おすすめ海外ブローカーはこちら ▷
海外FXで効率よく稼ぐには?

海外FX初心者は、以下の記事を読みましょう。
効率的な稼ぎ方をわかりやすくまとめています。

海外FXの稼ぎ方をチェック ▷

勝率の高いFXトレード手法まとめ

海外FXで安定した収益を上げたいなら、勝率の高い手法でトレードしましょう。闇雲にトレードするよりも、利益を出しやすくなります。

勝率の高いトレード手法はこちら。

中でもおすすめなのが、リバ狙いの逆張りトレード。移動平均線から乖離後のリバウンドを狙うため、再現性が高く、安定志向の玄人トレーダーに人気です。

そして実際にトレードの練習をするなら、以下の2つのボーナスを使いましょう。

特にGemForexの2万円未入金ボーナスは、口座入金しなくてもボーナスがもらえるため、ノーリスクでリアルトレードができるようになります。

この記事ではFXで勝率の高いトレード手法を解説します。

 

勝率の高いトレード手法

FXで勝率の高いトレード手法は以下の3つ。リンク先はそれぞれの解説記事です。

3つの中で迷ってしまったら、リバ狙いの逆張りトレードを選びましょう。再現性が高く、リスクも低めで、安定した利益を出しやすいです。

ここからはそれぞれのトレード手法を解説します。

 

リバ狙いの逆張りトレード

リバ狙いの逆張りトレードは、チャートで急騰・急落が発生したタイミングで、リバウンド狙いの逆張りポジションを持つ手法です。

価格が移動平均線から乖離した後は、その後に大きく逆方向に戻す可能性が高いです。(これをリバウンドと呼ぶ) リバウンドは高確率で発生するため、うまく狙えば、勝率も安定します。

目安としては、1時間足の20MAから30pips以上乖離したタイミングだと、その後のリバウンドで大きな利益を狙いやすくなります。

この手法のメリットは、トレードチャンスが多いこと。30pips以上の急騰・急落は1日1回何かしらの通貨ペアで発生するため、毎日安定して利益を出しやすいです。

実際逆張りトレードは、月利10%以上の利益を出している優秀なストラテジープロバイダーも好んで採用しています。

FXで安定した収益を出し続けたいなら、まずはリバ狙いの逆張りトレードから始めましょう。

リバ狙い逆張りトレードのやり方については、こちらの記事をご覧ください。

 

ナンピン

ナンピンは、急騰・急落が発生した後、トレンドが進むごとに10〜40個以上の逆張りポジションを大量に保有する手法です。

逆張りトレードとやり方は似ていますが、 逆張りトレードは保有ポジションが3〜5個と少ないのに対し、ナンピンは10〜40個以上と多いです。

そのためナンピンは利益率が非常に高く、ハイリスク・ハイリターンなトレードをしたい人におすすめな手法と言えます。

デメリットは、勢いの強いトレンド相場に弱いこと。200pips以上のトレンドが発生してしまうと、含み損が非常に多くなり、高確率で口座が破綻してしまいます。

ナンピンは保有ポジションが非常に多いため、含み損が大きくなりやすく、繊細なリスク管理が求められます。

まずはポジション数の少ない逆張りトレードに慣れて、リスク管理のコツがつかめてから、ナンピンにに切り替えるといいでしょう。

ナンピンのやり方については、こちらの記事をご覧ください。

 

マーチンゲール

マーチンゲールは、急騰・急落が発生した後、トレンドが進むごとに、ロット数を増やしながら大量の逆張りポジションを保有する手法です。

先程のナンピンは同じロット数で10〜40個のポジションを保有するのに対し、マーチンデールでは急騰・急落が深いタイミングで取引ロット数を2〜3倍に増やします。

マーチンゲールは「ポジションを増やすたびにロット数を2倍にする」と定義されていますが、実際は2〜3倍で留めているケースが多いです。

マーチンゲールのメリットは、利益率が非常に高いこと。急騰・急落が進むほど、リバウンドの幅も大きくなるため、読みが当たれば、大きな利益率を出すこともできます。(月利500%以上)

デメリットは、勢いの強いトレンド相場に弱いこと。ナンピンと同じように、200pips以上のトレンドが発生すると、高確率で口座が破綻してしまいます。

そしてこの手の200pips以上のトレンドは3ヶ月に1回の頻度で何の前触れもなくやってくるため、予測することは不可能です。

ナンピン・マーチンは3ヶ月に1回の大変動に耐えられないため、長期的な運用はせず、定期的に利益を出金するようにしましょう。

 

初心者トレーダーが知っておきたいこと

海外FXはレバレッジが非常に高いため、ハイリスクなトレードも可能です。ただその一方でリスク管理を誤ると、資金を一瞬で全てを失うリスクもあります。

ここから海外FX初心者向けに知っておきたいことを簡単にまとめておきます。

 

その1:まずは海外FXのボーナスで練習しよう

海外FXトレードの練習をする前には、ボーナスを獲得しておきましょう。

ボーナスはFXトレードの証拠金として利用でき、入金したお金がなくなっても、ボーナスが残っていればリアルトレードを続けられます。

海外FXでもらえるボーナスのおすすめはこちら。

まずはGemForexの2万円未入金ボーナスをゲットしましょう。新規口座開設と本人確認を済ませれば、入金なしで2万円のボーナスがもらえます。(1万円の時もある)

未入金ボーナスの中でも2万円はかなり高額な部類に入ります。いきなり海外FXに入金するのが怖い方は、まずGemForexの2万円ボーナスから始めてみましょう。

GemForexのボーナスを使い切ったら、次はXMに切り替えましょう。XMでは3,000円の未入金ボーナス最大5万円の100%入金ボーナスがもらえます。

特に5万円ボーナスがお得で、XMに5万円口座入金すれば、さらにもう5万円のボーナスがもらえて、実質的に10万円の証拠金でトレードを始めます。

それ以外にもボーナスがもらえる海外FXブローカーはたくさんありますが、信用度の低いブローカーを選んでしまうと、出金拒否や資金持ち逃げに遭うリスクもあります。

まずはGemForexの2万円ボーナスXMの5万円ボーナスでトレードの練習をして、それでも追加のボーナスが必要なら、他の海外FXブローカーを利用しましょう。

海外FXのボーナスについては、こちらの記事でもまとめています。

 

その2:入金額の目安は10万円

海外FXが初めてなら、最初の入金額は10万円を目安にしましょう。

入金額が1万円だと取引ロット数が小さすぎてまともな利益が出ませんし、いきなり100万円入金するのもリスクが高すぎます。

海外FXはレバレッジが400倍以上と非常に高いため、入金額が10万円前後でも、国内FXより大きな取引ロット数でトレードができ、高い利益率を狙えます。

いきなり10万円を入金するのが怖いなら、XMの5万円入金ボーナスを活用しましょう。5万円入金するだけで、さらにもう5万円の入金ボーナスがもらえて、資金10万円で始められます。

多くの人にとって10万円はまとまった金額でしょう。それでも全てを失ったからといって、直ちに生活に悪影響与えるような金額でもないはずです。

まずは10万円入金して、それから勝率が安定するようであれば、入金額を20万円、30万円と増やしましょう。

 

その3:取引ロット数の目安は0.1ロット

海外FXが初めてなら、取引ロット数の目安は0.1ロットにしましょう。

ロットは、海外FXにおける通貨量の単位のこと。基本的には1ロット=10万通貨となっています。

ロットごとの収益目安はこちら。

10 pipsあたりの収益目安
0.01ロット(1,000通貨)100円
0.1ロット(1万通貨)1,000円
1ロット(10万通貨)10,000円
10ロット(100万通貨)100,000円

海外FXの1ロットは意外と大きな通貨単位で、10pipsで損するだけでも、およそ10,000円の損失になります。

それに対して取引ロット数が0.1ロットなら、10pipsのマイナスでも、損失はおよそ1,000円程度に収まります。

目安としては、資金10万円あたり0.1ロットが好ましいですね。FXトレードに慣れて、勝率が安定するようになったら、取引ロット数を増やして、収益率をアップさせましょう。

 

中級者トレーダーが知っておきたいこと

FXトレードのコツがつかめてきたら、トレードの収益効率を引き上げる施策を考えましょう。

ここからは中級者トレーダー向けに知っておきたいことをまとめておきます。

 

その1:cTraderで裁量トレードの効率をアップさせよう

海外FXで使われる取引プラットフォームは、メタトレーダー(MT4・MT5)が一般的。

ただ裁量トレードをもっと効率化したいなら、プラットフォームは「cTrader」に切り替えた方がいいです。(cTraderとは?

cTraderは高機能FXプラットフォームで、メタトレーダーよりも便利な機能が充実しています。

中でも便利な機能はこちら。

  • 注文時に自動で損切りと利確の設定ができる
  • チャートの表示時間を日本時間に変更できる(UTC+9)
  • チャート横に経済指標を表示できる(日本時間にも対応)
  • cTraderコピーで他人にトレード委託できる(Tradeviewのみ)
  • MacOSやChromeブラウザでも利用可能
  • パソコンの上下ボタンで時間足を切り替えられる

他にも便利な機能がたくさんあり、うまく活用できれば裁量トレードの効率も大きく向上します。一度cTraderに慣れてしまうと、もうメタトレーダーには戻れなくなるでしょう。

そしてcTraderを使うなら、海外FXブローカーはAXIORYがおすすめ。口座開設が簡単で、会員ページも使いやすく、cTrader初心者にぴったりです。

cTraderのダウンロードは、以下のページから行えます。

ただAXIORYのcTraderは、cTraderコピーが利用できません。cTraderでコピートレードをしたいなら、TradeviewのcTraderを使いましょう。

cTraderを使う利点などは、こちらの記事で詳しくまとめています。

 

その2:コピートレードで他人にトレードを委託しよう

裁量トレードのコツがつかめてきたら、コピートレードにも挑戦しましょう。

コピートレードとは、他人にFXトレードを委託して、利益を出してもらう仕組みのこと。その代わり得られた利益の20〜30%を取引手数料としてストラテジープロバイダーに支払います。

コピートレードは、EA自動売買と違ってVPS(仮想専用サーバー)を設定する必要もないため、パソコンが苦手な方でも簡単に利用できます。

コピートレードプラットフォームのおすすめはこちら。

コピートレードが初めてなら、まずはHotForexのコピートレードがおすすめ。

ストラテジープロバイダーの人数が多く、公開している情報量も多いため、優秀なストラテジーを見つけやすいです。

ストラテジープロバイダーの探し方などは、こちらの記事でまとめています。

利益率にこだわるなら、TradeviewのcTraderコピーもおすすめ。

HotForexよりも優秀なストラテジープロバイダーが多く、さらに1口座で無制限にストラテジーをフォローできるため、たくさんのストラテジーでリスク分散したい人と相性がいいです。

cTraderコピーのやり方は、こちらの記事でまとめています。

コピートレードはEA自動売買と違って無料で始められます。数万円もするEAを買ったり、月額2,000円ほどのVPSを契約したりする必要もありません。

少ない資金でFXトレードを自動化させたいなら、コピートレードはおすすめです。

 

その3:EA自動売買でトレードを自動化させよう

コピートレードにもデメリットはあります。最大のデメリットは、トレードをコントロールできないこと。

ストラテジープロバイダーが突然トレードを止めてしまうと、その日から利益が出なくなります。コピートレードは人間にトレードを委託しているだけなので、100%信用するのは危険です。

トレードを完全にコントロールしたいなら、EA自動売買の方がおすすめ。

EA(エキスパートアドバイザー)という自動売買プログラムがトレードをするため、VPSの不具合などがない限り、半永久的にトレードを続けてくれます。

自動売買プログラム(EA)は以下のサイトで入手できます。

  • MQL5:無料EAの種類が豊富
  • GogoJungle:フォワードテストを公開している
  • LET’S REAL:2番目に有名な国内EA販売プラットフォーム

EA自動売買が初めてなら、まずはMQL5の無料EAから使いましょう。

無料版のEAは取引ロット数や機能が限定されていることが多いですが、評価の高いEAを選べば、安定した利益を出しやすくなります。

GogoJungleは日本のEA販売プラットフォームの1つ。有料EAを買うこともできますが、個人的にはおすすめしません。

GogoJungleで販売されているEAは、価格相場が3万円と非常に高く、ハズレを引いたときの損失が大きいからです。

さらにGogoJungleのEAはリアル口座1口座につき1つしか使えないため、10個同時に運用するとなると、初期費用で20〜30万円かかってしまいます。

GogoJungleで評価の高いEAについては、こちらの記事でまとめています。

EA自動売買で安定した利益を出したいなら、自力でEAを開発できるようになりましょう。

自分で開発したEAなら、ソースコードを見れますし、相場の状況に合わせてEAを微調整することも可能です。

逆に他人の作ったEAだと、ソースコードを見て微調整することができず、トレードロジックの試行錯誤が難しくなります。

EAを開発するとき、ゼロからプログラムを書く必要はありません。ForexEAdvisorFxLogBookの「EA作成機」などのツールを使えば、簡単にEAのコードを生成できます。

収益性の高いEAを開発することで、IB契約で他人に使わせてアフィリエイト収入を稼いだり、1本数万円で販売したりして、FX以外の収益源を得ることもできます。

裁量トレードに飽きてしまい、他の収益源が欲しい方は、EA開発に着手してみましょう。

 

まとめ:まずはボーナスでトレードの練習をしよう

海外FXで安定した利益を出したいなら、再現性と勝率が高いトレードを行いましょう。

中でも代表的なトレード手法はこちら。

3つの中でおすすめなのは、リバ狙いの逆張りトレード。ポジション数が3つ前後と少なめで、リスクも低く、安定重視のストラテジープロバイダーが好んで採用しています。

さらに大きな利益を狙うなら、ナンピンマーチンもおすすめ。ただどちらも200pips以上の大変動で口座が破綻するリスクがあるため、定期的に利益出金した方がいいです。

これらのトレード手法を試すなら、以下の2つのボーナスを活用しましょう。

中でもGemForexの2万円未入金ボーナスは、入金なしで無料でもらえるため、海外FXがはじめての人におすすめです。

未入金ボーナスの中でも2万円は破格なので、まだボーナスを獲得していない方は、GemForexの「口座開設ページ」をチェックしましょう。

タイトルとURLをコピーしました