新規口座開設で20,000円。GemForexのキャンペーンをチェック
海外FXはどれがおすすめ?

自分にぴったりな海外FX業者を選ぶと、利益を出しやすくなります。
詳細はこちら↓

おすすめ海外FX業者をチェック!

GemForexの取引時間まとめ。トレードにおすすめの時間帯は?

GemForex

GemForexでFXトレードするなら、取引できる時間帯も知っておきましょう。

ざっくりな理解でいいなら、以下の2点を理解しておけば十分です。

  • FX市場は月曜日の朝から土曜日の朝まで
  • 土日はトレードできない

ただFX通貨ペア以外の銘柄、例えばCFD銘柄などは、取引時間が異なります。

この記事ではGemForexの銘柄ごとの取引期間を解説します。

登録は30秒でできます

 

GemForexの取引時間

この項目ではGemForexの銘柄ごとの取引時間を解説します。

 

FX通貨ペアの取引時間

GemForexのFX通貨ペアの取引時間は以下の通り。

  • 夏時間 月曜6:10~土曜5:50
  • 冬時間 月曜7:10~土曜6:50

他の海外FX業者と同じように、月曜日の朝から土曜日の朝まで取引できます。

また取引時間は夏時間と冬時間で変化します。具体的な期間は以下の通り。

  • 夏時間:3月上旬から11月上旬まで
  • 冬時間:11月上旬から3月上旬まで

夏時間は取引時間が1時間早くなるので注意しましょう。

 

金銀(XAUUSD, XAGUSD)の取引時間

金銀の取引時間は、FX通貨ペアとは異なります。詳細は以下の通り。

  • 夏時間 月曜7:10~土曜5:45
  • 冬時間 月曜8:10~土曜6:45

FX通貨ペアと比べると、1時間だけ遅いです。

 

CFD銘柄の取引時間

CFD銘柄の取引時間は以下の通りです。

銘柄平日の取引時間月曜開場金曜閉場
Nikkei22502:00 – 23:152:0023:15
CAC40 (FRA40)09:00 – 23:009:0023:00
DAX (GER30)02:30 – 23:002:3023:00
FTSE 100 (UK100)09:00 – 23:009:0023:00
NASDAQ (US100)01:00 – 23:151:0023:15
US30 (DJ30)01:00 – 23:151:0023:15
US500 (S&P500)01:00 – 23:151:0023:15
ASX200 (AUS200)00:50 – 07:30,
08:10 – 23:00
0:5023:00
Euro50 (EUSTX50)09:00 – 23:009:0023:00
Hang Seng50 (HK50)03:15 – 06:00,
07:00 – 10:15
3:1510:15

取引時間が銘柄ごとに異なり、ちょっとややこしいです。

CFD取引はスプレッドや1ロット価値、レバレッジなどがバラバラで、初心者には分かりにくく、おすすめできません。

FXが初めての方は、FX通貨ペアから取引を始めましょう。

 

注文できない時間帯(NY市場クローズ前後)

GemForexでは以下の時間帯は注文ができません。

  • 夏時間 5:55〜6:10
  • 冬時間 6:55〜7:10

理由は、この時間帯がニューヨーク市場のクローズ前後であるため。こうしたタイミングでは、チャートが大きく動き、スプレッドが大きく広がる恐れがあります。

市場がクローズする直前は、取引通貨量が少なくなるため、チャートが不安定になりがちです。トレードは控えましょう。

 

注文できない日(クリスマス・元旦)

GemForexで以下の2日だけトレードができません。

  • 12月25日(クリスマス)
  • 1月1日(元旦)

クリスマスと元旦はFX市場がクローズしているため、1日中取引ができないのです。

さらにクリスマスと元旦の前後の日も、トレードできる時間帯が変化します。

公式サイトから、詳細を引用しておきますね。

2018年12月21日(金)通常営業
2018年12月24日(月)
〜MT4時間19:00閉場
2018年12月25日(火)終日閉場
2018年12月26日(水)MT4時間9:00〜
2018年12月27日(木)~12月28日(金)通常時間
2018年12月31日(月)
〜MT4時間19:00閉場
2019年01月01日(火)終日閉場
2019年01月02日(水)MT4時間9:00〜
2019年01月03日(木)~通常時間

年末年始にFXトレードをする方は、取引時間に注意しましょう。

 

取引時間に関する基礎知識

ここからは海外FXの取引時間について知っておくべきことをまとめておきます。

GemForexの取引時間とは関係ありませんが、他の海外FX業者を利用するときにも役立つはずです。

 

夏時間・冬時間とは?

夏時間(サマータイム)とは、太陽が出ている時間帯を有効活用するため、標準時を1時間進める制度のこと。

サマータイムはFX市場にも適用され、夏時間では普段よりもFX市場が1時間早く始まります。同様にFX市場がクローズするのも1時間早くなります。

もう一度GemForexの取引時間をおさらいしましょう。

  • 夏時間 月曜6:10~土曜5:50
  • 冬時間 月曜7:10~土曜6:50

確かに夏時間では1時間早くなっていますね。

では夏時間はいつからいつまで続くのでしょうか? 具体的な期間は以下の通りです。

  • 夏時間:3月第2日曜日~11月第1日曜日
  • 冬時間:11月第1日曜日~3月第2日曜日

FX市場がオープン・クローズするタイミングが変われば、当然エントリーすべきタイミングも変わってきます。

夏時間と冬時間が変化するタイミング、それぞれの取引時間は覚えておきましょう。

 

GMT(Greenwich Mean Time)とは?

GMT(Greenwich Mean Time)は「グリニッジ標準時」のこと。イギリスにあるグリニッジ天文台の平均太陽時をさします。

世界の標準時間は、GMTを基準に決められます。例えば東京の標準時はGMT+9、グリニッジ標準時間を9時間進めた時刻となります。

海外FXの取引時間やMT4の表示時間は、GMT基準で表示されることが多いです。

取引時間が全て日本時間で表示されるとは限りません。海外FXでトレードするなら、GMTの概要は把握しておきましょう。

 

MT4の表示時間と日本時間は異なるので注意

MT4チャートでは、日本時間が表示されません。チャートを分析していたときに違和感を感じた人も多いでしょう。

MT4のタイムゾーンはGMT+2です(夏時間の場合はGMT+3)。日本の標準時間はGMT+9なので、MT4と日本の表示時間では違ってしまうのです。

ちなみにMT4がGMT+2を基準にしている理由は、 日足をNYクローズで確定させるため。

日足と4時間足を統一することで、チャートの分析をしやすくするためです。

詳しい話はこちらの記事で解説されています。

 

MT4で日本時間を表示するには?

MT4のチャートの日本時間で表示するには、専用のMT4インディケーターをインストールする必要があります。

ポピュラーなのが「JPN_Time_SubZero」というインディケーター。設定方法はこちらの記事が参考になります。

ただしMT4アプリでは、このインディケーターは使えません。頭の中で時差を計算して、日本時間を算出しましょう。

計算式は以下の通り。

  • 夏時間:MT4表示時間+6時間=日本時間
  • 冬時間:MT4表示時間+7時間=日本時間

MT4アプリは、小回りのきくカスタマイズができないのが欠点ですね。

 

トレードにおすすめの取引時間

FXトレードにおすすめな時間帯は、通貨の取引量が多くなるとき。通貨量が多いと、取引が安定し、チャートの動きを予想しやすくなるからです。

中でもロンドン市場、ニューヨーク市場、東京市場は3大市場と呼ばれ、FX市場の中でも大きなマーケットとされています。

ここからはそれぞれの取引市場のおすすめの取引時間帯を紹介します。

 

ロンドン市場が活発になる「日本時間16時〜18時」

ロンドン市場はFX市場の中で最も取引通貨量の多い市場です。

世界の通貨の37%がロンドン市場で取引されており、規模の大きさが伺えます。

欧州市場は15時からオープンしますが、ロンドン市場の開く日本時間16時からはさらに取引が活発になります。

デイトレードやスキャルピングトレードの勝率を上げたいなら、相場の流れが読みやすいロンドン市場でトレードしましょう。

 

ニューヨーク市場が活発になる「日本時間23時〜2時」

ニューヨーク市場もロンドン市場の次に大きなFX市場です。

取引通貨量は世界全体の19%を占めており、ロンドン市場ほどではないにしても規模が大きいことがわかります。

またニューヨーク市場が始まる22時以降は、重要な経済指標が発表されることも多いため、チャートが大きく動きやすいです。

機関投資家も多数参戦するので、トレンドにうまく乗ることができれば、大きな利益を狙えるチャンスとなります。

 

東京市場が活発になる「日本時間9時〜10時」

東京市場も世界的には大きな市場ですが、ロンドン市場やニューヨーク市場には劣ります。

特に9時から10時まではチャートの動きが活発になり、10時以降は値動きが緩やかになります。

ただ値動きはロンドン市場やニューヨーク市場と比べると小さめです。

スキャルピングトレードなどで利益をあげたいなら、ロンドン市場やニューヨーク市場でトレードすることをおすすめします。

 

トレードを控えるべき時間帯

ここからはGemForexでトレードすべきでない時間帯を見ていきます。

具体的には経済指標前後や、通貨量が少なくなりチャートが大きく動くタイミングですね。

 

経済指標前後

経済指標とは、経済の状況を数値化したデータのこと。政策金利やGDP、雇用統計や貿易赤字などが当てはまります。

経済指標は経済の未来を予測するための指標で、発表されるとチャートが大きく動きます。

うまく波に乗ることができれば、大きな収益を得られますが、経済指標前後のチャート予測は困難です。

FXに慣れていない方は、経済指標前後のトレードを控えましょう。

経済指標はこちらのサイトで確認できます。

経済指標の発表はほぼ毎日あるので、重要度が高いものだけチェックしましょう。

 

オセアニア時間(朝6〜8時)

オセアニア時間とは、ニュージーランドやオーストラリアのFX市場が開いている時間のこと。

この時間帯は通貨供給量が少ないため、チャートの動きが予想しにくく不安定です。

ちょっとした出来事でもチャートが大きく動く恐れがあるので、思わぬ損失を抱えるリスクもあります。

基本的に通貨供給量の少ないオセアニア時間は、トレードを控えるべきです。

 

FX市場の開始直後(月曜の朝6〜7時)

FX市場は月曜日の朝6時〜7時ごろから始まります。

始まる時間が異なるのは、夏時間と冬時間で変化するため。

  • 夏時間:月曜の朝6時ごろから
  • 冬時間:月曜の朝7時ごろから

FX市場がオープンした直後は、通貨量が少なく、チャートは不安定です。

チャートの値動きを予測するのは難しいので、この時間帯のトレードは控えましょう。

 

FX市場の終了直前(土曜の朝6〜7時)

FX市場は土曜日の朝6時〜7時にクローズします。

こちらも夏時間と冬時間で終了時刻が変化します。

  • 夏時間:土曜の朝6時ごろまで
  • 冬時間:土曜の朝7時ごろまで

FX市場のクローズ直前も、通貨供給量が少なくなり、チャートの動きが不安定になります。この時間帯のトレードは控えましょう。

 

取引時間に関するよくある質問

ここからはGemForexの取引時間に関するよくある質問にお答えします。

 

土日はトレードできる?

土日はFXトレードができません

FX市場は土曜日の朝にクローズし、月曜日の朝にオープンするからです。

その間はポジションを新規注文できません。

 

祝日・休日はトレードできる?

土日を除いて、祝日や休日でもFXトレードは可能です。

FX市場は世界規模で動いているため、日本の休日には影響されません。

ただしクリスマスと元旦はトレードできないので注意しましょう。

 

年末年始やクリスマスはトレードできる?

GemForexでは1月1日と12月25日はトレードできません。12月31日の大晦日はトレードができます。

ただし年末年始とクリスマス前後の日は、FX市場が開いている時間が変化します。慣れていない方は、トレードを控えた方が賢明です。

 

まとめ:チャートの流れが読みやすい時間帯にトレードしよう

ここまでGemForexの取引時間を詳しく見てきました。

取引時間を通過ペアやCFD銘柄ごとに異なり、さらに夏時間・冬時間で変化します。

取引時間が変化すれば、通貨供給量が多くなる時間帯も変わり、トレードで有利になる時間帯も変わります。

FXトレードの勝率を少しでも上げたいなら、取引時間も入念にチェックしましょう。

登録は30秒でできます
おすすめ海外FXランキング
GemForex(初心者向け)

お金を使わずに海外FXを体験したいなら、GemForexがおすすめ。
口座開設だけで、1〜2万円のボーナスがもらえます。
ボーナスを使い切ったら、XM・LAND-FXに乗り換えるのもアリ。

XM(初心者向け)

FXの資金が10万円以下なら、XMがおすすめ。
口座開設ボーナスで3,000円、100%入金ボーナスで5万円、20%入金ボーナスで45万円もらえます。

LAND-FX(中級者向け)

トレード資金が少ない人には、LAND-FXがおすすめ。
最大50万円の100%入金ボーナスがもらえます。
スプレッドも狭く(USD/JPY 0.8 pips)、デイトレードと好相性。

AXIORY(中級者向け)

少額でスキャルをするなら、AXIORYがおすすめ。
最低入金額が2万円と低く、レバレッジは400倍と高め。
ECN口座の取引手数料が1ロット往復6ドル。
取引ツール「cTrader」はスキャルピングトレードと好相性。

Tradeview(上級者向け)

取引コストを極限まで抑えたいなら、Tradeviewがおすすめ。
ECN手数料が1ロット往復5ドルと、最安値クラス。
取引ツールは「MT5・cTrader」も使えます。
海外FXベテラン勢からも大人気!

この記事を書いた人
むれ

海外FXの情報を発信しているトレーダーです。
サイト運営やSEO、サイトデザインも大好きです。

むれをフォローする
GemForex
むれをフォローする
海外FX大全
タイトルとURLをコピーしました