LAND-FXの50万円ボーナスをチェック!
海外FXのおすすめは?

海外FXが初めての方は、こちらの記事を読みましょう↓

海外FX業者のおすすめはこちら!

GemForexの出金方法は銀行出金がおすすめ。その理由は?

GemForex

GemForexでは現在2つの出金方法が利用できます。

銀行出金とビットコイン出金です。bitwallet出金は現在使えません。

ただGemForexで出金するにあたって、知っておくべきことはたくさんあります。

この記事では、GemForexの出金方法、出金手数料、出金時の注意点などをわかりやすく解説することにしました。

出金方法を今すぐ知りたい人は、GemForex公式の「取引口座→出金方法」をチェックしましょう。

今すぐ無料で登録できます

 

GemForexの出金方法

GemForexで現在利用できる出金方法は、銀行出金とビットコイン出金の2つのみ。

今からそれぞれの出金方法を詳しく見ていきます。

 

銀行出金

GemForexの出金方法は、銀行出金がおすすめ。セキュリティーが堅牢で、安全に出金手続きができるからです。

ただしGemForexで銀行出金するには、個人情報登録をしておく必要があります。

個人情報登録では、 ご自身の氏名や電話番号メールアドレスだけでなく、出金先の銀行情報も詳しく記載します。

例えば銀行のSwiftコードや銀行の住所の英語表記などですね。記載する内容の項目が多く、ちょっとめんどくさいです。

個人情報登録は、口座開設後の「マイページ」から行えます。

銀行出金の詳細は、GemForex公式の「取引口座→出金方法」をご覧ください。口座開設後にログインすれば、もっと詳細な情報が見れます。

 

出金できない銀行一覧

以下の銀行は海外FXの出金先にできません。

  • ゆうちょ銀行
  • じぶん銀行
  • みずほ銀行(インターネット支店のみ)
  • ジャパンネット銀行
  • 新生銀行
  • セブン銀行(SWIFTコードがない)

出金先の銀行なら「楽天銀行」か「住信SBIネット銀行」などのネットバンキングがおすすめ。

手続きがネットで完結しており、使い勝手が良く、海外送金の手数料も安いからです。

楽天ポイントを効率よく貯めたいなら「楽天銀行」、充実したサポートを受けたいなら「住信SBIネット銀行」を選びましょう。

 

ビットコイン出金

GemForexではビットコイン出金できますが、おすすめできません。

理由は、出金手続きのキャンセルができないから。出金先の情報が間違っていると、出金したお金を全て失うことになります。

それに対し銀行出金であれば、手数料が発生しますが組み戻しでき、出金ミスによる損失を最小限にできます。

またビットコイン入金・出金では、ビットコインやウォレットなども管理もあり面倒です。

ビットコイン出金するくらいなら、手数料はかかりますが銀行出金を選んだほうがいいでしょう。

ビットコイン出金の詳細は、GemForex公式の「取引口座→出金方法」をご覧ください。

 

注意:bitwallet出金は現在使えない

GemForexでは現在bitwallet出金が使えません。2019年6月あたりから利用停止になりました。

理由は明言されていませんが、マネーロンダリング対策か、クレジットカードの現金化防止と考えられます。

bitwalletとは出金手数料が824円と安いことから、海外FXトレーダーの間で好まれていました。

今後bitwalletを含めたオンラインウォレットサービスは、海外FXで使えなくなる可能性が高いです。

bitwalletに変わる優秀なウォレットサービスを見つけられない限りは、銀行出金を選ぶのが無難です。

他の出金方法は、GemForex公式の「取引口座→出金方法」で確認できます。

 

GemForex側の出金手数料は無料

GemForexの出金手数料は基本無料です。

海外FXでは出金手数料が有料なブローカーもあります。その中で出金手数料を無料にしてくれるのは助かりますね。

ただし出金手数料が無料になるのは、GemForex側だけです。銀行出金した場合は、銀行側で着金手数料とリフティングチャージが発生します。

手数料の相場は両方合わせて3,000円から5,000円ほど。海外FXの出金手数料は高額なので、できるだけ出金回数を少なくしましょう。

出金手数料の詳細は、GemForex公式の「取引口座→出金方法」をご覧ください。

 

GemForexの出金手数料が有料になる場合(4,500円/45ドル)

GemForexの出金手数料は基本無料ですが、以下のケースだと4,500円の手数料が発生します。

  • 日本以外の銀行口座で、月2回目以降の出金したとき
  • 1回もトレードせず出金したとき

出金手数料を節約したいなら、最低でも1回はFXトレードやりましょう。

ロット数を0.1にしてトレードすれば、損失は4,500円以下に抑えられるはずです。

出金手数料の詳細は、GemForex公式の「取引口座→出金方法」をご覧ください。

 

GemForexで出金するときの注意点

ここからはGemForex出金の注意点をお話しします。

 

出金するには、本人確認書類を提出する必要がある

GemForexで出金するには、本人確認が必要です。

以下の3種類の写真をGemForexに提出しましょう。

  • 身分証明書
  • 身分証とご本人の写った写真(セルフィー)
  • 住所証明書

GemForexが本人確認書類を求める目的は、マネーロンダリング防止のためと考えられます。

書類のアップロードは、GemForex公式の「マイページ」から行えます。

 

出金すると、付与されていたボーナスは消滅する

GemForexのボーナスは、口座からわずかな資金でも出金するとゼロになります。

ボーナス0はすべての口座が対象。たとえひとつの口座から出金しても、他の方とのすべての口座のボーナスがゼロになります。

GemForexはボーナスが大盤振る舞いなことで有名ですが、その分わずかな出金でもボーナスがゼロになってしまいます。

GemForexで出金する前は、できるだけボーナスを使い切るようにしましょう。

ボーナスの詳細は、GemForex公式の「トップページ」で確認できます。

 

ポジションを保有していると、出金できない

GemForexでポジションを保有している間は、出金手続きができません。出金する前には、保有しているポジションを全て決済しましょう。

ポジションを保有している状態でも出金できる海外FX業者なら、XMがおすすめ。

証拠金比率が150パーセント以下にならない限り、ポジション保有中でも出金可能です。

詳しくはXM公式サイトをご覧ください。

 

クレジットカード入金していたなら、クレジットカード登録が必要

GemForexでクレジットカード入金していた場合、出金時にクレジットカード登録をする必要があります。

これはマネーロンダリングやクレジットカードの現金化を防ぐため。

クレジットカード登録では、まず3種類の情報を入力します。

  • カード番号上4桁と下4桁
  • カード名義(例:YAMADA TARO)
  • カードの有効期限

さらに以下の2種類の画像もアップロードする必要があります。

  • クレジットカードの画像
  • クレジットカードと利用者本人が映った画像

クレジットカードは何かと悪用されやすいため、海外FX業者側もクレジットカードの入出金には厳密な審査を設けているわけですね。

クレジットカード登録の詳細は、GemForex公式の「取引口座→出金方法」で確認できます。

 

クレジットカード入金だと、入金額分の出金は払い戻しになる

GemForexでクレジットカード入金をしていると、入金額までの出金は払い戻しとなります。

例えばクレジットカードで10万円入金し、トレードで資金を30万円まで増やしたとしましょう。

出金するときはまず10万円を払い戻し処理して、残りの20万円を銀行出金・ビットコイン出金します。

クレジットカードの入出金が煩雑になるのは、クレジットカードの現金化を防ぐため。

出金手続きをシンプルに済ませたいなら、出金方法は銀行出金がおすすめです。

銀行出金の詳細は、GemForex公式の「取引口座→出金方法」をご覧ください。

 

GemForexで出金拒否のリスクは低い

海外FXで1番怖いのが出金拒否。たとえFXトレードで10万円を100万円に増やしても、その100万円が出金できなければ意味ないですからね。

結論から言うと、GemForexで出金拒否になるリスクは低いです。

実はGemForexは日本人だけを対象にサービス提供している海外FX業者で、日本人の間で評判を損ねるメリットがないからです。

GemForexの評判をツイッターで調べてみても、「スプレッドが広い・約定拒否になる」などのツイートはありますが、出金拒否のツイートはほとんど見かけません。

知名度の低いマイナーな海外FX業者を使うよりは、マシでしょう。

 

出金拒否になるケース

GemForexで出金拒否になるケースは以下の通り。

  • 事前連絡なしで大きなロット数での取引(5分以内で10ロットなど)
  • 高速スキャルピングトレード
  • ボーナス・ゼロカットを悪用した両建てトレード
  • 出金できない銀行を利用している(ゆうちょ銀行など)

基本的にGemForexの利益を大きく損なうトレードすると、出金拒否になる可能性が高くなります。

FXトレードではどんな手段を使ってでも利益を出せばいいはずなのですが、GemForexのようなB-book方式の業者は、勝率の高いトレーダーを追い出す傾向があります。

これはトレーダーが勝てば勝つほど、海外FX業者の利益が少なくなるため。

FXの利益率を向上させたいなら、TradeviewなどのA-book方式の海外FX業者を利用しましょう。スプレッド・手数料を安く抑えられます。

詳しくはTradeview公式サイトをご覧ください。

 

まとめ:GemForexの出金方法は、銀行出金が無難

ここまでGemForexの出金方法について詳しく解説してきました。

GemForexの出金方法は、銀行出金とビットコイン出金の2種類。bitwallet出金は現在使えません。

おすすめは銀行出金。セキュリティが堅牢で、安全に出金手続きを済ませられるからです。

またGemForexの出金手数料は基本無料ですが、銀行側の着金手数料は高め。「楽天銀行」や「住信SBIネット銀行」などで、手数料を安く抑えましょう。

出金方法の詳細は、GemForex公式の「取引口座→出金方法」をご覧ください。

 

海外FXのお試しは、GemForexがおすすめ!

海外FXが初めてなら、GemForexはまあまあおすすめ。

口座開設ボーナスで1万円〜2万円もらえるため、自分のお金を使うことなくFXトレードができるからです。トレードの腕次第では1万円のボーナスが、10万円に化けるかもしれません。

詳しくはGemForex公式サイトをご覧ください。

今すぐ無料で登録できます
おすすめ海外FXランキング
LAND-FX:ボーナスが多く、トレードを続けやすい

トレード資金が少ない人には、LAND-FXがおすすめ。
最大50万円の100%入金ボーナスがもらえます。
スプレッドも狭く(USD/JPY 0.8 pips)、デイトレードと好相性。

AXIORY:スキャルピングトレードにおすすめ

少額でスキャルをするなら、AXIORYがおすすめ。
最低入金額が2万円と低く、レバレッジは400倍と高め。
ECN口座の取引手数料が1ロット往復6ドル。
取引ツール「cTrader」はスキャルピングトレードと好相性。

Tradeview:ベテラントレーダーに人気

取引コストを極限まで抑えたいなら、Tradeviewがおすすめ。
ECN手数料が1ロット往復5ドルと、最安値クラス。
取引ツールは「MT5・cTrader」も使えます。
海外FXベテラン勢からも大人気!

この記事を書いた人
むれ

海外FXの情報を発信しているトレーダーです。
サイト運営やSEO、サイトデザインも大好きです。

むれをフォローする
GemForex
むれをフォローする
海外FX大全
タイトルとURLをコピーしました