おすすめの海外FX業者はこちら!
海外FXでなかなか勝てない人へ

海外FXでのトレード勝率を上げたいなら、こちらの記事をどうぞ。
海外FXの基本戦術をまとめています。

おすすめトレード手法を見る ▷

iFOREX(アイフォレックス)口座タイプは1種類のみ。他の口座タイプ・種類はありません。

iFOREXでは口座タイプは1種類しかありません。複数の口座タイプ・取引ツール・レバレッジを試したい人には不向きです。

いろいろな口座タイプを試したいなら、iFOREX以外の海外FX業者を使いましょう。

中でもおすすめなのは以下の海外FX業者です。

どれを使うか迷うようなら、XMから始めましょう。

XMなら追加口座も簡単に作れますし、日本人利用者も多く、わからないことがあっても簡単に自己解決ができるからです。

詳しくはXM公式サイトをご覧ください。

この記事ではiFOREXの口座タイプについて詳しく見ていきます。

 

iFOREXの口座タイプ・口座種類は1つだけ

iFOREXの口座タイプは1種類だけで、スペックは以下の通り。

最低入金額1万円
最大レバレッジ400倍
スプレッド0.7 pips〜
1ロット通貨量10万通貨
最小取引単位
1,000通貨(0.01ロット)
最大取引単位
500万通貨(500ロット)
注文方式STP方式

詳細スペックは、iFOREXの「取引条件」でも確認できます。

レバレッジが低いことを除けば、他のスペックは平均以上です。特にスプレッドが0.7 pipsと狭く、LAND-FXと並んでデイトレードと相性が良いです。

大きな欠点は、注文方式でECN方式が使えないこと。スキャルピングトレードでは利益を出しにくいです。

海外FXでスキャルピングトレードをするなら、AXIORYやTradeviewなど、取引手数料の安いECN口座がおすすめです。

詳しくはAXIORY公式サイトTradeview公式サイトをご覧ください。

 

iFOREXは追加口座・複数口座も開設できない

さらにiFOREXでは追加口座の開設もできず、複数口座の管理もできません。

そのため海外FXで複数口座を運用をしたいなら、iFOREX以外の海外FX業者を使うことになります。

追加口座がたくさん作れる海外FX業者の中でおすすめは以下の4つ。右の数字は、保有できる最大口座数です。

おすすめはXM。

XMなら追加口座も簡単に作れますし、日本人利用者も多く、わからないことがあっても簡単に自己解決ができるからです。

XMの追加口座開設は、XMの「会員ページ」から行えます。

 

iFOREX専用口座のデメリット

ここからはiFOREX専用口座のデメリットを3つまとめておきます。

 

デメリット1、レバレッジが400倍と低め

iFOREXの最大レバレッジは400倍ですが、これはSTP口座の中では低い方です。

参考までに、他の海外FX業者のSTP口座のレバレッジと比較してみましょう。

以下の表をご覧ください。

海外FX業者
レバレッジ(STP口座)
FBS3,000倍(口座残高2万円まで)
GemForex1,000倍
XM888倍
LAND-FX500倍
Tradeview500倍
iFOREX400倍
AXIORY400倍

iFOREXは下から数えた方が早いですよね。レバレッジ400倍は低い方であることがわかります。

400倍よりも高いレバレッジで取引をしたいなら、XMGemForexがおすすめ。レバレッジが高いだけでなく、ボーナスも豊富で、資金が少ない人に有利です。

詳しくはXM公式サイトGemForex公式サイトをご覧ください。

 

デメリット2、ECN口座は使えない

またiFOREXではECN口座が使えません。

ECN口座とは簡単に言うと、スプレッドがとても狭い口座タイプのこと。特にEA自動売買やスキャルピングトレードと相性が良いとされています。

海外FXでEA自動売買やスキャルピングトレードをするなら、iFOREX以外の海外FX業者を使いましょう。

参考までに有名どころのECN口座の手数料を比較してみましょう。

海外FX業者
ECN手数料(1ロット往復)
Tradeview5ドル
AXIORY6ドル
LAND-FX7ドル
XM10ドル
FBS12ドル

TradeviewとAXIORYは取引手数料が低いことがわかりますね。逆にXMやFBSなど、利用者が多く、派手な広告を出しているところは、取引手数料が高い傾向があります。

実際上級者のEA自動売買トレーダーは、Tradeviewを好んで利用することが多いです。

AXIORYとTradeview、どちらを使うか悩むなら、まずはAXIORYを使いましょう。

AXIORYは公式サイトや会員ページの使い勝手が良く、複数口座の同時管理もでき、口座を長期間放置しても休眠・凍結にならないからです。

詳しくはAXIORY公式サイトをご覧ください。

 

デメリット3、取引ツール「MT4・MT5・cTrader」は使えない

またiFOREXでは「MT4・MT5・cTrader」などの主要なFX取引ツールが使えません。

これらの取引ツールを使う場合は、iFOREX以外の海外FX業者を使う必要があります。

いろいろな取引ツールを試してみたいなら、特に以下の4つの海外FX業者がおすすめ。

おすすめはAXIORYのcTrader。cTraderは、MT4・MT5よりも高機能なFX取引ツールです。

cTraderを使うなら、AXIORYがおすすめ。公式サイトの日本語の情報量が多く、会員ページも使いやすく、口座放置ペナルティもないからです。

詳しくはAXIORYの「cTrader」をご覧ください。

 

口座タイプ・取引ツールの種類が多い海外FX業者

iFOREXの口座タイプは1種類だけなので、いろいろな口座タイプの取引ツールを試したいなら、他の海外FX業者を使うことになります。

ここからは口座タイプや取引ツールの豊富な海外FX業者を4つ紹介します。

 

XM:口座タイプは3種類、MT4・MT5対応

XMの口座タイプは3種類で、特徴は以下の通り。

3つの中で迷うなら、まずはスタンダード口座を選びましょう。XMで1番人気のある口座タイプです。

スタンダード口座は、XMの「口座タイプ」で確認できます。

またXMでは2種類の取引ツールが利用できます。特徴は以下の通り。

  • MT4:シンプルで使いやすい
  • MT5:1画面2チャート表示が便利(大画面スマホのみ)

どちらを使うかで迷うようなら、MT5を選びましょう。特にスマホアプリなら、1画面で2チャートの同時表示ができ、チャートの分析がはかどるからです。

MT5の詳細は、XMの「プラットフォーム」でも確認できます。

 

LAND-FX:口座タイプは2種類、MT4・MT5対応

LAND-FXでは2種類の口座タイプが利用できます。特徴は以下の通り。

口座タイプの詳細は、LAND-FXの「LIVE口座ECN口座」で確認できます。

またLAND-FXでは2種類の取引ツールが利用できます。特徴は以下の通り。

  • MT4:シンプルで使いやすい
  • MT5:1画面2チャート表示が便利(大画面スマホのみ)

EA自動売買をしないなら、操作性に優れたMT5を選ぶのが無難です。

取引プラットフォームは、LAND-FXの「MT4MT5」で確認できます。

 

AXIORY:口座タイプは2種類、MT4・cTrader対応

AXIORYでは2種類の口座タイプが利用できます。特徴は以下の通り。

  • スタンダード口座:スプレッドは平均的
  • ナノスプレッド口座:スプレッドが非常に狭い

どちらにするかで迷ったら、ナノスプレッド口座を選びましょう。スプレッドが非常に狭いECN口座です。

ナノスプレッド口座は、AXIORYの「取引条件→口座タイプ」で確認できます。

またAXIORYでは2種類の取引ツールが利用できます。特徴は以下の通り。

  • MT4:シンプルなデザインで使いやすい
  • cTrader:高機能なFX取引ツール

個人的なおすすめはcTrader。取引ツールとしての性能はMT4よりもずっと上です。

cTraderはワンタップ注文に対応していますし、注文したときに自動で損切り・利確の設定もできます。さらにツール内で経済指標の確認も可能。

特にデイトレードやスキャルピングトレードをするなら、cTraderはおすすめです。

詳しくはAXIORYの「cTrader」をご覧ください。

 

Tradeview:口座タイプは6種類、MT4・MT5・cTrader・CURRENEX対応

Tradeviewでは6種類の口座タイプが利用できます。特徴は以下の通り。

EA自動売買をするならMT4のILC口座、裁量トレードがメインならcTrader口座がおすすめ。TradeviewはECN口座の取引手数料が安いため、自動売買トレーダーに人気があります。

口座タイプは、英語版Tradeviewの「Accounts」でも確認できます。

またTradeviewでは以下の4種類の取引ツールが利用できます。特徴は以下の通り。

  • MT4:シンプルな使い勝手
  • MT5:MT4よりも動作が早い。MT5アプリは非対応
  • cTrader:高機能で便利な機能が盛りだくさん
  • CURRENEX:他の取引ツールよりも使いにくい

おすすめはcTrader。他の取引ツールよりも高性能で、デイトレードやスキャルピングトレードで利益を出しやすいです。

MT5はMT4よりも性能面で優れてはいますが、TradeviewだとMT5アプリは使えません。

取引プラットフォームは、Tradeviewの「取引プラットフォーム」で確認できます。

 

まとめ:iFOREXは口座タイプが1種類だけで、トレード戦術が限定される

ここまでiFOREXの口座タイプについて解説してきました。

iFOREXの口座タイプは1種類のみ。他の口座タイプなどをいろいろ試したいなら、別の海外FX業者を使う必要があります。

口座タイプや取引ツールをいろいろ試したいなら、以下の4つがおすすめ。

特にLAND-FXとAXIORYは、口座をたくさん作っても休眠・凍結のペナルティがないため、いろいろな口座タイプや取引ツールを試すのに相性が良いです。

個人的なおすすめはAXIORY。高性能プラットフォーム「cTrader」が使えます。

cTraderはチャートの日本時間設定や、損切り・利確の自動設定ができ、使いこなせればチャート分析の効率がアップします。

詳しくはAXIORYの「cTrader」をご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました