おすすめの海外FX業者はこちら!
海外FXでなかなか勝てない人へ

海外FXでのトレード勝率を上げたいなら、こちらの記事をどうぞ。
海外FXの基本戦術をまとめています。

おすすめトレード手法をチェックする ▷

iFOREX(アイフォレックス)に無料VPS(仮想専用サーバー)サービスはない。代わりのVPSのおすすめは?

iFOREXは無料VPS(仮想専用サーバー)サービスを提供していません。

そのためVPSを利用したいなら、無料でVPSを提供している他の海外FX業者を使うか、有料のVPSを契約するか、する必要があります。

ただiFOREXでは自動売買が使えないため、VPSを契約する必要性は少ないです。

そこでこの記事では、iFOREXの代わりに自動売買が使える海外FX業者や、おすすめのVPSサービスなど紹介していきます。

 

iFOREXは無料VPSを提供していない

冒頭でも述べた通り、iFOREXはVPSサービスを提供していません。

VPS(仮想専用サーバー)とは、簡単に言うと、無料でオンラインのパソコンをレンタルできるサービスのこと。手元にパソコンがなくても、遠隔操作できます。

VPSを契約することで、24時間自動売買プログラムを起動し続けられるようになり、注文や決済が安定します。

特にMT4・MT5でEA自動売買をするなら、VPSの契約は必須です。

 

iFOREXは自動売買ができないので、VPSを契約する意味がない

ただiFOREXでは自動売買が利用できません。

iFOREXは専用の取引プラットフォームしか利用できず、それが自動売買に対応していないからです。

iFOREXではMT4・MT5・cTraderが使えないため、自動売買をするなら他の海外FX業者を使う必要があります。

EA自動売買をするなら、取引手数料の安い海外FX業者を利用しましょう。中でも以下の2社はおすすめ。

  • AXIORY:取引手数料が1ロット往復6ドル
  • Tradeview:取引手数料が1ロット往復5ドル

実際AXIORYもTradeviewも、ベテランのFXトレーダーが好んで利用しています。

iFOREXで自動売買ができないことは、こちらの記事でも詳しくまとめています。

 

自動売買におすすめの海外FX業者

ここからはEA自動売買におすすめの海外FX業者をまとめておきます。

 

AXIORY:取引手数料が1ロット往復6ドルと安い

自動売買をするなら、まずはAXIORYという海外FX業者がおすすめ。

AXIORYは取引手数料が1ロット往復6ドルと安く、取引回数の多いEA自動売買で利益を出しやすいからです(XMは1ロット往復10ドル)。

またAXIORYは最大10口座まで開設でき、作った口座は長期間放置しても休眠・凍結になりません。いろいろな条件でトレードを試したい人とも相性が良いはずです。

詳しくはAXIORY公式サイトをご覧ください。

 

Tradeview:取引手数料が1ロット往復5ドルと最安値クラス

EA自動売買の利益率をもっと高めたいなら、Tradeviewもおすすめ。

Tradeviewの取引手数料は1ロット往復5ドルで、海外FX業者の中でも最安値クラスです。

ただTradeviewは会員ページが使いにくく、会員ページで複数口座を同時に管理できません。いろいろなトレード手法を試したい人には不向きです。

さらに口座維持手数料も月50ドルと高額。入金・トレードをすれば返金はされるものの、複数口座を運用する人とは相性が悪いです。

海外FXに精通しており、会員ページの使いにくさが気にならないなら、Tradeviewを検討しても良いでしょう。

詳しくはTradeview公式サイトをご覧ください。

 

自動売買におすすめの有料VPSサービス

海外FXでEA自動売買をするなら、VPSサービスの契約は必須です。

ここからは自動売買におすすめの有料VPSサービスをまとめておきます。

 

お名前.comデスクトップクラウド:設定が簡単

VPSが初めての人におすすめなのが、お名前.comデスクトップクラウド。すでにVPSにWindowsOSとMT4がインストールされており、初期設定が簡単です。

逆に他のVPSだと、WindowsOSのインストール等が必要だったりして、パソコンやサーバーの知識が必要となります。

さらにお名前.comデスクトップクラウドは、電話サポートなども充実しており、わからないことがあっても、気軽に日本語で質問できます。

欠点は月額料金が2000円前後と高いこと。VPSの運用に慣れてきたら、もっと安いVPSに切り替えましょう。

EA自動売買が初めてなら、まずはお名前.comのデスクトップクラウドがおすすめ。

詳しくはお名前VPSの公式サイトをご覧ください。

 

ABLENET VPS:性能が高め。無料お試し期間あり

ABLENET VPSも、お名前.comデスクトップクラウドと並んで有名なVPSサービスです。回線の速度が速く、VPSとしての信頼性が高いのが特徴。

欠点はお名前.comと比べるとサポートが控えめなこと。電話サポートなどもなく、WindowsOSも自力でダウンロードする必要があります。

そのかわり10日間の無料お試しがあるので、お金を使わずVPSを試したい人にはおすすめです。

詳しくはABLENET VPS公式サイトをご覧ください。

 

VULTER(ヴァルチャー):高コスパの海外VPS

VULTRはコストパフォーマンスが高いことで有名な海外VPSです。

自前でOSを用意できれば月額5ドルで運用できるため、自動売買トレーダー上級者に人気があります。

WindowsOSを用意できなくても、WindowsOSをレンタルできるプランもありますが、その場合は追加で月額20ドル取られます。

サーバーやOSの知識があり、自力でOSのインストールなどができるなら、運用コストを安く下げられます。

VULTRにWindowsOSをインストールする方法は、こちらの記事をご覧ください。

VULTRの欠点は、サービスが日本語に対応していないこと。英語が苦手な人には使いにくいサービスです。

詳しくはVULTR公式サイトをご覧ください。

 

海外FX業者が提供している無料VPSサービス

有料でVPSにお金を払うのが怖いなら、海外FX業者が提供している無料のVPSサービスを使うのもありです。

ただ無料VPSサービスは、無料利用のハードルが高く、月額有料VPSと比べると性能面で劣ります。

ここからは海外FX業者で無料で使えるVPSサービスをまとめておきます。

 

XM:口座残高5,000ドル以上+毎月5ロット以上の取引

XMも無料VPSサービスを提供しています。

VPSの無料利用条件は以下の通り。

  1. 口座残高50万円以上
  2. 毎月5ロット以上の取引をしている

ネックなのは1つ目の「口座残高50万円以上」ですね。XMは資金が少ない海外FX初心者が使うので、50万円も入金できる人は少ないでしょう。

またこちらの体験ブログによると、XMのVPSはあまり使い勝手が良くないとのこと。

XMでトレードする資金が50万円以上あり、かつVPSの料金を節約したいなら、利用してみる価値はあるでしょう。

ただEA自動売買が初めての人は、すでにWindowsOSとMT4がインストールされているお名前.comデスクトップクラウドを使ったほうがいいです。

無料VPSサービスの詳細は、XM公式の「プロモーション」をご覧ください。

 

GemForex:口座残高5,000ドル以上

GemForexも無料VPSサービスを提供しています。

無料利用の条件は、口座残高が50万円以上であることのみ。取引ロット数による制限がなく、条件はXMよりゆるいです。

ただGemForexも資金の少ない人向けの海外FX業者なので、50万円の残高を入れる人は少ないでしょう。

提供元の無料VPSサービスも「BeeksFX」で、日本人からの評判は良くありません。こちらの体験レビューでも、使用感は微妙とのこと。

資金が50万円があるならTradeviewなどの海外FX業者を使った方が良いですし、VPSも優秀なものを使った方が良いでしょう。

GemForexの無料VPSサービスは、おすすめ度が低いです。

無料VPSサービスは、GemForex公式サイトの「プラットフォーム→GEM MT4 VPS」をご覧ください。

 

Traders Trust(TTCM):口座残高2,000ドル以上+毎月5ロット以上の取引

TradersTrustも無料VPSサービスを提供しています。VPSパッケージはブロンズ、シルバー、ゴールドの3種類。

1番ハードルの低いブロンズを無料利用する条件は以下の通り。

  1. 口座残高20万円以上
  2. 毎月5ロット以上の取引

口座残高が20万円以上が条件で、50万円のXMやGemForexよりもハードルが低めです。

またTraders TrustのVPSサービスは「BeeksFX」のもので、XMやGemForexが提供しているものと同じになります。サービスの質に期待しすぎないほうがいいでしょう。

詳細はTraders Trustの「無料VPSサービス」をご覧ください。

 

まとめ:iFOREXは無料VPSを提供しておらず、自動売買もできない

冒頭でも述べた通り、iFOREXはVPSサービスを提供していません。

さらにiFOREXでは自動売買ができないので、EA自動売買をするなら、他の海外FX業者を使う必要があります。

EA自動売買をするなら、以下の2社がおすすめ。

  • AXIORY:取引手数料が1ロット往復6ドル
  • Tradeview:取引手数料が1ロット往復5ドル

特にAXIORYは最大10口座まで作れるため、いろいろなトレード手法や口座タイプ、取引ツールを試したい人におすすめです。

そしてEA自動売買をするなら、有料VPSサービスは必須です。

中でも代表的なのが以下の3つ。

特にお名前.comデスクトップクラウドは、Windows OSとMT4が既にインストールされているため、セットアップ作業が楽になります。

タイトルとURLをコピーしました