おすすめの海外FX業者はこちら!
海外FXでなかなか勝てない人へ

海外FXでのトレード勝率を上げたいなら、こちらの記事をどうぞ。
海外FXの基本戦術をまとめています。

おすすめトレード手法をチェックする ▷

Traders Trust(トレーダーズ・トラスト/TTCM)の取引単位は1ロット=10万通貨。最大ロット・最小ロットは?

TradersTrustでFXトレードをするなら、取引ロット数についても知っておきましょう。

海外FXの1ロットは10万通貨と大きめで、国内FXと同じような感覚でトレードすると、思わぬ大損を抱えることもあるからです。

ロットに関する基礎知識は以下の通り。

  • TradersTrustの1ロットは10万通貨
  • 必要証拠金は1ロットあたり22,000円ほど(USDJPYの場合)
  • 最大ロット数は1,000ロット
  • 最小ロット数は0.01ロット(1,000通貨)

この記事ではTradersTrustの取引ロット数についてわかりやすく解説していきます。

ロット数の詳細は、TradersTrustの口座タイプページでも確認できます。

 

TradersTrustは1ロット=10万通貨

冒頭でも述べた通り、TradersTrustの1ロットは10万通貨に相当します。

10万通貨は意外と大きめの通貨量で、20 pipsマイナスになるだけでも、2万円の損失になります。

国内FXだと1ロットは1万通貨なので、同じ感覚でトレードをしていると、多額の損失を出してしまうこともあります。

海外FX初心者の方や、資金10万円でFXトレードを始める方は、まず0.1ロットから取引をしてみましょう。そのあとで少しずつ取引ロット数を増やしたほうがいいです。

ロット数の詳細は、TradersTrustの口座タイプページをご覧ください。

 

1ロットの必要証拠金は22,000円ほど

TradersTrustの1ロットの必要証拠金は22,000円くらいです。

参考までに計算してみましょう。

必要証拠金は以下の計算式で計算できます。

  • 通貨の価値/レバレッジ=必要証拠金

アメリカドル円が1ドル=110円と仮定して、10万通貨保有するとすると、通貨の価値は11,000,000円になります。

  • 110円*10万通貨=11,000,000円

この11,000,000円をレバレッジ500倍で割ると、必要証拠金は22,000円になります。

  • 11,000,000円/レバレッジ500倍=22,000円

以上のことからTradersTrustの1ロットあたりの必要証拠金が22,000円くらいであることがわかります。

計算に必要なロット数・レバレッジなどは、TradersTrustの口座タイプページで確認しましょう。

ただトレードをするたびに必要証拠金を計算するのはめんどうです。

楽に計算したい方はXMの計算ツールを使いましょう。取引ロット数や通貨ペアなどを設定するだけで、簡単に必要証拠金を計算できます。

 

他の海外FX業者と1ロットの必要証拠金を比較

先ほども述べた通り、TradersTrustの1ロットの必要証拠金は22,000円くらいです。

ではこの必要証拠金は高いのでしょうか、それとも低いのでしょうか?

参考までに、1ロットの必要証拠金を比較してみました。

最大レバレッジ
1ロットの必要証拠金(USDJPY)
FBS3,000倍3,700円
GemForex1,000倍11,000円
HotForex1,000倍11,000円
XM888倍12,000円
LAND-FX500倍22,000円
TradersTrust500倍22,000円
Tradeview500倍22,000円
iFOREX400倍27,000円
AXIORY400倍27,000円

こうしてみるとTradersTrustのレバレッジ500倍は平均的で、必要証拠金の22,000円も少し高いくらいです。

逆にレバレッジが高ければ高いほど、必要証拠金が少なくなります。例えばFBSは1ロットあたりの必要証拠金が3,700円とかなり低いです。

レバレッジ1,000倍のGemForexも、必要証拠金は11,000円くらいで、TradersTrustの半分ほど。資金が少ない人ほど、FBSやGemForexなどのレバレッジの高い海外FX業者を使った方が良いです。

ただレバレッジの高い海外FX業者は、取引コストが高い傾向があります。ある程度資金に余裕ができたら、AXIORYTradeviewなどの取引コストの低い海外FX業者に切り替えたいですね。

 

最大ロット数は1,000ロット(CFD銘柄は50ロット)

TradersTrustの最大ロット数は1,000ロット。これはおよそ1億通貨に相当するため、非常に大きな通貨量です。

ただ億トレーダーの人でも取引ロット数は10〜50ロットが多いので、1,000ロットは明らかに過剰です。

またCFD銘柄の場合は、最大ロット数は50ロットに制限されます。それでも500万通貨に相当するため、大きな通貨量であることには変わりありません。

最大ロット数は、TradersTrustの口座タイプページでも確認できます。

 

他の海外FX業者と最大ロット数を比較

TradersTrustの最大ロット数は1,000ロットです。

ではこれは多い方なのでしょうか、それとも少ない方なのでしょうか?

参考までに、他の海外FX業者の最大ロット数とも比較してみました。

最大ロット
AXIORY1,000ロット
TradersTrust1,000ロット
FBS500ロット
Tradeview75ロット
HotForex他の口座タイプ60ロット
iFOREX50ロット
XM50ロット
GemForex30ロット
LAND-FX30ロット
HotForexマイクロ口座7ロット

TradersTrustの最大ロット数1,000ロットは、AXIORYと並んでツートップです。非常に大きいことがわかりますね。

ただFXトレードでまとまった利益を出すなら、取引ロット数は1〜10ロットでも十分で、1,000ロットの取引をする必要はありません。

取引ロット数が10ロットなら、20 pipsプラスになるだけでも、20万円稼げますからね。

HotForexのマイクロ口座以外は、10ロット以上の取引ができるため、最大ロット数を基準に海外FX業者を決める必要もないでしょう。

それよりも取引コストの安さやボーナスの有無などを判断基準にした方が良いです。

 

最小ロット数は0.01ロット(1,000通貨)

TradersTrustの最小ロット数は0.01ロット。これは1,000通貨に相当します。

ECN口座を除くほとんどの海外FX口座では、最小ロット数は0.01ロットに設定されています。TradersTrustも例外ではないため、珍しくはないはずです。

EA自動売買のテストで少額トレードをするなら、0.01ロット取引のできるTradersTrustでも充分でしょう。

最小ロット数は、TradersTrustの口座タイプページでも確認できます。

 

1,000通貨未満のトレードができる海外FX業者

EA自動売買のテストで1,000通貨未満でトレードをしたいなら、以下の2つの海外FX口座がおすすめ。

どちらも1ロット通貨量が1,000通貨に設定されており、非常に小さな通貨量でのトレードが可能となります。

もちろん極小の通貨量でトレードをしてもほとんど利益は出ないので、EA自動売買のテストで使われることが多いです。

2つの口座の詳細スペックは以下の通り。

1ロット通貨量レバレッジスプレッド最低入金額
XMマイクロ口座1,000通貨888倍1.8 pips〜500円
FBSセント口座1,000通貨1,000倍1.0 pips〜1ドル

性能に差はありませんが、使いやすさではXMのマイクロ口座に軍配が上がります。

XMのマイクロ口座については、こちらの記事をご覧ください。

 

まとめ:TradersTrustの最大ロットは1,000ロットと大きい

ここまでTradersTrustの取引ロット数についてわかりやすく解説してきました。

ロットに関する基礎知識をもう一度まとめておきましょう。

  • TradersTrustの1ロットは10万通貨
  • 必要証拠金は1ロットあたり22,000円ほど(USDJPYの場合)
  • 最大ロット数は1,000ロット
  • 最小ロット数は0.01ロット(1,000通貨)

TradersTrustの1ロットは10万通貨で、これは他の海外FX業者と同じです。

10万通貨は大きめの通貨量で、20 pipsマイナスになるだけでも、2万円の損失になります。初めて海外FXトレードをする方は、0.1ロットからトレードしましょう。

またTradersTrustの最大ロット数は1,000ロットで、AXIORYと並んで最高クラスです。

ただ億トレーダーでも10〜50ロットで取引をしている人がいるので、最大ロット数はそこまで高くなくてもいいでしょう。

取引ロット数や必要証拠金の計算は、ざっくりとでもいいからできるようになっておいた方が良いです。計算が面倒な方は、XMの計算ツールを使うと計算が楽になります。

TradersTrustのロット数は、TradersTrustの口座タイプページで確認できます。

タイトルとURLをコピーしました