おすすめの海外FX業者はこちら!
海外FXでなかなか勝てない人へ

海外FXでのトレード勝率を上げたいなら、こちらの記事をどうぞ。
海外FXの基本戦術をまとめています。

おすすめトレード手法を見る ▷

LAND-FX(ランドFX)の口座開設方法まとめ。おすすめの設定・開設後にやることは?

LAND-FXでFXトレードを始めるには、当然LAND-FXで口座開設する必要があります。

ただ海外FXが初めての人だと、取引ツールや口座タイプなどで迷ってしまうかもしれません。

そこでこの記事では、LAND-FXの口座開設方法についてわかりやすく解説することにしました。

口座開設は、LAND-FXの「口座開設ページ」から行えます。

 

LAND-FXの口座開設手順

ここからはLAND-FXの口座開設手順を解説します。

 

手順1、LAND-FX公式サイトにアクセスする

まずはLAND-FXの公式サイトにアクセスしましょう。

 

手順2、トップページのLive口座をクリック

次にグローバルメニューにある「口座開設」タブを選択し、LIVE口座、ECN口座、デモ口座のいずれかを選択します。

  • LIVE口座:入金ボーナスがもらえる口座
  • ECN口座:スプレッドが非常に狭い口座。スキャル向け
  • デモ口座:お金を使わずトレードを体験できる口座

LAND-FXで普通にFXトレードをするなら、まずはLIVE口座を選びましょう。入金ボーナスがもらえて、資金の少ない人に有利です。

ECN口座はスプレッドが非常に狭いですが、入金ボーナスがもらえずレバレッジも低いため、資金の少ない人には使いにくいです。

口座タイプは、LAND-FXの「LIVE口座ECN口座」で確認できます。

お金を使わずにトレードを体験したいなら、デモ口座を開設しましょう。

デモ口座開設は、LAND-FXの「デモ口座開設ページ」から行えます。

 

手順3、「リアル口座開設 1/2」で必要事項を入力する

トップページの「LIVE口座」「ECN口座」を選択すると、リアル口座開設の画面に移行します。入力フォームに個人情報を入力しましょう。

入力する情報は大きく分けて4つ。

  • 法人or個人の選択
  • 口座のタイプ(取引ツール、口座タイプ、レバレッジなど)
  • 個人情報(名前、性別、生年月日)
  • 個人情報(連絡先)(電話番号、住所)

入力する項目量が多いので、1つずつ解説します。

 

法人・個人の選択

この項目では、法人口座か個人口座のどちらかを選択します。

海外FXトレーダーとして法人化の予定がないなら、個人口座を選択しましょう。

ちなみにLAND-FXでは法人口座を作ることが可能。法人口座だと、税制上の優遇を受けやすくなります。

 

口座のタイプ

この項目では取引ツール、口座タイプ、資金として使う通貨、レバレッジを選択します。1つずつ見ていきましょう。

 

1つ目の「取引ツール」は、MT4・MT5のいずれかを選択します。

EA自動売買やインディケーターをたくさん使うならMT4、裁量トレードをするなら動作の速いMT5がおすすめ。

2つ目の「口座タイプ」では、Live口座かECN口座のどちらかを選択します。

デイトレード・スイングトレードがメインならLive口座、スキャルピングトレード・EA自動売買がメインならECN口座がおすすめ。

3つ目の「通貨の選択」では、日本円かアメリカドルのどちらかを選べます。

日本円の感覚でトレードしたいなら日本円を選ぶべきですし、為替手数料を節約したいならアメリカドルを選びましょう。

LAND-FXの銀行出金はドル建てなので、日本円に両替すると為替手数料が発生します。

4つ目の「レバレッジ」では、LAND-FXで利用するレバレッジを選択できます。

おすすめは最大レバレッジの500倍。レバレッジが高ければ高いほど、必要証拠金が少なくなり、少ない資金でFXトレードができるからです。

選択項目は、LAND-FXの「口座開設ページ」で確認できます。

 

個人情報

個人情報の項目では4つの情報を入力します。

  • 氏名(名前と苗字)
  • 性別
  • 国籍
  • 生年月日

氏名は半角英数字での入力で、ひらがなや漢字では入力できません。例えば「太郎 田中」ではなく「Taro Tanaka」と入力する感じです。

入力項目は、LAND-FXの「口座開設ページ」で確認できます。

 

個人情報(連絡先)

個人情報(連絡先)の欄では、以下の情報を入力します。

  • 携帯電話番号(SMS認証が必要)
  • 固定電話番号
  • メールアドレス
  • 居住国
  • 住所(都道府県、市区町村、番地)
  • 郵便番号

携帯電話番号では、SMS認証が必要です。スマホのSMSで受け取った認証番号を、LAND-FXに入力して、認証手続きを済ませましょう。

固定電話番号は入力が必須ですが、固定電話を持っていないなら携帯電話番号でOKです。

住所の入力は、日本語ではなくローマ字です。日本語の住所をローマ字に変換するなら「JuDress」というサービスを使うと便利です。

これらの入力作業が終わったら「リアル口座開設 2/2」に移行します。

入力項目は、LAND-FXの「口座開設ページ」で確認できます。

 

手順4、「リアル口座開設 2/2」に移動し、必要事項を入力する

リアル口座開設の2ページ目では、4つの項目を入力します。

  • 資産情報&雇用状況
  • 取引経験
  • 身分証明書(PLE)
  • 署名

こちらもそれぞれの項目を順に見ていきます。

 

資産情報&雇用状況

この項目で入力するのは以下の4つ。

  • 自己資産(ドル)
  • 推定年収(ドル)
  • 雇用状況(正社員・無職など)
  • 産業(IT・飲食など)

自己資産・推定年収は大体の金額でかまいません。金額が少なくても、それを理由に口座開設を拒否される事はありません。

入力項目は、LAND-FXの「口座開設ページ」で確認できます。

 

取引経験

取引経験の項目では、以下の金融商品で取引経験があるかどうかを聞かれます。

  • 外国為替
  • 証券
  • 先物
  • オプション

経験の期間によって、「0ヶ月から6ヶ月」「6ヶ月から24ヶ月」「24ヶ月以上」のいずれかで回答します。

すべての項目で投資経験がないと答えても、問題なく口座開設できます。

入力項目は、LAND-FXの「口座開設ページ」で確認できます。

 

身分証明書(PLE)

この項目では、身分証明書と居住証明書をアップロードします。

アップロード方法は、スマホで写真を撮影して、そのままアップロードするのが早いです。パソコンの場合は、クラウドサービス経由でスマホの写真をダウンロードしましょう。

利用できる書類は以下の通り。

  • 身分証明書:運転免許証、パスポート、マイナンバーカード
  • 居住証明書:住民票の写し、電気・ガス・水道の利用明細書

居住証明書のほうは、最近電気やガス等の利用明細を郵送しないケースもあるので、入手するのが難しいかもしれません。

そんな時は住民票の写しがオススメ。マイナンバーカードがあれば、コンビニで200円程度で発行できます。

マイナンバーカードを持っていないなら、市役所で発行してもらいましょう。

確認書類のアップロードは、LAND-FXの「口座開設ページ」で行います。

 

署名(必須)

署名の項目では、名前と苗字をもう一度入力します。

入力フォームの右側にローマ字表記の名前と苗字が表示されているので、同じようにもう一度入力しましょう。

口座開設手続きの2ページ目の入力が終わったら、「次へ」ボタンを押して、約諾書の署名に入ります。

署名欄は、LAND-FXの「口座開設ページ」で確認できます。

 

手順7、約諾書に署名する

口座開設の入力手続きが終わると、次は約諾書の署名に入ります。

約諾書(やくだくしょ)とは、投資家と証券会社との間で取り交わす契約書のこと。

英語の約諾書が表示されるので、一通り目を通してから、署名とチェックボックスへのチェックを行い、次に進めましょう。

約諾書は英語で書かれているので、日本語で読みたい人はGoogle翻訳を使いましょう。

約諾書は、LAND-FXの「口座開設ページ」で確認できます。

 

手順8、追加リスク開示に署名する

「追加リスク開示」では、以下の4つに該当する人は、LAND-FXでの投資リスクが高いと警告されます。

  • 20歳未満、65歳以上の場合
  • 先物取引及び投資取引の経験が6ヶ月未満の場合
  • 年収が$25,000未満の場合
  • 投資金が純資産の25%以上の場合

ただあくまで警告だけで、これらの条件に該当してしまっても、口座開設はできます。

文章をざっと読んだら、署名を行い、チェックボックスにチェックを入れ、「次へ」のボタンを押しましょう。

追加リスク開示は、LAND-FXの「口座開設ページ」で確認できます。

 

手順9、口座開設が完了

これでLAND-FXの口座開設手続きは完了です。

手続きが完了してから1〜2営業日以内、早ければ数時間以内には口座開設メールが届きます。

このメールには口座アカウント番号とパスワードが書かれています。

LAND-FXのマイページにログインしたり、MT4MT5で取引したりするのに使うので、メールは消さないようにしましょう。

 

口座開設した後にやること

LAND-FXで口座開設しても、すぐにFXトレードができるわけではありません。取引ツールのダウンロードや口座入金などが必要です。

ここからは口座を開設した後にやることを述べておきます。

 

取引ツール「MT4・MT5」をダウンロードする

LAND-FXで口座開設した後は、取引ツール「MT4・MT5」をダウンロードしましょう。

自動売買がメインならMT4、裁量トレードがメインならMT5がおすすめ。

詳しくはLAND-FXの「MT4MT5」をご覧ください。

スマホでFXトレードをするなら、MT4アプリ・MT5アプリを使うことになります。

スマホアプリは自動売買ができないので、取引ツールはMT5アプリがおすすめ。1つの画面で2つのチャートを同時に表示できるのが便利です。

詳しくはLAND-FXの「MT4アプリMT5アプリ」をご覧ください。

 

LAND-FXのFX口座に入金する

LAND-FXでリアルマネーを使ったトレードをするには、FX口座内に資金を入金する必要があります。口座入金は、LAND-FXのマイページから可能。

入金方法は、利益出金ができて、セキュリティも盤石な銀行入金がおすすめ。入金額が5万円以上だと、入金手数料も無料になります。

入金方法は、LAND-FXの「入金方法」で確認できます。

 

ボーナスの受け取り確認をする

LAND-FXで入金を済ませたら、ボーナスの受け取りも確認しましょう。

Live口座なら最大30万円の10%ボーナスがもらえます。

入金ボーナスは、LAND-FXの「プロモーション」で確認できます。

 

ある程度稼いだ後は、FX口座から出金する

FXである程度お金を稼いだら、出金手続きを行いましょう。口座内に資金を入れすぎると、ロスカット・ゼロカットされたときのダメージが大きくなるからです。

口座出金は、LAND-FXのマイページから行います。

出金方法は、利益出金できる銀行出金がおすすめ。ただ出金手数料が45ドルかかるので、できるだけ1回でまとめて多額の出金をしたいところです。

出金方法・手数料は、LAND-FXの「出金方法」で確認できます。

 

まとめ:LAND-FXの口座開設は、少しめんどくさい

ここまでLAND-FXの口座開設方法と開設した後にやることを解説しました。

口座開設は、LAND-FXの「口座開設ページ」から行えます。

LAND-FXの口座開設は、入力する項目や承諾する内容が多く、口座開設完了までに手間がかかります。

以前は最大50万円の100%入金ボーナスがもらえたのですが、それも廃止されてしまいました。多額のボーナスが欲しいなら、XMの5万円ボーナスを代用しましょう。

タイトルとURLをコピーしました