GemForexで最大2万円ボーナスをゲットしよう!
海外FX業者のおすすめは?

海外FX業者選びで迷ってしまったら、以下の記事を読んでください。↓

おすすめ海外FXを見る ▷

iFOREX(アイフォレックス)は1ロット=10万通貨。最大ロットは50ロット(500万通貨)、最小ロットは0.01ロット(1,000通貨)

iFOREXでFXトレードをするなら、ロット(lot)についても知っておくべきです。取引ロット数を増やしすぎると、ロスカットのリスクが大きくなりますから。

iFOREXのロットに関する基礎知識は以下の通り。

  • 1ロット=100,000通貨
  • 1ロットの必要証拠金は、27,000円ほど(USDJPYの場合)
  • 最大ロット数は50ロット(500万通貨)
  • 最小ロット数は0.01ロット(1,000通貨)

この記事ではiFOREXの取引ロット数、最大ロット、最小ロットについてわかりやすく解説していきます。

なおiFOREXの詳細は、iFOREX公式サイトでも確認できます。

 

iFOREXは1ロット=10万通貨

冒頭でも述べた通り、iFOREXの1ロットは10万通貨です。これはiFOREXだけでなく他の海外FX業者も同様です。

10万通貨は意外と大きな通貨量です。10万通貨保有した状態で、20 pips損をするだけでも、損失はおよそ2万円になります。

経済指標などに巻き込まれて100 pips損をすれば損失は10万円。海外FXトレーダーは10万円前後の資金でトレードする人が多いので、ロスカットまっしぐらです。

10万通貨は大きな通貨量で、損失が大きくなりやすいことは覚えておきましょう。

 

iFOREXの1ロットあたりの必要証拠金は27,000円(USDJPYの場合)

iFOREXの1ロットあたりの必要証拠金は、アメリカドル円で27,000円ほど。なぜ27,000円になるのでしょうか?

参考のために計算してみましょう。

iFOREXの1ロットは100,000通貨で、アメリカドル円の価値は110円と仮定します。

  • 100,000通貨*110円=11,000,000円

これがアメリカドル円10万通貨の日本円での価値です。必要証拠金を計算するには、これをレバレッジで割り算します。

iFOREXのアメリカドル円のレバレッジは400倍なので、

  • 11,000,000円/400倍=27,500円

計算結果の27,500円が、iFOREXでの1ロットあたりの必要証拠金です。

iFOREXでは取引ツールでも必要証拠金の計算ができるため、実際にアメリカドル円で「100,000通貨」と入力して確認してみるのも良いでしょう。

必要証拠金の計算は、ログイン後のiFOREX公式サイトから行えます。

 

他の海外FX業者と1ロットあたりの必要証拠金を比較

でもiFOREXの必要証拠金27,000円は高いのでしょうか?それとも低いのでしょうか?

参考までに、他の海外FX業者の1ロット必要証拠金と比較してみましょう。アメリカドル円の価値は110円で仮定しています。

まずは以下の表をご覧ください。

レバレッジ
1ロットの必要証拠金(USDJPY)
FBS3,000倍(残高2万円まで)3,700円
GemForex1,000倍11,000円
XM888倍12,000円
LAND-FX500倍22,000円
iFOREX400倍27,000円

レバレッジが高ければ高いほど、必要証拠金が少なくなることがわかります。そしてiFOREXのレバレッジは400倍と低めなので、必要証拠金も高くなるのです。

より少ない資金でFXトレードしたいなら、FBS、GemForex、XMなどのレバレッジの高い海外FX業者を選びましょう。

ただしFBSのレバレッジ3000倍は口座残高2万円未満が条件ですし、ボーナスを利用してしまうと、レバレッジは500倍に下がってしまいます。

ボーナスを利用しつつ、高いレバレッジFXトレードするなら、1,000倍のGemForexか888倍のXMがおすすめです。

GemForex・XMの詳細については、GemForex公式サイトXM公式サイトをご覧ください。

 

1万円で何ロット取引できる?

ではiFOREXで10,000円でFXトレードをする場合、アメリカドル円で何ロット保有できるのでしょうか?

保有できるロット数は、手持ちの資金を必要証拠金で割ることで計算できます。まずは10,000円で計算してみましょう。

iFOREXのアメリカドル円の必要証拠金は、1ロットで27,000円なので、

  • 10,000/27,000=0.37ロット

口座残高が10,000円だと、最大で0.37ロット保有できる計算になります。

ただこれだと証拠金維持率が100%なので、資金的にはかなり危ない状況です。実際に取引するなら、取引ロット数は0.1ロットが無難でしょう。

 

10万円で何ロット取引できる?

では資金100,000円だと何ロット保有できるのでしょうか?

こちらも計算方法は同じです。

  • 100,000/27,000=3.7ロット

100,000円保有していると、3.7ロット保有できる計算になります。ただ海外FXの3.7ロットとは、37万通貨と大きめの通貨量です。

そしてこちらも証拠金維持率は100%の状態なので、資金的にもギリギリです。証拠金維持率はできれば500%以上を維持しておきたいので、保有ロット数は1.0ロットが限界だとわかります。

取引ロット数や必要証拠金の計算はめんどくさいですが、怠らないようにしましょう。うっかり取引ロット数を増やしすぎると、損失が大きくなって、ロスカットされるリスクが大きくなります。

 

iFOREXの最大ロットは50ロット(500万通貨)

iFOREXの最大ロット数は50ロット、通貨量で500万通貨に相当します。

500万通貨と言われても、あまりピンとこないかもしれませんが、これも膨大な通貨量です。

例えばアメリカドル円を1ロット(10万通貨)保有して、20 pips得をしたとすると、2万円の利益が得られます。これが50ロットなら50倍の100万円です。

FXトレードで20 pips稼ぐだけで、アルバイトやフリーターの年収と同じ金額だけ稼げる。そう考えるとFXトレードのリターンがいかに大きいかがわかりますね。

ただiFOREXで50ロット動かすには、135万円の証拠金が必要ですし、20 pips以上損をすれば100万円近く損をします。

50ロットの取引は現実的ではありませんが、稼げる可能性があることは覚えておいて良いでしょう。

 

他の海外FX業者と最大ロット数を比較

ではiFOREXの最大ロット数50ロットは多い方なのでしょうか? それとも低い方なのでしょうか?

参考までに、他の海外FX業者の最大ロット数と比較してみました。

最大ロット数
AXIORY1,000ロット
FBS500ロット
Tradeview75ロット
iFOREX50ロット
XM50ロット
GemForex30ロット
LAND-FX30ロット

iFOREXの最大50ロットは、他と比べても平均的であることがわかりますね。

それよりも最大ロット数が突出して大きいのがAXIORYです。AXIORYでは最大1,000ロット保有できます。

これだけのロット数を保有することは滅多にないと思いますが、数百万円単位の資金でFXトレードをするなら、最大ロット数の大きいAXIORYは有力候補です。

またAXIORYの取引手数料は1ロット往復6ドルと安く、取引ロット数の多いトレーダーほど、取引コスト削減の恩恵を受けられます。

AXIORYの詳細については、AXIORY公式サイトをチェックしましょう。

 

iFOREXは保有ポジション数に制限なし

iFOREXは保有ポジション数に制限がなく、いくらでもポジションを保有できます。

ただこれはiFOREXに限ったことではなく、他の海外FX業者でも保有ポジションを制限していないところが多いです。

参考までに、他の海外FX業者の保有ポジション数を比較してみましょう。

最大保有ポジション
iFOREX制限なし
GemForex制限なし
LAND-FX制限なし
AXIORY制限なし
Tradeview制限なし
XM200
FBS200

XMとFBS以外では、保有ポジション数に制限がないことがわかります。

保有ポジションの制限を受けたくないなら、ポジション数に制限のない海外FX業者を選びましょう。

 

iFOREXの最小ロットは0.01ロット(1,000通貨)

iFOREXの最小ロットは0.01ロットで、1,000通貨に相当します。

これは他の海外FX業者でも同様で、最小ロットは0.01ロットのところが多いです。ただECN口座だと最小ロットは0.1ロット(10,000通貨)のところが多いですね。

取引ロット数が少なければ少ないほど、収益は少なくなりますが、同時に損失も少なくなります。資金1、2万円で少額トレードをするのには最適ですね。

ただ0.01ロットで取引しても、あまり稼げません。0.01ロットで20 pips獲得しても、収益は200円くらいです。

0.01ロットの取引は、海外FX業者やEA自動売買プログラムの性能をテストする時に使われることが多いのです。

iFOREXの銘柄で具体的にどれぐらいの収益・損失になるかわからないなら、まずは0.01ロットでトレードをしてみましょう。

なおiFOREXの銘柄は、iFOREX公式サイトの「銘柄」ページで確認できます。

 

1,000通貨未満のトレードなら、XMマイクロ口座がおすすめ

1,000通貨未満でFXトレードをするなら、XMマイクロ口座もおすすめです。

XMマイクロ口座は1ロット通貨量が1,000通貨で、最小取引単位は10通貨なので、ごくわずかな通貨量でのトレードが可能です。

もちろんこんな取引量ではまともに利益は出せないので、トレード手法の実験やEA自動売買の運用テストなどで使われることが多いです。

マイクロ口座の詳細については、XM公式の「口座タイプ一覧」をご覧ください。

 

おすすめのロット数は、10万円につき0.1〜0.3ロット

海外FXで利益を安定させたいなら、適正なロット数に調整しましょう。ロット数が多すぎると損失が大きくなりますし、少なすぎても利益が小さくなるからです。

取引ロット数の目安は、資金10万円あたり0.1〜0.3ロットでしょうか。

0.1ロットでFXトレードすれば、20 pips損をしても、損失は2,000円ぐらいに抑えられます。資金が10万円あれば、50回挑戦できますね。

仮に50回挑戦して負けて資金が尽きたとしても、ある程度のFXトレードの経験は積めるはずです。少なくともゼロカットで資金を溶かすよりはマシでしょう。

 

ロット数が大きすぎると、ロスカット・ゼロカットが発動することも

海外FXトレードでロット数を増やすと、得られる利益が大きくなりますが、同時に損失も大きくなってしまいます。

iFOREXのロスカットラインは0%ですが、それでもロット数を大きくしすぎると、簡単にロスカット・ゼロカットされてしまいます。

ロスカットやゼロカットのリスクを最小限に抑えたいなら、取引ロット数は少なめに設定しましょう。得られる利益は少なくなりますが、損失も少なくなります。

そしてFXトレードの勝率が安定してから、ロット数を増やすことをおすすめします。

 

まとめ:iFOREXのロット・必要証拠金を把握しておこう

ここまでiFOREXのロットについてわかりやすく解説してきました。

iFOREXのロットに関する基礎知識は以下の通り。

  • 1ロット=100,000通貨
  • 1ロットの必要証拠金は、27,000円ほど(USDJPYの場合)
  • 最大ロット数は50ロット(500万通貨)
  • 最小ロット数は0.01ロット(1,000通貨)

iFOREXはレバレッジが400倍と低めで、1ロットの必要証拠金も27,000円と高めです。必要証拠金をもっと低くしたいなら、XMGemForexなどのレバレッジの高い海外FX業者を使いましょう。

またiFOREXの最大ロット数は50ロットで、他と比べても平均的です。より大きなロット数で取引をしたいなら、1,000ロット取引ができるAXIORYがおすすめ。

FXトレードにおける収益や損失は、取引ロット数とpipsで決まります。ロスカット・ゼロカットをされたくないなら、最初のうちは取引ロット数を少なくしましょう。

またiFOREXの詳細については、iFOREX公式サイトをチェックしてください。

タイトルとURLをコピーしました