍と低めです。少ない資金でお金を稼ぎたいなら、FXがおすすめ。

ただしGemForexのFXレバレッジは1,000倍固定で、変更はできません。低いレバレッジでのトレードは不可能です。

他のレバレッジも色々試したいなら、XMがおすすめ。1倍から888倍まで16種類のレバレッジを選択できるからです。

詳しくはXM公式サイトをご覧ください。

 

スプレッドの違い

CFD銘柄は、FX通貨ペアよりもスプレッドが広めです。

20〜30 pipsの銘柄も多く、スキャルピングトレード・デイトレードとは相性が悪いでしょう。

CFD銘柄のスプレッドは、GemForex公式サイトでは確認できません。こちらの記事でチェックしましょう。

 

取引時間の違い

取引時間の違いは以下の通り。

  • CFD:銘柄によって異なる(月曜日の朝から金曜日の夜まで)
  • FX:月曜6:10~土曜5:50(冬時間は月曜7:10~土曜6:50)

FX通貨ペアの取引時間は、月曜の朝から土曜の朝までと決まっているのに対し、CFD銘柄は銘柄ごとにバラバラです。

CFD取引をするときは、それぞれの取引時間を細かくチェックしましょう。

CFD銘柄の取引時間は、GemForex公式の「取引条件→CFD」で確認できます。

 

CFD取引の注意点

ここからはGemForexCFD銘柄の注意点を述べていきます。

 

CFD取引は、オールインワン口座のみ可能

GemForexでCFD取引ができるのは、オールインワン口座のみ。ノースプレッド口座では利用できません。

GemForexでCFD取引をしたいなら、オールインワン口座で口座開設しましょう。

オールインワン口座の詳細は、GemForex公式の「取引口座→口座タイプ」で確認できます。

 

保有できる通貨ペアは、FXと合わせて30ロットまで

GemForexでCFD取引をする場合、保有できる通貨ペアはFXと合わせて30ロットまでとなります。

公式サイトから引用しておきましょう。

FXの通貨ペアを保有されている場合には、LOT数の合算30LOT未満になりますので、ご注意頂いた上でお取引をお願いします。

引用:GEMFOREXのCFD取引条件 株式指数

ただGemForexのレバレッジは1,000倍と高いので、30ロットも保有する必要はありませんが、保有ロット数に制限があることは覚えておきましょう。

ロット制限については、GemForex公式の「取引条件→CFD」をご覧ください。

 

まとめ:CFD取引よりもFXの方が収益性が高い

ここまでGemForexのCFD銘柄について解説してきました。

CFD銘柄のレバレッジは66倍から200倍で、1,000倍のFXと比べるとかなり低めです。少ない資金でトレードをしたいなら、FXトレードをしましょう。

レバレッジが高ければ高いほど、必要証拠金が少なくなりますからね。

その点でGemForexはレバレッジが1,000倍と非常に高く、ボーナスも豊富なため、ハイリスク・ハイリターンなトレードと相性がいいです。

CFD銘柄の詳細は、GemForex公式の「取引条件→CFD」でチェックしましょう。

 

海外FXのお試しは、GemForexがおすすめ!

海外FXが初めてなら、GemForexはまあまあおすすめ。

口座開設ボーナスで1万円〜2万円もらえるため、自分のお金を使うことなくFXトレードができるからです。トレードの腕次第では1万円のボーナスが、10万円に化けるかもしれません。

詳しくはGemForex公式サイトをご覧ください。

今すぐ無料で登録できます
おすすめ海外FXランキング
LAND-FX:ボーナスが多く、トレードを続けやすい

トレード資金が少ない人には、LAND-FXがおすすめ。
最大50万円の100%入金ボーナスがもらえます。
スプレッドも狭く(USD/JPY 0.8 pips)、デイトレードと好相性。

AXIORY:スキャルピングトレードにおすすめ

少額でスキャルをするなら、AXIORYがおすすめ。
最低入金額が2万円と低く、レバレッジは400倍と高め。
ECN口座の取引手数料が1ロット往復6ドル。
取引ツール「cTrader」はスキャルピングトレードと好相性。

Tradeview:ベテラントレーダーに人気

取引コストを極限まで抑えたいなら、Tradeviewがおすすめ。
ECN手数料が1ロット往復5ドルと、最安値クラス。
取引ツールは「MT5・cTrader」も使えます。
海外FXベテラン勢からも大人気!

この記事を書いた人
むれ

海外FXの情報を発信しているトレーダーです。
サイト運営やSEO、サイトデザインも大好きです。

むれをフォローする
GemForex
むれをフォローする
海外FX大全
タイトルとURLをコピーしました