iFOREX(アイフォレックス)の口座休眠・凍結ルールまとめ。口座維持手数料は3ヶ月ごとに15ドル

海外FXの口座は、長期間放置をしていると、休眠・凍結状態になることがあります。特に口座が凍結状態になると、口座へのログインやトレードができなくなるので注意が必要です。

iFOREXの口座休眠・凍結のルールは以下の通り。

  • iFOREXの口座を長期間放置しても、休眠・凍結はない
  • 12ヶ月トレードせずに放置すると、3ヶ月ごとに15ドルの口座維持手数料がかかる
  • 禁止行為で強制退会のペナルティあり

iFOREXは1口座しか作れないため、口座を放置しても、休眠・凍結になる可能性は低いです。

ただ12ヶ月トレードをせずに放置していると、3ヶ月ごとに15ドルの口座維持手数料が取られるので注意してください。

この記事ではiFOREXの口座休眠、口座凍結、口座維持手数料についてわかりやすく解説していきます。

iFOREXがどんな海外FX業者が知りたいなら、iFOREX公式サイトをチェックしてください。

 

iFOREXで口座を長期間放置しても休眠しない

冒頭でも述べた通り、iFOREXでは口座を長期間放置しても、口座が休眠状態になりません。口座を1年以上放置しても、すぐにトレードを再開できます。

ただしiFOREXでトレードせずに口座を12ヶ月間以上放置していると、3カ月ごとに15ドルの口座維持手数料が発生することは覚えておいてください。

詳しくはiFOREX公式サイトの「取引条件→追加取引規則」をご覧ください。

 

iFOREXでは口座を長期間放置しても凍結しない

またiFOREXでは口座を長期間放置しても、口座が凍結状態にされて、ログインやトレードができなくなることはありません。

これはやはりiFOREXでは口座が1つしか作れないことが原因でしょうか?

ただiFOREXで定める禁止行為を行った場合はその限りではありません。iFOREXは様々なボーナスを提供している分、ボーナスの悪用にも目を光らせています。

 

口座凍結・アカウント削除のリスクのある禁止行為

iFOREXでの主な禁止行為は以下の通り。

  • 過度のスキャルピングトレード(1日数百回レベル)
  • オートメーション取引
  • APIによるソフトウェア・プログラムでの取引
  • iFOREXの複数口座による取引(1人で2つ以上の口座を使うこと)

これらの禁止行為を行うと、強制退会・アカウント凍結などのリスクがあります。

上の3つはプログラムを使った自動売買やスキャルピングトレード等が該当します。一般トレーダーが気にする必要はないでしょう。

逆に一般トレーダーでも行える禁止行為が、iFOREXでの複数口座を保有すること。家族や友人などの名義を使って、1人で複数の口座を保有するパターンですね。

複数の名義を使い分ければ、ボーナスを複数回もらうこともできますが、これはiFOREX側の定める禁止行為です。ペナルティーを受けたくないなら、こうした禁止行為はやめましょう。

繰り返しになりますが、iFOREXでは複数の口座を保有できません。複数口座を運用したいなら、他の海外FX業者を使いましょう。

中でもおすすめは以下の4つ。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

 

他の海外FX業者の口座休眠・凍結について

iFOREXでは口座休眠、口座凍結がなく、口座維持手数料は3ヶ月ごとに15ドル発生します。

では他の海外FX業者だと、休眠・凍結のルールはどうなっているのでしょうか?

 

口座休眠・凍結のある海外FX業者

口座を長期間放置することで、口座休眠・凍結になる海外FX業者は以下の4つ。

休眠凍結口座維持手数料
XM90日放置残高ゼロで90日放置毎月5ドル
GemForexなし1年放置
3ヶ月ごとに15ドル
Tradeview残高ゼロで6ヶ月放置残高ゼロで1年放置
毎月50ドル(返金可能)
FBS90日放置口座アーカイブ(復元可能)なし

XMは休眠・凍結がされやすい部類に入りますが、追加口座は簡単に作れるため、そこまで大きなデメリットではないです。GemForexも同様で、追加口座は簡単に作れます。

逆にTradeviewは休眠・凍結になりやすい上に、追加口座を作るハードルも高めです(既存口座の入金が必要)。

FBSでは90日間口座を放置すると口座アーカイブになりますが、アーカイブされた口座はFBS会員ページから復元できます。ただし復活口座はログインパスワードが変わるので注意しましょう。

 

口座休眠・凍結のない海外FX業者

口座休眠・凍結のない海外FX業者は以下の通り。

休眠凍結口座維持手数料
LAND-FXなしなし(ボーナス悪用は除く)なし
AXIORYなしなしなし
iFOREXなしなし(禁止行為時は除く)3ヶ月15ドル

特にLAND-FXとAXIORYは、追加口座をたくさん作れる上に、休眠・凍結などのペナルティがないため、いろいろな条件でFXトレードしたい人と相性が良いです。

ちなみにLAND-FXでは最大5口座、AXIORYでは最大10口座作れます。

iFOREXも休眠・凍結はありませんが、追加口座を作れないため、トレード手法を試したい人とは相性悪めです。

したがって口座の休眠・凍結を気にせず追加口座をたくさん作るなら、LAND-FXやAXIORYがおすすめだといえます。

詳細はLAND-FX公式サイトAXIORY公式サイトをチェックしてください。

 

iFOREXの口座維持手数料は3ヶ月で15ドル(12ヶ月放置後)

iFOREXで12カ月間トレードせずに口座を放置していると、3ヶ月ごとに15ドルの口座維持手数料が発生します。

念のためiFOREX公式サイトからも引用しておきましょう。

12ヵ月間連続して取引活動のないお客様の口座は、3ヶ月ごとに15米ドルまたは口座の有効保有額が15米ドル未満の場合は有効保有額の全額を管理費として課されます。

お客様の口座に利用可能な資金がない場合、iFOREXは管理費を課しません。

引用:取引条件「追加取引規則」|iFOREX

口座残高がゼロになった場合、口座維持手数料は徴収されません。そして口座残高がゼロになっても、XMのように口座凍結になることもないです。

iFOREXで口座を長期間放置する予定で、かつ口座維持手数料を節約したいなら、口座出金して残高をゼロにしておきましょう。

口座出金は、iFOREX公式サイトにログインして行えます。iFOREXの出金方法については、こちらの記事をご覧ください。

 

まとめ:放置しても口座休眠・凍結はないが、口座維持手数料は発生する

ここまでiFOREXの口座休眠、口座凍結、口座維持手数料について解説しました。

もう一度休眠・凍結のルールを確認しましょう。

  • iFOREXの口座を長期間放置しても、休眠・凍結はない
  • 12ヶ月放置すると、3ヶ月ごとに15ドルの口座維持手数料がかかる
  • 禁止行為で強制退会のペナルティあり

iFOREXでは口座を長期間放置しても、口座が休眠・凍結になることはありません。

ただし12カ月以上トレードをせずに口座を放置していると、3ヶ月15ドルの口座維持手数料が発生するので注意してください。

ただiFOREXで口座凍結しないといっても、それは口座放置によるペナルティーがないだけです。禁止行為をした場合は、アカウント凍結などのリスクもあります。

iFOREXの禁止行為などは、iFOREX公式サイトの「取引条件→追加取引規則」で確認できます。

タイトルとURLをコピーしました