おすすめの海外FX業者はこちら!
海外FXでなかなか勝てない人へ

海外FXでのトレード勝率を上げたいなら、こちらの記事をどうぞ。
海外FXの基本戦術をまとめています。

おすすめトレード手法をチェックする ▷

Traders Trust(トレーダーズ・トラスト/TTCM)の口座タイプ比較まとめ。クラシック口座・プロ口座・VIP口座の違いは?

TradersTrustには3種類の口座タイプがあります。

それぞれの口座タイプの特徴は以下の通り。

クラシック口座プロ口座VIP口座
注文方式STPECNECN
最小入金額5,000円20,000円2,000,000円
取引手数料なし往復6ドル/ロット
往復3ドル/ロット
最大レバレッジ500倍500倍200倍
ロスカット20%20%50%
マージンコール50%50%80%
最小スプレッド1.2 pipsから0.0 pipsから0.0 pipsから
最小取引単位0.01ロット0.01ロット0.01ロット
最大取引単位1000ロット1000ロット1000ロット

ではそれぞれの口座タイプは、どういったときに使うべきなのでしょうか?

この記事ではTradersTrustの口座タイプについてわかりやすく解説していきます。

口座タイプの特徴・違いなどは、TradersTrustの「口座タイプ」で確認できます。

 

Tradeviewの口座タイプ一覧

まずはTradersTrustの口座タイプ3種類をそれぞれ見ていきましょう。

 

クラシック口座:普通のSTP口座

クラシック口座の詳細は以下の通り。

注文方式STP
最小入金額5,000円
取引手数料なし
最大レバレッジ500倍
ロスカット20%
マージンコール50%
最小スプレッド1.2 pipsから
最小取引単位0.01ロット
最大取引単位1000ロット

クラシック口座の特徴は、最初入金額が低いこと。

最初入金額が5,000円なので、少額トレードでTradersTrustの使い勝手を試したい人におすすめです。

ただクラシック口座はSTP口座なので、ECN口座と比べてもスプレッドが広がりやすく、EA自動売買やスキャルピングトレードとは相性が良くないです。

逆にデイトレードやスイングトレードなら、スプレッドが広くても、利益率には影響が出ないので問題ないでしょう。

クラシック口座の詳細は、TradersTrustの「口座タイプ」をご覧ください。

 

プロ口座:取引手数料が1ロット往復6ドル

プロ口座の詳細は以下の通り。

注文方式ECN
最小入金額20,000円
取引手数料
往復6ドル/ロット
最大レバレッジ500倍
ロスカット20%
マージンコール50%
最小スプレッド0.0 pipsから
最小取引単位0.01ロット
最大取引単位1000ロット

プロ口座の特徴は、取引手数料が低めなこと。

ECN口座の取引手数料が、1ロット往復6ドルと低めで、EA自動売買やスキャルピングトレードで利益を出しやすいです。

参考までに他のECN口座と比較すると、AXIORYのナノスプレッド口座が6ドル、TradeviewのILC口座が5ドル。プロ口座の6ドルと同じくらいですね。

最低入金額は20,000円と、他のECN口座と比べても低めで、少ない資金でEA自動売買をしたい人にもプロ口座はおすすめです。

プロ口座の詳細は、TradersTrustの「口座タイプ」をご覧ください。

 

VIP口座:取引手数料が1ロット往復3ドル

VIP口座の詳細は以下の通り。

注文方式ECN
最小入金額2,000,000円
取引手数料
往復3ドル/ロット
最大レバレッジ200倍
ロスカット50%
マージンコール80%
最小スプレッド0.0 pipsから
最小取引単位0.01ロット
最大取引単位1000ロット

VIP口座の特徴は、取引手数料が非常に低いこと。

ECN口座の取引手数料は、1ロット往復3ドル。他のECN口座と比べても非常に低いです。あのTradeviewでも往復5ドルですからね。

EA自動売買やスキャルピングトレードなど取引回数の多いトレードをする場合、取引コストを低くしたほうが、利益率が高くなります。その点でTradersTrustのVIP口座は非常に強力な武器となるでしょう。

ただしVIP口座は最低入金額が200万円と高く、資金の少ない人だと手が出せません。

FXの資金が潤沢にあり、EA自動売買の取引コストを極限まで下げたいなら、VIP口座はおすすめです。

VIP口座の詳細は、TradersTrustの「口座タイプ」をご覧ください。

 

他のECN口座と取引手数料を比較

ではTradersTrustの取引手数料は低いほうなのでしょうか?

参考のために、他のECN口座と比較してみました。

海外FX業者
ECN手数料(1ロット往復)
TradersTrust VIP口座3ドル
Tradeview MT4 ILC口座5ドル
TradersTrust プロ口座6ドル
AXIORY ナノスプレッド口座6ドル
LAND-FX ECN口座7ドル
XM Zero口座10ドル
FBS ECN口座12ドル

やはりTradersTrustのVIP口座はダントツで手数料が安いですね。1ロット往復3ドルは破格です。

ただVIP口座を使うには200万円も入金する必要があり、多くの海外FXトレーダーには手が出しにくいはず。

VIP口座の次に手数料が低いのが、TradeviewのILC口座。ECN口座の取引手数料が1ロット往復5ドルで、他と比べても最安値クラスです。

さらにILC口座の最低入金額は10万円なので、TradersTrustのVIP口座と比べると、資金的なハードルは低め。

個人トレーダーが本格的にEA自動売買をするなら、TradeviewのILC口座が一番現実的でしょう。

TradeviewのILC口座については、こちらの記事をご覧ください。

 

まとめ:EA自動売買をするなら、プロ口座がおすすめ

ここまでTradersTrustの口座タイプ3種類を詳しく見てきました。

それぞれの特徴をもう一度確認しましょう。

クラシック口座プロ口座VIP口座
注文方式STPECNECN
最小入金額5,000円20,000円2,000,000円
取引手数料なし往復6ドル/ロット
往復3ドル/ロット
最大レバレッジ500倍500倍200倍
ロスカット20%20%50%
マージンコール50%50%80%
最小スプレッド1.2 pipsから0.0 pipsから0.0 pipsから
最小取引単位0.01ロット0.01ロット0.01ロット
最大取引単位1000ロット1000ロット1000ロット

クラシック口座は最低入金額が5,000円と低いため、お試しでTradersTrustを使ってみたい人におすすめ。

プロ口座は取引手数料が1ロット往復6ドルと低めで、EA自動売買やスキャルピングトレードと好相性。最低入金額も2万円と低めで、多くのトレーダーには手が出しやすいです。

VIP口座は、取引手数料が1ロット往復3ドルと破格クラス。ただ最低入金額が200万円と高く、資金に余裕がないと口座開設すらできません。

個人的なおすすめは、取引手数料が安くて、利用ハードルの低いプロ口座です。

口座タイプの比較などは、TradersTrustの「口座タイプ」で行えます。

タイトルとURLをコピーしました