おすすめの海外FX業者はこちら
海外FX初心者は「LAND-FX」がおすすめ!

最大50万円の100%入金ボーナスで大盤振る舞い!
スプレッドもUSD/JPY 0.8pipsと低く、デイトレードに最適
取引ツールはMT4・MT5対応
詳細はこちら↓

LAND-FX口座開設はこちら

GemForexミラートレードがおすすめできない理由とは?

GemForex

GemForexはミラートレードが利用できる数少ない海外FX業者です。

ミラートレードとは、簡単に言うと、FX業者に自動売買を代行してもらうこと。MT4のEA自動売買よりもずっと簡単にできます。

ミラートレードはお手軽層にも見えますが、意外なデメリットもあります。

この記事ではGemForexのミラートレードのメリット・デメリット・使い方・注意点などを分かりやすく解説します。

口座開設で1〜2万円ボーナスがもらえる
無料で今すぐ登録できます

 

  1. ミラートレードとは?
    1. 日本ではミラートレードは違法?
  2. GemForexのミラートレードのメリット
    1. メリット1、VPS(仮想専用サーバー)を契約しなくていい
    2. メリット2、パソコン不要。スマホでOK
    3. メリット3、MT4を使わなくていい
    4. メリット4、EAのセットアップをしなくていい
    5. メリット5、ランキングで利益率の高いストラテジーが丸わかり
  3. GemForexミラートレードのデメリット
    1. デメリット1、実践トレードには5万円の入金が必要
    2. デメリット2、取引手数料・スプレッドが高め
    3. デメリット3、業者に任せきりになり、チャート・EAの分析能力が身につかない
    4. デメリット4、EAほど情報が出回っていない
    5. デメリット5、EAよりもトレードの自由度が低い
  4. GemForexミラートレードの使い方・登録方法
    1. GemForexで口座開設する(オールインワン口座のみ)
    2. ミラートレードアカウントを作成する
    3. 口座に5万円以上入金する
    4. マイページの保有口座一覧から「ミラートレード許可」をクリックする
    5. GemForexの「パフォーマンス」から使いたいストラテジーを選ぶ
    6. ミラートレードストラテジーリストから開始する
  5. ミラートレードはデモ口座でも利用できる
  6. ミラートレードの注意点
    1. 口座残高ごとに利用制限がある
    2. ミラートレードをするには、ミラートレードアカウントが必要
    3. 実はミラートレードは取引コストが高い
  7. まとめ:ミラートレードはおすすめできない。EA自動売買にしよう
  8. お金を使わずにトレードしたいなら、GemForexがおすすめ

ミラートレードとは?

ミラートレードは、海外FX業者の自動売買プログラムを自分の口座とひもつけて、代わりに運用してもらうこと。別名はコピートレード。

高収益のストラテジーと同じトレードをすることで、素人のトレーダーでもプロと同じようなトレードができるようになります。

 

日本ではミラートレードは違法?

日本でミラートレード(コピートレード)をすることは、違法と断言できないにしても、グレーゾーンとされています。

ミラートレードのように投資の見返りに報酬をもらうビジネスは投資助言業と呼ばれ、金融商品取引法第29条に基づく登録を受ける必要があります。

EA自動売買プログラムを有料で販売するのも、投資助言業にあたるため、実は登録が必要なわけです。

金融庁の圧力もあり、日本の国内FX業者でミラートレード・コピートレードをしているところはほぼありません。

ミラートレードは日本の法律ではグレーゾーンにあたると覚えておいてください。

 

GemForexのミラートレードのメリット

ミラートレードの魅力は、利用のハードルが低いこと。特にスマホ1つで自動売買ができるのは快適ですよね。

ここからはGemForexのミラートレード使うメリットを紹介します。

 

メリット1、VPS(仮想専用サーバー)を契約しなくていい

GemForexのミラートレードでは、VPS(仮想専用サーバー)を契約する必要がありません。トレードはGemForex側のサーバーで行われるからです。

通常MT4などでEA自動売買をするときは、仮想専用サーバーの契約が必須です。そうしないと24時間自分のパソコンで運用することになり、取引が不安定になるからです。

ちなみに仮想専用サーバーの料金相場は月額2,000円ほど。

仮想専用サーバーを契約せずに自動売買をしたいなら、まずはミラートレードから挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

メリット2、パソコン不要。スマホでOK

GemForexのミラートレーダーはスマホでも利用でき、パソコンは不要です。

ミラートレーダーはGemForexのサーバーで行われるため、こちらの利用端末がパソコンでもスマホでも関係ないわけですね。

それに対しMT4のEA自動売買はスマホに対応しておらず、パソコンと仮想専用サーバが必須となります。

パソコンを持っておらず、スマホだけで自動売買をするなら、ミラートレードは選択肢に入ります。

 

メリット3、MT4を使わなくていい

GemForexのミラートレードでは、MT4を使う必要はありません。GemForex公式の「マイページ」でストラテジーを選んで、開始・停止をするだけです。

MT4は世界で最も有名な取引ツールですが、日本人向けにローカライズはされておらず、初心者には使いにくいです。

移動平均線やインディケーターの使い方など、覚えることが多くて大変でしょう。

MT4の使い方を覚える前に自動売買をやってみたいなら、ミラートレードを試す価値はあります。

 

メリット4、EAのセットアップをしなくていい

GemForexのミラートレードはGemForexのサイト内で完結します。

MT4を起動して、EA自動売買のセットアップをする必要もありません。

EA自動売買は設定がめんどくさいです。パソコンの基本的な動作ができていなければ、自動売買を始めることすらできないでしょう。

それに対しGemForexのミラートレードなら、ストラテジーを選択するだけで手軽に自動売買を体験できます。

パソコン操作が苦手な方は、まずGemForexのミラートレードから挑戦してみるのも悪くないでしょう。

 

メリット5、ランキングで利益率の高いストラテジーが丸わかり

GemForexでは利益率の高いストラテジーをランキング形式で公表しています。

利益率の高いストラテジーを選ぶことで、私たちも同じように利益率が高いトレードを真似できます。

またトレーダーがストラテジーを利用することで、開発者は成果報酬を得られます。ストラテジーの開発者はランキング上位になろうと、ストラテジーの改良に努めているわけです。

ランキング上位のストラテジーを使うことで、ミラートレードの勝率が上がるかもしれません。

ストラテジーの詳細については、GemForex公式サイトの「FXミラートレード」をご覧ください。

 

GemForexミラートレードのデメリット

GemForexのミラートレードはお手軽そうですが、デメリットもいくつか存在します。

デメリットを把握したうえで、ミラートレードにするかEA自動売買にするか判断しましょう。

ここからはGemForexミラートレードのデメリットを紹介します。

 

デメリット1、実践トレードには5万円の入金が必要

ミラートレードをリアル口座で利用するには、最低5万円の入金が必要です。

口座開設の2万円ボーナスだけでは、ミラートレードは利用できません。

GemForexでは口座残高ごとにミラートレードの利用制限があるのです。

詳細は以下の通り。

口座残高
同時利用できるストラテジー
ビギナーズ5万円以上1つ
アドバンス20万円以上3つ
プロフェッショナル50万円以上5つ
マスターズ100万円以上無制限

ミラートレードのストラテジーを1つ使うにしても最低5万円の入金が必要で、10個以上同時利用するなら100万円の入金が必要となります。

そのためGemForexミラートレードは、資金が少ない人にはおすすめできません。

 

デメリット2、取引手数料・スプレッドが高め

GemForexを含めたミラートレードは、総じて取引手数料が高いです。

GemForexはミラートレードの仕組みを作るのに少なからぬコストをかけています。コストはスプレッドか取引手数料の形で、トレーダーが負担することになるでしょう。

GemForexもビジネスでミラートレードをしているのですから、どこかで手数料を取らないと、ビジネスが成り立ちません。

GemForexはスプレッドを上乗せしていないと公言していますが、トレーダーがそれを検証する手段は限られています。トレーダーは何かしらの形で手数料を支払っていると考えるべきです。

自動売買の手数料を安くしたいなら、TradeviewAXIORYなどの海外FX業者を利用しましょう。どちらも手数料が低いことで有名です。

 

デメリット3、業者に任せきりになり、チャート・EAの分析能力が身につかない

ミラートレードのメリットは自動売買をほったらかしにできることですが、これが仇になることもあります。

ミラートレードを続けていると、チャートやストラテジーを検証する癖がつかなくなり、EA自動売買の勝率を上げにくくなります。

GemForexがミラートレードで提供している情報は少なく、チャートを検証する手段が限られているからです。

実際EA自動売買で利益を上げている人たちは、膨大な量のチャートとストラテジーを検証し、こつこつと経験を積んでいます。

ミラートレードは手軽にできる反面、自動売買で勝つための検証能力が身につかないのです。

 

デメリット4、EAほど情報が出回っていない

GemForexミラートレードのストラテジーは、あまり情報が出回っていません。

ストラテジーはGemForexでしか利用できず、実際に検証して情報公開している人が少ないからです。

実際EAを検証しているベテランFXトレーダーの多くは、GemForexを利用していません。

利益率を重視するなら、GemForexのミラートレードではなく、MT4のEA自動売買にしましょう。

EA自動売買であれば、有益な情報を発信している人も多く、お宝情報を見つければトレードの勝率も上がるかもしれません。

 

デメリット5、EAよりもトレードの自由度が低い

GemForexミラートレーダーは自由度が低めです。トレーダーがやることは、開始・終了のボタンを押すことぐらいです。

チャートの動きに合わせて、取引数量を増やしたり減らしたり、決済のタイミングをずらしたりすることもできません。

それに対しMT4のEAだと、以下の項目を細かく調整できます。

  • スプレッド
  • スリッページ
  • 取引数量
  • 利益確定値
  • 損失確定値

自動売買は完全にほったらかしで稼げるほど甘くはありません。チャートの動きに合わせて、様々な要素を調整する必要があります。

自動売買で本格的に稼ぎたいなら、ミラートレードよりもMT4のEA自動売買がおすすめです。

 

GemForexミラートレードの使い方・登録方法

ここまでGemForexミラートレードのメリット・デメリットを解説してきました。

ここからはミラートレードの使い方を解説します。

 

GemForexで口座開設する(オールインワン口座のみ)

ミラートレードを始めるには、まずGemForexで口座開設します(口座開設ページはこちら)。

口座開設するときは、オールインワン口座を選びましょう。

ノースプレッド口座ではミラートレードが使えないからです。

 

ミラートレードアカウントを作成する

次はGemForexのミラートレードアカウントを作成します。

作成手順は以下の通り。

  1. GemForex公式の「マイページ」にアクセスする
  2. 「マイページ」で「ミラートレード」の項目を探す
  3. 「新規登録する」をクリック

GemForexの口座を持っていれば、ボタン一つで簡単に作れます。

ミラートレードアカウントを作成すると、マイページにミラートレードの項目が追加され、ストラテジーの設定ができるようになります。

 

口座に5万円以上入金する

次はGemForexの口座に5万円以上を入金しましょう。

ミラートレードの利用条件が、口座に5万円以上入金することだからです。

入金はGemForex公式の「マイページ」の「ご入金」から行えます。

 

マイページの保有口座一覧から「ミラートレード許可」をクリックする

GemForexのFX口座を、ミラートレード専用口座に切り替えます。

切り替え方法は、GemForex公式の「マイページ」の「保有口座一覧」にアクセスし、「ミラートレードの許可」ボタンを押すだけ。

「ミラートレード受付中」というメッセージが現れたら成功です。

 

GemForexの「パフォーマンス」から使いたいストラテジーを選ぶ

GemForexの公式サイトで、利用したいストラテジーを選択します。

GemForexでは収益性の高い人のストラテジーをピックアップしているので、最初のうちはそれらを中心に選ぶと良いでしょう。

ストラテジーの詳細は、GemForex公式サイトの「プラットフォーム→FXミラートレード」で確認できます。

 

ミラートレードストラテジーリストから開始する

使いたいストラテジーを選んだら、稼動開始しましょう。

開始ボタンを押して、緑色のボタンに切り替わったら、ストラテジーが稼働している証拠です。

ストラテジーの開始・停止は、マイページのストラテジーリストから行います。

あとは放置するだけで、勝手にトレードをしてくれます。

 

ミラートレードはデモ口座でも利用できる

GemForexではミラートレード用のデモ口座も利用できます。お金を使わずにミラートレードができるわけです。

リアル口座との違いは以下の通り。

  • 最大10個のストラテジーを利用できる
  • 口座資金は100万円から
  • 手動決済できない

リアル口座と違って、入金しなくてもストラテジーを使えるのはありがたいですね。

リアル口座に5万円入金するのは怖いなら、まずはミラートレードのデモ口座から試してはいかがでしょうか?

 

ミラートレードの注意点

ここからはGemForexミラートレードの注意点をお話しします。

ミラートレードはお手軽そうなサービスですが、実は色々と制限があるのです。

 

口座残高ごとに利用制限がある

GemForexミラートレードは、口座残高によって利用できるストラテジーが制限されます。

詳細は以下の通り。

口座残高
同時利用できるストラテジー
ビギナーズ5万円以上1つ
アドバンス20万円以上3つ
プロフェッショナル50万円以上5つ
マスターズ100万円以上無制限

リアル口座でミラートレードをするには、最低5万円入金する必要があります。

さらに5万円入金したとしても、利用できるストラテジーは1つだけ。ストラテジーを検証するには少なすぎますね。

口座残高100万円以上なら、ストラテジーを無制限に利用できますが、そんな大金を突っ込める人はごく一部でしょう。

GemForexのサービスを利用する以上、どうしてもGemForex側から制限を受けることになります。

もっと小額の資金で自動売買をしたいなら、自前でEAを用意しましょう。MQL5のフォーラムサイトなら、EAを無料で入手できます。

 

 

ミラートレードをするには、ミラートレードアカウントが必要

GemForexミラートレードを利用するには、ミラートレードアカウントを登録する必要があります。

アカウントの作成は簡単で、GemForexマイページからミラートレーダーの登録ボタンを押すだけ。

ミラートレードアカウントを作成することで、マイページにミラートレードのメニューが表示され、ミラートレードを始められるようになります。

 

実はミラートレードは取引コストが高い

基本的にミラートレードは、EA自動売買よりも利益率が低いです。

理由は取引コストが高いから。ミラートレードではFX業者が専用のシステムを作るため、コストはトレーダー側が負担することになります。

またミラートレードのストラテジー開発者(シグナルプロバイダー)には、トレーダーが取引をするたびに成果報酬が入ります。

トレードを他の人にやってもらう以上、トレーダーはそのコストを支払わなくてはいけません。

自動売買で稼ぎたいなら、なるべくチャートやストラテジーの検証は自分でやりましょう。取引コストを最小限に抑えられます。

 

まとめ:ミラートレードはおすすめできない。EA自動売買にしよう

ここまでGemForexミラートレードのメリット・デメリットを解説してきました。

ミラートレードはスマホでお手軽にできますが、利用制限が厳しく、ストラテジーやチャートの検証が難しいなどのデメリットもあります。

特に5万円入金しないと使えないのは大きなデメリットです。

入金せずに自動売買をやってみたいなら、MQL5のフォーラムサイトから無料EAをダウンロードして、自分で実践しましょう。

もしくはミラートレーダーのデモ口座であれば、お金を使わずにミラートレードを体験できます。

口座開設で1〜2万円ボーナスがもらえる
無料で今すぐ登録できます

 

お金を使わずにトレードしたいなら、GemForexがおすすめ

お金を使わずに海外FXに挑戦したいなら、GemForex(公式)がおすすめ。

GemForexは常にキャンペーンを実施しており、新規口座開設で1〜2万円のボーナスがもらえるからです。これは未入金ボーナスなので、入金の必要はありません。

海外FXの有名どころの中では、未入金ボーナス2万円はトップクラス。海外FX業者に入金するのが怖いという方にうってつけです。

またGemForexは日本人向けの海外FX業者なので、日本語のメールで質問をしても、分かりやすい日本語で返信してくれます。

欠点はスプレッドが広いこと、サイトが使いにくいことですが、少額トレードをする上で大きなデメリットにはならないはずです。

詳しくはGemForex公式サイトをご覧ください。

口座開設で1〜2万円ボーナスがもらえる
無料で今すぐ登録できます
おすすめ海外FXランキング
LAND-FX(初心者向け)

トレード資金が少ない人には、LAND-FXがおすすめ。
最大50万円の100%入金ボーナスがもらえます。
スプレッドも狭く(USD/JPY 0.8 pips)、デイトレードと好相性。

AXIORY(中級者向け)

少額でスキャルをするなら、AXIORYがおすすめ。
最低入金額が2万円と低く、レバレッジは400倍と高め。
スキャル向け取引ツール「cTrader」に対応。

Tradeview(上級者向け)

取引コストを極限まで抑えたいなら、Tradeviewがおすすめ。
ECN手数料が1ロット往復5ドルと、最安値クラス。
取引ツールはMT4/MT5/cTrader/CURRENEXの4種類。

この記事を書いた人
むれ

海外FXの情報を発信しているトレーダーです。
サイト運営やSEO、サイトデザインも大好きです。

むれをフォローする
GemForex
むれをフォローする
海外FX大全
タイトルとURLをコピーしました