おすすめの海外FX業者はこちら!
海外FXでなかなか勝てない人へ

海外FXでのトレード勝率を上げたいなら、こちらの記事をどうぞ。
海外FXの基本戦術をまとめています。

おすすめトレード手法をチェックする ▷

HotForex(ホットフォレックス)EA自動売買の始め方・設定方法まとめ。auto(自動)口座は使うべき?

HotForexでは2つの方法で自動売買ができます。

  1. 自前でVPS・EAを導入して、自動売買をする
  2. HotForexのAuto口座で自動売買する(MQL5のシグナルトレード)

1つ目の自前でVPS・EAを導入する方法は、初期投資がかかりますが、1度に複数のEAを起動できるため、トレード手法を分散しやすいです。

2つ目はHotForexの自動口座を使う方法。自動口座を開設することで、MQL5のトレーディングシグナルを1つ無料で使えるようになります。

この記事ではHotForexでEA自動売買をする方法を紹介します。

 

方法1:自前でVPS・EAを導入して、自動売買をする

まずはHotForexでVPSとEAを導入して自動売買する方法から述べていきます。

この方法は自動売買を始めるまでにかなりの手間がかかります。パソコンやネットサービスに詳しい方のみ推奨です。

 

手順1、HotForexでmyHF口座と取引口座を開設する

HotForexでEA自動売買をするなら、まずはHotForexで口座開設しましょう。

HotForexでFXトレードをするには、myHF口座と取引口座を開設する必要があります。

口座の違いは以下の通り。

  • myHF口座:資金管理専用の口座
  • 取引口座:FXトレード専用の口座

HotForexではmyHF口座を開設することで、取引口座を開設できるようになります。

口座開設の手順については、こちらの記事をご覧ください。

 

取引口座のおすすめは、ゼロスプレッド口座

HotForexでEA自動売買をするなら、口座タイプはゼロスプレッド口座がおすすめ。

スプレッドが非常に狭く、取引手数料も低いため、取引回数の多いEA自動売買と相性が良いからです。

ゼロスプレッド口座の取引手数料は1ロット往復最低5ドル。これは取引手数料が安くて有名なTradeviewと同じレベルです。

取引回数の多いトレードでは、スプレッドや取引手数料が低いほど、トレードの利益率がアップします。EA自動売買をするなら、スプレッドの狭いECN口座を選びましょう。

HotForexサポートデスクに確認したところ、ゼロスプレッド口座はSTP口座でした。

詳しくはHotForexの「ゼロスプレッド口座」をご覧ください。

 

手順2、VPS(仮想専用サーバー)を契約する

次はVPSの契約をしましょう。

VPSとは、簡単に言うとオンラインでレンタルできるパソコンのこと。

このVPSにMT4をインストールして、EA自動売買を起動することで、24時間ずっと安定してEAを運用できるようになります。EA自動売買をするなら、VPSは必須です。

VPSを利用する方法は大きく分けて2つ。

  1. 海外FX業者が無料提供しているものを利用する
  2. 月額有料のVPSを利用する

 

海外FX業者が無料提供しているものを利用する

一部の海外FX業者では、特定の条件を満たすことで、無料VPSサービスを利用できるようになります。

無料VPSを提供している海外FX業者は以下の通り。

一番のおすすめはFBS。FBSはVPSの無料利用条件を達成しやすいからです。

ただこれらのVPSの提供元となっているのは、Beeks Financial Cloudという会社です。

BeeksのVPSは、料金が高く、使い勝手が悪いことから、利用者の間では評判が良くありません。無料で使えたらラッキーくらいに考えましょう。

資金に余裕があるなら、有料VPSを使いましょう。

 

月額有料のVPSを利用する

VPSは月額有料のものを契約できます。中でも代表的なのは以下の通り。

1番のおすすめは、お名前.comデスクトップクラウド。VPSの中にMT4とWindows OSがインストールされており、パソコンが苦手な方でも設定がしやすいからです。

ABLENET VPSの性能は高いのですが、Windowsを自力でインストールする必要があります。10日間の無料お試しを使ってみたい人は利用しましょう。

最後のVULTRは海外で有名なサービスです。自前でWindowsOSを調達できるなら、月額5ドル程度で運用できます。

ただVULTRはサイトが英語表記で、日本語には対応していません。

 

手順3、VPS内でWindowsOSをインストールする

VPSにWindowsOSをインストールします。

契約したばかりのVPSは空っぽの状態なので、MT4を動かすには、Windows OSを入れる必要があるわけですね。

なおお名前.comデスクトップクラウドや、ABLENET VPSの仮想デスクトッププランであれば、Windows OSをインストールする必要はありません。

OSのインストールは技術的な難易度が高く、パソコンやサーバーの知識を持ち合わせていないと厳しいです。

手っ取り早くEA自動売買を使いたいなら、すでにWindows OSがインストールされているVPSを契約しましょう。

 

手順4、VPS内でMT4・MT5をインストールする

VPSの中にMT4をインストールします。

VPSの中にWindows OSをインストールしているなら、ウェブブラウザからMT4をダウンロードできるはずです。

MT4のダウンロードは、HotForexの「デスクトップ版MT4」から行えます。ダウンロードにHotForexの会員ログインなどは不要です。

 

手順5、EAをダウンロード・購入する

次はMT4で動かすEAを購入もしくはダウンロードします。

自動売買プログラムはウェブサイトから無料でダウンロードしたり、有料で購入したりできます。

中でも代表的なサイトは以下の4つ。

おすすめはMQL5のフォーラムサイト。無料提供しているEAの種類が多く、EA自動売買をいろいろ試してみたい人にぴったりです。

自動売買プログラムの料金相場は、1万円から10万円と高めです。高額のEAが必ずしも稼げるとは限らないので、まずは無料EAから試しましょう。

 

パソコンからVPSにEAを移動させるならクラウドサービスが便利

もう既にEAを購入しており、パソコンの中にEAのデータがあるなら、クラウドサービスでパソコンからVPSにEAのデータを移動させましょう。

パソコンとVPSでのデータのやり取りは面倒ですが、クラウドサービスを使えば一発で解決できます。

クラウドサービスの代表は以下の通り。

おすすめはGoogleドライブ。ソフトウェアをインストールすることなく、ウェブブラウザだけで運用できるため、macOSでも利用できます。

またGoogleドライブは、Googleアカウントだけで利用できます。新しい会員登録などの手続きは不要です。

 

手順6、MT4にEAをインストールする

VPS内部にEAを移動できたなら、次はEAファイルをMT4にインストールします。

EAのインストール方法は以下の通り。

  1. MT4を起動する
  2. 「ファイル」の「データフォルダを開く」をクリックする
  3. 「MQL4」から「Experts」を選択する
  4. 利用したいEA(ex4/mq4)を「Expertsファイル」に移動させる
  5. MT4を再起動する

インストールしたMT4で初めてEA自動売買をするなら、オプションから「自動売買を許可する」のチェックボックスにチェックを入れておきましょう。

EAの詳しいインストール方法は、こちらの記事をどうぞ。画像をたくさん使っており、わかりやすいです。

HotForexでEA自動売買する方法の1つ目は以上です。

 

方法2:HotForexのAuto口座で自動売買する

HotForexではもう一つ自動売買をする方法があります。それがauto(自動)口座を開設する方法。

自動口座を開設することで、MQL5のトレーディングシグナルが毎月1つだけ無料で利用できます。

口座のスペックなどは、HotForexの「自動口座」で確認できます。

 

手順1、HotForex会員ページにログインする

HotForex自動口座の開設は、HotForex会員ページにログインして行います。

ログインに必要な情報は以下の2つ。

  • myHF口座ID
  • ログインパスワード

これらのパスワードはHotForexで口座開設した後のメールに記載されています。

うっかりメールを削除してしまった方は、HotForexのサポートデスクに問い合わせましょう。

 

手順2、会員メニューの「マイアカウント」から「取引口座開設」をクリックする

会員ページのログインに成功したら、会員メニューにある「マイアカウント」から「取引口座開設」をクリックします。

すると取引口座の開設画面に移動します。

 

手順3、プラットフォームは「MT4」、口座タイプは「自動」を選択する

口座開設画面ではまずプラットフォームを選択します。

HotForexでは「MT4MT5」の2つが使えますが、自動口座で使えるのはMT4のみです。取引プラットフォームはMT4を選びましょう。

取引プラットフォームに「MT4」を選択すると、4つの口座タイプが選択できるようになります。

この4つの中の「自動口座」を選択して、以下の3つの情報も記入します。

  • レバレッジ:1倍から500倍
  • 口座通貨:USD/EUR
  • IB ID(任意):紹介したアフィリエイターのIDを入力できる

3つ目のIDは、HotForexのアフィリエイトです。紹介している人のアフィリエイトIDを入力すると、その人にアフィリエイト収入が入ります。

なおこのサイトのIB IDは「338428」です。入力は任意ですが、アフィリエイトで支援にいただけると、コンテンツ制作の励みになります。

口座開設手続きが終わると、こんな感じの画面が表示されます。

口座番号と口座パスワードは、後から届く口座開設完了メールでも確認できます。

 

手順4、MQL5のコミュニティに登録する

MQL5のシグナルプロバイダーを利用するには、まずMQL5のコミュニティに登録する必要があります。

まだMQL5のアカウントを持っていない方は、こちらのMQL5登録ページからアカウント登録しましょう。

MQL5のアカウント登録をすることで、シグナルプロバイダーを利用できるようになります。

 

手順5、MQL5でシグナルトレードの手続きをする

MQL5のアカウント登録が完了したら、シグナルトレードを始めましょう。

大まかな手続きの流れは以下の通りです。

  1. MQL5のシグナルページにアクセスする
  2. 緑色の「コピー:〇〇USD」ボタンをクリックする
  3. 「Metatraderの中でコピートレードを始める」をクリックする
  4. MT4からMQL5アカウントにログインする

MQL5でシグナルトレードをする方法については、こちらの記事が参考になります。

自動口座でシグナルトレードでの使い方は、HotForexの「MQL5シグナル」をご覧ください。

 

HotForex自動口座(auto口座)の注意点

ここからはHotForexの自動口座を使う上での注意点をまとめておきます。

 

自動口座はMT5には対応していない

HotForex自動口座はMT5に対応していません。MT4のみ利用できます。

なおMT5対応の口座タイプは以下の2つのみ。

MT5の詳細は、HotForexの「MT5」をご覧ください。

 

自動口座ではボーナスは使えない

HotForex自動口座はボーナスが使えません。

ボーナスが使える口座タイプは以下の2つのみ。

MT5口座はボーナスに対応していません。

ボーナスの詳細は、HotForexの「ボーナス一覧」をご覧ください。

 

自動口座が作れるのは、1アカウント1口座のみ

HotForex自動口座は、1アカウントにつき1口座しか作れません。

そのため10口座作って、10個のシグナルを検証するといったこともできないわけですね。

HotForexの自動口座は、MQL5のシグナルトレードを試せる口座と考えましょう。

 

自動口座では2つのシグナルを同時利用できない

自動口座で利用できるシグナルは1口座につき1つのみ。

2つ以上のシグナルを同時に利用することができません。

 

シグナルトレード中は、MT4を起動し続けること

シグナルトレードをしている間は、デスクトップ版のMT4をずっと起動し続ける必要があります。

もしMT4からログアウトしてしまうと、コピーは中断され、ポジションをずっと保有したままになってしまいます。

シグナルトレードは外部のトレードをコピーするだけで、実際のトレードは手元のパソコンで行うからですね。

そのため自宅のパソコンで仕事をしている人だと、シグナルトレード中はパソコンの動作が重くなってしまうかもしれません。

 

まとめ:本格的にEA自動売買をするなら、自力でVPSやEAを用意しよう

ここまでHotForexの自動売買についてわかりやすく解説してきました。

HotForexでは2つの方法で自動売買を行えます。

  1. 自前でVPS・EAを導入して、自動売買をする
  2. HotForexのAuto口座で自動売買する

利益率を重視するなら1つ目の方法がおすすめ。

特にHotForexゼロスプレッド口座は取引コストが安いので、自前で収益性の高いEAを用意できれば、自動売買の収益性をアップさせられます。

EA自動売買が初めてなら、2つ目の方法も検討しましょう。HotForexの自動口座を開設することで、月に1つだけ無料でシグナルプロバイダを利用できます。

ただこちらもMQL5のアカウント登録が必要ですし、何よりシグナルプロバイダーを利用している間は、ずっとMT4を起動し続けなくてはいけません。

 

もっとお手軽に自動売買がしたいなら、HotForexのコピートレードがおすすめ。

20%〜30%の手数料をとられてしまいますが、デスクトップ版のMT4を起動し続ける必要がないため、パソコンの動作が重くなりません。

手続きもEA自動売買やシグナルトレードと比べると簡単です。

EA自動売買が難しいと感じたなら、まずはコピートレードから挑戦しましょう。

詳しくはHotForexの「HFCOPY口座」をご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました