おすすめの海外FX業者はこちら!
海外FXでなかなか勝てない人へ

海外FXでのトレード勝率を上げたいなら、こちらの記事をどうぞ。
海外FXの基本戦術をまとめています。

おすすめトレード手法を見る ▷

iFOREX(アイフォレックス)のスプレッド一覧表まとめ。FX通貨ペア・銘柄ごとのスプレッドは?

iFOREXのスプレッドはSTP口座の中では狭い方です。

特にアメリカドル円のスプレッドが0.7 pipsとかなり狭く、これはSTP口座の中でも最安値クラスです。

スプレッドが狭ければ狭いほど、取引コストが低くなり、取引回数の多いトレードで利益が出しやすくなります。その点でiFOREXはデイトレードと相性が良いです。

ではiFOREXの他の通貨ペアやCFD銘柄のスプレッドはどうでしょうか?

この記事ではiFOREXの銘柄ごとのスプレッドを紹介したり、他の海外FX業者とスプレッドを比較したりします。

スプレッドは、iFOREXの「取引条件」で確認できます。

 

iFOREXのスプレッド一覧

ここからはiFOREXのスプレッドを銘柄のカテゴリーごとに見ていきます。

 

FX通貨ペアのスプレッド一覧

FX通貨ペアのスプレッドは以下の通り。

通貨ペア
最小スプレッド(pips)
Dクローネ/円50.0
NZドル/カナダドル6.0
NZドル/スイス4.0
NZドル/円3.0
NZドル/南アランド200.0
NZドル/米ドル2.0
Nクローネ/Sクローナ3.0
Nクローネ/円40.0
Pズウォティ/Hフォリント14.0
SGドル/円250.0
Sクローナ/円45.0
カナダドル/Hフォリント40.0
カナダドル/円2.0
スイス/Hフォリント50.0
スイス/Nクローネ26.0
スイス/Pズウォティ26.0
スイス/カナダドル4.0
スイス/トルコリラ80.0
スイス/円2.0
スイス/南アランド200.0
スウェーデンクローナ/デンマーククローネ2.8
トルコリラ/Hフォリント36.0
トルコリラ/円70.0
ポンド/Dクローネ26.0
ポンド/Hフォリント70.0
ポンド/NZドル11.0
ポンド/Pズウォティ32.0
ポンド/カナダドル4.5
ポンド/スイス3.0
ポンド/トルコリラ250.0
ポンド/円2.3
ポンド/南アランド300.0
ポンド/米ドル0.7
ポンド/豪ドル8.0
ポーランドズウォティ/スウェーデンクローナ9.0
ポーランドズウォティ/デンマーククローネ7.0
ポーランドズウォティ/ノルウェークローネ9.0
ユーロ/Cクローネ25.0
ユーロ/Dクローネ18.0
ユーロ/Hフォリント40.0
ユーロ/NZドル9.0
ユーロ/Nクローネ28.0
ユーロ/Sクローネ28.0
ユーロ/インドルピー120.0
ユーロ/オフショア人民元45.0
ユーロ/カナダドル4.0
ユーロ/スイス2.0
ユーロ/トルコリラ90.0
ユーロ/ポンド1.1
ユーロ/ロシアルーブル241.8
ユーロ/円1.2
ユーロ/南アランド100.0
ユーロ/米ドル1.1
ユーロ/豪ドル3.0
ユーロPズウォティ24.0
南アランド/円90.0
米ドル/Cクローネ25.0
米ドル/Dクローネ20.0
米ドル/Hフォリント35.0
米ドル/Nクローネ26.0
米ドル/Pズウォティ14.0
米ドル/SGドル4.0
米ドル/Sクローネ25.0
米ドル/インドルピー80.0
米ドル/オフショア人民元40.0
米ドル/カナダドル2.0
米ドル/スイス1.5
米ドル/チリペソ126.0
米ドル/トルコリラ65.0
米ドル/メキシコペソ50.0
米ドル/円0.7
米ドル/南アランド90.0
米ドル/露ルーブル221.2
米ドル/香港ドル25.0
英ポンド/スウェーデンクローナ35.0
英ポンド/ノルウェークローネ35.0
豪ドル/Hフォリント40.0
豪ドル/NZドル11.0
豪ドル/カナダドル5.0
豪ドル/スイス4.0
豪ドル/円3.0
豪ドル/米ドル0.8
香港ドル/円40.0

アメリカドル円の0.7 pipsは、他のSTP口座と比べても最安値クラス。アメリカドル円でデイトレードをするなら、iFOREXは有力候補の1つです。

逆にユーロドルのスプレッドは1.1 pipsで、LAND-FXの0.9 pipsと比べると若干広めです。やはりiFOREXのウリは、アメリカドル円のスプレッドの狭さですね。

通貨ペアのスプレッドは、iFOREXの「取引条件」で確認できます。

 

商品先物のスプレッド一覧

商品先物のスプレッドは以下の通りです。

商品最小スプレッド(pips)
WTI原油4 pips
ガソリン26 pips
ココア4 pips
コーヒー20 pips
コーン60 pips
パラジウム539 pips
ヒーティングオイル26 pips
ブレント原油5 pips
上海原油20 pips
大豆100 pips
天然ガス0.72 pips
小麦40 pips
白金200 pips
砂糖1.5 pips
綿8 pips
60 pips
金 (EUR)90 pips
金 (グラム, トルコリラ)8 pips
3.5 pips
30 pips

商品先物(コモディティ)とは、オイルやレアメタル、穀物などを対象とした金融商品のこと。FX通貨ペアとは値動きが異なるため、資金のリスクヘッジに使われます。

商品先物のスプレッドは、iFOREXの「取引条件」で確認できます。

 

株価指数のスプレッド一覧

株価指数のスプレッドは以下の通り。

指数最小スプレッド(pips)
FANG+0.37 pips
USDX3.1 pips
VIX45.5 pips
イタリア4020 pips
インド502.93 pips
オランダ2516.1 pips
オーストラリア2002.25 pips
ギリシャ2046 pips
サウジ全株指数3.7 pips
シンガポール 2512 pips
スイス202.07 pips
スウェーデン300.41 pips
スペイン351.7 pips
トルコ10068.8 pips
ドイツ3010.02 pips
ドバイ指数1.82 pips
フランス405.19 pips
ブラジル 6029 pips
メキシコ 3524.07 pips
ヨーロッパ501.59 pips
中国A505.7 pips
中国SSE1.25 pips
中国SZSE4.55 pips
台湾指数17 pips
日本1000.35 pips
日本225(円)16.7 pips
日本225(米ドル)17 pips
日本4003.56 pips
米国200029 pips
米国3021.48 pips
米国5002.49 pips
米国テック1005.3 pips
英国1004.34 pips
韓国 2008 pips
香港509.4 pips

株価指数とは、その国の特定の企業の株価を平均化したもの。日本だと日経平均株価や東証株価指数などが有名ですね。

株価指数は、複数の企業の株式を平均化しているため、一企業の株式を保有するよりもリスクが低いとされています。

株価指数のスプレッドは、iFOREXの「取引条件」で確認できます。

 

株式のスプレッド一覧

株式のスプレッドは以下の通り。

iFOREXの株式銘柄は600種類以上あるため、知名度のあるものだけ抜粋しています。

株式最小スプレッド(pips)
DeNA1.6 pips
GMO2.4 pips
LG電子1.11 pips
アップル43 pips
アリババ33 pips
ソニー8.9 pips

株式のスプレッドは10 pips以上のものが多く、デイトレードやがスキャルピングトレードとは相性が良くありません。

またレバレッジも20倍と低いため、投資してまともな利益を出すとなると、多額の資金が必要となります。できれば50万円ぐらいは欲しいですね。

株式のスプレッドは、iFOREXの「取引条件」で確認できます。

 

ETFのスプレッド一覧

ETF銘柄のスプレッドは以下の通り。

ETF最小スプレッド(pips)
EAFE11 pips
IPO5.3 pips
WTI原油先物ロングx30.2 pips
アジア太平洋(除く日本)11.6 pips
エマージング・マーケット6.7 pips
オーストラリア200ファンド9.1 pips
カナダ4.1 pips
グローバル12.26 pips
グローバル・カンナビス2.4 pips
グローバル・ゴールド・マイナーズx36 pips
グローバル・ブロックチェーン3 pips
グローバル・リチウム&バッテリー4.3 pips
グローバル・ロボティクス3.6 pips
ゴールド・トラスト30.5 pips
シルバー・トラスト2.7 pips
ジュニアゴールドマイナーロングx3356 pips
ドイツ30ファンド16.4 pips
ブラジルファンド4.8 pips
中国トップ50ロングx32.1 pips
中国大型株7.2 pips
原油ファンド0.89 pips
日本10 pips
日本225 ETF39.41 pips
日本225ショートx22.41 pips
日本225ロングx228.13 pips
欧州先進国ファンド8.5 pips
欧州先進国大型株5.9 pips
米セミコンダクター23 pips
米国100ロングx38.8 pips
米国2000ファンド22.4 pips
米国30トラスト43.2 pips
米国500トラスト51 pips
米国500ロングx35.3 pips
米国500小型株11 pips
米国インダストリアル12 pips
米国エネルギー6 pips
米国テクノロジー15.7 pips
米国テック100大型株信託36.9 pips
米国バイオテク21 pips
米国ファンド25.3 pips
米国ヘルスケア17 pips
米国一般消費財20 pips
米国不動産14 pips
米国公共事業11.1 pips
米国基礎素材8.9 pips
米国好配当15 pips
米国生活必需品10.7 pips
米国金融4.2 pips
米国金融ロングx34.8 pips
米国銀行5.5 pips
英国4.7 pips
韓国9.1 pips
韓国トップ50ロングx31.4 pips

ETFとは、株価指数に連動するように運用される投資信託のこと。正式名称は「Exchange Traded Fund」で、日本語では「上場投資信託」と呼びます。

ETFも複数の企業に投資するため、株価指数と同じくリスクの低い金融商品です。

ETFのスプレッドは、iFOREXの「取引条件」で確認できます。

 

仮想通貨のスプレッド一覧

仮想通貨のスプレッドは以下の通り。

仮想通貨最小スプレッド(pips)
EOS191.6 pips
イーサリアム112.8 pips
イーサリアム(ユーロ)101.5 pips
イーサリアム(日本円)121.4 pips
ダッシュ76.4 pips
ビットコイン35.49 pips
ビットコイン/イーサリアム42.48 pips
ビットコイン/ライトコイン142.93 pips
ビットコインキャッシュ1.85 pips
ビットコイン(ユーロ)31.93 pips
ビットコイン(日本円)38.22 pips
モネロ49.3 pips
ライトコイン33.52 pips
ライトコイン(ユーロ)30.16 pips
ライトコイン(日本円)36.1 pips
リップル24.5 pips
リップル(ユーロ)22.04 pips
リップル(日本円)26.38 pips

仮想通貨は全体的にスプレッドが広く、デイトレードやスキャルピングトレードと相性が悪いです。

またレバレッジも10倍と低く、まとまった利益を出すには、多額の資金が必要となります。個人的に仮想通貨投資はおすすめしません。

仮想通貨のスプレッドは、iFOREXの「取引条件」で確認できます。

 

スプレッドの確認は、iFOREX取引ツールで行える

iFOREXの取引プラットフォームでは、銘柄のスプレッドが表示されません。銘柄の2つの表示価格を引き算して、スプレッドを計算します。

他の取引ツールだとスプレッドが表示されるのは当たり前なので、このiFOREXのスプレッド仕様はかなり不便です。

iFOREXでスプレッドを確認する手順は以下の通り。

  1. iFOREXの口座開設ページで口座開設しておく
  2. iFOREX会員ページにログインする
  3. 取引画面から銘柄を探す
  4. 「買い」の価格から「売り」の価格を引き算する

主要通貨のスプレッドは、iFOREXのトップページで確認できます。

ただマイナー通貨ペアやCFD銘柄だと、会員ページにログインして、取引ツールから確認する必要があります。

リアルタイムのスプレッドを瞬時に確認できないのは不便なので、早めに改善してほしいですね。

 

iFOREXのスプレッド計算方法

iFOREXのスプレッドは以下のように計算します。

  • スプレッド=「買い」の表示価格 ー「売り」の表示価格

例えばアメリカドル円だと表示価格は以下の通り。

  • 買い:108.389
  • 売り:108.382

2つの価格を引き算して、スプレッドを計算します。

  • 108.389 – 108.382 = 0.007

クロス円のスプレッドは、小数点第2位が1 pipsとなります。価格差が0.01なら、1 pipsになるわけですね。今回の価格差は0.007なので、スプレッドは0.7 pipsとなります。

ただしクロス円以外の通貨ペアだと計算方法は変わります。その場合は小数点第4位が1 pipsとなるのです。価格差が0.0001なら1 pipsです。

2つ目の例をあげましょう。

アメリカドル円トルコリラの通貨ペアの表示価格は以下の通り。

  • 買い:6.68883
  • 売り:6.68233

これらの表示価格を差し引くと、

  • 6.68883-6.68233 = 0.0065

価格差は0.0065となるため、アメリカドル円トルコリラのスプレッドは65 pipsとなるわけです。

スプレッドの計算は難しそうに見えますが、慣れてしまえば大まかなスプレッドが計算できるようになります。

iFOREXはリアルタイムのスプレッドを表示できないので、表示価格からスプレッドを計算する癖を付けておきましょう。

スプレッドは、iFOREXの「取引条件」で確認できます。

表示価格からのpips計算方法については、こちらの記事が参考になります。

 

iFOREXのスプレッドを他の海外FX業者と比較(STP口座、USD/JPY)

iFOREXの長所は、アメリカドル円のスプレッドが0.7 pipsと狭いことです。

ではこれを他の海外FX業者と比べて、どれくらい狭いのでしょうか?

参考までに他の海外FX業者のスプレッドと比較してみました。

海外FX業者スプレッド(STP口座、USDJPY)
iFOREX0.7 pips
LAND-FX0.8 pips
GemForex1.2 pips
AXIORY1.3 pips
XM1.6 pips
Tradeview1.8 pips
FBS2.0 pips

やはりiFOREXの0.7 pipsは、他のSTP口座と比べても狭いことがわかりますね。アメリカドル円でデイトレードをするなら、選択肢の1つにしてもいいでしょう。

iFOREXの主要通貨スプレッドは、iFOREXの「トップページ」で確認できます。

 

iFOREXのスプレッドが狭くなる時間帯

iFOREXでデイトレードやスキャルピングトレードをするなら、スプレッドが狭い時間帯を狙いましょう。

特に取引通貨量の多い時間帯は、スプレッドが狭くなりやすいです。

ここからはiFOREXのスプレッドが狭くなる時間帯を見ていきます。

 

16時〜18時(日本時間):ロンドン市場が活発に

デイトレードで効率よく稼ぎたいなら、まずはロンドン市場がおすすめ。ロンドン市場は世界で最も取引通貨量の多い市場です。

ロンドン市場では通貨供給量が多くなり、取引も活発になるため、チャートの値動きがなだらかに大きくなります。チャートの動きも予測しやすくなり、トレンドに乗るだけでも利益を出しやすくなります。

ロンドン市場が始まるのは冬時間だと日本時間16時、夏時間だと日本時間15時です。それ以降の時間帯はチャートが多く動くため、ロンドン時間が始まる前にポジションを保有しておきたいですね。

ロンドン市場が始まり、チャートが大きく動いたタイミングで、トレンドに乗って利確する、という手法は割と鉄板です。

主要通貨スプレッドは、iFOREXの「トップページ」で確認できます。

 

23時〜2時(日本時間):ニューヨーク市場が活発に

FXトレードで大きく稼ぎたいなら、ニューヨーク市場が活発になるニューヨーク時間もおすすめ。

ニューヨーク市場はロンドン市場の次に通貨供給量の多い市場です。チャートの値動きが大きくなるため、デイトレードやスキャルピングトレードで利益が出しやすくなります。

ただニューヨーク市場の活発になる時間帯は、重要な経済指標もたくさん発表され、チャートが予測不可能な動きをすることもあります。特にレンジ相場だと上下に100 pips動くことも珍しくはありません。

うっかり損切りをし忘れると、100〜1,000 pipsもマイナスになることもあるでしょう。

それにニューヨーク時間は日本時間だと真夜中です。トレードに熱中しすぎると、生活リズムを崩してしまうリスクだってあります。

FXトレードと日常生活を両立させたいなら、まずはロンドン市場を狙うのが安全です。

主要通貨スプレッドは、iFOREXの「トップページ」で確認できます。

 

iFOREXのスプレッドが広くなる時間帯

iFOREXでデイトレードやスキャルピングトレードをするなら、スプレッドが広くなる時間帯は避けましょう。

スプレッドが広いと、取引コストが大きくなり、FXトレードの利益率がダウンするからです。

ここからはiFOREXのスプレッドが広がりやすい時間帯を見ていきます。

 

経済指標前後

経済指標が発表される前後の時間帯は、トレードは控えましょう。

経済指標が発表される時間帯は、機関投資家やプロトレーダーなどがトレードに参入し、注文回数が非常に多くなります。海外FX業者はサーバーの負担を減らすために、スプレッドを広く設定することもあるのです。

確かに経済指標が発表されるタイミングでは、チャートが大きく動きます。うまくトレンドに乗ることもできれば、1回で100 pips以上稼ぐことも可能でしょう。

ただその動きを予測するのはプロトレーダーですら困難です。経済指標が発表されるタイミングでは、注文は控えましょう。

なお経済指標カレンダーは、iFOREXの「取引プラットフォーム」でも確認できます。ただ表示時間はGMT+0なので、日本時間のGMT+9にすることをお忘れなく。

 

オセアニア時間(朝4〜8時)

オセアニア時間もトレードは控えましょう。この時間帯は通貨の流通量が少なく、スプレッドが広がりやすいからです。

通貨供給量が多ければ多いほど、スプレッドは狭くなります。例えば通貨供給量の多いアメリカドル円は1 pips前後ですが、供給量の少ないトルコリラだと100 pipsを超えることも珍しくありません。

通貨供給量の少ないオセアニア時間だと、スプレッドの狭いアメリカドル円ですら10 pips前後になります。

スプレッドの狭いタイミングでFXトレードをするなら、ロンドン時間やニューヨーク時間などを狙いましょう。

取引時間は、iFOREXの「取引条件」でも確認できます。

 

FX市場の開始直後(月曜の朝6〜7時)

FX市場が開始した直後の時間帯も、トレードを控えましょう。この時間帯も取引通貨量が少なく、スプレッドが広がりやすいからです。

iFOREXのトレードが始まる時間は以下の通り。

  • 夏時間(サマータイム):月曜 6:05〜
  • 冬時間:月曜 7:05〜

朝にFXトレードをするなら、FX市場が開始したから2時間後くらいがおすすめ。その頃には通貨供給量が多くなり、スプレッドも狭くなっているはずです。

取引時間は、iFOREXの「取引条件」でも確認できます。

 

FX市場の終了直前(土曜の朝6〜7時)

FX市場がクローズする直前の時間帯も、トレードは控えましょう。これも同じ理由で、取引通貨量が少なくなり、スプレッドが広くなるからです。

iFOREXのFX市場がクローズする時間は以下の通り。

  • 夏時間(サマータイム):〜土曜 5:00
  • 冬時間:〜土曜 6:00

週末明けの月曜日の朝は、チャートが大きく動きます。デイトレードがメインの人は、土曜日の朝までにはポジションを決済しましょう。

取引時間は、iFOREXの「取引条件」でも確認できます。

 

まとめ:iFOREXのスプレッドはSTP口座の中では狭く、デイトレードにおすすめ

ここまでiFOREXのスプレッドを銘柄ごとに紹介しました。

iFOREXはスプレッドが狭く、特にアメリカドル円のスプレッド0.7 pipsは、他のSTP口座と比べても狭い方です。

ECN口座ではないのでスキャルピングトレードは厳しいですが、デイトレードなら十分な利益を狙いに行きます。

スプレッドが狭ければ狭いほど、取引コストが安くなり、FXトレードの利益率が上がりますからね。スプレッドの広いXM・GemForexからの乗り換え先としては合格点です。

iFOREXのスプレッドは、iFOREXの「取引条件」で確認できます。

タイトルとURLをコピーしました