GemForexで最大2万円ボーナスをゲットしよう!
海外FX業者のおすすめは?

海外FX業者選びで迷ってしまったら、以下の記事を読んでください。↓

おすすめ海外FXを見る ▷

HotForex(ホットフォレックス)の取引ツール・プラットフォームは「MT4・MT5」の2種類

HotForexで利用できる取引プラットフォームは、MT4とMT5の2種類です。

違いや特徴は、以下の通り。

MT4MT5
動作普通速い
時間足9種類21種類
対応業者多い少ない
EA自動売買多い少ない
カスタムインディケーター多い普通
仮想通貨非対応対応
描画ツール31種類44種類
アプリでワンタップ注文できないできる
アプリでチャート2画面表示できないできる

基本的にはEA自動売買をするならMT4、裁量トレードをするならMT5がおすすめです。

この記事ではHotForexの取引プラットフォームについて詳しく見ていきます。

取引ツールの詳細は、HotForexの「MT4MT5」をご覧ください。

 

HotForexの取引ツール・プラットフォーム一覧

ここからはHotForexで利用できる取引プラットフォーム「MT4・MT5」を見ていきます。

 

MT4 デスクトップ(Windows/Mac)

MT4デスクトップは、パソコンでMT4を操作する取引プラットフォームです。

最大の特徴はEAによる自動売買やインジケーターのインストールができること。

外部のツールをインストールできるため、他の取引プラットフォームと比べてもカスタマイズ性が高いです。

ただMacOSにも対応していますが、その場合はWineなどソフトも必要。WineはWindowsのソフトウェアをMacOSで動かすためのソフトです。

ただMT4は規格が古いため、新しいパソコンだとうまく動作しないこともありますし、動作が遅いこともあります。

EA自動売買をしないなら、無理にデスクトップ版のMT4を使う必要はないでしょう。

プラットフォームの詳細は、HotForexの「MT4 デスクトップ」をご覧ください。

 

MT4 アプリ(iPhone/iPad/Android)

MT4アプリは、スマホやタブレットでMT4を動かす取引プラットフォームです。iPhoneやiPadだけでなく、Androidスマホやタブレットにも対応しています。

OSがiOS・AndroidOSであるためか、アップデートも頻度も多く、動作も安定しやすいです。よほど古い端末でなければ、サクサク操作できるでしょう。

ただMT4アプリは後述のMT5アプリと比べると、操作性で若干を取ります。MT5アプリだとワンタップ注文やチャートの2画面表示ができるのですが、MT4アプリだとそれができません。

HotForexはMT4アプリだけでなく、MT5アプリにも対応しています。基本的には上位互換のMT5を使ったほうが良いでしょう。

プラットフォームの詳細は、HotForexの「MT4 アプリ」をご覧ください。

 

MT4 ウェブトレーダー

MT4ウェブトレーダーは、パソコンブラウザでMT4操作する取引プラットフォームです。

MT4デスクトップと違って、ソフトウェアをダウンロードする必要もありませんし、MacOSでも問題なく操作できます。

パソコンの大画面でFXトレードをしたいなら、まずはウェブトレーダーがおすすめ。

注意点としては、MT4ウェブトレーダーでは、EA自動売買やインディケーターのインストールはできないこと。EA自動売買をするなら、デスクトップ版MT4を選びましょう。

基本的にFXは情報量が多い方が有利です。FXの勝率をあげたいなら、スマホよりも情報効率の良いウェブトレーダーを選びましょう。

プラットフォームの詳細は、HotForexの「MT4 ウェブトレーダー」をご覧ください。

 

MT5 デスクトップ(Windows/Mac)

MT5デスクトップは、パソコンでMT5を操作できるプラットフォームです。

MT5デスクトップもパソコンのソフトウェアなので、EA自動売買やインディケーターのインストールにも対応しています。

ただMT5ではMT4のEAを利用できません。そして自動売買プログラムはMT4の方が種類が多いため、自動売買トレーダーはMT4を使うことが多いのです。

MT5デスクトップもMacに対応していますが、MacOSで動かすには以下のソフトウェアを併用する必要があります。

Macユーザーにとって、MT5デスクトップを使うハードルは高いです。MT5で自動売買をしないなら、後述のMT5ウェブトレーダーの方がおすすめ。

プラットフォームの詳細は、HotForexの「MT5 デスクトップ」をご覧ください。

 

MT5 アプリ(iPhone/iPad/Android)

MT5アプリは、スマホやタブレットでMT5を操作できるプラットフォームです。

MT4との改良点は以下の通り。

  • 全体的に動作が速くなっている
  • ワンタップ注文に対応している
  • 1画面で2チャートを同時表示できる
  • 板情報を確認できる

逆にMT4アプリの優位性は見当たらないため、スマホやタブレットでFXトレードするなら、MT5アプリの方がおすすめです。

プラットフォームの詳細は、HotForexの「MT5 アプリ」をご覧ください。

 

MT5 ウェブトレーダー

MT5ウェブトレーダーは、パソコンブラウザで操作できる取引プラットフォームです。

基本的な性能はMT4ウェブトレーダーとほぼ同じで、EA自動売買やインディケーターのインストールはできません。

ただMacOSでも特殊なソフトウェアが不要で利用できるため、Macユーザにはおすすめしやすいです。

プラットフォームの詳細は、HotForexの「MT5 ウェブトレーダー」をご覧ください。

 

MT4 マルチターミナル

MT4ターミナルは、複数のMT4口座を管理するプラットフォームです。

MT4にログインできるのは1アカウント1口座だけなので、複数の口座を確認するには、それぞれの口座にログアウト・ログインを繰り返す必要があります。

しかしマルチターミナルを使えば、複数の口座を同時に管理済し、口座残高や取引履歴なども閲覧できるようになります。

EA自動売買やソーシャルトレードで複数口座を運用をしたり、他のトレーダーの取引を管理したりする場合、MT4マルチターミナルを使うと便利です。

プラットフォームの詳細は、HotForexの「MT4 マルチターミナル」をご覧ください。

 

HotForex FIX/API

HotForexではFIX/APIが利用できます。

FIX/APIとは、金融システムで使われるプログラミング言語のこと。MT4・MT5など既存のプラットフォームではできない取引をするときに採用されます。

ただHotForexのFIX/APIを使うには、最初の入金額で20万ドル必要となります。20万ドルは日本円で2000万円に相当するためかなりの大金です。

少なくとも一般的なFXトレーダーであれば、FIX/APIを使う必要はないでしょう。

プラットフォームの詳細は、HotForexの「HotForex FIX/API」をご覧ください。

 

取引ツール「MT4とMT5」の違いは?

HotForexで利用できる取引ツールは「MT4・MT5」の2つです。

両者の違いを簡単にまとめると以下の通り。

MT4MT5
動作普通速い
時間足9種類21種類
対応業者多い少ない
EA自動売買多い少ない
カスタムインディケーター多い普通
仮想通貨非対応対応
描画ツール31種類44種類
アプリでワンタップ注文できないできる
アプリでチャート2画面表示できないできる

MT4の特徴は、自動売買とカスタムインディケーターの種類が多いこと。

特にEA自動売買の種類がMT5よりも多いため、自動売買トレーダーはMT4を使うことが多いです。

逆にMT5はMT4よりも操作性と機能性に優れています。裁量トレードがメインなら、MT5を使いましょう。

またアプリ版の性能もMT5の方が上なので、スマホやタブレットでFXトレードするなら、MT5アプリを使った方が良いです。

プラットフォームの詳細は、HotForexの「MT4MT5」をご覧ください。

 

HotForex取引ツール「MT4・MT5」のダウンロード方法

HotForexでMT4・MT5をダウンロードする方法は以下の通り。

  1. HotForex公式サイトにアクセスする
  2. メニューの「プラットフォーム」からプラットフォームを選択する
  3. ダウンロードリンクをクリックする

デスクトップ版であれば、ダウンロードリンクをクリックした段階で、ソフトウェアのダウンロードが始まります。MacOSの場合は、Wineなども一緒にダウンロードしておきましょう。

スマホ・タブレット版の場合は、ダウンロードリンクをクリックすることで、App StoreやGoogle playのダウンロードページに遷移します。

そこからMT4・MT5アプリをダウンロードするわけですね。

プラットフォームのダウンロードは、HotForexの「MT4MT5」で行えます。

 

HotForexでのMT4・MT5へのログイン方法・始め方

MT4・MT5をダウンロードしただけでは、まだトレードを始められません。

HotForexでFXトレードをするには、HotForexの取引口座が必要です。

HotForexでFXトレードを始めるまでの手順は以下の通り。

  1. HotForexでmyHF口座を開設する
  2. HotForex会員ページで取引口座を開設する
  3. 口座開設後に届くメールで、口座番号とログインパスワードを控えておく
  4. MT4MT5を起動する
  5. 口座番号・ログインパスワードを入力してログインする

ログインに成功すれば、MT4・MT5でトレードができるようになります。口座入金を済ませて、リアルマネーでFXトレードを始めましょう。

 

HotForexでは高性能取引ツール「cTrader」は使えない

裁量トレードの成績をもっと良くしたいなら、cTraderを使いましょう。

cTraderはMT4・MT5よりも高機能なFX取引ツールです。

cTraderには便利な機能がたくさん備わっています。例えばワンタップ注文や自動損切り設定、経済指標の表示、標準時間の日本時間設定などもできます。

ただ残念ながらHotForexではcTraderは使えません。

cTraderを使いたいなら、以下の2つの海外FX業者で口座開設しましょう。

  • AXIORY:取引手数料は1ロット往復6ドル。会員ページが使いやすい
  • Tradeview:取引手数料は1ロット往復5ドル。会員ページが使いにくい

どちらかで迷ったら、まずはAXIORYがおすすめ。公式サイトの情報量が多く、会員ページも使いやすいからです。

cTraderの詳細などは、AXIORYの「cTrader」をご覧ください。

 

まとめ:HotForexではMT4・MT5のどちらも利用できる

ここまでHotForexの取引プラットフォーム「MT4・MT5」についてわかりやすく解説してきました。

HotForexではMT4とMT5の2種類の取引ツールが利用できます。

MT4の特徴は、EA自動売買やインジケーターの種類が多いこと。そのためEA自動売買をする人などにおすすめです。

MT5の特徴は、MT4よりも操作性や機能性に優れていること。裁量トレードをするのなら、MT5の方がおすすめです。

プラットフォームの詳細は、HotForexの「MT4MT5」をご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました