GemForexで最大2万円ボーナスをゲットしよう!
海外FX業者のおすすめは?

海外FX業者選びで迷ってしまったら、以下の記事を読んでください。↓

おすすめ海外FXを見る ▷

iFOREX(アイフォレックス)のレバレッジルールまとめ。最大レバレッジは400倍。レバレッジ制限、確認・変更方法は?

iFOREXでFXトレードをするなら、レバレッジルールを理解しておきましょう。

レバレッジが高ければ高いほど、必要証拠金が少なくなり、少ない資金でも取引ロット数を大きくできるからです。

逆にレバレッジの低い銘柄で取引するときは、必要証拠金が大きくなるため、トレードに多額の資金が必要となります。

iFOREXのレバレッジルールは以下の通りです。

  • iFOREXの最大レバレッジは400倍(マイナー通貨は20倍〜200倍)
  • 取引休止期間はレバレッジが半分に(必要証拠金が2倍)
  • CFD銘柄のレバレッジは10倍〜200倍
  • 口座残高によるレバレッジ制限・規制はなし

取引ができない土日はレバレッジが半分になり、必要証拠金が2倍になります。ポジションを土日に持ち越す時は、必要証拠金に注意しましょう。

この記事ではiFOREXのレバレッジルールについて詳しく見ていきます。

レバレッジの最新情報については、iFOREX公式の「取引条件」をご覧ください。

 

iFOREXのレバレッジルール・制限・規制まとめ

ここからはiFOREXのレバレッジルールについて詳しく見ていきます。

 

ルール1、iFOREXの主要通貨ペアのレバレッジは400倍

またiFOREXの主要通貨ペアの最大レバレッジは400倍。主要通貨とは、アメリカドル円やユーロドルのことを指します。

まずは他の海外FX業者とレバレッジを比較してみましょう。

海外FX業者
レバレッジ(STP口座)
FBS3,000倍(口座残高2万円まで)
GemForex1,000倍
XM888倍
LAND-FX500倍
Tradeview500倍
iFOREX400倍
AXIORY400倍

レバレッジ400倍は他と比べても平均的で、例えばAXIORYは400倍、LAND-FXは500倍ですね。

もっとレバレッジの高い海外FX業者を使いたいなら、3,000倍のFBS、1,000倍のGemForex、888倍のXMを使いましょう。

レバレッジが高ければ高いほど、必要証拠金が少なくなり、少ない資金でも取引ロット数を大きくすることができます。

特に資金が10万円前後なら、iFOREXよりもレバレッジの高いGemForexやXMを使ったほうが、大きな利益を狙いやすいはずです。

iFOREXのレバレッジ詳細は、iFOREX公式の「取引条件」でも確認できます。

 

ルール2、他のマイナー通貨ペアだと20倍〜200倍になることも

iFOREXの最大レバレッジは400倍ですが、これは主要通貨ペアに限った話です。

マイナー通貨ペアだとリスクが高くなるため、iFOREX側もレバレッジを低めに設定しています。

マイナー通貨ペアのレバレッジは以下の通り。

FX通貨ペアレバレッジ
スイス/トルコリラ200倍
トルコリラ/Hフォリント200倍
トルコリラ/円200倍
ポンド/トルコリラ200倍
ユーロ/インドルピー25倍
ユーロ/オフショア人民元20倍
ユーロ/トルコリラ200倍
ユーロ/ロシアルーブル50倍
米ドル/インドルピー50倍
米ドル/オフショア人民元20倍
米ドル/チリペソ50倍
米ドル/トルコリラ200倍
米ドル/露ルーブル50倍

トルコリラやロシアルーブルなど、マイナー通貨ペアはレバレッジが20倍から200倍に設定されています。

特にポンドトルコリラはスワップポイントが高いため、スワップ取引で利用する人も多いはずです。

レバレッジが低ければ低いほど、必要証拠金が大きくなり、ポジションを保有するのに多額の資金が必要となります。マイナー通貨に投資するときは、資金に余裕を持たせておきましょう。

マイナー通貨ペアのレバレッジは、iFOREX公式の「取引条件」でも確認できます。

 

ルール3、取引休止期間(土日)は、レバレッジが半分に(必要証拠金が2倍に)

iFOREXには珍しいレバレッジルールがあります。それは、

  • 取引禁止期間になると、レバレッジが半分になること

この取引禁止期間とは、トレードができない期間のことで、週末の土日のことを指します。より厳密に言うと、「土曜日の朝から月曜日の朝まで」ですね。

レバレッジが半分になるということは、トレードの必要証拠金が2倍になるということ。証拠金維持率ギリギリのトレードをしていると、週末にロスカットされるリスクもあります。

そもそも土日の週末明けは、チャートの窓が大きく開くため、ポジションを保有したままだとロスカット・ゼロカットのリスクが跳ね上がります。

デイトレードやスキャルピングトレードをしている人は、土日にポジションを持ち越さないようにしましょう。

取引禁止期間のレバレッジ規制については、iFOREX公式の「取引条件」でも確認できます。

 

ルール4、CFD銘柄のレバレッジは10倍〜200倍

iFOREXではFX通貨ペア以外にもCFD銘柄で取引ができます。

ただしCFD銘柄のレバレッジは10倍から200倍で、400倍のFX通貨ペアと比べると低めです。

CFD銘柄のカテゴリーごとのレバレッジは以下の通り。

銘柄カテゴリーレバレッジ
商品先物50倍〜200倍
株価指数25倍〜200倍
株式20倍
ETF10倍〜40倍
仮想通貨10倍

特に株式やETF、仮想通貨などは、レバレッジが50倍以下とかなり低いことがわかります。これらの銘柄に投資する場合、必要証拠金が大きくなるので注意してください。

iFOREXのCFD銘柄については、iFOREX公式の「取引条件」をご覧ください。

 

ルール5、口座残高によるレバレッジ制限はなし

iFOREXでは口座残高を増やしても、レバレッジが制限される事はありません。

数百万円・数千万円入金しても、最大レバレッジは400倍のままです。

逆にレバレッジの高い海外FX業者だと、口座残高が増えすぎたときに、レバレッジ制限されることがあります。

口座残高によるレバレッジ制限の具体例は以下の通り。

AXIORY
口座残高1,000万円以上で300倍に
Tradeview
口座残高1,000万円以上で100倍に
LAND-FX
口座残高500万円以上で200倍に
GemForex
口座残高200万円以上で500倍に
XM
口座残高200万円以上で200倍に

特にGemForexとXMはレバレッジが高いため、他の海外FX業者よりもレバレッジ制限の条件が厳しくなっています。

海外FXで200万円以上の資金を入金するなら、GemForexやXMではなく、AXIORYやTradeviewを選びましょう。

詳しくはAXIORY公式サイトTradeview公式サイトをご覧ください。

 

iFOREXのレバレッジ確認方法

iFOREXのレバレッジを確認する方法は2つ。

  1. iFOREX公式にログインし、取引ツールの「注文画面」で確認する
  2. iFOREX公式の「取引条件」から計算する

ここからはそれぞれのレバレッジ確認方法を見ていきます。

 

その1、iFOREX取引ツールから確認する方法

1つ目は、iFOREXの取引ツールからレバレッジを確認する方法。

事前にiFOREXでの口座開設が必要ですが、取引銘柄のレバレッジをすぐに確認できます。

レバレッジを確認する手順は以下の通り。

  1. iFOREXで口座開設しておく(iFOREX口座開設ページへ
  2. iFOREX公式サイトから会員ページにログインする
  3. 銘柄の注文画面を開き、「商品情報」の「最大レバレッジ」を確認する

例えばアメリカドル円だと「最大レバレッジ」で「1:400」と表示されるため、最大レバレッジは400倍だとわかります。

注文画面を開いてレバレッジを確認するだけなら、口座入金も口座有効化も必要ありません。

銘柄のレバレッジを知りたいだけなら、iFOREXで口座開設して取引ツールから見るのが手っ取り早いです。

口座開設は、こちらのiFOREX口座開設ページから行えます。

 

その2、取引条件から確認する方法

口座開設するのがめんどくさいなら、公式サイトの情報からレバレッジを計算することもできます。

iFOREX公式の「取引条件」に記載されている「通常必要証拠金」からレバレッジを逆算するのです。

「取引条件」のページでは、銘柄のスペックが詳しく書かれており、その中で通常必要証拠金も確認できます。

レバレッジの計算方法は以下の通り。

  • 1/通常必要証拠金(%)=レバレッジ

例えばアメリカドル円の必要証拠金は0.25%なので、

  • 1/0.25%=400倍

これでアメリカドル円の最大レバレッジが400倍だとわかります。

レバレッジを計算するときは、スマホなら電卓アプリを使いましょう。パソコンならクロームの検索窓に計算式を打ち込むだけで、自動的に計算されます。

レバレッジの計算に必要な「通常必要証拠金」は、iFOREX公式の「取引条件」で確認できます。

 

iFOREXのレバレッジ変更方法:変更はできない

iFOREXの最大レバレッジは400倍固定で、それ以外には変更できません。

もっと低いレバレッジでFXトレードをしたいなら、以下の海外FX業者を使いましょう。

海外FX業者
変更できるレバレッジ
XM
1倍、2倍、3倍、5倍、10倍、15倍、20倍、25倍、50倍、66倍、100倍、200倍、300倍、400倍、500倍、888倍
LAND-FX
1倍、10倍、25倍、50倍、100倍、200倍、300倍、400倍、500倍
AXIORY
1倍、10倍、25倍、50倍、100倍、200倍、300倍、400倍

特にXMは変更できるレバレッジの種類が16種類と多く、様々なレバレッジでFXトレードを試したい人におすすめ。

ボーナスがたくさん欲しいならLAND-FX、cTraderを使いたいならAXIORYも検討しましょう。

詳しくはXM公式サイトLAND-FX公式サイトAXIORY公式サイトをご覧ください。

 

iFOREXのレバレッジを他の海外FX業者と比較(STP口座)

iFOREXの最大レバレッジは400倍です。

ではレバレッジ400倍は他と比べて高いのでしょうか、それとも低いのでしょうか?

参考までに、iFOREXの最大レバレッジを他の海外FX業者と比較してみました。

まずは以下の表をご覧ください。

海外FX業者
レバレッジ(STP口座)
FBS3,000倍(口座残高2万円まで)
GemForex1,000倍
XM888倍
LAND-FX500倍
Tradeview500倍
iFOREX400倍
AXIORY400倍

iFOREXの最大レバレッジ400倍は、他のSTP口座と比べても低いことがわかります。

1番レバレッジが高いのは、FBSの3000倍ですね。レバレッジが3000倍なら、1ロットの必要証拠金は3600円ぐらいに抑えられます(FBS公式サイトへ)。

ただしレバレッジ3000倍が使えるのは、口座残高が2万円未満の時のみ。さらにボーナスを使うと、レバレッジは500倍に制限されるので注意しましょう。

2万円以上の資金で海外FXトレードをするなら、GemForexかXMがおすすめ。GemForexはレバレッジ1000倍、XMも888倍と高めです。

どちらもボーナスが豊富なため、資金の少ないトレーダーほど相性が良いです。資金が10万円前後なら、GemForexかXMを使いましょう。

ボーナスの詳細は、GemForex公式サイトXM公式サイトをご覧ください。

 

まとめ:iFOREXのレバレッジ400倍は平均的

ここまでiFOREXのレバレッジルールについて解説してきました。

iFOREXのレバレッジルールの概要は以下の通り。

  • iFOREXの最大レバレッジは400倍(マイナー通貨は20倍〜200倍)
  • 取引休止期間はレバレッジが半分に(必要証拠金が2倍)
  • CFD銘柄のレバレッジは10倍〜200倍
  • 口座残高によるレバレッジ制限・規制はなし

最大レバレッジ400倍は他のSTP口座の中では低く、資金の少ない人とは相性が悪いです。資金10万円前後の人がFXトレードをするなら、レバレッジの高いGemForexXMを選びましょう。

それともう一つ重要なのが、取引できない土日はレバレッジが半分になること。特に証拠金維持率ギリギリでFXトレードをしている人は、土日はポジションを持ち越さないようにしましょう。

iFOREXの銘柄ごとのレバレッジは、iFOREX公式ログイン後の「取引画面」から確認できます。

タイトルとURLをコピーしました