おすすめの海外FX業者はこちら!
海外FXでなかなか勝てない人へ

海外FXでのトレード勝率を上げたいなら、こちらの記事をどうぞ。
海外FXの基本戦術をまとめています。

おすすめトレード手法を見る ▷

Traders Trust(トレーダーズ・トラスト/TTCM)でのEA自動売買の始め方・設定方法まとめ

TradersTrustでもEAによる自動売買トレードが可能です。

EA自動売買をするまでの手順は以下の通り。

  1. TradersTrustの口座開設ページで口座開設する
  2. VPSを契約する
  3. VPS内でMT4とEAをダウンロードする
  4. MT4にEAをインストールする

ただEA自動売買をするには、VPSを契約したり、EAを購入したりと、スマホのトレードと比べてハードルが高めです。

パソコンやサーバーの知識がある人でないと、EAの設定は難しいでしょう。

この記事ではTradersTrustでのEA自動売買のやり方をわかりやすく解説していきます。

 

TradersTrustでEA自動売買をする手順

ここからはTradersTrustでEA自動売買をするまでの手順をまとめておきます。

 

その1、TradersTrustで口座開設しておく

TradersTrustでEA自動売買をするには、当然TradersTrustの口座アカウントが必要です。

まだ口座を持っていない方は、TradersTrustの口座開設ページから口座アカウントを作っておきましょう。

またTradersTrustには3種類の口座タイプがあります。

EA自動売買をするなら、プロ口座がおすすめ。

クラシック口座はスプレッドの広がりやすいSTP口座ですし、VIP口座は利用に200万円の入金が必要だからです。

その点でプロ口座は最低入金額は2万円からなので、少ない資金でも手軽にEA自動売買を始めやすいです。

TradersTrustは最大3つの口座が作れます。迷ったらまずはプロ口座から口座開設しましょう。

プロ口座の詳細は、TradersTrustの「口座タイプ」をご覧ください。

 

その2、VPS(仮想専用サーバー)を契約する

TradersTrustの口座開設が終わったら、次はVPSの契約です。

VPSとは簡単に言うと、オンラインでレンタルできるパソコンのこと。

EA自動売買では24時間パソコンを起動し続ける必要があり、安定した運用のためにもVPSの契約は必須です。

FX向けのVPSとして代表的なものは以下の4つ。

EA自動売買が初めてなら、最初のVPSはお名前.comデスクトップクラウドがおすすめ。

日本最大手のGMOが運営しているため、わからないことがあったりトラブルがあったりしても、丁寧な日本語で対応してもらえるからです。

逆にEA自動売買でのトレードに慣れていているなら、VULTRContaboなどの海外VPSを使いましょう。運用コストを半分にできます。

TradersTrustでは無料VPSが利用できますが、料金が高い割に使い勝手が良くないので、おすすめしていません。

詳しくはTradersTrustの「無料VPSサービス」をご覧ください。

 

その3、VPS内にWindowsOSをインストールする

VPSの契約が終わったら、WindowsOSをVPSにインストールします。

ただVPSを契約するときに、WindowsOSつきのプランを契約していた場合は、この作業は不要です。

VPSにWindowsOSをインストールするのは非常に難しいです。よほどパソコンに精通している人でない限り、WindowsOSつきのプランを選ぶのが無難でしょう。

 

その4、VPS内でMT4をダウンロード・インストールする

次はVPSにログインしてWindowsOSにMT4をインストールします。

VPSにアクセスすると内部のブラウザを利用できるようになります。ブラウザ経由でMT4をダウンロードしてください。

MT4をダウンロードする手順は、大きく分けて以下の2つ。

  1. MetaTrader公式サイトからダウンロードする
  2. TradersTrustの「取引プラットフォーム」からダウンロードする

どちらでも構いませんが、TradersTrustのMT4をダウンロードしておいた方が、不具合があったときにTradersTrustからのサポートを受けやすくなります。

なおお名前.comデスクトップクラウドの場合は、すでにVPSの中にMT4がインストールされているので、MT4をダウンロードする必要はありません。

 

その5、VPS内でEAをダウンロード・購入する

VPS内部のブラウザから、EAをダウンロードします。

EAをダウンロード・購入できる代表的サイトは以下の4つ。

おすすめはMQL5のフォーラムサイト。無料EAの種類が豊富で、いろいろなEAを試せます。

EAの中には、収益性がないのに高額なものもたくさんあります。ハズレのEAを買わされないためにも、まずは無料のEAを試して、優秀なEAの目利きができるようになりましょう。

EAの探し方については、こちらの記事が参考になります。

 

その6、MT4にEAをインストールする

次はEAのファイルをMT4にインストールします。

EAのインストール方法は以下の通り。

  1. MT4を起動する
  2. 「ファイル」の「データフォルダを開く」をクリックする
  3. 「MQL4」から「Experts」を選択する
  4. 利用したいEA(ex4/mq4)を「Expertsファイル」に移動させる
  5. MT4を再起動する

インストールしたMT4で初めてEA自動売買をするなら、オプションから「自動売買を許可する」のチェックボックスにチェックを入れておきましょう。

EAの詳しいインストール方法は、こちらの記事をどうぞ。画像をたくさん使っており、わかりやすいです。

これでTradersTrustでのEA自動売買のセッティング方法は以上となります。

 

EA自動売買におすすめの海外FX業者

TradersTrustはECN口座の取引手数料が1ロット往復6ドルと低めで、EA自動売買とは相性が良い海外FX業者です。

ただ口座は3つしか作れないため、複数のEAを同時運用したい人とは相性が悪いかもしれません。EA自動売買では、1口座につき1つのEAを使うことを推奨されていますから。

ここからはEA自動売買におすすめの海外FX業者を2つ紹介します。

 

AXIORY:最大10口座開設でき、同時運用と相性がいい

EA自動売買を本格的にやるなら、まずはAXIORYがおすすめ。

AXIORYでは最大10口座開設できます。EA自動売買では1EAを1口座で運用することが推奨されているので、複数のEAを同時に運用したい人におすすめです。

さらにAXIORYでは口座を長期間放置しても、口座休眠・凍結にならず、口座維持手数料も発生しないため、口座の管理コストもゼロに抑えられます。

そしてAXIORYでは高性能取引ツール「cTrader」が利用できます。

cTraderはFXトレードを快適にする機能がたくさん備わっているため、裁量トレードの成績をあげたい人におすすめ。

詳しくはAXIORY公式サイトをご覧ください。

 

Tradeview:取引手数料が1ロット往復5ドル

EA自動売買の取引コストを極限まで下げたいなら、Tradeviewもおすすめ。

Tradeviewは取引手数料が1ロット往復5ドルと非常に安く、自動売買の利益率アップに貢献してくれます。

さらにTradeviewでもAXIORYと同じようにcTraderが使えるため、裁量トレードでも利益を出しやすいです。

ただしTradeviewは口座管理が厳しめで、口座休眠・凍結になりやすく、口座維持手数料も50ドルと高めです。(返金可能)

詳しくはTradeview公式サイトをご覧ください。

 

まとめ:TradersTrustはEA自動売買と相性がいい

ここまでTradersTrustのEA自動売買についてわかりやすく解説してきました。

TradersTrustでのEA自動売買は、以下の手順で行います。

  1. TradersTrustの口座開設ページで口座開設する
  2. VPSを契約する
  3. VPS内でMT4とEAをダウンロードする
  4. MT4にEAをインストールする

ただTradersTrustでは最大3口座しか作れず、複数のEAを同時に運用する人とは相性が悪いかもしれません。EA運用は1つのEAにつき1口座で行うことが推奨されていますからね。

複数のEAを同時運用したり、たくさんのEAを片っ端から試したりしたいなら、TradersTrustよりもAXIORYの方がおすすめ。

最大10口座作れるため、EA自動売買のテストとも相性がいいです。

AXIORYの追加口座開設は、AXIORYの「MyAxiory」にログイン後に行えます。

タイトルとURLをコピーしました