新規口座開設で20,000円。GemForexのキャンペーンをチェック
海外FXはどれがおすすめ?

自分にぴったりな海外FX業者を選ぶと、利益を出しやすくなります。
詳細はこちら↓

おすすめ海外FX業者をチェック!

LAND-FXの評判は? メリット・デメリットまとめ:50万円入金ボーナス、MT5、レバレッジ500倍

海外FX

LANDFXは入金ボーナスが非常に豪華な海外FX業者です。(入金額の100%、最大50万円まで)

そのほかにもレバレッジがUSD/JPY 0.6 pipsと狭く、約定率も高いため、短期売買とも相性が良いです。(ただし高速スキャルピングはできない)

この記事では、LANDFXのメリット、デメリット、口コミ、評判などをわかりやすく解説していきます。

口座開設はLAND-FX公式サイトから行えます。

 

  1. LANDFXのメリット
    1. メリット1、最大50万円の100%入金ボーナスがもらえる
    2. メリット2、スプレッドが狭い(USD/JPY 0.6 pips)
    3. メリット3、最大レバレッジは500倍
    4. メリット4、取引ツール「MT4・MT5」が利用できる
    5. メリット5、MT4・MT5はMac OSにも対応
    6. メリット6、約定力が高い
    7. メリット7、金融ライセンスは、取得難易度の高いFCA
    8. メリット8、日本語サポートが充実している
  2. LANDFXのデメリット
    1. デメリット1、発注方式は透明性の低いDD方式
    2. デメリット2、出金手数料が高い(銀行送金は45ドル)
    3. デメリット3、入金・出金にbitwalletが使えない
  3. LANDFXの評判・口コミ
    1. 良い口コミ
    2. 悪い口コミ
  4. LANDFXの口座種類
    1. LPボーナス口座
    2. Live口座
    3. ECN口座
  5. LANDFXのデモ口座
  6. LANDFXの取引ツール・プラットフォーム
    1. MT4(自動売買・インジケーターが豊富)
    2. MT5(動作が速い)
    3. マルチターミナル(複数のMT4アカウントを同時に使える)
    4. Zuluトレード(日本居住者は利用できない)
  7. LANDFXの最大レバレッジは500倍(ECN口座は200倍)
    1. CFD取引のレバレッジは1倍から200倍
    2. Land-FXアカウントのレバレッジ制限
    3. ECNアカウントのレバレッジ制限
  8. LANDFXのロスカット条件は、証拠金維持率30%以下
    1. マージンコールは証拠金維持率50%以下
  9. LANDFXの通貨ペアは67種類
    1. LAND-FXのCFD銘柄
  10. LANDFXのスプレッド
  11. LANDFXのスワップポイント
  12. LANDFXの取引時間
  13. LANDFXの入金方法
    1. 銀行送金(国内・海外)
    2. クレジットカード
    3. SticPay
    4. ビットコイン
  14. LANDFXの出金方法
    1. 海外銀行送金
    2. クレジットカード
    3. SticPay
    4. LAND-FX MASTERCARD(プリペイドカード)
  15. LANDFXの審査
  16. LANDFXの口座解約・退会は、サポートへ連絡
  17. LANDFXのライセンス:英国金融行為監督機構(FCA)
  18. LANDFXはこんな人におすすめ!

LANDFXのメリット

LANDFXのメリットは以下の通りです。

  • 入金ボーナスが超豪華!(入金額の100%、最大50万円まで)
  • スプレッドが狭い(USD/JPY 0.6 pips)
  • 最大レバレッジは500倍
  • 取引ツール「MT4・MT5」が利用できる
  • MT4・MT5はMac OSにも対応
  • 約定力が高い
  • 金融ライセンスは、取得難易度の高いFCAライセンス
  • 日本語サポートが充実している

それぞれのメリット順に見ていきましょう。

 

メリット1、最大50万円の100%入金ボーナスがもらえる

LANDFXでは2種類の入金ボーナスを提供しています。

  • LPボーナス(入金額の100%)
  • スタンダード口座ボーナス(入金額の10%+5%リカバリーボーナス)

おすすめはLPボーナスで、最大50万円まで入金額の100%がボーナスとして付与されます。

50万円入金したら、さらに50万円のボーナスが追加され、100万円の資金からスタートできるわけですね。

入金ボーナスが豪華なXMでさえ、100%ボーナスは最大5万円までです。そう考えると最大50万円100%ボーナスがどれほど恵まれているかがわかります。

特に資金が少ない初心者にとって、100%の入金ボーナスが心強いはずです。資金に余裕があれば、無理のないトレードができますからね。

100%入金ボーナスの詳細については、LAND-FX公式「スペシャルプロモーション」をご覧ください。

 

メリット2、スプレッドが狭い(USD/JPY 0.6 pips)

LANDFXはスプレッドが狭いことでも有名です。

例えばアメリカドル円のスプレッドは0.6 pips。これはXMの1.6 pipsやTitanFXの1.33 pipsよりもさらに狭いです。

スプレッドは狭ければ狭いほど、トータルの取引コストが安くなり、スキャルピングトレードや自動売買などで利益を出しやすくなります。

海外FX業者を選ぶときも、スプレッドの狭さにはこだわりましょう。

その点で、LANDFXはスプレッドが非常に狭いため、短期売買で利益を出しやすいです。取引回数の多いトレードスタイルなら、LANDFXは有力候補です。

スプレッドの詳細は、LAND-FX公式「スプレッド&スワップポイント」をご覧ください。

 

メリット3、最大レバレッジは500倍

LANDFXの最大レバレッジは500倍。

これはXMの888倍やGemForexの1,000倍には劣りますが、それでも海外FX業者の中では高いほうです。

レバレッジが高ければ高いほど、少ない証拠金でたくさんの資金を動かせるようになります。

たとえばレバレッジが25倍だと、100万円の資金を動かすのに4万円の証拠金が必要です。それに対し、レバレッジ500倍なら証拠金はたったの2,000円です。

必要な証拠金が少なくなれば、少ない資金でもたくさんのロットを注文できるようになります。

LANDFXはレバレッジが500倍と十分に高いので、海外FXとしても利益を出しやすいです。

レバレッジの詳細は、LAND-FX公式「証拠金&レバレッジ」をご覧ください。

 

メリット4、取引ツール「MT4・MT5」が利用できる

LANDFXでは取引ツールの「MT4」と「MT5」が利用できます。

MT4はほとんどの海外FX業者で利用でき、EAによる自動売買が可能です。

それに対し、MT5はMT4の上位版で、動作が軽いのが特徴です。MT4のEAとは互換性がありませんが、裁量トレードとは相性が良いです。

裁量トレードがメインで、最新の取引ツールを使いたいなら、MT5を選びましょう。そしてLANDFXではMT5を利用可能です。

プラットフォームの詳細は、LAND-FX公式「ホームページ→プラットフォーム」をご覧ください。

 

メリット5、MT4・MT5はMac OSにも対応

LANDFXの取引ツール「MT4」と「MT5」は、MacOSにも対応しています。そのためパソコンがMac OSの人でも、海外FXや自動売買を楽しめるのです。

最近は日本でもMacパソコンを利用している人が増えているので、MT4・MT5がMacに対応しているのはありがたいことです。

MT4・MT5はWindows専用のソフトウェアです。Macで利用するには、対応している海外FX業者を探さなくてはいけません。

LANDFXの取引ツールはMacに対応しているため、Macユーザでも安心して利用できるわけですね。

プラットフォームの詳細は、LAND-FX公式「ホームページ→プラットフォーム」をご覧ください。

 

メリット6、約定力が高い

LANDFXは約定率が高いことでも有名です。

FX業者の約定率が高いことのメリットは以下の通り。

  • 注文した価格で取引が成立しやすくなる
  • 注文時にスプレッドが広がらなくなる
  • リクオート・約定拒否が発生しにくくなる
  • スキャルピングトレードで利益を出しやすくなる

特に短期売買で利益を出すときは、約定率が高いFX業者を利用しましょう。

LAND-FXはサーバー強化に力を入れており、高い約定率を維持しています。スキャルピングトレードをするなら、LAND-FXは有力候補だと言えます。

詳しくは、LAND-FX公式「データセンターリクイディティプロバイダー」をご覧ください。

 

メリット7、金融ライセンスは、取得難易度の高いFCA

LAND-FXは、取得難度の高いFCAライセンスを取得しています。

金融ライセンスは海外FX業者の信頼度を測る指標です。

取得難度の高いライセンスを取得しているということは、それだけ厳しい審査を通貨したということ。出金拒否のリスクもゼロに近いです。

特に以下の3つの金融ライセンスは取得難度が高いことで有名です。

  • 英国金融行為監督機構(FCA)
  • キプロス証券取引委員会(CySEC)
  • ベリーズ国際金融委員会(IFSC)

LAND-FXはその中の1つFCA金融ライセンスを取得しています。

金融ライセンスの詳細は、LAND-FX公式「規制機関」をご覧ください。

 

メリット8、日本語サポートが充実している

LAND-FXは日本語サポートが充実しており、わからないことがあっても気軽に質問できます。

海外FXは日本の業者と比べるとサービスが至らないことがあります。そんなときにサポートを受けられるのは助かりますね。

日本語サポートは以下の3つの方法で受けられます。

  • メール
  • チャット
  • 電話サポート(平日10時~18時)

電話サポートはこちらからかけることもできますが、その場合は国際電話料金が発生します。料金は30秒30円と高額なので、できればメールかチャットで済ませたいです。

詳細はLAND-FX公式「お客様サポート」をご覧ください。

 

LANDFXのデメリット

LAND-FXのデメリットは以下の通りです。

  • 発注方式は透明性の低いDD方式
  • 出金手数料が高い(銀行送金は45ドル)
  • 入金・出金にbitwalletが使えない

ではそれぞれのデメリットを順に見ていきましょう。

 

デメリット1、発注方式は透明性の低いDD方式

LAND-FXは発注方式にDD方式を採用しています。

DD方式とは、FX業者のディーラーが取引に介在する方式のこと。

メリットは、

  • スプレッドが狭くなる

デメリットは、

  • 取引の透明性が低くなる
  • リクオート・約定拒否・ストップ狩りが発生しやすくなる
  • スキャルピングトレード・自動売買を禁止する業者もある

日本のFX業者のほとんどがDD方式を採用している一方、海外FX業者のほとんどはNDD方式を採用しています。

LAND-FXは確かにDD方式を採用していますが、ストップ狩りや約定拒否などの悪い評判はあまり聞きません。

そのため日本のFX業者よりは利益を出しやすいはずです。

 

デメリット2、出金手数料が高い(銀行送金は45ドル)

LAND-FXの最大のデメリットは、銀行出金の手数料が4,500円と高いこと。

  • 銀行送金:45ドル
  • SticPay:0.3 USD + 2.5%

特に銀行送金の出金手数料が高く、着金手数料とリフティングチャージを合わせれば、手数料が1万円を超えることもあります。

できれば手数料の安いSticPayで出金したいところですね。ちなみにLAND-FXはbitwalletに対応していません。

出金手数料については、LAND-FX公式の「入出金手数料」をご覧ください。

 

デメリット3、入金・出金にbitwalletが使えない

LAND-FXの最大の欠点は、入金・出金でbitwalletが使えないことです。

bitwalletは有名なオンラインウォレットサービスの1つです。特に出金手数料が824円に抑えられるため、海外FXトレーダーの間で重宝されています。

この便利なサービスが使えないのは、海外FX業者としては大きな痛手です。

どうしてもbitwalletを使いたいなら、XMTitanFXなど他の海外FX業者を選びましょう。どちらもbitwalletが使える上に、評判も良いです。

 

LANDFXの評判・口コミ

ここまでLAND-FXのメリットとデメリットを解説してきました。

ここからは第三者の意見を取り入れるべく、ネットとツイッターで見つけたLAND-FXの口コミを掲載していきます。

スペースの都合上、口コミは簡略化しています。

 

良い口コミ

LAND-FXの良い口コミは以下の通りです。

  • 通常のスプレッドが狭い
  • 入金のボーナスが豪華
  • 出金は問題なくできた

LAND-FXの1番の強みは豪華な入金ボーナスです。

最大50万円まで入金額の100パーセントのボーナスがもらえるため、資金の少ない人には心強いはずです。

そしてスプレッドも狭いため、取引回数が多くても利益を出しやすいです。ただスキャルピングトレードをやりすぎると、LAND-FXに嫌がられます。

豪華な入金ボーナスについては、LAND-FX公式の「スペシャルプロモーション」をご覧ください。

 

悪い口コミ

LAND-FXが悪い口コミは以下の通りです。

  • 朝にスプレッドが大きく開くことも
  • 発注方式はDD方式
  • 運営はスキャルピングトレードを嫌っている
  • VISAデビットカードだと入金できない

LAND-FXは規制の厳しい海外FX業者で、不正取引には厳しく対処しています。

スキャルピングトレードもそのひとつで、LAND-FXは高頻度のスキャルピングトレードを禁止していたのです。

現在は禁止事項から外れていますが、それでもスキャルピングトレードは控えるのが無難です。

スキャルピングトレードで利益を出したいなら、こうした規制のないAXIORYを選びましょう。

約定率が高く、スプレッド狭いため、スキャルピングトレードと相性が良いです。

 

LANDFXの口座種類

LAND-FXの口座は3種類です。

  • LPボーナス口座
  • Live口座
  • ECN口座

ではそれぞれの口座の特徴を見ていきましょう。

 

LPボーナス口座

LPボーナス口座は、入金ボーナスが豪華な口座です。

あと最低入金額も1万円と低いため、資金が少ない人でも気軽にFXに挑戦できます。

口座の詳細は以下の通り。

  • ボーナス:あり(最大50万円)
  • 最大レバレッジ:500倍
  • 1ロットの単位:10万通貨
  • 最大取引量:30ロット
  • 最低入金額:10,000円
  • 取引手数料:なし
  • スプレッド目安:USD/JPY 0.7 pips
  • 注文方式:STP(FX業者がスプレッドに利益を上乗せ)

LPボーナス口座は入金ボーナスこそ豪華ですが、代わりに10%入金ボーナス・5%リカバリーボーナスとは併用できません。

それでも入金ボーナス100%の豪華さは、そのデメリットを十分に補うものです。

ただしLAND-FXはいつでもこのボーナスを終わらせることができます。入金ボーナスがたくさん欲しいなら、できるだけ早く口座開設することをおすすめします。

 

Live口座

Live口座は100%入金ボーナスを受けられない口座です。最低入金額も3万円と少し高め。

口座の詳細は以下の通り。

  • ボーナス:なし
  • 最大レバレッジ:500倍
  • 1ロットの単位:10万通貨
  • 最大取引量:30ロット
  • 最低入金額:30,000円
  • 取引手数料:なし
  • スプレッド目安:USD/JPY 0.7 pips
  • 注文方式:STP(FX業者がスプレッドに利益を上乗せ)

100%入金ボーナスがないかわりに、「10%入金ボーナス」と「5%リカバリーボーナス」の2つのボーナスが利用できます。

ただわざわざ入金ボーナスで劣るこちらの口座を使う理由はありません。まずは入金ボーナスの豪華な「LPボーナス口座」で口座開設しましょう。

 

ECN口座

ECN口座は、スプレッドが極端に狭い代わりに、取引手数料が別に発生する口座です。

口座の詳細は以下の通り。

  • 最大レバレッジ:200倍
  • 1ロットの単位:10万通貨
  • 最低入金額:20万円
  • 取引手数料:1ロット往復7ドル
  • スプレッド目安:USD/JPY 0.1 pips
  • 注文方式:ECN(スプレッドは狭いが、手数料が別途発生する)

発注方式がECN方式なので、約定拒否やリクオートが発生せず、取引の透明性も高いです。

そのかわり最低入金額は20万円とかなり高く、レバレッジも200倍と低いです。資金の少ない人にはおすすめできません。

 

LANDFXのデモ口座

LAND-FXではデモ口座を開設して、デモトレードをすることができます。

入力する情報は以下の通り。

  • 氏名
  • メールアドレス
  • 電話番号
  • プラットフォーム(MT4/MT5)
  • 国番
  • デモタイプ(Live/LP/ECN)
  • 通貨(USD/JPY)
  • レバレッジ(1倍から500倍)
  • 初回入金額(1,000ドルから10万ドル)

またデモトレードはMT4のEAにも対応しています。自動売買に興味がある方は、挑戦してみましょう。

デモ口座の開設は、LAND-FX公式の「demo口座」ページから行えます。

 

LANDFXの取引ツール・プラットフォーム

LAND-FXでは以下の4種類の取引ツールを利用できます。(実質的にはMT4とMT5の2種類)

  • MT4
  • MT5
  • マルチターミナル(LAND-FXプラットフォーム)
  • Zuluトレード(日本居住者は利用できない)

ではそれぞれのプラットフォームの特徴を順に見ていきましょう。

 

MT4(自動売買・インジケーターが豊富)

MT4は世界的に有名な取引ツールです。海外FX利用する時は、大抵MT4を使うことになります。

MT4の特徴は、テクニカル指標やインディケータの種類が多いこと。そのため自分好みにチャートをカスタマイズできます。

それとMT4ではエキスパートアドバイザー(EA)による自動売買も可能です。自動売買はMT5やcTraderでも可能ですが、MT4のEAは種類が多く、情報もたくさん出揃っています。

とりあえず初心者が自動売買をするなら、まずはMT4から始めるのが無難ですね。

MT4の対応デバイスは以下の通りです。

  • Windows/Macパソコン(ダウンロード版)
  • iPhone・iPad(MT4アプリ)
  • Androidスマホ・タブレット(MT4アプリ)

LAND-FXのMT4はMac OSにも対応しています。

 

MT5(動作が速い)

MT5は、MT4からバージョンアップした取引ツールです。動作がサクサクになっており、時間足の種類も増えています。

ただしMT5はMT4のEAとは互換性がないため、MT5対応のEAを自力で探す必要があります。

自動売買をするならMT4、裁量トレードをするならMT5がおすすめです。

MT5の対応デバイスは以下の通りです。

  • Windows/Macパソコン(ダウンロード版)
  • iPhone・iPad(MT4アプリ)
  • Androidスマホ・タブレット(MT4アプリ)

LAND-FXのMT5もMacOSに対応しています。

 

マルチターミナル(複数のMT4アカウントを同時に使える)

マルチターミナルは、MT4を複数のアカウントで同時に操作できるツールです。

通常MT4口座は1アカウントごとに1つだけで、複数の口座を利用するときは、そのたびに別のアカウントでログインし直さないといけません。

しかしこのマルチターミナルを利用すれば、複数の口座を同時に管理しつつ、注文や決済をすることができます。

詳しくはLAND-FX公式の「マルチターミナル」をご覧ください。

 

Zuluトレード(日本居住者は利用できない)

Zuluトレードは、ソーシャルトレードの1種です。

好きなプロトレーダーを1人選択し、報酬を支払うことで、そのトレーダーがあなたの代わりにFXトレードをしてくれます。

ただしこのサービスは日本居住者が利用できません。日本の金融庁が投資助言ビジネスを厳しく規制しているからです。

どうしてもZuluトレードを利用したいなら、海外にいるときに利用するか、IPアドレスを偽装するかしましょう。

詳しくはLAND-FX公式の「Zuluトレード」をご覧ください。(リンク先では音声付きの動画が流れるので注意!)

 

LANDFXの最大レバレッジは500倍(ECN口座は200倍)

LAND-FXの最大レバレッジは500倍、ECN口座は200倍です。

レバレッジ500倍は他の海外FX業者と比べても平均的ですが、XMの888倍やGemForexの1,000倍には劣ります。

レバレッジが高ければ高いほど、少ない証拠金でたくさんのお金を動かせるようになります。

特に資金が少ないFX初心者は、なるべくレバレッジが高いFX業者を利用しましょう。

 

CFD取引のレバレッジは1倍から200倍

LAND-FXのCFD取引の最大レバレッジは以下の通りです。

  • メタル(金銀):200倍
  • オイル:100倍
  • インデックス:1倍

CFD取引のスプレッド、レバレッジ、取引時間については、LAND-FX公式の「CFDs」をご覧ください。

 

Land-FXアカウントのレバレッジ制限

LAND-FXの最大レバレッジは500倍ですが、口座残高と保有ロット数によって制限があります。

口座残高が高くなるほど、保有ロット数が多くなるほど、レバレッジは低くなるのです。

具体的な制限内容は以下の通り。

  • 49,999ドル以下(550万円):500倍(50ロット以上保有で200倍に)
  • 50,000ドル以上(550万円):200倍(100ロット以上保有で100倍に)
  • 100,000ドル以上(1,100万円):100倍(100ロット以上保有で50倍に)

そのためレバレッジ500倍で取引を続けたいなら、口座残高は550万円以下になるように調整しましょう。

レバレッジ制限の詳細は、LAND-FX公式の「証拠金&レバレッジ」をご覧ください。

 

ECNアカウントのレバレッジ制限

LAND-FXのECNアカウントは、最大レバレッジが200倍です。

ただし残高が1,100万円以上になると、最大レバレッジは100倍に制限されてしまいます。

具体的な制限内容は以下の通り。保有ロット数による制限はありません。

  • 50,000ドル以上(550万円):200倍
  • 100,000ドル以上(1,100万円):100倍

ECNアカウントのレバレッジ制限も、LAND-FX公式の「証拠金&レバレッジ」で確認できます。

 

LANDFXのロスカット条件は、証拠金維持率30%以下

LAND-FXでは証拠金維持率が30%以下になると、ロスカットされています。

ロスカットは、証拠金維持率が一定以下になると、ポジションを強制的に決済させられる仕組み。目的は利用者の資金の保護です。

LAND-FXのロスカットライン30%は、他の海外FX業者と比べても平均的です。例えば海外FX大手のXMでも、ロスカットラインは20%ですから。

ちなみにロスカットラインが低ければ低いほど、ロスカットされにくくなります。その結果、含み損をたくさん抱えられるようになり、収益化のチャンスが広がるわけです。

 

マージンコールは証拠金維持率50%以下

LANDFXのマージンコールは、証拠金維持率が50%以下になると発生します。

マージンコールとは、証拠金維持率が一定以下になると発生する警告のこと。

国内FX業者だとマージンコール中は新規注文ができないことが多いのですが、海外FXだとそういったことありません。あくまで警告だけです。

とはいえ証拠金維持率50%以下は資金的に危ない状態です。できるだけ早くポジションを決済して、証拠金維持率を回復させましょう。

ハイリスクな取引をするにしても、証拠金維持率はできれば500%以上を維持しておきたいところですね。

 

LANDFXの通貨ペアは67種類

LAND-FXでは67種類の通貨ペアを扱っています。

他の海外FX業者の平均(60種類)と比べても、あまり変わりませんね。

通貨ペアの詳細については、LAND-FX公式の「Forex」をご覧ください。

 

LAND-FXのCFD銘柄

ただLAND-FXはCFD取引も取り扱っています。メタルやオイル、株価指数などですね。

銘柄の種類とレバレッジは以下の通りです。

  • メタル:2種類(レバレッジ200倍)
  • オイル:3種類(レバレッジ100倍)
  • インデックス:15種類(レバレッジ1倍)

ただしFXとは取引時間が異なり、平日24時間いつでもトレードができるわけではありません。

CFD銘柄の詳細は、LAND-FX公式の「CFDs」をご覧ください。

 

LANDFXのスプレッド

LAND-FXは他と比べてもスプレッドが狭いです。

主要通貨スプレッドは以下の通り。

  • USD/JPY:0.8 pips
  • EUR/JPY:1.4 pips
  • GBP/JPY:2.8 pips
  • AUD/JPY:2.0 pips
  • EUR/USD:0.8 pips

例えばアメリカドル円のスプレッドは0.8 pipsで、これはXMの1.6 pipsやTitanFXの1.33 pipsと比べても狭いです。

そのためLAND-FXは短期売買など取引回数の多いトレードと相性がいいのです。

スプレッドの詳細は、LAND-FX公式の「スプレッド&スワップポイント」をご覧ください。

 

LANDFXのスワップポイント

LAND-FXを含め、海外FX業者のスワップポイントはあまりよくないです。

主要通貨スワップポイントは以下の通り。

  • USD/JPY:買い 2.3 pips、売り -10.2 pips
  • EUR/JPY:買い -0.46 pips、売り -0.64 pips
  • GBP/JPY:買い -0.28 pips、売り -0.98 pips
  • AUD/JPY:買い -0.07 pips、売り -0.73 pips

高金利通貨ペアのスワップポイントは以下の通りです。

  • EUR/TRY:買い -114.85 pips、売り -62.6 pips
  • USD/TRY:買い -81.4 pips、売り 38.6 pips
  • EUR/ZRA:買い -226.5 pips、売り 104.65 pips

ただしここで掲載しているスワップポイントはあくまで目安です。

正確なスワップポイントは、LAND-FX公式の「スプレッド&スワップポイント」をご覧ください。

 

LANDFXの取引時間

LAND-FXの取引時間は以下の通りです。その間は24時間ずっとFXトレードができます。

  • 冬時間:月曜06:05〜土曜06:00
  • 夏時間:月曜05:05〜土曜05:00

夏時間と冬時間で取引時間が変わることにご注意ください。夏時間は3月末から10月末、冬時間は10月末から3月末までです。

また、取引時間外はFXの注文や決済ができません。

取引の開始直後と終了間際はチャートが大きく変動するので、ポジションは土日に持ち越さないことをおすすめします。

取引時間の詳細については、LAND-FX公式の「取引時間」をご覧ください。

 

LANDFXの入金方法

LAND-FXでは以下の入金方法を利用できます。

  • 銀行送金
  • クレジットカード
  • SticPay
  • ビットコイン(アメリカドルのみ)

ではそれぞれの入金方法を順に見ていきましょう。

 

銀行送金(国内・海外)

LAND-FXでは銀行送金による入金が可能です。

入金手数料は、最低入金額は500ドル(5万円)以上の時のみ無料。

銀行送金は国内・海外の銀行に対応していますが、

海外銀行送金だと

  • 送金手数料(約45ドル)
  • 中継銀行手数料
  • 着金手数料

の3つの高額な手数料が発生します。

しかも入金が反映されるまでに、数日待たされることもあります。

手数料安くおさえたいなら、国内銀行送金による入金を選びましょう。

さらに手数料を安く抑えたいなら、SticPay入金がおすすめです。

詳しくはLAND-FX公式の「入金」をご覧ください。

 

クレジットカード

LAND-FXではクレジットカード入金が可能です。

ただし利用できる国際ブランドはVISAだけ。マスターカードやアメックスカードでは使えない可能性が高いです。

入金手数料は無料です。(入金額が1万円以上が条件)

ただしクレジットカードで入金をすると、入金した金額までしか出金できなくなります。

例えば10万円入金したとして、資金を20万円まで増やしたとしても、出金できる金額は10万円までです。残りの10万円は銀行送金やSticPayなどで出金しないといけません。

利益出金が面倒になることから、クレジットカード入金はおすすめできません。

詳しくはLAND-FX公式の「入金」をご覧ください。

 

SticPay

LAND-FXはSticPay入金に対応しています。

入金額が5ドル以上の場合、入金手数料は無料。入金した金額はすぐにFX口座に反映されます。

そして出金手数料も0.3 USD + 2.5%と、銀行送金による出金よりは安いです。10万円出金しても、2,500円くらいですからね。

入金・出金がすぐに反映され、手数料も安いことから、SticPayは一番おすすめな入金方法です。

海外FXを利用する時は、こうしたオンラインウォレットサービスを積極的に活用しましょう。

詳しくはLAND-FX公式の「入金」をご覧ください。

 

ビットコイン

LAND-FXではビットコイン入金も可能です。

最低入金額(50,000円/$500)以上の入金なら、入金手数料は無料。

ただし通貨はアメリカドルにしか対応していないため、使い勝手は良くないです。

できることなら入金はSticPayを使いましょう。

詳しくはLAND-FX公式の「入金」をご覧ください。

 

LANDFXの出金方法

LAND-FXでは以下の出金方法を利用できます。

  • 海外銀行送金
  • クレジットカード
  • SticPay
  • LAND-FX MASTERCARD(プリペイドカード)

ではそれぞれの出金方法を順に見ていきましょう。

 

海外銀行送金

LAND-FXでは海外銀行送金での出金に対応しています。

ただし手数料は、

  • LANDFX側の送金手数料:45ドル
  • 中継銀行手数料:要確認
  • 着金手数料:2,000円くらい
  • リフティングチャージ:3,000円くらい

の4つもあり、非常に高額です。

そのため海外銀行送金による出金は、あまりおすすめできません。

出金手数料を安くおさえたいなら、SticPayを使いましょう。

詳しくはLAND-FX公式の「出金」をご覧ください。

 

クレジットカード

LAND-FXではクレジットカード出金もできます。

出金手数料は無料ですが、出金額はクレジットカードの入金額に限られます。

例えばクレジットカードで10万円入金して、20万円に増やしても、クレジットカード出金できるのは10万円だけです。

出金額が限定されることから、クレジットカード出金はおすすめできません。

出金手数料が安く、利益出金も可能なSticPayを選びましょう。

詳しくはLAND-FX公式の「出金」をご覧ください。

 

SticPay

LAND-FXではSticPayによる出金が可能です。

出金手数料は0.3 USD + 2.5%、10万円を出金するなら手数料は2,500円ぐらいですね。

bitwalletの手数料(824円)よりは高いですが、海外銀行送金の出金よりは安いです。

出金がすぐに反映され、出金手数料は安く、サービスは日本語にも対応しているため、SticPayは1番おすすめな出金方法です。

詳しくはLAND-FX公式の「出金」をご覧ください。

 

LAND-FX MASTERCARD(プリペイドカード)

LAND-FXは「LAND-FX MASTERCARD」による出金も可能です。

LAND-FXプリペイドカードは、LAND-FXが独自に発行しているカードです。キャッシュカードと同じような感覚で現金を引き出せます。

以前はXMAxioryでも同じようなプリペイドカードが発行されていましたが、金融庁の圧力により日本では発行されなくなりました。

今後LAND-FXも同じように利用停止になるリスクがあるので、出金方法としてはおすすめできません。

詳しくはLAND-FX公式の「Land-FXプリペイドカード」をご覧ください。

 

LANDFXの審査

LANDFXを含め、海外FXの審査はとてもゆるいです。

具体的な条件は以下の通り。

  • 18歳以上なら誰でもOK
  • アルバイト・フリーター・主婦も可能
  • 資産が少なくてもOK(100万円以下など)

国内FX業者と比べて、審査がゆるいことがわかりますね。

国内業者だと、資金が100万円以下の人は落とされてしまうケースが多いですから。

少ない資金でFXをするなら、レバレッジの高い海外FX業者はおすすめ。

口座開設は、LAND-FX公式サイトからできますよ。

 

LANDFXの口座解約・退会は、サポートへ連絡

LAND-FXの口座を解約するには、サポートデスクにメールで連絡をします。

氏名、口座番号、解約理由を明記して、メールで送信しましょう。

公式サイト「お客様サポート」ページから、サポートデスクに連絡できます。

 

LANDFXのライセンス:英国金融行為監督機構(FCA)

LAND-FXは、イギリスのFCA金融ライセンスを取得しています。

この金融ライセンスは取得難度がトップクラスに高く、信頼性が高いことの証となります。

FCAライセンスを取得しているLAND-FXは、十分に信頼できる海外FX業者です。資金の持ち逃げや出金拒否などはありえないでしょう。

金融ライセンスは海外FX業者の信頼性を示す証です。これを取得していない海外FX業者は、メインで利用してはいけません。

口座にたくさんの資金を預けてメインのFX業者として利用するなら、必ず金融ライセンスを取得しているところを選びましょう。

 

LANDFXはこんな人におすすめ!

LAND-FXは入金ボーナスが豪華なFX業者です。(入金額の100%、最大50万円まで)

さらにスプレッドが狭く、取引ツールがMac OSに対応しているのもうれしいところです。

よってLAND-FXはこんな人におすすめしたいです。

  • 海外FXをやってみたいけれども資金が少ない人
  • Mac OSのパソコンを使っている人
  • メインの口座として信頼性のできるFX業者を使いたい人
  • 高速スキャルピングトレードをやらない人

口座開設は、LAND-FX公式サイトから行えます。

おすすめ海外FXランキング
GemForex(初心者向け)

お金を使わずに海外FXを体験したいなら、GemForexがおすすめ。
口座開設だけで、1〜2万円のボーナスがもらえます。
ボーナスを使い切ったら、XM・LAND-FXに乗り換えるのもアリ。

XM(初心者向け)

FXの資金が10万円以下なら、XMがおすすめ。
口座開設ボーナスで3,000円、100%入金ボーナスで5万円、20%入金ボーナスで45万円もらえます。

LAND-FX(中級者向け)

トレード資金が少ない人には、LAND-FXがおすすめ。
最大50万円の100%入金ボーナスがもらえます。
スプレッドも狭く(USD/JPY 0.8 pips)、デイトレードと好相性。

AXIORY(中級者向け)

少額でスキャルをするなら、AXIORYがおすすめ。
最低入金額が2万円と低く、レバレッジは400倍と高め。
ECN口座の取引手数料が1ロット往復6ドル。
取引ツール「cTrader」はスキャルピングトレードと好相性。

Tradeview(上級者向け)

取引コストを極限まで抑えたいなら、Tradeviewがおすすめ。
ECN手数料が1ロット往復5ドルと、最安値クラス。
取引ツールは「MT5・cTrader」も使えます。
海外FXベテラン勢からも大人気!

この記事を書いた人
むれ

海外FXの情報を発信しているトレーダーです。
サイト運営やSEO、サイトデザインも大好きです。

むれをフォローする
海外FX
むれをフォローする
海外FX大全
タイトルとURLをコピーしました