おすすめの海外FX業者はこちら!
海外FXでなかなか勝てない人へ

海外FXでのトレード勝率を上げたいなら、こちらの記事をどうぞ。
海外FXの基本戦術をまとめています。

おすすめトレード手法を見る ▷

Traders Trust(トレーダーズ・トラスト/TTCM)対応アプリ「MT4」の使い方・ダウンロード方法まとめ

TradersTrustでは、スマホアプリをダウンロードしてFXトレードができます。

TradersTrustの対応アプリはMT4アプリのみ。MT5アプリやcTraderアプリは使えません。

MT4アプリはトレードをする上で必要最低限の機能はそろっていますが、デスクトップ版のMT4やcTraderと比べると、不便なところも多いです。

ではMT4アプリを使うにあたって、気をつけることはあるのでしょうか?

この記事ではTradersTrustのMT4アプリについてわかりやすく解説していきます。

詳しくはTradersTrustの「プラットフォーム」をご覧ください。

 

TradersTrustの対応アプリはMT4のみ

冒頭でも述べた通り、TradersTrustの対応アプリはMT4アプリのみです。

MT5アプリやcTraderアプリは使えません。MT4以外のアプリを使いたいなら、他の海外FX業者で口座開設しましょう。

MT5アプリを使いたいなら、XMHotForexなどがおすすめ。

cTraderアプリを使いたいなら、AXIORYTradeviewがおすすめです。

 

TradersTrustアプリのダウンロード方法

MT4アプリでトレードするには、スマホやタブレットにアプリをダウンロードする必要があります。

ここからはTradersTrustでのMT4アプリのダウンロード方法をまとめておきます。

 

手順1、TradersTrust公式サイトにアクセスする

まずはTradersTrustの公式サイトにアクセスしてください。

 

手順2、「MT4プラットフォーム」から対応デバイスを選択する

ヘッダーメニューの「お取引」をクリックして、その中の「MT4プラットフォーム」をクリックします。

 

手順3、「ダウンロード」をクリックして、アプリストアに移動する

MT4プラットフォーム」をクリックすると、デバイスごとのMT4のダウンロードページに移動します。

下にスクロールして、対応デバイスのMT4アプリをダウンロードしてください。

上記の青色の「ダウンロード」ボタンをクリックすることで、アプリストアの画面に移動します。

 

手順4、アプリストアでMT4アプリをダウンロードする

「ダウンロード」ボタンをクリックすると、アプリストアに移動するので、対応デバイスのMT4アプリをダウンロードしてください。

iOSデバイスならApp StoreのMT4ページに、AndroidデバイスならGoogle playのMT4ページに移動します。

これでMT4アプリのダウンロードは完了です。

一連の作業は、TradersTrustの「プラットフォーム」から行えます。

 

TradersTrustアプリでのトレードの始め方

MT4アプリをダウンロードした後は、口座開設をしていなくても、メタトレーダーのデモ口座を開設して、デモトレードができます。

ただTradersTrustでリアルトレードをするには、口座開設やログインなどの手続きが必要となります。

ここからはMT4アプリをダウンロードした後にやるべきことをまとめておきます。

 

TradersTrustでアカウント登録する

TradersTrustでリアルトレードをするには、リアル口座のアカウントが必要です。

まだ口座を持っていない方は、TradersTrustの口座開設ページからアカウント登録をしましょう。

入力項目は少なく、登録作業も5分で終わるはずです。

 

TradersTrustで取引口座を開設する

TradersTrustでアカウント登録が終わると、ウォレット口座が自動的に開設されます。ただウォレット口座は資金管理専用で、FXトレードはできません。

TradersTrustでFXトレードをするには、取引口座を開設する必要があるのです。

取引口座の開設は、TradersTrustの会員ページにログインしておこないます。開設は1分あればできるでしょう。

 

口座開設後に届くメールで、ログインパスワードを確認する

取引口座の開設が終わると、口座開設完了のメールが届きます。

メールには以下の3つの情報が記載されています。

  • 口座アカウント番号
  • ログインパスワード
  • ログインサーバー

これらの情報は、MT4アプリでFX口座にログインするときに必要となるため、メールは消さずに保管しておきましょう。

メールが見つからない場合は、TradersTrustのサポートデスクに問い合わせましょう。

 

MT4アプリを起動して、ログインする

口座開設が終われば、MT4の口座アカウントにログインできるようになります。

まずはMT4アプリを起動して、口座のログイン手続きを済ませましょう。

サイドバーの「口座管理」をクリックすると、以下の画面が表示されます。

次はログインするトレードサーバーを検索します。

TradersTrustのサーバーにログインするときは、「ttcm」と検索窓に入力しましょう。TradersTrustのログインサーバーがいくつか表示されます。

ログインサーバーは、口座開設メールに記載されているものを選びましょう。それ以外のサーバーだと、ログインできません。

ログインサーバーを選択したら、口座アカウント番号とログインパスワードを入力します。

パスワードが正しければ、ログイン成功で、口座管理画面が以下のようになります。

これでMT4アプリのログインは完了で、口座入金すれば、いつでもFXトレード始められるようになります。

口座入金は、TradersTrustの「会員ページ」から行えます。

入金方法は、TradersTrustの「入金方法」で確認できます。

 

TradersTrustアプリを使う上での注意点

TradersTrustのMT4アプリは、お手軽に使える反面、不便なところが多いです。

ここからはMT4アプリを使う上での注意点をまとめておきます。

 

チャート上で日本時間を表示できない

まずMT4アプリではチャートの表示時間を日本時間に変更できません。

MT4の標準時間はGMT+2。本来であれば日本時間のGMT+9に変更すべきなのですが、MT4アプリは標準時間をできないのです。

チャートの表示時間を日本時間に変更できないと、経済指標のタイミングなどを把握しにくくなり、チャート分析の精度が落ちてしまいます。

どうしても日本時間を表示したいなら、デスクトップ版のMT4でインディケーター「JPN_Time_SubZero」をインストールするか、cTraderを使うかしましょう。

cTraderアプリのダウンロードは、AXIORYの「cTrader」Tradeviewの「取引プラットフォーム」で行えます。

 

インディケーターはインストールできない

MT4アプリでは、インジケーターやテクニカル指標をインストールできません。

特に以下の2つ便利なインディケーターをインストールできないため、チャート分析やトレードの効率が落ちてしまいます。

MT4アプリでは損切りを自動設定できないため、うっかり損切りをし忘れて、大損を抱えるリスクがあるのは怖いですね。

スマホアプリでこれらの機能を使いたいなら、cTraderアプリがおすすめ。どちらの機能も入っており、MT4アプリよりも使いやすいです。

cTraderのダウンロードは、AXIORYの「cTrader」Tradeviewの「取引プラットフォーム」で行えます。

 

EA自動売買は使えない

MT4アプリではEA自動売買はできません。

自動売買をしたいなら、デスクトップ版のMT4を使いましょう。

EA自動売買の方法については、こちらの記事をご覧ください。

 

取引時間を確認できない

MT4アプリでは銘柄ごとの取引時間が確認できません。MT5アプリやcTraderアプリなら確認できるのですが。

取引時間は、デスクトップ版のMT4で確認できます。

 

損切り・利確が使いにくい

MT4アプリでも注文時に損切りと利確を設定できます。

ただ損切りの設定をpips単位では行えないため、設定がややこしいです。

1回や2回のトレードならまだしも、10回、100回も裁量トレードをするとなると、どこかで損切りの設定を間違えることもあるでしょう。

損切りを自動化させるなら、以下の2つの方法がおすすめ。

スマホアプリでトレードするなら、MT4アプリではなく、損切り設定を自動化できるcTraderアプリを使った方がいいですね。

例えば注文時に、損切りを20 pips、利確を40 pipsと自動で設定できるため、決済のし忘れも防げます。

cTraderアプリには起動が遅い欠点もありますが、それでも裁量トレードが快適になることは間違いないです。

cTraderのダウンロードは、AXIORYの「cTrader」Tradeviewの「取引プラットフォーム」で行えます。

 

MT4以外のFXトレードアプリ

TradersTrustの対応アプリはMT4のみ。MT4以外のアプリを使うなら、他の海外FX業者で口座開設しましょう。

MT4以外のFXアプリで代表的なのは、MT5アプリとcTraderアプリですね。

ここからはMT5・cTraderアプリの特徴を見ていきます。

 

MT5アプリ

MT5アプリは、MT4アプリの後継機に当たります。

MT5アプリがMT4アプリよりも優れている点は以下の通り。

  • 1画面で2つのチャートを表示できる
  • チャートがデフォルトでカラー表示されており見やすい
  • 銘柄ごとの取引時間が確認できる(ただし日本時間ではない)
  • 板注文画面を確認できる

MT5アプリの強みは、1画面で2チャートを同時表示できること。

チャートに下にRSIなどオシレーター系の指標を表示することで、トレードの精度をさらに高めることもできます。

逆に言えばMT5アプリのメリットはそれぐらいしかなく、細かなチャート分析をしないなら、MT4アプリでも充分です。

MT5アプリは以下の海外FX業者で利用できます。

  • XM:5万円ボーナスが使いやすく、初心者向け
  • LAND-FX:50万円の100%入金ボーナスがある
  • FBS:レバレッジ3,000倍。無料VPSを使いやすい
  • HotForex:コピートレードが使いやすい

おすすめはXM。5万円の100%入金ボーナスが使いやすく、日本人利用者が多いため、日本語の情報もネットにたくさんあります。

MT5アプリのダウンロードは、XMの「プラットフォーム」で行えます。

 

cTraderアプリ

cTraderアプリは、MT4・MT5よりも高性能なFXプラットフォームアプリです。

cTraderアプリがMT4・MT5よりも優れている点は、以下の通り。

  • 注文時に損切りと利食いを自動で設定できる
  • チャートの表示時間を日本時間に変更できる(UTC+9)
  • 取引ツール内で経済指標を表示できる
  • テクニカル指標のテンプレを保存できる

特に重要なのは、自動で損切り設定ができること。これにより損切りのし忘れがなくなり、経済指標に巻き込まれて大損を抱えるリスクをなくせます。

ただしcTraderにも以下のデメリットがあります。

  • アプリの起動に時間がかかる
  • 時間足の切り替えがスムーズにできない

cTraderはMT4・MT5よりも機能が多いため、アプリの動作も重くなりやすいです。古い機種のスマホだと、起動に時間がかかるかもしれません。

cTraderアプリは以下の海外FX業者で利用できます。

  • AXIORY:会員ページが使いやすく、追加口座をたくさん作れる
  • Tradeview:約定力と取引コストが優秀

おすすめはAXIORY。会員ページが使いやすく、cTraderのデモ口座も開設できます。

cTraderのダウンロードは、AXIORYの「cTrader」Tradeviewの「取引プラットフォーム」で行えます。

 

まとめ:MT4アプリの性能は平均的

ここまでTradersTrustのアプリについてわかりやすく解説してきました。

アプリのダウンロードは、TradersTrustの「取引プラットフォーム」から行えます。

ただアプリをダウンロードしただけでは、TradersTrustでリアルトレードができません。

リアルトレードをするには、以下の手順を踏む必要があります。

  1. TradersTrustの口座開設ページで口座開設をする
  2. 会員ページにログインして、取引口座を開設する
  3. メールでMT4取引口座のログインパスワードを確認する
  4. MT4アプリにログインする

ただはっきり言って、MT4アプリはそこまで使い勝手は良くありません。

チャートは日本時間で表示できませんし、損切り設定も自動でできませんし、アプリ内で経済指標の確認もできませんからね。

スマホで本格的にトレードするなら、cTraderアプリの方がおすすめ。便利な機能がたくさんあり、MT4アプリよりも使いやすいです。

cTraderのダウンロードは、AXIORYの「cTrader」Tradeviewの「取引プラットフォーム」で行えます。

タイトルとURLをコピーしました