おすすめの海外FX業者はこちら!
海外FXでなかなか勝てない人へ

海外FXでのトレード勝率を上げたいなら、こちらの記事をどうぞ。
海外FXの基本戦術をまとめています。

おすすめトレード手法をチェックする ▷

LAND-FX(ランドFX)法人口座の開設方法まとめ。法人口座におすすめの海外FX業者は?

LAND-FXでは法人口座を開設できます。

法人口座を開設することで、法人向けの税控除が受けられるようになり、個人トレーダーよりも節税しやすくなります。

ではLAND-FXで法人口座を作るにはどうすれば良いのでしょうか? また法人口座を作る時の注意点はあるのでしょうか?

この記事ではLAND-FXの法人口座についてわかりやすく解説していきます。

法人口座開設は、LAND-FXの「口座開設ページ」から行えます。

 

2種類の確認書類を用意しておこう

LAND-FXで法人口座を開設するには、2種類の書類が必要です。

  • 事業免許証(登記簿謄本)
  • 法人の住所証明書

確認書類はLAND-FX公式サイトにアップロードするので、あらかじめスマホのカメラで撮影しておきましょう。

事業免許証(登記簿謄本)は、法務省の「会社・法人の登記事項証明書等を請求される方へ」から入手できます。

法人の住所証明書は、会社がその住所に存在することを証明するもの、請求書などを使いましょう。

 

LAND-FXで法人口座を作る手順

ここからはLAND-FXで法人口座を開設する手順を紹介します。

 

手順1、LAND-FX公式サイトにアクセスする

まずはLAND-FXの公式サイトにアクセスしましょう。

 

手順2、口座開設タブをクリック(LIVE口座かECN口座)

公式サイトのグローバルメニューにある「口座開設」をクリックし、「LIVE口座」か「ECN口座」のどちらかを選びます。

法人口座として開設できるのは3種類。

最大50万円の100%入金ボーナスが欲しいなら、LPボーナス口座を選びましょう。

2つ目のSTP口座を作るならLive口座、スキャルピングトレードををするならECN口座もおすすめです。

口座タイプの違いなどは、LAND-FXの「LIVE口座ECN口座」で確認できます。

 

手順3、「法人or個人の選択」で「法人」を選ぶ

「LIVE口座」か「ECN口座」のどちらかを選択したら、口座開設の入力画面に移ります。

入力画面の1番上に、「法人or個人の選択」という項目があるので、「法人」を選択しましょう。入力フォームが法人口座向けに切り替わります。

 

手順4、必要事項を入力する

入力フォームの「個人情報」が「会社情報」に切り替わるので、会社情報を入力していきましょう。

入力する主な情報は以下の通り。

  • 法人名
  • 会社の国籍
  • 住所・郵便番号
  • 設立日
  • 電話番号

これに加えて会社を運営している個人の氏名、メールアドレス、電話番号も入力します。

入力が終わったら、ページ下の「次へ」ボタンをクリックして、口座開設の2ページ目に移動します。

 

手順5、確認書類を提出する

口座開設の2ページ目では、2種類の書類を提出します。

  • 事業免許証(登記簿謄本)
  • 法人の住所証明書

ただしどちらも3ヶ月以内に発行したものに限ります。

法人口座を開設していただけます。事業免許証(登記簿謄本)、及び居住証明書は過去3ヶ月以内に発行したものをアップロードしてください。

引用:LAND-FX公式「FAQ

登記簿謄本は日本の法務局から入手できますが、外出するのが面倒ならオンラインで請求することも可能です。

書類をアップロードすれば、口座開設の手続きは完了です。LAND-FX側で書類の審査が終われば、口座開設完了のメールが届きます。

 

法人口座対応のおすすめ海外FX業者

LAND-FXの他にも法人口座を開設できる海外FX業者はあります。

中でもおすすめなのがAXIORYTradeviewの2社。どちらも取引手数料が安く、スキャルピングトレード向け取引ツール「cTrader」が使えるからです。

ここからはAXIORYとTradeviewを軽く紹介しておきます。

 

AXIORY:取引コストが低くておすすめ

スプレッドの狭いECN口座で取引をするなら、AXIORYがおすすめ。

ECN口座のレバレッジが400倍と高めで、取引手数料も1ロット往復6ドルと低めだからです。

それに対しLAND-FXのECN口座は、レバレッジが200倍と低く、取引手数料も1ロット往復7ドルと少し高めです。

またAXIORYで法人口座を開設することで、以下の特典も受けられます。

  • ファンド運用者を選任できる
  • 専門コンシェルジュ窓口が提供される

特に専門コンシェルジュは、交渉次第でスプレッドが優遇されることもあるので、利用する価値はあります。

詳しくはAXIORYの「法人のお客様」をご覧ください。

 

Tradeview:手数料がトップクラスに低く、上級者向け

ECN口座とスキャルピングトレードで本格的に稼ぐなら、Tradeviewはもっとおすすめ。

取引手数料が1ロット往復5ドルと非常に低く、さらに「cTrader」も使えるため、FXトレードのコストを大幅に抑えられるからです。

実際Tradeviewは約定スピードが非常に速く、取引コストも低いことから、ベテランの海外FXトレーダーにも人気があります。

法人口座を利用して取引コストを少しでも安く抑えたいなら、Tradeviewの法人口座を利用しましょう。

詳しくはTradeviewの「法人口座申請」をご覧ください。

 

まとめ:法人口座を作るなら、書類の用意を忘れずに

ここまでLAND-FXの法人口座の作り方を解説しました。

LAND-FXで法人口座を作ることは可能で、開設するにあたって2種類の書類が必要になります。

  • 事業免許証(登記簿謄本)
  • 法人の住所証明書

1つ目の登記簿謄本は、法務局から入手できます。面倒な方はオンラインで入手するのもいいでしょう。

2つ目の住所証明書は、会社がその住所にあることを証明するもの。請求書など法人宛に送られてきた書類が好ましいです。

ただ法人口座を作るなら、LAND-FXよりもAXIORYTradeviewの方がおすすめ。

どちらもECN取引手数料がLAND-FXよりも低く、スキャルピングトレード向けの取引ツール「cTrader」が使えるからです。

詳しくはAXIORY公式サイトTradeview公式サイトをご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました