LAND-FXの50万円ボーナスをチェック!
海外FXのおすすめは?

海外FXが初めての方は、こちらの記事を読みましょう↓

海外FX業者のおすすめはこちら!

GemForexのMAM口座とは? メリット・デメリットをわかりやすく解説

GemForex

GemForexでMAM運用できることはご存知でしょうか?

MAM運用とは、簡単に言うと、プロトレーダーに代わりにFXトレードをしてもらうこと。ミラートレードやソーシャルトレードとも呼ばれます。

MAM口座を使ってMAM運用することで、自分でチャート分析しなくても、FXで稼げるとされています。

では実際のところ、GemForexのMAM運用は利用するに値するのでしょうか?

この記事ではGemForexのMAM運用について詳しく解説します。

今すぐ無料で登録できます

 

GemForexのMAM運用とは?

MAM(Multi Account Manager)とは、自分のFX口座に資金を投入し、他のFXトレーダーが代わりに運用すること。

自分の口座の資金を他のトレーダーの取引ツールとひも付けするだけで、資金を持ち逃げされるリスクが少ないのが特徴です。

またMAM運用ではプロトレーダーの運用方法を閲覧でき、トレードのノウハウを学べるというメリットもあります。

 

MAM口座は違法ではないが、グレーゾーン

MAM運用は有益そうに見えますが、なぜ流行っていないのでしょうか?

その理由は、日本では金融庁に登録していない個人が、トレードを代行して成果報酬を得ることは、認められていないからです。

GemForexを含めた海外FX業者は、金融庁に登録していないため、当然MAM運用も認められていません。

MAM運用で直接的な罰則を受ける可能性は低いですが、法律的にはグレーゾーンであることは認識しておいてください。

 

PAMM口座との違いは?

PAMM(Percentage Allocation Management Module)も、MAM運用とほぼ同じです。

大きな違いは、取引履歴が見れるか見れないか。PAMM運用では取引履歴が見れませんが、MAM運用では取引履歴を見れます。

トレードの手法を見て勉強になることや、トレードのミスによるトラブルを避けるためにも、MAM運用のほうが好ましいです。

 

GemForexでMAM運用するには、紹介者のリンクが必要

GemForexのMAM口座は、通常の方法では開設できません。

MAM口座を持っている人の紹介リンクを踏んでから、GemForexで口座開設する必要があります。

残念ながら、筆者である私もMAM口座を持っておらず、MAM口座開設リンクも用意できません。

GemForexのMAM口座を開設したいなら、以下の記事にアクセスしましょう。

紹介リンクが貼っているため、MAM口座を開設できます。

 

GemForexMAM口座のメリット

ここからはGemForexでMAM口座を利用するメリットを紹介します。

 

メリット1、チャートを見る時間を節約できる

GemForexでMAM運用することで、FXチャートを見る時間を節約できます。他の人にトレードしてもらうわけですから当然ですね。

EA自動売買と同じように、MAM運用は兼業トレーダーの人と相性が良いです。

そうでなくとも1日中チャートを見続けることは、精神的に不健全です。精神衛生的にも、トレードの自動化は検討しましょう。

GemForexでEA自動売買をするなら、こちらの記事をご覧ください。

 

メリット2、EAの購入費用を節約できる

MAM運用では、他のトレーダーにかわりにトレードしてもらい、利益が出た時ににその報酬を支払います。初期投資はゼロ。

これがEA自動売買だと、高価なものなら10万円以上のものもあり、出費がかさみます。無料のEAも使えますが、機能が制限されている場合が多く、メインには使いにくいです。

有料EAは、MQL5GoGoJungleなどで購入できます。

 

メリット3、お金を持ち逃げされるリスクがない

MAM運用では自分の口座にある資金を、他のトレーダーに運用してもらいます。

他のトレーダーに資金を預けるわけではないので、資金を持ち逃げされるリスクがありません。

 

メリット4、取引内容を確認できる(PAMM口座はできない)

GemForexのMAM運用では、プロトレーダーの取引履歴を確認できます。

委託しているトレーダーが適切にトレードしているか確認できますし、利益を出しているなら、そのトレードを見て勉強できます。

それに対し、PAMM運用だと取引履歴を閲覧できません。

トレード以外で得られるリターンを考えたら、PAMM運用よりもMAM運用がおすすめ。

 

GemForexMAM口座のデメリット

MAM運用は放置で稼いでくれるというイメージがありますが、全面的にはおすすめできません。

ここからはGemForexのMAM運用のデメリットを解説します。

 

デメリット1、日本の法律ではグレーゾーン

GemForexのMAM運用はは、ソーシャルトレードやコピートレードに相当します。他人にトレードを委託して、成功報酬を支払うわけですね。

ただ日本では、この手の代行トレードは法律で禁止されています。日本の国内FX業者が、トレード代行サービスを行わないのもこのため(自動売買はOK)。

海外FX業者には、日本の法律が適用されないので、MAM運用を使っても罰せられるリスクは低いです。

それでも万が一のことを考えると、気軽にはおすすめできません。

 

デメリット2、取引ごとに手数料が発生する

MAM運用では、トレードの利益が出るごとに手数料が発生します。代行トレーダーも生活がかかっていますので、 無料ではトレードしれくれません。

以下のブログ記事によると、MAM運用の手数料は利益の15%から30%とのこと。

MAM口座における手数料は、利益分の15~30%となります。

引用:GEMFOREXでMAM(マム)口座を使うくらいなら自動売買をおすすめする

つまりMAM運用で10万円稼ぐと、1万5,000円〜3万円の手数料を取られるわけです。

もし自分で自動売買をしていれば、これらの手数料を支払う必要はなくなります。

FXはゼロサムゲームなので、他のトレーダーを出し抜くよりも、取引コストを少なくするほうが、利益を出しやすくなります。

FXトレードの勝率を上げたいなら、スプレッド・手数料を節約することに専念しましょう。

FXトレードで本格的に勝ちたいなら、手数料がダントツで安いTradeviewがおすすめ。詳細はTradeview公式サイトをご覧ください。

 

デメリット3、EA自動売買・トレードの腕が上達しない

MAM運用では、他のFXトレーダーにトレード代行してもらいます。

自分でFXトレードをしないので、代行トレーダーに頼り続けていると、なかなかトレードの腕が上達しません。

裁量トレードでも自動売買でも、トレードで利益を出し続けるには、腕を磨き続ける必要があります。

トレードを他人に任せてしまうと、自分ごとではなくなり、トレードに真剣味がなくなってしまうこともあります。

それに人間は、自分のこと以外では本気を出さないものです。もし本気でFXトレードでお金を稼ぎたいなら、人任せにせず、自力でトレードしましょう。

 

デメリット4、MAM口座を利用するには紹介リンクが必要

GemForexのMAM運用を利用するには、専用の紹介リンクが必要です。

公式サイトや普通のアフィリエイトリンクからでは、MAM口座は開設できません。

MAM運用では、専用の紹介リンクを探す必要があり、ひと手間かかります。

紹介リンク経由でMAM口座を開設するなら、こちらの記事をどうぞ。

 

MAM口座を提供している他の海外FX業者

MAM運用は他の海外FX業者でも利用できます。

ここからはMAM口座を提供している他の海外FX業者をいくつか紹介します。

 

TitanFX

TitanFXは、スプレッドが狭いことで有名な海外FX業者です。最近は日本にも進出しており、XM・GemForexの次くらいには有名になっています。

ただTitanFXは意外とスリッページが広がりやすく、ベテラントレーダーからは不人気です。

MAM口座の詳細は「MAM/PAMM プログラムガイドブック(PDF)」をご覧ください。契約は公式サイトの「Innovatrade MAM Agreement」で行います。

 

Traders Trust

Traders Trustは、VIP口座の取引手数料が安いことで有名です。

取引手数料はなんと1ロット往復3ドル。Tradeviewの1ロット5ドルよりもさらに安いです。

ただしVIP口座の利用は200万円の入金が必要で、資金に余裕のある上級者向けです。

詳細はTraders Trust公式の「MAM口座での取引・運用」をご覧ください。

 

まとめ:MAM口座よりも、自力でEA自動売買をした方がいい

GemForexでは、トレードを他のトレーダーに代行してもらうMAM運用を利用できます。

ただしMAM口座を開設するには、MAM口座利用者からのリンクが必要で、口座開設のハードルが高めです。

さらに取引手数料も、利益の15%〜30%ほどかかります。

自動売買で稼ぎたいのであれば、MAM運用よりもEA自動売買がおすすめ。EAをダウンロードして、自力でトレードしましょう。

GemForexのEAについては、GemForex公式の「プラットフォーム→FX自動売買ソフト(EA)」をご覧ください。

無料でEAを使いたいなら、MQL5からダウンロードすることをおすすめします。

 

GemForexのここがスゴイ!

海外FXが全くの初めてなら、GemForexはおすすめ。

メールアドレスと名前を入力するだけで、簡単に口座開設ができ、登録は30秒ほどで終わります。ごちゃごちゃした入力項目がないのはいいですね。

さらにGemForexではキャンペーン中に新規口座開設ボーナスとして最大2万円のボーナスがもらえます。これは未入金ボーナスの金額としては最高クラスです。

GemForexでは5万円以上入金すれば、毎月1つ自動売買プログラム(EA)をダウンロードできます。EAの相場は1万円から3万円ほどなので、これを無料で毎月1つ得られるのは大きいです。

デメリットは、取引ツールがMT4しか使えず、ECN口座が存在しないこと。ただどちらのデメリットも海外FX初心者であれば、それほど気にならないはずです。

GemForexでのFXトレードは、こちらの口座開設ページから始められます。

初心者におすすめの海外FX業者ランキング
GemForex

海外FXが全くの初めてなら、とりあえずGemForexがおすすめ。
メールアドレスと名前だけで、簡単に口座開設ができます。
さらに新規口座開設し、本人確認するだけで、最大2万円のボーナスがもらえます。
お金を使わずにリアルトレードをしたいなら、まずはGemForexを試しましょう。

XM

GemForexのボーナスを使い切ったら、次はXMがおすすめ。
口座開設で3,000円、そして最大5万円の100%入金ボーナスがもらえます。
またXMは日本人利用者が多いので、わからないことがあっても、検索・SNSで問題を解決しやすいです。

取引コストの低い海外FX業者ランキング
Tradeview:取引コストが最安値クラス

トレードのコストを最小限に抑えたいなら、Tradeviewがおすすめ。
ECN口座の取引手数料は、1ロット往復5ドル。
取引ツールは「MT5・cTrader」で、快適なFXトレードを実現できます。

AXIORY:cTraderでのトレードは非常に快適

10〜50万円で裁量トレードをするなら、AXIORYがおすすめ。
ECN口座の取引手数料は、1ロット往復6ドル。
取引ツールの「cTrader」は、ワンタップ注文や自動損切りなどができ、非常に便利。

LAND-FX:最大50万円のボーナスがもらえる

ボーナスがたくさん欲しいなら、LAND-FXがおすすめ。
最大50万円の100%入金ボーナスがもらえます。
スプレッドも狭く(USD/JPY 0.8 pips)、デイトレードと好相性。
取引ツールは「MT5」は、スマホで2チャート表示ができるのが便利。

この記事を書いた人
むれ

海外FXの情報を発信しているトレーダーです。
サイト運営やSEO、サイトデザインも大好きです。

むれをフォローする
GemForex
むれをフォローする
海外FX大全
タイトルとURLをコピーしました