おすすめの海外FX業者はこちら!
海外FXでなかなか勝てない人へ

海外FXでのトレード勝率を上げたいなら、こちらの記事をどうぞ。
海外FXの基本戦術をまとめています。

おすすめトレード手法をチェックする ▷

LAND-FX(ランドFX)の取引単位は1ロット=10万通貨。最大ロット数・最小ロット数は?

LAND-FXの1ロット通貨量は、どの口座タイプでも10万通貨。XMのようなマイクロ口座はありません。

ただ通常口座とECN口座ではレバレッジが異なるため、必要証拠金も違ってきます。

ではLAND-FXで1ロット注文するのに、必要な証拠金はどれくらいでしょうか?

またLAND-FXでトレードするうえで、ロット数目安はどれくらいでしょうか?

この記事ではLAND-FXの1ロット通貨量と必要証拠金について解説します。

取引ロット数は、LAND-FXの「LIVE口座ECN口座」で確認できます。

 

LAND-FXは、どの口座タイプでも1ロット10万通貨

LAND-FXの1ロット通貨量は以下の通り。

口座タイプ1ロット通貨量最小取引単位
LPボーナス口座10万通貨0.01ロット(1,000通貨)
Live口座10万通貨0.01ロット(1,000通貨)
ECN口座10万通貨0.1ロット(1万通貨)

どの口座タイプでも1ロット10万通貨であることがわかります。

ただ通常口座とECN口座では最小取引単位が異なります。ECN口座では最小取引単位が1万通貨と大きく、少額トレードは難しいです。

1〜5万円の少ない資金でトレードするなら、LPボーナス口座Live口座を選びましょう。

詳しくはLAND-FXの「LIVE口座」をご覧ください。

 

1,000通貨未満のトレードなら、XMマイクロ口座がおすすめ

1,000通貨未満でFXトレードをしたいなら、XMマイクロ口座がおすすめ。

1ロット単位が1,000通貨と低く、少額トレードと相性が良いからです。最小取引単位もMT4で10通貨、MT5で100通貨です。

ただ取引通貨量が少ないということは、得られる利益も少なくなるということ。マイクロ口座では、数十万円単位のまとまった利益は出しにくいです。

10通貨・100通貨レベルの少額トレードは、本来EAや新しい海外FX業者を試すときに使われます。

マイクロ口座は、XMの「口座タイプ」で確認できます。

 

LAND-FXの最大ロット数は30ロット

LAND-FXの最大ロット数は、1ポジションあたり30ロット。合計の保有ロット数は最大100ロットです。

どの口座タイプでも同じですが、念のため表にしておきましょう。

口座タイプ1ポジションの最大保有ロット合計の最大保有ロット
LPボーナス口座30ロット(300万通貨)100ロット(1,000万通貨)
Live口座30ロット(300万通貨)100ロット(1,000万通貨)
ECN口座30ロット(300万通貨)100ロット(1,000万通貨)

ちなみに他の海外FX業者だと、XMの最大取引単位は50ロット、GemForexは30ロット。

そう比べると、LAND-FXの最大ロット数30ロットは平均的ですね。

最大取引単位は、LAND-FXの「LIVE口座ECN口座」でも確認できます。

 

1ロットあたりの必要証拠金は?

まずLAND-FXの1ロット単位が10万通貨であることがわかりました。

では1ロットの取引をするのに、どれくらいのお金が必要なのでしょうか?

ここからは1ロットあたりの必要証拠金目安を紹介します。

 

LPボーナス口座・Live口座:1ロット2万円

LPボーナス口座Live口座の必要証拠金は以下の通り。

必要証拠金はアメリカドル円(1ドル=110円)で計算しています。

取引ロット数必要証拠金
0.01ロット(1,000通貨)220円
0.1ロット(1万通貨)2,200円
1ロット(10万通貨)2万2,000円
10ロット(100万通貨)22万円

どちらも最大レバレッジは500倍なので、必要証拠金は1ロット2万円くらいになります。

比較対象として付け加えると、レバレッジ888倍のXMだと1ロット1万2,000円くらいに、レバレッジ1,000倍のGemForexだと1万円くらいになります。

レバレッジが高くなるほど、必要証拠金は少なくなるわけですね。

LAND-FXのレバレッジ500倍は、海外FX業者の中でも高い方で、少ない資金でもハイリスクトレードができます。

資金が20〜50万円なら、入金ボーナスの恩恵も受けやすいLAND-FXのLPボーナス口座は優秀です。

LPボーナス口座は、LAND-FXの「LIVE口座」で確認できます。

 

ECN口座:1ロット5万円

ECN口座の必要証拠金は以下の通り。

こちらも必要証拠金はアメリカドル円(1ドル=110円)で計算しています。

取引ロット数必要証拠金
0.1ロット(1万通貨)5,500円
1ロット(10万通貨)5万5,000円
10ロット(100万通貨)55万円

ECN口座のレバレッジは最大200倍と低め。他の口座タイプと比べても、必要証拠金は2倍以上になっています。

ECN口座は海外FX業者の利益になりにくいため、資金の少ない人には使いにくい仕様になっているのです。

さらにLAND-FXのECN口座は、取引手数料が1ロット往復7ドルと若干高め。

ECN口座を使うなら、取引手数料の安いAXIORYTradeviewを選びましょう。

詳しくはAXIORY公式サイトTradeview公式サイトをご覧ください。

 

他の海外FX業者と必要証拠金を比較

レバレッジが高ければ高いほど、必要証拠金は少なくなります。

LAND-FXの必要証拠金を、他の海外FX業者と比較してみましょう。

口座タイプレバレッジ
1ロットあたりの必要証拠金
LAND-FX「LPボーナス口座」500倍2万円
LAND-FX「ECN口座」200倍5万円
XM「スタンダード口座」888倍1.2万円
GemForex「オールインワン口座」1,000倍1万円

必要証拠金を最小限にしたいなら、GemForexのオールインワン口座がおすすめ。

レバレッジが1,000倍と非常に高く、1ロットの必要証拠金を1万円程度に抑えられます。

ただしGemForexには確定の入金ボーナスがありません(2019年12月現在)。入金ボーナスが欲しいなら、XMかLAND-FXを選びましょう。

XMでは最大5万円の100%入金ボーナス、LAND-FXでは最大50万円の100%入金ボーナスがもらえます。

 

1ロットごとの必要証拠金の計算方法

ここまでLAND-FXの必要証拠金について解説してきました。ただ肝心の計算方法は後回しにしていましたね。

必要証拠金は以下のように計算します。

  • 必要証拠金=取引する通貨の価値/レバレッジ

これだけだとわかりにくいので、実例を用いて解説しましょう。

アメリカドル円を1ロット保有すると、通貨の価値は以下のようになります(1ドル=110円とする)。

  • 110円*100,000通貨(1ロット)=11,000,000円

1ロットの価値は1,100万円。これをレバレッジで割り算します。

LAND-FXのLPボーナス口座なら、レバレッジは500倍なので。

  • 11,000,000円/500=22,000円

この22,000円が、LAND-FXでの1ロットあたりの必要証拠金です。

海外FXは非常にリスクの高い取引なので、リスク管理は重要。取引をするのにどれくらいの資金が必要かは、常に把握しておきましょう。

 

豆知識:必要証拠金の計算はXMの計算機が便利

ただFXトレードの必要証拠金は、通貨ペア・海外FX業者・ロット数によって異なります。取引ごとに必要証拠金を計算するのは面倒でしょう。

そんな時はXMの証拠金計算ツールを使うと便利です。通貨ペア・ロット数を入力するだけで、必要証拠金をすぐに計算してくれます。

LAND-FXでもXMでも、レバレッジやロット数が同じなら必要証拠金も同じになります。

必要証拠金の計算が面倒なら、ぜひXMの計算ツールを活用しましょう。

 

取引ロット数の目安は、10万円で0.1〜0.3ロット

LAND-FXの1ロットは10万通貨と大きめです。

FXトレードではどのくらいのロット数で注文するのが望ましいのでしょうか?

目安としては、資金が10万円なら、0.1〜0.3ロットが無難でしょう。これで1万通貨〜3万通貨相当です。

0.1ロットなら20 pips損をしても、損失は2,000円程度に抑えられます。単純な計算で10万円あれば50回トレードに挑戦できますね。

海外FXが初めてなら、まずは0.1ロットから始めると良いでしょう。

 

1ロット以上だと損失が大きくなる

逆に取引ロット数が1ロットだと、通貨量が10万通貨になるため、わずかなpipsでも大きな金額を失うことがあります。

仮に1ロットの取引をすると、20 pips損しただけでも、2万円の損失です。資金が10万円だと5分の1失うわけですね。

海外FXはレバレッジが非常に高いため、少ない資金でも大きな通貨量の取引ができてしまいます。

海外FXで初めてトレードするなら、取引ロット数は0.1ロットから始めましょう。いきなり1ロットの取引をするのはリスキーです。

 

まとめ:海外FXは基本1ロット=10万通貨。まずは0.1ロットから始めよう。

ここまでLAND-FXの1ロット通貨量について説明してきました。

LAND-FXの1ロットは10万通貨と大きめ。国内FXだと1ロット=1万通貨が普通ですが、海外FXでは1ロット=10万通貨が普通です。

いきなり10万通貨でトレードすると、わずかなpipsの損失でも、数千円〜数万円になることもあります。

資金が少ないうちは、0.1〜0.3ロットで取引を始めましょう。

取引ロット数は、LAND-FXの「LIVE口座ECN口座」で確認できます。

タイトルとURLをコピーしました