新規口座開設で20,000円。GemForexのキャンペーンをチェック
海外FXはどれがおすすめ?

自分にぴったりな海外FX業者を選ぶと、利益を出しやすくなります。
詳細はこちら↓

おすすめ海外FX業者をチェック!

GemForexでスキャルピングトレードがおすすめできない理由

GemForex

GemForexでもスキャルピングトレードは可能です。

スキャルピングトレードとは、1回のトレードで1pips〜10pipsの利益を狙うトレード手法のこと。

取引回数が多いため、取引コストも多くなりやすく、上級者向けのトレード手法とされています。

ただはっきり言って、GemForexでスキャルピングトレードするのはおすすめできません。

この記事ではその理由を詳しく解説します。

登録は30秒でできます

 

GemForexでスキャルピングトレードは可能

一応GemForexでもスキャルピングトレードは可能です。

ただし取引回数や取引通貨量が極端に多くなると、GemForexから警告が入るとのこと。

念のため公式サイトから引用しておきます。

Q スキャルピングは認めていますか?

A はい、特に制限は設けてはおりません。但し、お客様からのお口座から発生するメッセージが膨大な量となり当社サーバーの執行能力に支障があると担当部門で認められます場合には、メッセージ数を減らしていただくようお願い申し上げることがございます。また、場合によっては利用規約ガイドラインに沿った処置を行わせて頂く場合もございますので、極端な取引はお控え頂いた方が無難です。

引用元:GemForex よくある質問

個人トレーダーが普通にスキャルピングトレードをする分には問題ありません。

 

スキャルピングトレードでは、ECN口座を使うのが鉄則

スキャルピングトレードする上で1つ知っておくべきことがあります。

それは「スキャルピングトレードではECN口座を使うのが鉄則」であること。

理由はECN口座の方がSTP口座よりもスプレッドが狭く、スキャルピングトレードで利益を出しやすいからです。

試しにXMのSTP口座とECN口座のスプレッドを比較してみましょう(USD/JPYの場合)。

  • スタンダード口座(STP口座):1.6 pips
  • XM Zero口座(ECN口座):1.1 pips(取引手数料込み)

ECN口座であるXM Zero口座の方が、スプレッドが狭いですよね。

これはXM以外の海外FX業者にも言えることです。ECN口座はスプレッドが低いため、スキャルピングトレードと相性が良いのです。

ただしECN口座にもデメリットはあります。

  • 入金ボーナスが使えない
  • レバレッジが低い(200倍前後)
  • 最低入金額が高い(10万円くらい)
  • 最小通貨単位が多い(1万通貨)

ECN口座は資金的なハードルが高く、資金が少ない人にはおすすめできません。

そういう人はボーナスの豊富なSTP口座を使いましょう。

例えばGemForexのオールインワン口座だと、口座開設だけで1〜2万円のボーナスがもらえます。

詳しくは「GemForex公式サイト」をご覧ください。

 

GemForexにECN口座はない

スキャルピングトレードではECN口座を使うのが基本です。

ただGemForexにはECN口座がありません。スプレッドの狭いノースプレッド口座はありますが、あれはECN口座ではないのです。

通常のECN口座では、FX業者はトレーダーとリクイディティプロバイダーの仲介をするだけで、取引に介入しません。

リクイディティプロバイダーとは、FX業者からの注文を受け付ける銀行のこと。

しかしGemForexのECN口座は、取引ロット数が多いと、取引をキャンセルする可能性があると公言しています。

また、ノースプレッド口座でのスキャルピングのルールとして、短期間(5分間を目安)に往復合計10LOT以上での連続したお取引を頂く可能性がある方は事前にご連絡を頂き、弊社よりカバー先に許可を取らせて頂く必要がございます。

許可を取らずにお取引を継続されますとカバー先より予告無く取引停止となり、該当取引分につきましてdeal cancelとなる場合がございます。

引用元:GemForexガイドライン

通常のECN口座であれば、FX業者が取引をキャンセルすることはありえません。

したがってGemForexのノースプレッド口座はECN口座ではないため、スキャルピングトレードにもおすすめできないということになります。

スキャルピングトレードで本格的に稼ぎたいなら、AXIORYやTradeviewなど海外FX業者を選びましょう。

 

スキャルピングトレードにおすすめの海外FX業者

ここまでGemForexのノースプレッド口座がスキャルピングトレードと相性が悪いことを解説してきました。

スキャルピングトレードをするなら、取引手数料の安いECN口座を使うのが一般的です。

ここからは中でも代表的な海外FX業者、AXIORYとTradeviewを紹介します。

 

AXIORY:資金の少ない人向け

少ない資金でスキャルピングトレードをするなら、AXIORYがおすすめ。

最低入金額が2万円と低く、レバレッジも400倍と高く、最小通貨単位も1,000通貨と低いからです。資金が少ない人でも参入しやすいわけですね。

さらにAXIORYはスキャルピングトレード向けの取引ツール「cTrader」に対応。約定スピードが速く、日本語にも対応しているのが大きな特徴です。

詳しくは「AXIORY公式サイト」をご覧ください。

 

Tradeview:資金の多い人向け

Tradeviewは上級者におすすめの海外FX業者です。

取引手数料が1ロット往復5ドルと非常に安く、スキャルピングトレードで利益を出しやすいため、ベテラントレーダーに人気があります。

さらに取引ツールもMT4だけでなく「MT5・cTrader」にも対応。取引ツールの選択肢が多いのは、心強いです。

ただしTradeviewのECN口座は、最低入金額な10万円と高く、レバレッジも200倍と低め。資金に余裕のある人でないと、使いこなせないでしょう。

詳しくは「Tradeview公式サイト」をご覧ください。

 

XM Zero口座は手数料が高く、おすすめできない

ECN口座と言えば、XM Zero口座も有名ですが、こちらはおすすめできません。

理由は、取引手数料が1ロット往復10ドルと高いから。AXIORYの往復6ドル、Tradeviewの往復5ドルと比べても、かなり高いです。

XMも海外FX業者の中でも有名ですし、スキャルピングトレードの練習として使うならありですが、本格的に稼ぎたい人にはおすすめしません。

詳しくは公式サイトの「XMTrading Zero口座」をご覧ください。

 

まとめ:GemForexはスキャルピングトレードと相性が悪い

ここまでGemForexとスキャルピングトレードの関係を詳しく解説してきました。

スキャルピングトレードをするならECN口座を使うのは基本ですが、GemForexではECN口座が使えません。

そのためGemForexはスキャルピングトレード向けではないといえます。

スキャルピングトレードで本格的に稼ぎたいなら、AXIORYやTradeviewなどのを取引手数料が安い海外FX業者を選びましょう。

スキャルピングトレードは取引回数が多いので、取引手数料を抑えることに注力するべきです。

AXIORYとTradeviewの詳細については、それぞれ「AXIORY公式サイト」「Tradeview公式サイト」をご覧ください。

登録は30秒でできます

 

お金を使わずにトレードしたいなら、GemForexがおすすめ

お金を使わずFXトレードをしたいなら、GemForexはおすすめ。

GemForexは常にキャンペーンを実施しており、新規口座開設で1〜2万円のボーナスがもらえるからです。これは未入金ボーナスなので、入金の必要はありません。

海外FXの有名どころの中では、未入金ボーナス2万円はトップクラス。海外FX業者に入金するのが怖いという方にうってつけです。

またGemForexは日本人向けの海外FX業者なので、日本語のメールで質問をしても、分かりやすい日本語で返信してくれます。

欠点はスプレッドが広いこと、サイトが使いにくいことですが、少額トレードをする上で大きなデメリットにはならないはずです。

詳しくはGemForex公式サイトをご覧ください。

登録は30秒でできます
おすすめ海外FXランキング
GemForex(初心者向け)

お金を使わずに海外FXを体験したいなら、GemForexがおすすめ。
口座開設だけで、1〜2万円のボーナスがもらえます。
ボーナスを使い切ったら、XM・LAND-FXに乗り換えるのもアリ。

XM(初心者向け)

FXの資金が10万円以下なら、XMがおすすめ。
口座開設ボーナスで3,000円、100%入金ボーナスで5万円、20%入金ボーナスで45万円もらえます。

LAND-FX(中級者向け)

トレード資金が少ない人には、LAND-FXがおすすめ。
最大50万円の100%入金ボーナスがもらえます。
スプレッドも狭く(USD/JPY 0.8 pips)、デイトレードと好相性。

AXIORY(中級者向け)

少額でスキャルをするなら、AXIORYがおすすめ。
最低入金額が2万円と低く、レバレッジは400倍と高め。
ECN口座の取引手数料が1ロット往復6ドル。
取引ツール「cTrader」はスキャルピングトレードと好相性。

Tradeview(上級者向け)

取引コストを極限まで抑えたいなら、Tradeviewがおすすめ。
ECN手数料が1ロット往復5ドルと、最安値クラス。
取引ツールは「MT5・cTrader」も使えます。
海外FXベテラン勢からも大人気!

この記事を書いた人
むれ

海外FXの情報を発信しているトレーダーです。
サイト運営やSEO、サイトデザインも大好きです。

むれをフォローする
GemForex
むれをフォローする
海外FX大全
タイトルとURLをコピーしました