20,000円の新規口座開設ボーナスをゲットしよう!
おすすめの海外FX業者はこれだ!

個人的におすすめの海外FX業者は、XM、AXIORY、HotForexの3つ。
理由は以下の記事で述べています。↓

おすすめの海外FX業者をチェック ▷

LAND-FX(ランドFX)の評判は? メリット・デメリットまとめ

LAND-FXは入金ボーナスが豊富なことで知られる海外FX業者です。

特にLPボーナス口座を開設することで、最大50万円の100%入金ボーナスを獲得できます。これは入金ボーナスの中でも金額が大きい方なので、ボーナスが欲しい方は優先してゲットしましょう。

他にもLAND-FXはSTP口座の中でもスプレッドが狭いという特徴があり、アメリカドル円のスプレッドも0.8 pipsくらいです。

ただしLAND-FXには出金手数料が高いというデメリットがあるため、小額で海外FXトレードする人にはおすすめできません。

もっと詳しく知りたい人のために、この記事ではLAND-FXのメリット・デメリットについてわかりやすく解説します。

LAND-FXのメリット

ここからはLAND-FXのメリットを具体的に見ていきます。

 

メリット1、最大50万円の100%入金ボーナス(LPボーナス口座)

LAND-FXの最大の特徴は、入金ボーナスが50万円と高額なこと。

LPボーナス口座を開設すれば、最大50万円の100%入金ボーナスがもらえます。XMでも100%入金ボーナスは5万円なので、その10倍は大盤振る舞いですね。

そのためGemForexXMのボーナスを使い切ったなら、ボーナス目当ての乗り換え先としてLAND-FXは有力候補です。

ただしLAND-FXはボーナス利用に厳しい制限を設けています。無茶なボーナスの使い方をすると、ボーナス悪用扱いされて、没収されるリスクもあります。

ボーナスはあくまで現金がなくなったときの予備資金として使いましょう。

50万円入金ボーナスの詳細は、LAND-FXの「スペシャルプロモーション」をご覧ください。

 

メリット2、最大30万円の10%入金ボーナス(Live口座)

LAND-FXではLive口座を開設することで、最大30万円の10%入金ボーナスがもらえます。

ただ10%入金ボーナスだと、10万円入金しても1万円しかもらえず、全額の30万円ボーナスをもらうには、300万円入金する必要があります。

LPボーナス口座の100%入金ボーナスと比べると、あまり旨みはないですね。

逆にLPボーナス口座の50万円ボーナスを使いきって、それでもなおLAND-FXでトレードを続けるなら、この10%入金ボーナスを使う価値はあります。

10%入金ボーナスの詳細は、LAND-FXの「プロモーション」をご覧ください。

 

メリット3、スプレッドがSTP口座の中では狭い(USDJPYで0.8 pips)

LAND-FXはSTP口座の中でもスプレッドが狭い方です。特にアメリカドル円のスプレッドは0.8 pipsで、XMの1.6 pipsと比べてもかなり狭いです。

そのためSTP口座でデイトレードをするなら、XMよりもLAND-FXの方が利益を出しやすいです。スプレッドが狭ければ狭いほど、FXトレードの利益率は上がりますから。

ボーナスの豊富な海外FX業者は、スプレッドが広い傾向があるのですか、LAND-FXは例外的にスプレッドが狭めです。ボーナスを使いつつデイトレードで利益を出したいなら、LAND-FXを検討しましょう。

LAND-FXのスプレッドは、公式の「スプレッド一覧」でも確認できます。

 

メリット4 、スプレッドの狭いECN口座が使える(取引手数料は1ロット往復7ドル)

LAND-FXではスプレッドが非常に狭いECN口座が利用できます。特にEA自動売買やスキャルピングトレードと好相性。

LAND-FXのECN口座の取引手数料は1ロット往復7ドル。Tradeviewの5ドル、AXIORYの6ドルと比べると高めですが、XMの10ドルと比べると低めです。

ただLAND-FXのECN口座は、最低入金額が20万円と高め。10万円前後の資金でEA自動売買をする人には、ハードルが高いでしょう。

個人的にはEA自動売買をするなら、AXIORYをおすすめしています。手数料が1ロット往復6ドルと安い上に、最低入金額も2万円と低めだからです。

AXIORYのECN口座については、AXIORY公式サイトをご覧ください。

 

メリット5、デモ口座を少額残高で設定できる

LAND-FXのデモ口座では、口座残高を小額で設定できます。

設定できる残高は以下の6種類。

  • 1,000円
  • 5,000円
  • 10,000円
  • 20,000円
  • 50,000円
  • 100,000円

デモ口座の残高を10万円以下で設定したいなら、LAND-FXのデモ口座がおすすめです。

デモ口座の残高設定は当たり前の機能のように思えますが、一部のデモ口座は残高が固定されています。例えばTradeviewのデモ口座は残高が100万円で、それ以外の残高には変更できません。

デモトレードはなるべく本番の環境に似せてトレードすることが重要です。小額の資金でFXトレードするなら、小額の残高を設定できるデモ口座を選びましょう。

LAND-FXのデモ口座については、公式の「デモ口座開設ページ」をご覧ください。

 

メリット6、口座を長期間放置しても、ペナルティがない

LAND-FXでは口座を長期間放置しても、ペナルティが課せられません。具体的には、口座が休眠・凍結状態にならず、口座維持手数料も発生しません。

一部の海外FX業者では、セキュリティの都合で一定期間使わない口座は休眠状態になったり、削除されたりすることがよくあります。

割と厳しめなのがTradeviewで、6ヶ月口座を使っていないと口座が休眠状態になり、1年使っていなければ口座を削除されてしまいます。

それに対しLAND-FXは口座放置によるペナルティがないため、口座をたくさん作って放置しても、管理コストはかかりません。

特にEA自動売買で複数の口座を同時に運用したいなら、口座を作りっぱなしにできるLAND-FXは相性が良いはずです。

 

メリット7、デモ・コンペティションでトレードの腕を競いつつ、賞金を狙える

LAND-FXでは最近「デモ・コンペティション」が利用できるようになりました。

デモ・コンペティションは、デモ口座でトレードの腕を競い合うコンテストです。上位に入賞すれば賞金も獲得でき、1位なら500ドルです。

こうしたトレードに参加することで、上位の入賞者がどのようなトレードをしているのかが把握でき、自分のトレード手法も改善できます。

他にも上位に入賞したアカウントにPAMM口座として投資することができ、FXトレードを委託することも可能。ただPAMM口座は取引の履歴が確認できないリスクもあり、信頼性ではMAM口座に劣ります。

詳しくはLAND-FXの「デモ・コンペティション」をご覧ください。

 

LAND-FXのデメリット

ここからはLAND-FXのデメリットを具体的に見ていきます。

 

デメリット1、出金手数料が高い(bitwallet・国内銀行送金は使えない)

LAND-FXの最大のデメリットは、出金手数料が高いこと。

出金方法ごとの手数料は以下の通り。

LAND-FX側決済サービス側
海外銀行送金45ドル
3,000円〜7,000円
クレジットカード無料無料
SticPay0.3 USD+2.5%800円+1.5%
LAND-FXプリペイドカード無料1%

海外FXではメジャーな海外銀行送金による出金でも、出金手数料は7,000円から10,000円はかかってしまいます。さらにLAND-FX側で45ドルの手数料が発生するのも、地味に痛いです。

出金回数が多いと、出金手数料だけで何万円もとられてしまいます。LAND-FXで出金手続きをするなら、数十万円単位の金額を一括で出金しましょう。

 

デメリット2、銀行送金はドル建てなので、円口座で受け取ると為替手数料も発生する

LAND-FXの銀行送金による出金はドル建てです。

受け取り口座が円口座なら、まずドル口座を開設して、ドル口座でドル資金を受け取り、資金をドルから円に両替します。

ただ資金をドルから円に両替するときには、為替手数料も発生します。そのため本来を受け取れる金額よりも、わずかに低くなってしまうのです。

為替手数料を節約したいなら、受け取り先の銀行は住信SBIネット銀行がおすすめ。為替手数料が安いことに加えて、海外FX業者からの資金受け取りにも寛容です。

ただ最近は海外FX業者に対する監視の目も厳しくなっています。万が一受け取り拒否された時のことを考えて、bitwalletのアカウントも作っておきましょう。

LAND-FXの出金ルールは、公式の「出金ページ」で確認できます。

 

デメリット3、日本向けのLAND-FX法人は、金融ライセンスを保有していない

LAND-FXは世界的に評価の高い金融ライセンスであるFCAを取得しているとされていますが、それは誤解です。

LAND-FXの日本人向け法人は、金融ライセンスを取得していません。

まず、Land-FXの日本人口座は、「Land Prime Ltd.(ニュージーランド)」で管理されます。

「Land Prime Ltd.」は以前、ニュージーランドの金融ライセンス「FINANCLAL SERVICE PROVIDERS(FSP)」を取得していましたが、2017年4月22日に登録が抹消されており、現在は無登録です。

引用:LAND-FXの安全性

金融ライセンスは海外FX業者の安全性を担保するもの。これがないなら、安全性や信頼性が劣ることになります。

ただLAND-FXの評判は意外と悪くなくて、出金拒否などの被害はあまり耳にしません。それでも安全性を重視するなら、金融ライセンスを保有している、XMAXIORYの方がおすすめです。

LAND-FXの金融ライセンスは、公式の「規制機関」で確認できます。

 

デメリット4、ソーシャルトレードの「Zuluトレード」は、日本在住者は使えない

LAND-FXはソーシャルトレードの「Zuluトレード」を提供しています。

Zuluトレードは、プロのトレーダーに自分の資金を預けて、代わりにトレードをしてもらうサービスです。いわゆるコピートレードですね。

ただ残念ながら、日本在住者はZuluトレードを利用できません。

日本人がコピートレードをするなら、HotForexがおすすめ。トレーダーの人数が多く、コピートレードの検索機能も使いやすいため、優秀なトレーダーを見つけやすいからです。

詳しくはHotForexの「ストラテジープロバイダーリスト」をご覧ください。

 

まとめ:入金ボーナスがたくさん欲しいなら、LAND-FXは利用価値あり

ここまでLAND-FXのメリットとデメリットを詳しく見てきました。

LAND-FXの最大のメリットは、やはり最大50万円の100%入金ボーナスです。これだけ入金ボーナスがもらえれば、FXトレードの経験をたくさん積めるでしょう。

またLAND-FXはアメリカドルのスプレッドも0.8 pipsと狭いため、デイトレードでも利益を出しやすいです。ボーナスを使ってトレードするなら、XMからの乗り換え先として検討しましょう。

逆にLAND-FXの最大のデメリットは、出金手数料が高いこと。まともな利益出金の方法が海外銀行送金しか使えない上に、銀行送金をするとLAND-FXから45ドルの手数料も取られてしまいます。

LAND-FXで出金するなら、数十万円単位を1回で出金しましょう。出金ルールは、LAND-FXの「出金ページ」で確認できます。

参考:LAND-FX公式サイト

 

入金ボーナスがたくさん欲しいなら、LAND-FXがおすすめ

海外FXのボーナスがたくさん欲しいなら、LAND-FXがおすすめ。

LAND-FXでは最大50万円の100%入金ボーナスがもらえます。XMの100%入金ボーナスは5万円なので、その10倍。LAND-FXの入金ボーナスがいかに大盤振る舞いかが分かります。

さらにLAND-FXはSTP口座の中ではスプレッドも狭く、USDJPYで0.8 pips、EURUSDでも0.8 pipsです。これと肩を並べるのは、STP口座だとiFOREXくらいでしょう。

ボーナスをたくさん使ってトレードするなら、LAND-FXは有力候補。もしくはXMやGemForexからの乗り換え先としても優秀です。

LAND-FXの欠点は出金手数料が高いこと。出金するだけでLAND-FX側から45ドルの手数料が発生する上に、まともな出金方法が海外銀行送金しかありません。

LAND-FXの50万円入金ボーナスを使いきったなら、AXIORYなどの取引コストの安い海外FX業者に乗り換えましょう。

50万円入金ボーナスの詳細は、LAND-FXの「スペシャルプロモーション」をご覧ください。

参考:LAND-FX公式サイト

 

LAND-FXの記事一覧

LAND-FXの記事一覧はこちら。

EA自動売買スキャルピングトレード両建て
口座解約法人口座ゼロカット
口座休眠・凍結無料VPSCFD銘柄
対応アプリスプレッド
デモ口座ボーナスロスカット
取引時間口座開設レバレッジ
メリット・デメリットロット
入金方法出金方法取引ツール
口座タイプ追加口座

参考:LAND-FX公式サイト

 

初心者におすすめの海外FX業者ランキング
XM:日本人利用者が多く、初めての海外FXにおすすめ

海外FXが初めてなら、まずはXMがおすすめ。
日本人利用者が多いので、わからないことがあっても、検索・SNSで簡単に解決できます。
またボーナスも豊富で、口座開設で3,000円、口座入金で最大5万円の100%ボーナスがもらえます。

GemForex:口座開設で最大2万円のボーナスがもらえる

FXそのものが初めてなら、GemForexもおすすめ。
メールアドレスと名前だけで、簡単に口座開設ができます。
さらに新規口座開設+本人確認だけで、最大2万円のボーナスがもらえます。
お金を使わずにFXトレードをしたいなら、まずはGemForexを試しましょう。

入金ボーナスの多い海外FX業者ランキング
FBS:最大100万円の100%入金ボーナス

とにかくボーナスがたくさん欲しいなら、FBSがおすすめ。最大100万円の100%入金ボーナスがもらえます。
さらに口座残高200ドル未満なら、最大レバレッジ3000倍も利用でき、少ない資金でもハイリスクなトレードが可能です。
入金・出金にbitwalletが利用でき、資金移動の手数料も安く抑えられます。

LAND-FX:最大50万円の100%入金ボーナス

高額なボーナスが欲しいなら、LAND-FXもおすすめ。最大50万円の100%入金ボーナスがもらえます。
スプレッドも狭く(USD/JPY 0.8 pips)、デイトレードと好相性。
取引ツールは「MT4・MT5」で、XMからの乗り換え先としても優秀。

取引コストの低い海外FX業者ランキング
Tradeview:取引コストが最安値クラス

トレードのコストを最小限に抑えたいなら、Tradeviewがおすすめ。
ECN口座の取引手数料は、1ロット往復5ドル。
取引ツールは「MT5・cTrader」で、快適なFXトレードを実現できます。

AXIORY:cTraderでのトレードは非常に快適

10〜50万円で裁量トレードをするなら、AXIORYがおすすめ。
ECN口座の取引手数料は、1ロット往復6ドル。
取引ツールの「cTrader」は、ワンタップ注文や自動損切りなどができ、非常に便利。
会員ページが使いやすく、個人的に一番おすすめ。

この記事を書いた人
むれ

海外FXの情報を発信しているトレーダーです。
サイト運営やSEO、サイトデザインも大好きです。

むれをフォローする
LAND-FX
むれをフォローする
海外FX大全
タイトルとURLをコピーしました