LAND-FXの50万円ボーナスをチェック!
海外FXのおすすめは?

海外FXが初めての方は、こちらの記事を読みましょう↓

海外FX業者のおすすめはこちら!

LAND-FXの評判は? メリット・デメリットまとめ

LAND-FX

LANDFXは入金ボーナスが非常に豪華な海外FX業者です。(入金額の100%、最大50万円まで)

そのほかにもレバレッジがUSD/JPY 0.6 pipsと狭く、約定率も高いため、短期売買とも相性が良いです。

この記事では、LANDFXのメリット、デメリット、口コミ、評判などをわかりやすく解説していきます。

今すぐ概要を知りたい人は、LAND-FX公式の「トップページ」をチェックしましょう。

最大50万円の入金ボーナス

 

LANDFXのメリット

LANDFXのメリットは以下の通りです。

  • 入金ボーナスが超豪華!(入金額の100%、最大50万円まで)
  • スプレッドが狭い(USD/JPY 0.6 pips)
  • 最大レバレッジは500倍
  • 取引ツール「MT4・MT5」が利用できる
  • MT4・MT5はMac OSにも対応
  • 約定力が高い
  • 金融ライセンスは、取得難易度の高いFCAライセンス
  • 日本語サポートが充実している

それぞれのメリット順に見ていきましょう。

 

メリット1、最大50万円の100%入金ボーナスがもらえる

LAND-FXでは2種類の入金ボーナスを提供しています。

  • LPボーナス(入金額の100%)
  • スタンダード口座ボーナス(入金額の10%+5%リカバリーボーナス)

おすすめはLPボーナスで、最大50万円まで入金額の100%がボーナスとして付与されます。

50万円入金したら、さらに50万円のボーナスが追加され、100万円の資金からスタートできるわけですね。

入金ボーナスが豪華なXMでさえ、100%ボーナスは最大5万円までです。そう考えると最大50万円100%ボーナスがどれほど恵まれているかがわかります。

特に資金が少ない初心者にとって、100%の入金ボーナスが心強いはずです。資金に余裕があれば、無理のないトレードができますからね。

100%入金ボーナスの詳細は、LAND-FX公式「スペシャルプロモーション」をご覧ください。

 

メリット2、スプレッドが狭い(USD/JPY 0.6 pips)

LANDFXはスプレッドが狭いことでも有名です。

例えばアメリカドル円のスプレッドは0.6 pips。これはXMの1.6 pipsやTitanFXの1.33 pipsよりもさらに狭いです。

スプレッドは狭ければ狭いほど、トータルの取引コストが安くなり、スキャルピングトレードや自動売買などで利益を出しやすくなります。

海外FX業者を選ぶときも、スプレッドの狭さにはこだわりましょう。

その点で、LANDFXはスプレッドが非常に狭いため、短期売買で利益を出しやすいです。取引回数の多いトレードスタイルなら、LANDFXは有力候補です。

スプレッドの詳細は、LAND-FX公式「スプレッド&スワップポイント」で確認できます。

 

メリット3、最大レバレッジは500倍

LANDFXの最大レバレッジは500倍。

これはXMの888倍やGemForexの1,000倍には劣りますが、それでも海外FX業者の中では高いほうです。

レバレッジが高ければ高いほど、少ない証拠金でたくさんの資金を動かせるようになります。

たとえばレバレッジが25倍だと、100万円の資金を動かすのに4万円の証拠金が必要です。それに対し、レバレッジ500倍なら証拠金はたったの2,000円です。

必要な証拠金が少なくなれば、少ない資金でもたくさんのロットを注文できるようになります。

LANDFXはレバレッジが500倍と十分に高いので、海外FXとしても利益を出しやすいです。

レバレッジの詳細は、LAND-FX公式「証拠金&レバレッジ」をご覧ください。

 

メリット4、取引ツール「MT4・MT5」が利用できる

LANDFXでは取引ツールの「MT4」と「MT5」が利用できます。

MT4はほとんどの海外FX業者で利用でき、EAによる自動売買が可能です。

それに対し、MT5はMT4の上位版で、動作が軽いのが特徴です。MT4のEAとは互換性がありませんが、裁量トレードとは相性が良いです。

裁量トレードがメインで、最新の取引ツールを使いたいなら、MT5を選びましょう。そしてLANDFXではMT5を利用可能です。

プラットフォームの詳細は、LAND-FX公式「ホームページ→プラットフォーム」をご覧ください。

 

メリット5、MT4・MT5はMac OSにも対応

LANDFXの取引ツール「MT4」と「MT5」は、MacOSにも対応しています。そのためパソコンがMac OSの人でも、海外FXや自動売買を楽しめるのです。

最近は日本でもMacパソコンを利用している人が増えているので、MT4・MT5がMacに対応しているのはありがたいことです。

MT4・MT5はWindows専用のソフトウェアです。Macで利用するには、対応している海外FX業者を探さなくてはいけません。

LANDFXの取引ツールはMacに対応しているため、Macユーザでも安心して利用できるわけですね。

プラットフォームの詳細は、LAND-FX公式「ホームページ→プラットフォーム」をご覧ください。

 

メリット6、約定力が高い

LANDFXは約定率が高いことでも有名です。

FX業者の約定率が高いことのメリットは以下の通り。

  • 注文した価格で取引が成立しやすくなる
  • 注文時にスプレッドが広がらなくなる
  • リクオート・約定拒否が発生しにくくなる
  • スキャルピングトレードで利益を出しやすくなる

特に短期売買で利益を出すときは、約定率が高いFX業者を利用しましょう。

LAND-FXはサーバー強化に力を入れており、高い約定率を維持しています。スキャルピングトレードをするなら、LAND-FXは有力候補だと言えます。

詳しくはLAND-FX公式「データセンターリクイディティプロバイダー」をご覧ください。

 

メリット7、金融ライセンスは、取得難易度の高いFCA

LAND-FXは、取得難度の高いFCAライセンスを取得しています。

金融ライセンスは海外FX業者の信頼度を測る指標です。

取得難度の高いライセンスを取得しているということは、それだけ厳しい審査を通貨したということ。出金拒否のリスクもゼロに近いです。

特に以下の3つの金融ライセンスは取得難度が高いことで有名です。

  • 英国金融行為監督機構(FCA)
  • キプロス証券取引委員会(CySEC)
  • ベリーズ国際金融委員会(IFSC)

LAND-FXはその中の1つFCA金融ライセンスを取得しています。

金融ライセンスの詳細は、LAND-FX公式「規制機関」をご覧ください。

 

メリット8、日本語サポートが充実している

LAND-FXは日本語サポートが充実しており、わからないことがあっても気軽に質問できます。

海外FXは日本の業者と比べるとサービスが至らないことがあります。そんなときにサポートを受けられるのは助かりますね。

日本語サポートは以下の3つの方法で受けられます。

  • メール
  • チャット
  • 電話サポート(平日10時~18時)

電話サポートはこちらからかけることもできますが、その場合は国際電話料金が発生します。料金は30秒30円と高額なので、できればメールかチャットで済ませたいです。

詳細はLAND-FX公式「お客様サポート」をご覧ください。

 

LANDFXのデメリット

LAND-FXのデメリットは以下の通りです。

  • 発注方式は透明性の低いDD方式
  • 出金手数料が高い(銀行送金は45ドル)
  • 入金・出金にbitwalletが使えない

ではそれぞれのデメリットを順に見ていきましょう。

 

デメリット1、発注方式は透明性の低いDD方式

LAND-FXは発注方式にDD方式を採用しています。

DD方式とは、FX業者のディーラーが取引に介在する方式のこと。

メリットは、

  • スプレッドが狭くなる

デメリットは、

  • 取引の透明性が低くなる
  • リクオート・約定拒否・ストップ狩りが発生しやすくなる
  • スキャルピングトレード・自動売買を禁止する業者もある

日本のFX業者のほとんどがDD方式を採用している一方、海外FX業者のほとんどはNDD方式を採用しています。

LAND-FXは確かにDD方式を採用していますが、ストップ狩りや約定拒否などの悪い評判はあまり聞きません。

そのため日本のFX業者よりは利益を出しやすいはずです。

 

デメリット2、出金手数料が高い(銀行送金は45ドル)

LAND-FXの最大のデメリットは、銀行出金の手数料が4,500円と高いこと。

  • 銀行送金:45ドル
  • SticPay:0.3 USD + 2.5%

特に銀行送金の出金手数料が高く、着金手数料とリフティングチャージを合わせれば、手数料が1万円を超えることもあります。

できれば手数料の安いSticPayで出金したいところですね。ちなみにLAND-FXはbitwalletに対応していません。

出金手数料については、LAND-FXの「入出金手数料」をご覧ください。

 

デメリット3、入金・出金にbitwalletが使えない

LAND-FXの最大の欠点は、入金・出金でbitwalletが使えないことです。

bitwalletは有名なオンラインウォレットサービスの1つです。特に出金手数料が824円に抑えられるため、海外FXトレーダーの間で重宝されています。

この便利なサービスが使えないのは、海外FX業者としては大きな痛手です。

どうしてもbitwalletを使いたいなら、XMTitanFXなど他の海外FX業者を選びましょう。どちらもbitwalletが使える上に、評判も良いです。

入金・出金方法の詳細は、LAND-FXの「入金」「出金」をそれぞれご覧ください。

 

LANDFXの評判・口コミ

ここまでLAND-FXのメリットとデメリットを解説してきました。

ここからは第三者の意見を取り入れるべく、ネットとツイッターで見つけたLAND-FXの口コミを掲載していきます。

スペースの都合上、口コミは簡略化しています。

 

良い口コミ

LAND-FXの良い口コミは以下の通りです。

  • 通常のスプレッドが狭い
  • 入金のボーナスが豪華
  • 出金は問題なくできた

LAND-FXの1番の強みは豪華な入金ボーナスです。

最大50万円まで入金額の100パーセントのボーナスがもらえるため、資金の少ない人には心強いはずです。

そしてスプレッドも狭いため、取引回数が多くても利益を出しやすいです。ただスキャルピングトレードをやりすぎると、LAND-FXに嫌がられます。

豪華な入金ボーナスについては、LAND-FX公式の「スペシャルプロモーション」をご覧ください。

 

悪い口コミ

LAND-FXの悪い口コミは以下の通りです。

  • 朝にスプレッドが大きく開くことも
  • 発注方式はDD方式
  • 運営はスキャルピングトレードを嫌っている
  • VISAデビットカードだと入金できない

LAND-FXは規制の厳しい海外FX業者で、不正取引には厳しく対処しています。

スキャルピングトレードもそのひとつで、LAND-FXは高頻度のスキャルピングトレードを禁止していたのです。

現在は禁止事項から外れていますが、それでもスキャルピングトレードは控えるのが無難です。

スキャルピングトレードで利益を出したいなら、こうした規制のないAXIORYを選びましょう。約定率が高く、スプレッド狭いため、スキャルピングトレードと相性が良いです。

 

LANDFXのライセンス:英国金融行為監督機構(FCA)

LAND-FXは、イギリスのFCA金融ライセンスを取得しています。

この金融ライセンスは取得難度がトップクラスに高く、信頼性が高いことの証となります。

FCAライセンスを取得しているLAND-FXは、十分に信頼できる海外FX業者です。資金の持ち逃げや出金拒否などはありえないでしょう。

金融ライセンスは海外FX業者の信頼性を示す証です。これを取得していない海外FX業者は、メインで利用してはいけません。

口座にたくさんの資金を預けてメインのFX業者として利用するなら、必ず金融ライセンスを取得しているところを選びましょう。

 

LANDFXはこんな人におすすめ!

LAND-FXは入金ボーナスが豪華なFX業者です。(入金額の100%、最大50万円まで)

さらにスプレッドが狭く、取引ツールがMac OSに対応しているのもうれしいところです。

よってLAND-FXはこんな人におすすめしたいです。

  • 海外FXをやってみたいけれども資金が少ない人
  • Mac OSのパソコンを使っている人
  • メインの口座として信頼性のできるFX業者を使いたい人
  • 高速スキャルピングトレードをやらない人

もっと詳しく知りたい人は、LAND-FXの「トップページ」をチェックしましょう。

最大50万円の入金ボーナス
初心者におすすめの海外FX業者ランキング
GemForex

海外FXが全くの初めてなら、とりあえずGemForexがおすすめ。
メールアドレスと名前だけで、簡単に口座開設ができます。
さらに新規口座開設し、本人確認するだけで、最大2万円のボーナスがもらえます。
お金を使わずにリアルトレードをしたいなら、まずはGemForexを試しましょう。

XM

GemForexのボーナスを使い切ったら、次はXMがおすすめ。
口座開設で3,000円、そして最大5万円の100%入金ボーナスがもらえます。
またXMは日本人利用者が多いので、わからないことがあっても、検索・SNSで問題を解決しやすいです。

取引コストの低い海外FX業者ランキング
Tradeview:取引コストが最安値クラス

トレードのコストを最小限に抑えたいなら、Tradeviewがおすすめ。
ECN口座の取引手数料は、1ロット往復5ドル。
取引ツールは「MT5・cTrader」で、快適なFXトレードを実現できます。

AXIORY:cTraderでのトレードは非常に快適

10〜50万円で裁量トレードをするなら、AXIORYがおすすめ。
ECN口座の取引手数料は、1ロット往復6ドル。
取引ツールの「cTrader」は、ワンタップ注文や自動損切りなどができ、非常に便利。

LAND-FX:最大50万円のボーナスがもらえる

ボーナスがたくさん欲しいなら、LAND-FXがおすすめ。
最大50万円の100%入金ボーナスがもらえます。
スプレッドも狭く(USD/JPY 0.8 pips)、デイトレードと好相性。
取引ツールは「MT5」は、スマホで2チャート表示ができるのが便利。

この記事を書いた人
むれ

海外FXの情報を発信しているトレーダーです。
サイト運営やSEO、サイトデザインも大好きです。

むれをフォローする
LAND-FX
むれをフォローする
海外FX大全
タイトルとURLをコピーしました