LAND-FXの50万円ボーナスをチェック!
海外FXのおすすめは?

海外FXが初めての方は、こちらの記事を読みましょう↓

海外FX業者のおすすめはこちら!

GemForexの取引ツールは「MT4」のみ。MT5やcTraderは使えません

GemForex

GemForexで利用できる取引ツールはMT4のみ。MT5やcTraderは利用できません。

ではGemForexのMT4には、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?

この記事では、GemForex MT4の特徴、ダウンロード方法、使い方などを解説します。

今すぐ知りたい人は、GemForex公式サイトの「プラットフォーム」をチェックしましょう。

今すぐ無料で登録できます

 

GemForexの取引ツールは「MT4」のみ

ここからはGemForexで利用できる取引ツール「MT4」を詳しく見ていきます。

やはり1番の魅力は、EA自動売買とインジケーターの種類が多いことですね。

 

MT4のメリット

MT4のメリットは以下の通り。

  • テクニカルインディケーターの種類が多い
  • EA(自動売買プログラム)の種類が多い
  • 対応している海外FX業者が多い
  • スマホ・タブレットのアプリ対応
  • チャートのカスタマイズ性が高い

MT4は世界で最も普及しているFX取引ツールです。インジケーターや自動売買プログラムの種類が多く、自由度の高いFXトレードが可能となります。

また対応している海外FX業者の数も多く、ほとんどの海外FX業者で利用できます。

MT4でのトレードは慣れるまでが大変ですが、一度慣れてしまえば、他の海外FX業者でも応用が利きます。

海外FXがはじめての方、もしくは海外FXで自動売買をする方は、取引ツールはMT4を選びましょう。

MT4の詳細は、GemForex公式サイトの「プラットフォーム」をご覧ください。

 

MT4のデメリット

MT4のデメリットは以下の通り。

  • FX初心者には敷居が高い
  • MacOSではうまく動作しないことがある
  • EA自動売買をするには仮想専用サーバー(VPS)が必要

MT4は日本の海外FX業者だと利用できるところが少ないです。有名どころの「DMM FX」や「GMOクリック証券」はMT4を取り扱っていません。

さらにMT4は日本語のチュートリアルなどもありません。操作方法は自分で調べる必要があります。今まで日本のFX業者を利用してきた人にとって、MT4を使うのはハードルが高いでしょう。

またMT4で自動売買をする場合も、仮想専用サーバーの契約やEAのインストールなど、面倒ごとが多いです。パソコンやソフトウェアの取り扱いが苦手な人は、MT4に慣れるのに時間がかかるでしょう。

MT4の詳細は、GemForex公式サイトの「プラットフォーム」で確認できます。

 

MT4のダウンロード方法

GemForexMT4のダウンロード方法は以下の通り。

  1. GemForex公式サイトにアクセス
  2. 画面上部の「プラットフォーム」から「PC対応MT4」を選択
  3. ダウンロードボタンをクリック

公式サイトにアクセスすれば、ダウンロードボタンを押すだけで、簡単にダウンロードできます。

ただしGemForexMT4を使うには、あらかじめGemForexで口座開設している必要があります。まだの方はGemForexの口座開設ページから登録しておきましょう。

 

GemForex MT4の対応デバイス

MT4の対応デバイスは以下の通り。

  • Windows
  • Mac OS
  • iPhone/iPad
  • Android(スマホ/タブレット)
  • ウェブブラウザ(WebTrader)

MT4はMacOSだと使えないと言われてしましたが、それも過去の話です。現在はMacOSでも利用できます。

それに加えて、MT4はiPhone・iPad・Androidスマホ・タブレットにも対応しています。アプリのダウンロードも、GemForex公式サイトからできます。

注意点として、MT4アプリではEA自動売買はできません。EA自動売買はパソコン版MT4限定の機能です。

MT4対応デバイスは、GemForex公式サイトの「プラットフォーム」で確認できます。

 

MT4の設定方法・始め方

MT4のダウンロードが終わったら、次はセットアップです。

GemForexMT4のセットアップ方法は以下の通り。

  1. デスクトップの「MT4アイコン」をダブルクリック
  2. ライセンス条約文が現れるので、同意して次に進める
  3. MT4が起動し、ログイン画面が表示される
  4. MT4口座番号・パスワードを入力し、ログインする

MT4を起動して、パスワードでログインすれば、すぐにFXトレードができるようになります。これはMT4アプリでも同じことです。

注意点として、初回ログイン時には、MT4口座番号・パスワードを入力する必要があります。

口座番号とパスワードは、GemForex口座開設時に送られるメールに記載されています。間違って削除しないようにしましょう。

設定方法・ダウンロード方法の詳細も、GemForex公式サイトの「プラットフォーム」で確認できます。

 

GemForexではMT5・cTraderは使えない

残念ながら、GemForexでは取引ツール「MT5・cTrader」は利用できません。

MT5もcTraderも普及率ではMT4に劣りますが、それぞれに際立った特徴があります。

ここからは「MT5・cTrader」の特徴と対応業者を紹介します。

 

MT5の特徴

MT5の特徴は以下の通り。

  • 時間足の種類が多い
  • 動作が速い
  • 気配値ウインドウに「プライスボード」「詳細」が追加

MT5はMT4よりも動作が速く、スキャルピングトレードなどの裁量トレードと相性がいいです。

また開発元のメタクオーツ社(MetaQuotes)も、MT5の開発に力を入れており、アップデートの回数も多め。不具合があったとしても、すぐに改善される可能性が高いです。

裁量トレードをするのなら、MT5がおすすめ。詳しくはMetaTrader5公式サイトをご覧ください。ダウンロードも同じページで行えます。

 

MT5のデメリット

ただしMT5には以下のようなデメリットがあります。

  • EA(自動売買プログラム)の種類が少ない
  • インディケーターの種類が少ない
  • 対応している海外FX業者が少ない
  • MT4のEAと互換性がない

MT5はMT4よりも歴史が浅く、EA・インジケーターの種類がMT4よりも少なめ。

さらにMT4のEAはMT5と互換性がないため、MT4のEAを使うには、MT4を使い続けるしかありません。EA自動売買でトレードしている方には、MT5に乗り換えるメリットがないのです。

MT5を利用している海外FXトレーダーが少ないため、EA開発者も海外FX業者も積極的にMT5向けのサポートをする動機がありません。

もしあなたがEA自動売買でトレードをするなら、取引ツールはMT4を選びましょう。EA・インディケーターの種類はMT5の10倍以上です。

EA・インディケーターのダウンロードは、MQL5のフォーラムサイトが便利です。

 

MT5が使える海外FX業者

MT5が使える海外FX業者をいくつかありますが、中でも代表的なのが以下の3つ。

  • XM:デイトレード向け
  • LAND-FX:デイトレード向け
  • Tradeview:スキャル向け

1つ目のXMは、口座開設ボーナス3,000円、100%入金ボーナスが5万円あり、資金の少ない人でも始めやすいです。

2つ目のLAND-FXは入金ボーナスが50万円と非常に多く、スプレッドも狭いため、デイトレードと相性がいいです。

3つ目のTradeviewは、ECN手数料が1ロット往復5ドルと安く、スキャルピングトレードと相性が良いです。

ただしTradeviewのECN口座は、最小取引単位が1万通貨と高く、最低入金額も10万円と高いため、資金に余力のある人向けです。

 

cTraderの特徴

cTraderの特徴は以下の通り。

  • 約定スピードが速い
  • スプレッドがめちゃ狭い
  • 日本語対応
  • チャートが日本時間対応
  • ただし自動売買の種類は少なめ

cTraderはECN口座でのFXトレードに特化したFX取引ツールです。約定スピードが非常に速く、スキャルピングトレードなどの裁量トレードと相性が良いです。

さらにチャートの表示時間も日本時間に対応しており、MT4のように日本時間に変更するインジケーターも必要ありません。

デメリットは自動売買プログラムの種類が少ないこと。自動売買で稼ぎたいなら、MT4を使いましょう。

スキャルピングトレードなどの高速売買をするなら、cTraderはおすすめです。

 

cTraderが使える海外FX業者

cTraderが使える海外FX業者はまだ少ないです。中でも代表的なのは以下の2つ。

  • AXIORY:少額スキャル向け
  • Tradeview:資金が豊富な人向け

FXの資金が少ないなら、AXIORYがおすすめ。最低入金額が2万円と低く、レバレッジは400倍と高いため、少ない資金でもスキャルピングトレードに挑戦できます。

さらに取引手数料も1ロット6ドルと、XMの10ドルより4割も安いです。

AXIORYの詳細は、こちらの記事をご覧ください。

2つ目のTradeviewは海外FX上級者向け。取引手数料は1ロット5ドルと非常に安い代わりに、最低入金額が10万円と高く、レバレッジも200倍と低めです。

資金に余力のある人にのみ、おすすめできます。

Tradeviewの詳細は、こちらの記事をご覧ください。

 

GemForex MT4はデイトレード・スイングトレード向け

ここまでGemForexの取引ツール「MT4」を詳しく解説してきました。

MT4はEAとインディケーターの種類が非常に多く、自動売買で稼ぎたい人におすすめの取引ツールです。対応している海外FX業者の種類も多く、様々な海外FX業者を試してみたい人にも最適です。

MT4はFX取引ツールの中でも最もポピュラーです。お金を使わずにMT4でFXトレードしてみたいなら、まずはGemForexを試してはいかがでしょうか?

取引ツールの詳細は、GemForex公式サイトの「プラットフォーム」で確認できます。

 

GemForexのここがスゴイ!

海外FXが全くの初めてなら、GemForexはおすすめ。

メールアドレスと名前を入力するだけで、簡単に口座開設ができ、登録は30秒ほどで終わります。ごちゃごちゃした入力項目がないのはいいですね。

さらにGemForexではキャンペーン中に新規口座開設ボーナスとして最大2万円のボーナスがもらえます。これは未入金ボーナスの金額としては最高クラスです。

GemForexでは5万円以上入金すれば、毎月1つ自動売買プログラム(EA)をダウンロードできます。EAの相場は1万円から3万円ほどなので、これを無料で毎月1つ得られるのは大きいです。

デメリットは、取引ツールがMT4しか使えず、ECN口座が存在しないこと。ただどちらのデメリットも海外FX初心者であれば、それほど気にならないはずです。

GemForexでのFXトレードは、こちらの口座開設ページから始められます。

初心者におすすめの海外FX業者ランキング
GemForex

海外FXが全くの初めてなら、とりあえずGemForexがおすすめ。
メールアドレスと名前だけで、簡単に口座開設ができます。
さらに新規口座開設し、本人確認するだけで、最大2万円のボーナスがもらえます。
お金を使わずにリアルトレードをしたいなら、まずはGemForexを試しましょう。

XM

GemForexのボーナスを使い切ったら、次はXMがおすすめ。
口座開設で3,000円、そして最大5万円の100%入金ボーナスがもらえます。
またXMは日本人利用者が多いので、わからないことがあっても、検索・SNSで問題を解決しやすいです。

取引コストの低い海外FX業者ランキング
Tradeview:取引コストが最安値クラス

トレードのコストを最小限に抑えたいなら、Tradeviewがおすすめ。
ECN口座の取引手数料は、1ロット往復5ドル。
取引ツールは「MT5・cTrader」で、快適なFXトレードを実現できます。

AXIORY:cTraderでのトレードは非常に快適

10〜50万円で裁量トレードをするなら、AXIORYがおすすめ。
ECN口座の取引手数料は、1ロット往復6ドル。
取引ツールの「cTrader」は、ワンタップ注文や自動損切りなどができ、非常に便利。

LAND-FX:最大50万円のボーナスがもらえる

ボーナスがたくさん欲しいなら、LAND-FXがおすすめ。
最大50万円の100%入金ボーナスがもらえます。
スプレッドも狭く(USD/JPY 0.8 pips)、デイトレードと好相性。
取引ツールは「MT5」は、スマホで2チャート表示ができるのが便利。

この記事を書いた人
むれ

海外FXの情報を発信しているトレーダーです。
サイト運営やSEO、サイトデザインも大好きです。

むれをフォローする
GemForex
むれをフォローする
海外FX大全
タイトルとURLをコピーしました