GemForexで最大2万円ボーナスをゲットしよう!
海外FX業者のおすすめは?

海外FX業者選びで迷ってしまったら、以下の記事を読んでください。↓

おすすめ海外FXを見る ▷

HotForex(ホットフォレックス)の無料VPS(仮想専用サーバー)サービスまとめ。無料利用の条件は?

HotForexは無料VPSサービスを提供しています。

VPS(仮想専用サーバー)とは、オンラインでパソコン代わりに使えるサーバーのこと。FXの世界では、自動売買取引を安定させるために使われます。

HotForexVPSのスペックは以下の通り。

メモリストレージ仮想CPU
ブロンズ1300 MB25 GB1コア
シルバー2700 MB50 GB2コア
ゴールド5120 MB75 GB4コア

ただしこれらのVPSを無料で利用するには、一定の条件を満たす必要があります。

無料利用の条件は以下の通り。

最小入金額取引ロット数
ブロンズ5,000ドル毎月5ロット以上
シルバー8,000ドル毎月8ロット以上
ゴールド15,000ドル
毎月15ロット以上

この記事ではHotForexVPSサーバーの特徴などを詳しく見ていきます。

HotForexVPSの詳細は、HotForexの「VPSホスティングサービス」でも確認できます。

 

HotForex VPSに関する基礎知識

ここからはHotForexVPSのサービス概要を見ていきます。

 

VPSの提供元は Beeks Financial Cloud

HotForexVPSの提供元は、「Beeks Financial Cloud」という会社です。

BeeksはFX向けのVPSを提供することで有名で、無料VPエスサービスの提供元としてよく使われます。XMやGemForexの無料VPSの提供元もBeeksです。

ただBeeksのVPSは、

  • 料金が高い
  • サービスが日本語に対応していない
  • 会員ページが使いにくい

などの理由から、利用者からは評判が良くありません。無料で使えたらラッキーくらいに考えましょう。

 

無料VPSサービスは3種類(ブロンズ・シルバー・ゴールド)

HotForexの提供するVPSは、ブロンズ、シルバー、ゴールドの3ランクに分けられています。

ランクが上がるほど、VPSの性能は上がりますが、料金も高くなり、無料利用のハードルも高くなります。

VPSの無料利用条件は以下の通り。

最小入金額取引ロット数
ブロンズ5,000ドル毎月5ロット以上
シルバー8,000ドル毎月8ロット以上
ゴールド15,000ドル
毎月15ロット以上

1番ランクの低いブロンズでも50万円入金する必要があり、HotForexVPSは無料利用のハードルが高いことがわかります。

さらにVPSを無料で利用し続けるには、毎月一定のトレードする必要があります。1番低いブロンドでも、毎月5ロットの取引が求められます。

5ロットとは50万通貨に相当し、20 pipsマイナスで10万円の損失になります。資金10万円前後の人には、やや大きい通貨量です。

したがってHotForexVPSは、無料利用のハードルが高いと言わざるを得ません。

無料利用条件は、HotForexの「VPSホスティングサービス」でも確認できます。

 

有料利用の場合は、月額30ドルから

無料利用の条件を満たせない場合は、有料でVPSを使うこともできます。

VPSの利用料金は以下の通り。

月額料金年額料金
ブロンズ30ドル360ドル
シルバー50ドル600ドル
ゴールド80ドル960ドル

1番下のブロンズなら月額料金が30ドル、日本円で3000円相当です。これなら割と気軽に使えそうですね。

ただVPSサービスの利用契約は英語でする必要がありますし、日本のVPSなら2000円前後で使えるため、コスパが良いかと言われると微妙なところです。

月額料金も、HotForexの「VPSホスティングサービス」で確認できます。

 

VPSの料金はmyHF残高から差し引かれる

VPSの無料利用条件が満たせなくなった場合、VPSの有料料金が請求されます。請求された料金はmyHF口座のアカウントから差し引かれます。

またmyHF口座の残高がゼロになり、VPSの料金が引き落とせなくなった場合、VPSサービスの利用は停止させられます。

せっかくEA自動売買で利益を出しているのに、VPSの利用が停止させられたら、大きな機会損失になります。myHF口座には十分な資金を入れておきましょう。

myHF口座への入金手続きは、HotForexの会員ページから行えます。

 

HotForex VPSサービスの使い方・利用手順

ここからはHotForexのVPSサービスの利用手順をまとめておきます。

 

HotForex会員ページにログインする

HotForex公式サイトから会員ページにログインします。

ログイン時には2つの情報入力しましょう。

  • myHF口座アカウントID
  • ログインパスワード

これらのパスワードはHotForex口座開設後に届くメールに記載されています。

まだ口座開設をしていない方は、こちらのHotForex口座開設ページから登録しましょう。

 

会員メニューの「プロモーション」から「無料VPS」をクリックする

次に会員ページのメニューにある「プロモーション」から「無料VPS」をクリックします。

 

無料VPSを利用する場合は、そのまま手続きをする

無料VPSの利用条件を満たしているなら、HotForexの指示に従い、無料利用の手続きを行いましょう。

無料利用の条件は以下の通り。

最小入金額取引ロット数
ブロンズ5,000ドル毎月5ロット以上
シルバー8,000ドル毎月8ロット以上
ゴールド15,000ドル
毎月15ロット以上

初月に無料利用をするだけなら、最低入金額だけでいいです。ただ2ヶ月目以降もVPSを無料で使いたいなら、取引ロット数の条件を満たす必要があります。

 

有料VPSは、HotForexショッピングカートで手続きする

無料利用の条件を満たしていなくても、有料でVPSを使うことができます。

HotForexのVPSページからショッピングカートに移動して、利用手続きを進めましょう。

ただし購入画面は英語表記で、日本語にも対応していません。英語が苦手な方は、Google翻訳でウェブサイトを翻訳しましょう。

 

他の無料VPSサービスが使える海外FX業者

無料VPSを提供しているのは、HotForexだけではありません。

ここからは無料VPSを提供している他の海外FX業者を紹介します。

 

FBS:条件を満たしやすい

FBSは無料VPSの利用ハードルが1番低いです。利用条件は2つ。

  1. 450ドル以上の入金1回
  2. 毎月3ロット以上の取引

450ドルは日本円で5万円に相当します。他の海外FX業者だと50万以上の口座残高が条件だったりするので、それと比べるとハードルは低いですね。

ただし入金は1回で450ドル以上をまとめてする必要があり、複数回に分けて入金しても条件を満たされません。

2つ目の条件である毎月3ロット以上の取引も、合計で達成すれば大丈夫です。例えば0.1ロットの取引を30回するとか。

無料VPSが使える海外FX業者の中でも、FBSは1番達成ハードルが低いといえます。

FBSの無料VPSサービスは、FBS会員ページから利用できます。

 

Traders Trust(TTCM):条件は普通

Traders Trust(TTCM)でも無料VPSは利用できます。条件は以下の2つ。

  1. 口座残高2,000ドル以上
  2. 毎月5ロット以上の取引

Traders Trust(TTCM)もHotForexと同じように、ブロンズ、シルバー、ゴールドの3種類のVPSが利用できます。

上記の条件2つは、1番ランクの低いブロンズのものです。シルバーやゴールドなら、条件はもっと厳しくなります。

詳しくはTraders TrustのVPS申込ページをご覧ください。

 

GemForex:条件は厳しめ

GemForexでも無料VPSは利用できます。利用条件は以下の通り。

  1. 口座残高5,000ドル以上

条件は1つだけですが、口座残高を50万円以上にする必要があり、資金の少ない人にはハードルが高いです。

GemForexは資金の少ないトレーダーが使うことが多く、50万円入金できる人は少なめです。10万円前後の資金でEA自動売買をするなら、やはりFBSの無料VPSを使った方が良いでしょう。

無料VPSサービスの詳細は、GemForex公式の「プラットフォーム→GEM MT4 VPS」をご覧ください。

 

XM:条件は厳しめ

XMも無料VPSを提供しています。利用条件は2つ。

  1. 口座残高5,000ドル以上
  2. 毎月5ロット以上の取引

無料利用の条件はHotForexVPSのブロンズランクと全く同じです。FBSやTraders Trust、GemForexと比べても、無料利用のハードルが高いですね。

資金が少なく、手軽に無料VPSを使うなら、条件の達成しやすいFBSの方がおすすめ。

無料VPSサービスの詳細は、XMの「プロモーション」をご覧ください。

 

おすすめの月額有料VPS

海外FXが無料で提供しているVPSは、性能がイマイチだったり、日本語サポートが不十分だったりします。

VPSに使いやすさを求めるなら、月額有料のVPSサービスを使いましょう。

ここからはおすすめの有料VPSサービスをいくつか紹介します。

 

お名前.comデスクトップクラウド:設定が簡単

VPSが初めての人におすすめなのが、お名前.comデスクトップクラウド。すでにVPSにWindowsOSとMT4がインストールされており、初期設定が簡単です。

逆に他のVPSだと、WindowsOSのインストール等が必要だったりして、パソコンやサーバーの知識が必要となります。

さらにお名前.comデスクトップクラウドは、電話サポートなども充実しており、わからないことがあっても、気軽に日本語で質問できます。

欠点は月額料金が2000円前後と高いこと、そして料金体系が分かりにくいことです。VPSの運用に慣れてきたら、もっと安いVPSに切り替えましょう。

EA自動売買が初めてなら、まずはお名前.comのデスクトップクラウドがおすすめ。詳しくはお名前VPSの公式サイトをご覧ください。

 

ABLENET VPS:性能が高め。無料お試し期間あり

ABLENET VPSも、お名前.comデスクトップクラウドと並んで有名なVPSサービスです。回線の速度が速く、VPSとしての信頼性が高いのが特徴。

欠点はお名前.comと比べるとサポートが控えめなこと。電話サポートなどもなく、WindowsOSも自力でダウンロードする必要があります。

そのかわり10日間の無料お試しがあるので、お金を使わずVPSを試したい人にはおすすめです。

詳しくはABLENET VPS公式サイトをご覧ください。

 

VULTER(ヴァルチャー):高コスパの海外VPS

VULTRはコストパフォーマンスが高いことで有名な海外VPSです。

自前でOSを用意できれば月額5ドルで運用できるため、自動売買トレーダー上級者に人気があります。

WindowsOSを用意できなくても、WindowsOSをレンタルできるプランもありますが、その場合は追加で月額20ドル取られます。

サーバーやOSの知識があり、自力でOSのインストールなどができるなら、運用コストを安く下げられます。

VULTRにWindowsOSをインストールする方法は、こちらの記事をご覧ください。

VULTRの欠点は、サービスが日本語に対応していないこと。英語が苦手な人には使いにくいサービスです。詳しくはVULTR公式サイトをご覧ください。

 

まとめ:HotForexの無料VPSは利用ハードルが高め。FBSの方がおすすめ。

ここまでHotForexの無料VPSサービスについて詳しく見てきました。

HotForexはVPSサービスを提供しており、条件を満たすことで無料利用できます。

最小入金額取引ロット数
ブロンズ5,000ドル毎月5ロット以上
シルバー8,000ドル毎月8ロット以上
ゴールド15,000ドル
毎月15ロット以上

ただ1番ランクの低いブロンズですら50万円相当の入金が必要なため、資金の少ない人にはハードルが高いです。

無料利用できない場合、月額有料で使うことも可能。料金は以下の通り。

月額料金年額料金
ブロンズ30ドル360ドル
シルバー50ドル600ドル
ゴールド80ドル960ドル

ただ他のVPSサービスも料金相場は月額2000円前後だったりするため、コストパフォーマンスはあまり良くないです。

HotForexVPSの提供元はBeeksで、機能面や料金の面でも評判は良くありません。無料で使えたらラッキーくらいに考えましょう。

無料VPSサービスについては、HotForexの「VPSホスティングサービス」をご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました