おすすめの海外FX業者は?
初めての海外FXは、LAND-FXがおすすめ

最大50万円の100%入金ボーナスがもらえます。
スプレッドもUSD/JPY 0.8 pipsと狭く、デイトレードにも最適。
詳しくは公式サイトへ↓

LAND-FXで口座開設

iFOREXの評判は? メリット・デメリットまとめ:CFD銘柄600種類、10万円入金ボーナス

海外FX

iFOREXは日本で運営してきた歴史が長く、信頼性の高い海外FX業者です。

またアメリカドル円のスプレッドが0.9 pipsと非常に狭く、裁量トレードでは力を発揮しやすいです。

あと銘柄の種類が600種類以上と非常に多く、FXだけでなく株式投資やETF、コモディティ投資をしたい人に最適です。

この記事ではiFOREXのメリット、デメリット、評判、口コミなどをわかりやすく解説していきます。

 

  1. iFOREXのメリット
    1. メリット1、レバレッジは最大400倍
    2. メリット2、スプレッドが狭い(USD/JPY0.9 pips)
    3. メリット3、取り扱い銘柄が600種類以上と多い(株価指数・株式・商品・ETFなど)
    4. メリット4、ゼロカットシステムにより追証なし
    5. メリット5、ロスカットラインが0%なので、ロスカットされにくい
    6. メリット6、日本語のサポートが充実
    7. メリット7、入金ボーナスとキャッシュバックが豪華!
  2. iFOREXのデメリット
    1. デメリット1、10万円未満の利益出金で2,000円の手数料がかかる
    2. デメリット2、取引ツール「MT4」は使えない
    3. デメリット3、自動売買が使えない
    4. デメリット4、スキャルピングトレードをしすぎると、スプレッドを広げられる
    5. デメリット5、信託保全がないので、倒産時に資金が返ってこないことも
    6. デメリット6、ウェブサイトが全体的に古い
  3. iFOREXの評判・口コミ
    1. 良い口コミ
    2. 悪い口コミ
  4. iFOREXの入金ボーナスは3種類
    1. ボーナス1、100%+40%の初回入金ボーナス
    2. ボーナス2、2回目以降の入金で、40%キャッシュバック(ペンディングボーナス)
    3. ボーナス3、年利3%のキャッシュバック
  5. iFOREXの口座種類は1種類のみ
  6. iFOREXでデモ口座開設は可能! ただし入金+本人確認が必要
  7. iFOREXの取引ツールは、FXnet Viewerのみ(ブラウザ型・Mac対応)
  8. iFOREXの最大レバレッジは400倍
  9. iFOREXのロスカット条件は、証拠金維持率0%
  10. iFOREXの通貨ペアは61種類(銘柄は600種類)
  11. iFOREXのスプレッドは狭い(USD/JPY0.9 pips)
  12. iFOREXのスワップポイント
  13. iFOREXの取引時間
  14. iFOREXの入金方法
    1. クレジットカード
    2. 銀行送金
    3. bitwallet(おすすめ!)
  15. iFOREXの出金方法
    1. クレジットカード
    2. 銀行送金
    3. bitwallet
  16. iFOREXの審査
  17. iFOREXの口座解約は、サポートからEメールで
  18. iFOREXのライセンスは、キプロス証券取引委員会(CySEC)
    1. 金融ライセンスは必ずチェックすべし!
  19. iFOREXはこんな人におすすめ!

iFOREXのメリット

iFOREXのメリットは以下の通りです。

  • レバレッジは最大400倍
  • スプレッドが狭い(USD/JPY0.9 pips)
  • 取り扱い銘柄が600種類以上と多い(株価指数・株式・商品・ETFなど)
  • ゼロカットシステムにより追証なし
  • ロスカットラインが0%なので、ロスカットされにくい
  • 日本語のサポートが充実
  • 入金ボーナスが豪華!

ではそれぞれのメリットを順に見ていきましょう。

 

メリット1、レバレッジは最大400倍

iFOREXの最大レバレッジは400倍。最大レバレッジ25倍の国内FX業者よりも、はるかに収益性の高いトレードができます。

ただレバレッジ400倍は海外FX業者の中では平均レベルです。XMの888倍、TitanFXの500倍、GemForexの1,000倍と比べると見劣りします。

レバレッジが高ければ高いほど、少ない資金でたくさんのお金を動かせるようになります。

例えばアメリカドル円を1万通貨注文するのに、レバレッジ25倍だと4万円必要ですが、レバレッジ400倍なら2,500円で事足ります。

資金の少ない人ほど、高レバレッジの恩恵を受けられるわけです。

 

メリット2、スプレッドが狭い(USD/JPY0.9 pips)

iFOREXは他の海外FX業者と比べてスプレッドが狭いです。

例えばアメリカドル円のスプレッドは0.9 pips。海外FX最大手のXMだと1.8 pipsなので、これがいかに狭いかがわかります。

スプレッドが狭ければ狭いほど、取引コストは少なくなります。特に取引回数の多いスキャルピングトレードや自動売買だとなおさらです。

だから取引回数の多いトレードをしている人には、iFOREXはおすすめのFX業者だといえます。

ただiFOREXでは自動売買はできませんし、スキャルピングトレードもやり過ぎるとスプレッド広げられる恐れがあります。

自動売買やスキャルピングトレードで利益を出したいなら、次にスプレッドの狭いAXIORYなどがおすすめです。

 

メリット3、取り扱い銘柄が600種類以上と多い(株価指数・株式・商品・ETFなど)

iFOREXではおよそ600の銘柄を取り扱っています。

そのためFX向けの通貨ペア以外にも、株式投資やEDF、仮想通貨などにも挑戦できます。

iFOREXで取り扱っている銘柄のジャンルは以下の通りです。

  • 通貨ペアCFD(アメリカドル円、ユーロ円)
  • 商品CFD(金、銀、天然ガス)
  • 指数CFD(日経平均株価、ダウ平均)
  • 株式CFD(アップル、フェイスブック、トヨタ)
  • ETF CFD(中国大型株、欧州先進国ファンド)
  • 仮想通貨CFD(ビットコイン、イーサリアム)

そして指数CFDならレバレッジ200倍、株式CFDならレバレッジ40倍で取引ができます。

FX以外の金融商品でも遊べるほか、それらを高いレバレッジで取引できるのもiFOREXの魅力です。

 

メリット4、ゼロカットシステムにより追証なし

iFOREXではゼロカットシステムを採用しています。

そのためトレードで大きな損失を抱えて、残高がマイナスになっても、すぐにゼロにリセットされます。

ゼロカットシステムのおかげで、トレーダーは借金のリスクに怯えることなくハイリスクなトレードができるわけですね。

海外FX業者を選ぶときは、必ずゼロカットシステムを採用している業者を選びましょう。その点でiFOREXはゼロカットシステムを採用しているため安心です。

 

メリット5、ロスカットラインが0%なので、ロスカットされにくい

iFOREXは、ロスカットラインが0%と非常に低いことで有名です。

XMやTitanFXなど有名な海外FX業者でも、ロスカットラインは20%のところが多いです。そう考えると、iFOREXの0%がいかに低いかがよくわかります。

ちなみにロスカットラインは低ければ低いほど、含み損をたくさん抱えられるようになり、収益化のチャンスが広がります。

ただ逆に言えば、ロスカットされたときのダメージが大きくなり、資金をほとんど残せなくなるリスクもあります。

逆にロスカットによる損失を減らしたいなら、ロスカットライン100%のTradeviewを選びましょう。

 

メリット6、日本語のサポートが充実

iFOREXでは日本語のサポートも充実しています。そのためFXでわからないことがあっても、気軽に日本語で質問できます。

問い合わせ方法は、メール、チャット、電話の3種類。ただし電話で問い合わせるときは、こちらから番号を伝えて、折り返し連絡をもらうことになります。

海外FXは日本の業者ほどサポートが充実していないことが多いため、何かあったときに日本語で聞けるのはとても助かります。

ほんの少しの設定のミスなどが大きな損失につながることもあるので、少しでもわからないことがあったら気軽に質問しましょう。

 

メリット7、入金ボーナスとキャッシュバックが豪華!

iFOREXは新規口座開設時のボーナスが充実しています。

ボーナスは以下の3種類。

  • 初回入金ボーナス(100%+40%)
  • 2回目以降の入金には、40パーセントのキャッシュバック(ペンディングボーナス)
  • 年利3パーセントのキャッシュバック

くわしい計算を省きますが、10万円入金すると資金は20万円になり、100万円入金すると146万円になります。

特に資金の少ないFX初心者にとって、ボーナスが充実していることはありがたいことです。資金に余裕ができれば、心とトレードにも余裕ができますからね。

ボーナスの詳細は、iFOREX公式サイトをご覧ください。

 

iFOREXのデメリット

iFOREXのデメリットは以下の通りです。

  • 10万円未満の利益出金で2,000円の手数料がかかる
  • 取引ツール「MT4」は使えない
  • 自動売買が使えない
  • スキャルピングトレードをしすぎると、スプレッドを広げられる
  • 信託保全がないので、倒産時に資金が返ってこないことも
  • ウェブサイトが全体的に古い

ではそれぞれのデメリットを順に見ていきましょう。

 

デメリット1、10万円未満の利益出金で2,000円の手数料がかかる

iFOREXで利益出金をするとき、利益部分が10万円未満だと2,000円の出金手数料が発生します。逆に利益部分が10万円以上であれば、手数料は無料です。

さらにiFOREXの口座から銀行に出金する場合、着金手数料とリフティングチャージで最低4,500円は発生します。

利益出金が10万円未満だと、これに加えて2,000円の手数料がiFOREXから徴収されるため、6,500円の手数料が必要になります。

そのためiFOREXで利益出金するときは、手数料を抑えるべく、利益部分が10万円以上になるように調整しましょう。

出金手数料をもっと安く抑えたいなら、オンラインウォレットサービス「bitwallet」を使うのもアリです。

 

デメリット2、取引ツール「MT4」は使えない

残念ながらiFOREXでは取引ツール「MT4」が使えません。

MT4は海外で有名なFX取引ツールです。これが使えないのは海外FXトレーダーにとって不便なことでしょう。

MT4が使えないということは、EAによる自動売買もできないということです。そのためFXで自動売買をしたい人にもiFOREXは不向きです。

ちなみにiFOREXで使えるプラットフォームは、FXnet Viewerのみ。これはウェブブラウザ専用の取引ツールで、Macにも対応しています。

 

デメリット3、自動売買が使えない

iFOREXのプラットフォーム「FXnet Viewer」では自動売買は使えません。

そのためiFOREXでは裁量トレードしかできず、仕事で忙しい兼業トレーダーには相性がよくないです。自動売買をやりたいなら、他の海外FX業者を選びましょう。

自動売買におすすめのFX業者はTitanFXです。約定率が高く、スプレッドも狭いため、取引回数の多いトレードでも利益が安定しやすいのが大きな特徴。

またMT4の自動売買に詳しくないなら、GemForexも有力候補です。こちらは5万円以上の入金で、1ヶ月に1つだけ無料でEAが使えます。

 

デメリット4、スキャルピングトレードをしすぎると、スプレッドを広げられる

iFOREXはスプレッドが狭く、スキャルピングトレードとも相性が良いです。

ただし取引回数が多すぎると、iFOREX側でスプレッドを広げられることがあります。高速売買が行きすぎると、業者側が利益を取れなくなるので仕方ないですね。

これは他の海外FXブログでも報告されていることです。参考のために少し引用しておきましょう。

そこでiFOREXは高速スキャルピング(数分単位で1pips~5pipsを何回も抜く手法)で儲けを出し過ぎたトレーダーにはスプレッドを広げて対応しているという報告がされている。

引用元:海外FXのトリセツ

高速スキャルピングトレードをするなら、海外FX業者はTitanFXがおすすめです。発注方式がNDD方式なので、FX業者が恣意的にスプレッドを広げることがありません。

それにスプレッドも低く、約定率も高いため、短期売買でも利益が安定しやすいです。

 

デメリット5、信託保全がないので、倒産時に資金が返ってこないことも

iFOREXには信託保全がありません。そのため万が一iFOREXが倒産した場合、預けていたお金は返ってこない可能性が高いです。

もちろんiFOREXは海外FX業者の中でも老舗なので、倒産するリスクは低いですが、その可能性を完全に否定しきれません。

万が一の倒産に備えたいなら、XMTitanFXなどの信託保全のある海外FX業者を選びましょう。

 

デメリット6、ウェブサイトが全体的に古い

iFOREXのウェブサイトは、全体的に古いレイアウトのページが多いです。

トップページとプロモーションページは綺麗なのですが、それ以外の基本的な情報が書かれたページはデザインが総じて古め。

ITの仕事をしている人が使うと、ストレスが溜まるかもしれません。

サイトデザインの綺麗な海外FX業者を使いたいなら、XMAXIORYあたりがおすすめ。特にXMはサイトの情報量も多く、海外FX初心者でもなれ親しみやすいです。

サイトデザインは「iFOREX公式サイト」で確認できます。

 

iFOREXの評判・口コミ

ここからは第三者の意見を取り入れるべく、ネットで見つけたiFOREXの口コミや評判を掲載します。

スペースの都合上、口コミはある程度簡略化しています。

 

良い口コミ

iFOREXの良い口コミは以下の通りです。

  • USD/JPYのスプレッドが狭い(0.9 pips)
  • ロスカットラインが0%
  • 入金額の3%の利息がつくのがやばい
  • 海外FX業者としての歴史が長く、信頼性が高い
  • ボーナスが豪華
  • 通貨ペア90種類もあれば十分

海外FX最大手のXMに負けないくらい入金ボーナスが豪華です。

そのため資金が少ない人でもまとまった資金が確保でき、トレードがしやすくなります。

あとXMと同じぐらい日本での海外FX業者運営の歴史が長いため、信頼性もあります。

 

悪い口コミ

iFOREXの悪い口コミは以下の通りです。

  • MT4非対応
  • 出金手続きが面倒

海外FXで主流の「MT4」やEAによる自動売買が使えないのはやはり不便ですね。海外FX初心者は、素直にMT4の使えるXMを選ぶとよいでしょう。

あとiFOREXは出金手続きがめんどくさいことでも知られています。

身分証明書と住所確認書だけでなく、クレジットカードのコピーまでアップロードしないといけません。

 

iFOREXの入金ボーナスは3種類

iFOREXで受け取れるボーナスは3種類です。

  1. 100%+40%の初回入金ボーナス
  2. 2回目以降の入金で、40%キャッシュバック(ペンディングボーナス)
  3. 年利3%のキャッシュバック

一見すると魅力的なボリュームですが、ボーナス適応には厳しい条件があります。

ここからはそれぞれのボーナスの詳細を解説しますね。

 

ボーナス1、100%+40%の初回入金ボーナス

iFOREXで初回入金すると、最大10万円(1,000ドル)までは入金額の100%、それ以降は40%のトレーディングチケットがもらえます。

10万円入金すると、FXの口座残高が2倍の20万円になるわけですね。これは資金の少ない初心者にとって心強いはずです。

さらに10万円を超えた部分は、40%のトレーディングチケットとして付与されます。こちらの40%ボーナスが適用される最大額は200万円(2万ドル)まで。

ただしトレーディングチケットを受け取るには、サポートにその旨を連絡する必要があります。連絡しないともらえないのでご注意ください。

 

トレーディングチケットの注意点

トレーディングチケットの注意点は以下の通り。

  • 40%ボーナスを受け取るには、サポートへ連絡が必要
  • トレーディングチケットは出金不可
  • 資金を出金すると、トレーディングチケットは有効証拠金の半額にまで減らされる
  • トレードしていない期間が7日間続くと、トレーディングチケットは失効する

トレーディングチケットをもらってから7日間使わないでいると、チケットがなくなってしまいます。忘れる前に早めに使い切りましょう。

 

ボーナス2、2回目以降の入金で、40%キャッシュバック(ペンディングボーナス)

2回目以降の入金では、入金額の40%をキャッシュバックされる権利が得られます。

ただし獲得できるのは、あくまで権利のみ。実際にキャッシュバックを受け取るには、FXトレードをする必要があります。

キャッシュバックを1ドル得るのに必要な取引量は0.5ロット(5万通貨)。

例えば2回目以降に10万円入金すると、4万円(400ドル)の仮のキャッシュバックが付与されます。

そして実際に400ドルのキャッシュバックを受け取るには、200ロット(2,000万通貨)の取引が必要になります。

たった4万円のキャッシュバックを受け取るのに、2,000万通貨の取引をするのは、正直割りに合いません。

2回目以降の入金ボーナスは、「もらえたらラッキー」くらいに考えておきましょう。

 

ボーナス3、年利3%のキャッシュバック

iFOREXのFX口座に10万円〜1,500万円を預けると、年利3%のキャッシュバックを受け取れます。日本の銀行だと0.001%が普通なので、それと比べると破格の待遇です。

ただし年利3%のキャッシュバックを受けるには、以下の条件を満たす必要があります。

  • iFOREXで新規口座が対象
  • 口座残高が1,000ドル以上(10万円)
  • 最後の取引から30日以内

たとえばFXの口座に1,000万円のお金を預けるだけで、年間30万円のお金が手に入るわけです。

継続的にトレードしていることが前提にはなるものの、それでも銀行にお金を預けるよりは金利が高いです。

キャッシュバックの詳細については、「利息支払スキーム取引条件(PDF)」をご覧ください。

 

iFOREXの口座種類は1種類のみ

iFOREXの口座は1種類のみです。スプレッドが非常に狭いゼロスプレッド口座などはありません。

口座のスペックは以下の通り。

  • 1ロット単位:10万通貨
  • 最小取引単位:1,000通貨
  • 最大取引単位:500万通貨
  • 最大レバレッジ:400倍
  • 発注方式:DD方式(と思われる)
  • 最低入金額:1万円

iFOREXでは1人につき1口座しか作れません。

ひとつのアカウントで複数の口座を作りたいなら、XMTitanFXを選びましょう。

 

iFOREXでデモ口座開設は可能! ただし入金+本人確認が必要

iFOREXではデモ口座を開設して、デモトレードをすることもできます。

証拠金は5,000ドル、日本円にして50万円です。

ただしデモ口座を開設するには、

  1. ライブ口座への入金
  2. 本人確認書類のアップロード
  3. 日本語サポートへの連絡

の3ステップが必要です。

デモ口座を開設するまでのハードルが高く、ためしにトレードしてみたい人にはめんどくさいかもしれません。

 

iFOREXの取引ツールは、FXnet Viewerのみ(ブラウザ型・Mac対応)

iFOREXで使える取引プラットフォームは「FXnet Viewer」のみです。MT4やMT5、cTraderは使えません。

「FXnet Viewer」はウェブブラウザ型で、Mac OSにも対応しています。

またモバイル版の取引画面を開くことで、スマホやタブレットでもFXトレードができます。

ただしFXnet Viewerでは自動売買ができません。自動売買をしたいなら、XMなどのMT4が使える他の業者を選びましょう。

 

iFOREXの最大レバレッジは400倍

iFOREXの最大レバレッジは400倍です。

ただこれはFX通貨ペアのレバレッジであって、銘柄のジャンルごとに最大レバレッジは異なります。

ジャンルごとのレバレッジは以下の通り。

  • 通貨ペア:400倍(トルコリラなどは200倍)
  • 商品CFD:50倍から400倍
  • 指数:200倍
  • 株式:40倍
  • 仮想通貨:10倍

iFOREXではFX以外でもハイレバレッジ取引ができます。特に商品CFDや株価指数のレバレッジは200倍以上で、国内の業者よりもはるかに高いです。

FX以外の金融商品で収益を上げたい人にも、iFOREXは十分におすすめできます。

レバレッジ400倍でも物足りないなら、888倍のXM、500倍のTitanFX、1,000倍のGemForexなどを検討しましょう。

 

iFOREXのロスカット条件は、証拠金維持率0%

iFOREXでは、証拠金維持率が0%になるとロスカットされます。

他のFX業者(XMTitanFX)だとロスカットラインは20%が普通なので、iFOREXのロスカットライン0%はかなり低いです。

ロスカットラインが低ければ低いほど、含み損をたくさん抱えることができ、収益化のチャンスが広がります。逆に言えば、ロスカットで失う資金も大きくなります。

ロスカット時の損失を抑えたいなら、ロスカットライン100%のTradeviewを選びましょう。

 

iFOREXの通貨ペアは61種類(銘柄は600種類)

iFOREXでは61種類の通貨ペアを取り扱っています。

他の海外FX業者も大体60種類ほどの通貨ペアを取り扱っているため、iFOREXは平均的だと言えます。

ただiFOREXには通貨ペア以外にも、株式投資が商品CFD、ETFや仮想通貨なども取り扱っています。

それらの銘柄を含めると600種類以上、iFOREXで取り扱っている金融商品の種類は非常に多いといいます。

だからFX以外の金融商品に挑戦したい人にも、iFOREXはおすすめです。

 

iFOREXのスプレッドは狭い(USD/JPY0.9 pips)

iFOREXのスプレッドは他の海外FX業者と比べてもかなり狭いです。

主要通貨のスプレッドは以下の通り。

  • USD/JPY:0.9 pips
  • EUR/JPY:1.2 pips
  • GBP/JPY:2.5 pips
  • AUD/JPY:5.0 pips
  • EUR/USD:0.9 pips

特にアメリカドル円とユーロドルが0.9 pipsと非常に狭いです。

他の海外FX業者とも比較すると、XMのアメリカドル円スプレッドは1.6 pips 、TitanFXは1.33 pipsです。

海外の有名なFX業者と比べても、iFOREXのスプレッドは非常に狭いことがわかりますね。

ただしiFOREXだと高速スキャルピングトレードや自動売買などができません。短期売買で利益を出したいなら、TitanFXを選びましょう。

 

iFOREXのスワップポイント

iFOREXのスワップポイントは、公式サイト「取引条件」ページの「オーバーナイト金利」の項目で確認できます。

スワップポイントの計算は簡単で、取引数量の価値にオーバーナイト金利を掛け算するだけです。

公式を引用すると、こんな感じ。

オーバーナイト金利金額 = 10,341,000 × 0.00001167 = 1日当たり120.65円受け取り(≅1.1 米ドル)

オーバーナイト金利とは、CFD取引でポジションを持った時に発生する金利のこと。FXにおけるスワップポイントと同じようなものです。

iFOREXではFX取引でも「オーバーナイト金利」という用語を使っています。

 

iFOREXの取引時間

iFOREXの取引時間は以下の通り。

  • 冬時間:月曜07:00〜土曜06:00
  • 夏時間:月曜06:00〜土曜05:00

月曜日の朝から土曜日の朝まで、24時間いつでもFXトレードができます。

ただしマーケットのスタート直後とクローズ直前は、チャートの相場が激しくなります。

スイングトレードをしていない限りは、休日前にはポジションを決済することをおすすめします。

あと聖金曜日やイースターマンデー、レイバーデーなどは、一部の銘柄が注文できなくなります。

詳しくは公式サイトの「取引条件」にてご確認下さい。

 

iFOREXの入金方法

iFOREXでは以下の入金方法を利用できます。

  • クレジットカード
  • 銀行送金
  • bitwallet(おすすめ!)

ではそれぞれの入金方法を順に見ていきましょう。

 

クレジットカード

iFOREXではクレジットカード入金が可能です。

入金に対応しているのはVISA、マスターカード、ダイナースの3種類ですが、日本円で入金できるのはVISAかマスターカードだけです。

入金手数料は無料、最低入金額は1万円です。

ただしクレジットカードで入金すると、出金もクレジットカードになります。それにクレジットカードだと利益出金できないので不便です。

そのためクレジットカード入金はあまりおすすめできないです。

 

銀行送金

iFOREXでは銀行送金で入金できます。最低入金額は1万円から。

ただし銀行からの送金手数料は利用者負担で、銀行によっては3,000円ほどの手数料を取られることもあります。

それに加えて、入金が反映されるまでに2、3日の時間がかかることもあり、あんまりおすすめできない入金方法です。

 

bitwallet(おすすめ!)

iFOREXではbitwalletでの入金も可能です。

入金手数料は、みずほ銀行は無料、クレジットカードだと入金額の4%〜5%です。

クレジットカードの入金手数料が高めですが、アメックスやダイナースでも入金できるのは大きなメリットです。

そして出金手数料は824円と安く、銀行送金のように着金手数料やリフティングチャージを請求されることもありません。

海外FXをする上で入金・出金の手数料を安く抑えたいなら、オンラインウォレットサービスのbitwalletはおすすめです。

 

iFOREXの出金方法

iFOREXでは以下の方法で出金できます。

  • クレジットカード
  • 銀行送金
  • bitwallet(おすすめ!)

ではそれぞれの出金方法を順に見ていきましょう。

 

クレジットカード

iFOREXではクレジットカード出金が可能です。出金手数料は無料。

ただしクレジットカード出金は払い戻し処理となるため、利益出金はできません。

例えばクレジットカードでiFOREXに10万円入金して、資金を20万円に増やした場合、払い戻しで出金できるのは10万円までです。

残りの10万円は銀行送金かbitwalletで出金する必要があります。

ただ銀行送金は出金手数料がとても高いので、できればbitwalletで出金したいです。

このように出金の手続きが煩雑になるので、クレジットカード出金はおすすめできません。

 

銀行送金

iFOREXでは銀行送金で出金できます。

出金手数料は出金額によって異なります。

  • 出金額が10万円未満:1回あたり2,000円
  • 出金額が10万円以上:毎月3回まで無料

手数料を安く抑えたいなら、出金額は10万円以上になるよう調整しましょう。

ただしこの出金手数料はiFOREX側のものです。

iFOREXから銀行に送金した場合、銀行側に着金手数料とリフティングチャージが発生します。手数料の目安は3,000円から5,000円ほど。

したがって、銀行出金は手数料が高いのでおすすめできません。代わりに次に紹介するbitwalletを使いましょう。

 

bitwallet

iFOREXではbitwalletによる出金も可能です。

bitwalletは海外FXトレーダーの間で有名なウォレットサービスで、入金・出金の手数料を安く抑えられます。

出金手数料は824円、銀行側の着金手数料やリフティングチャージも発生しません。

出金が反映されるスピードも速く、早ければ数時間で完了することもあります。

bitwalletは海外FXトレーダーの間で非常に人気のあるサービスです。もし本格的に海外FXでトレードをするなら、アカウントを作ることをおすすめします。

 

iFOREXの審査

iFOREXを含め、海外FXの審査はとてもゆるいです。

具体的な条件は以下の通り。

  • 18歳以上なら誰でもOK
  • アルバイト・フリーター・主婦も可能
  • 資産が少なくてもOK(100万円以下など)

国内FX業者と比べて、審査がゆるいことがわかりますね。

国内業者だと、資金が100万円以下の人は落とされてしまうケースが多いですから。

資金が少ない人がFXをするなら、レバレッジの高い海外FXはおすすめ。

口座開設は「iFOREX公式サイト」から行えます。

 

iFOREXの口座解約は、サポートからEメールで

iFOREXで口座を解約するのは簡単です。

サポートデスクにメールで、解約したい旨を伝えるだけです。その時には氏名と口座番号を忘れずに記載しておきましょう。

ちなみにiFOREXでは1年間トレードがないと、口座維持手数料として15ドルが差し引かれます。使わない口座は全額出金して、早めに口座を解約しましょう。

 

iFOREXのライセンスは、キプロス証券取引委員会(CySEC)

iFOREXの金融ライセンスは、キプロス証券取引委員会(CySEC)にて取得しています。

キプロスの金融ライセンスは、信頼度がトップクラスです。

その理由として、キプロスの金融ライセンスはFXブローカーに厳格な規制を貸しており、その規制をくぐり抜けないとライセンスを取得できないからです。

実際、海外FX最大手のXMは、よい規制のゆるいセーシェル金融庁で金融ライセンスを取得しています。

規制の厳しい金融ライセンスを取得していることからも、iFOREXは十分に信頼できるFX業者だと言えます。

 

金融ライセンスは必ずチェックすべし!

海外FX業者を利用するときは、必ず金融ライセンスも確認しておきましょう。怪しい海外FX業者は金融ライセンスを取得していないことが多いためです。

特に以下の3つの金融ライセンスは取得が難しいです。

  • 英国金融行為監督機構(FCA)
  • キプロス証券取引委員会(CySEC)
  • ベリーズ国際金融委員会(IFSC)

これらの金融ライセンスを取得している海外FX業者は、十分に信頼のできるものと判断できます。iFOREXもその一つですね。

信頼性のないFX業者にお金を預けると、出金できなくなる恐れがあります。海外FX利用する際は、金融ライセンスを必ず確認しましょう。

 

iFOREXはこんな人におすすめ!

iFOREXはアメリカドル円のスプレッドが非常に狭く、裁量トレードと相性の良いFX業者です。そのかわりMT4や自動売買が使えません。

そのためiFOREXは以下のような人たちにおすすめしたいです。

  • FXだけでなく、株式やETFをやってみたい
  • スプレッドの狭さにこだわる
  • 裁量トレードメインで、自動売買を使わない
  • ロスカットライン0%のハイリスク取引をしたい

またiFOREXはXMと並んで日本での運営歴が長く、キプロスの金融ライセンスを取得しています。

そのことからも、十分に信頼できる海外FX業者だと判断できます。

いきなり出勤拒否になったり、音信不通になったりすることはありえないので、海外FXに不慣れな人でも安心して口座開設ができます。

口座開設は、iFOREX公式サイトから行えます。

この記事を書いた人
むれ

海外FXの情報を発信しているトレーダーです。
サイト運営やSEO、サイトデザインも大好きです。

むれをフォローする
おすすめ海外FXランキング
LAND-FX

トレード資金が少ない人には、LAND-FXがおすすめ。
最大50万円の100%入金ボーナスがもらえます。
スプレッドも狭く(USD/JPY 0.8 pips)、デイトレードと好相性。

AXIORY

少額でスキャルをするなら、AXIORYがおすすめ。
最低入金額が2万円と低く、レバレッジは400倍と高め。
スキャル向け取引ツール「cTrader」に対応。

Tradeview

取引コストを極限まで抑えたいなら、Tradeviewがおすすめ。
ECN手数料が1ロット往復5ドルと、最安値クラス。
取引ツールはMT4/MT5/cTrader/CURRENEXの4種類。

海外FX
むれをフォローする
海外FX大全
タイトルとURLをコピーしました