おすすめの海外FX業者はこちら!
海外FXでなかなか勝てない人へ

海外FXでのトレード勝率を上げたいなら、こちらの記事をどうぞ。
海外FXの基本戦術をまとめています。

おすすめトレード手法を見る ▷

HotForex(ホットフォレックス)対応アプリ「MT4・MT5・オリジナル」の使い方・ダウンロード方法まとめ

HotForexでは3種類のアプリが利用できます。

アプリの違いは以下の通り。

MT4MT5HotForexアプリ
裁量トレードできるできるできない
日本語対応ありありなし
チャートの確認できるできるできる
経済指標カレンダーなしなしあり
口座入金・出金できないできないできる

HotForexアプリはダウンロードしても、アプリ内でトレードができません。さらに日本語にも対応していないため、使い勝手も良くないです。

HotForexでスマホトレードをするときは、基本的にMT4・MT5アプリを使うことになります。

この記事ではHotForexの対応アプリを見ていきます。

詳しくはHotForexの「MT4アプリMT5アプリHotForexアプリ」をご覧ください。

 

HotForexの対応アプリ一覧

HotForexでは3種類のアプリが利用できます。

ここからはHotForex対応アプリの3種類を見ていきます。

 

HotForex MT4アプリ

MT4アプリは、スマホやタブレットでMT4を動かす取引プラットフォームです。iPhoneやiPadだけでなく、Androidスマホやタブレットにも対応しています。

OSがiOS・AndroidOSであるためか、アップデートも頻度も多く、動作も安定しやすいです。よほど古い端末でなければ、サクサク操作できるでしょう。

ただMT4アプリは後述のMT5アプリと比べると、操作性で若干を取ります。MT5アプリだとワンタップ注文やチャートの2画面表示ができるのですが、MT4アプリだとそれができません。

HotForexはMT4アプリだけでなく、MT5アプリにも対応しています。基本的には上位互換のMT5を使ったほうが良いでしょう。

MT4アプリのダウンロードは、HotForexの「MT4 アプリ」で行えます。

 

HotForex MT5アプリ

MT5アプリは、スマホやタブレットでMT5を操作できるプラットフォームです。

MT4との改良点は以下の通り。

  • 全体的に動作が速くなっている
  • ワンタップ注文に対応している
  • 1画面で2チャートを同時表示できる
  • 板情報を確認できる

逆にMT4アプリの優位性は見当たらないため、スマホやタブレットでFXトレードするなら、MT5アプリの方がおすすめです。

MT5アプリのダウンロードは、HotForexの「MT5 アプリ」で行えます。

 

HotForexオリジナルアプリ

HFアプリは、HotForexが独自に提供しているアプリです。

HotForexオリジナルアプリでできることは以下の通り。

  • 取引銘柄のスプレッドやチャートの確認
  • チャート内でのインジケーター表示(Volume, RSI, MACD)
  • 口座入金・口座出金・資金移動
  • レバレッジの変更
  • ソーシャルトレード「HFcopy」の管理
  • FXに関わるニュースの確認
  • ダークモードへの変更

一方で以下の動作が行えません。

  • FXトレード
  • 標準時間を日本時間変更

残念ながらHotForexオリジナルアプリでは、FXトレードができません。スマホでFXトレードをするなら、MT4・MT5アプリを使いましょう。

HotForexアプリはどちらかと言うと、HotForexの口座アカウントを管理するためのアプリです。スマホでコピートレードをするなら、HotForexアプリは重宝するでしょう。

HotForexアプリのダウンロードは、HotForexの「HF App」で行えます。

 

HotForex対応アプリのダウンロード方法

HotForex対応アプリをダウンロードする手順は以下の通り。

  1. HotForexの「MT4アプリMT5アプリHFアプリ」にアクセスする
  2. 「ダウンロード」ボタンをクリックする
  3. App Store・Google Playストアに移動して、アプリをダウンロードする

これはMT4・MT5アプリをダウンロードする方法です。

HotForexオリジナルアプリをダウンロードするには、HotForexの「HF App」にアクセスしましょう。

これら3種類のアプリをダウンロードするにあたって、HotForexで口座開設する必要はありません。MT4・MT5アプリなら、アプリだけでデモトレードができます。

実際にHotForexでFXトレードをする段階になってから、HotForexで口座開設しましょう。口座開設は、HotForexの「口座開設ページ」から行えます。

 

HotForex対応アプリでのトレードの始め方

HotForexの対応アプリをダウンロードしただけでは、まだFXトレードはできません。

ここからはMT4MT5アプリでFXトレード始める方法をまとめておきます。

 

手順1、HotForexで取引口座を開設しておく(myHF口座ではない)

HotForexでFXトレードをするには、取引口座を開設する必要があります。

まだ取引口座を持っていない方は、HotForex口座開設ページから登録しましょう。

最初に作る口座は、myHF口座であって、取引口座ではありません。myHF口座はHotForexの資金を管理する口座ですね。

HotForexでアカウント登録をして、myHF口座を作った後に、HotForex会員ページから取引口座を作りましょう。

 

手順2、口座開設後に届くメールの口座アカウント番号・ログインパスワードを控えておく

HotForexで取引口座を開設した後は、口座開設完了のメールが届きます。

メールには口座アカウント番号とログインパスワードの2つの情報が記載されています。

これらの情報は、MT4MT5アプリにログインするときに必要なので、大切に保管しておきましょう。

 

手順3、スマホでMT4・MT5アプリをダウンロード、起動する

スマホでFXトレードをする場合は、MT4・MT5アプリもダウンロードする必要があります。

アプリのダウンロードは、HotForexの「MT4MT5」からおこないます。

対応デバイスのページから「ダウンロード」ボタンをクリックすることで、App StoreやGoogle Playストアに遷移してアプリをダウンロードできるようになります。

 

手順4、口座アカウント番号・ログインパスワードを入力し、ログインする

MT4・MT5アプリをダウンロードしたら、アプリをタップして起動させます。

アプリを初めて起動させた場合には、ログイン認証を求められるはずです。

以下の情報を入力してログインしましょう。

  • 口座アカウント番号
  • ログインパスワード
  • ログインサーバー

これらの情報は、HotForex口座開設後のメールに記載されています。

ログインに成功すれば、FXトレードができるようになります。HotForex会員ページから入金して、リアルマネートレードを始めましょう。

 

HotForexではcTraderアプリは使えない

残念ながら、HotForexではcTraderアプリは利用できません。

cTraderアプリは、ECN口座のスキャルピングトレードに特化した取引ツールで、トレードを快適にする便利な機能がたくさん詰まっています。

一例を挙げるとこんな感じで。

  • チャートを表示したままのワンタップ注文
  • 自動損切り・利食い設定
  • アプリ内で経済指標を確認できる
  • チャートの標準時間を日本時間に変更できる(MT4・MT5アプリは不可)
  • 夜間の目に優しいダークモード
  • チャートを予測するオートチャーティスト

私も実際にcTraderアプリを使ったことはありますが、MT4・MT5アプリと比べて直感的な操作ができ、使いやすい設計でした。

cTraderアプリが使える海外FX業者は以下の通り。

  • AXIORY:取引手数料は1ロット往復6ドル。会員ページが使いやすい
  • Tradeview:取引手数料は1ロット往復5ドル。会員ページが使いにくい

どちらかで迷ったら、まずはAXIORYがおすすめ。公式サイトの情報量が多く、会員ページも使いやすいからです。

cTraderのダウンロードは、AXIORYの「cTrader」Tradeviewの「取引プラットフォーム」で行えます。

 

まとめ:スマホトレードをするなら、MT5アプリがおすすめ

ここまでHotForexの対応アプリをわかりやすく解説してきました。

HotForexでは3種類のアプリを利用できます。

ただHotForexオリジナルアプリは、HotForexのアカウントを管理するためのアプリで、FXトレードはできません。

スマホでFXトレードをする場合は、MT4・MT5アプリをダウンロードしましょう。

おすすめはMT5アプリ。MT4アプリと比べて動作が速くなっており、ワンタップ注文や1画面2チャート表示などの便利な機能も追加されているからです。

アプリのダウンロードは、HotForexの「MT4アプリMT5アプリHF App」から行えます。

タイトルとURLをコピーしました