おすすめの海外FX業者はこちら!
海外FXでなかなか勝てない人へ

海外FXでのトレード勝率を上げたいなら、こちらの記事をどうぞ。
海外FXの基本戦術をまとめています。

おすすめトレード手法を見る ▷

Traders Trust(トレーダーズ・トラスト/TTCM)取引プラットフォーム「MT4」の使い方・ダウンロード方法まとめ

TradersTrustの対応プラットフォームはMT4のみ。MT5やcTraderは使えません。

TradersTrustでは、以下のデバイスでMT4を利用できます。

ではTradersTrustでトレードするなら、どのデバイスのMT4がおすすめでしょうか?

この記事ではTradersTrustの取引プラットフォーム「MT4」についてわかりやすく解説していきます。

詳しくはTradersTrustの「プラットフォーム」をご覧ください。

 

TradersTrustの取引ツール・取引プラットフォーム

冒頭でも述べた通り、TradersTrustでは以下のデバイスでMT4が使えます。

ここからはそれぞれのデバイスごとのMT4の特徴を見てきます。

 

Windows版MT4

Windows版MT4は、WindowsOSで起動できるMT4のソフトウェアです。

Windows版MT4の最大のメリットは、拡張性が高いこと。

便利なインディケーターやテクニカル指標、アラームなどをインストールすることで、裁量トレードの効率を上げられます。

中でもおすすめのインディケーターは以下の2つ。

特に重要なのは2つ目のインディケーターで、これをインストールしておくことで、損切りのし忘れを防げます。

MT4は世界中の利用者が多いため、便利なインジケーターがたくさん揃っています。チャート分析の効率を上げたいなら、MQL5などで便利なインディケーターを探してみましょう。

詳しくはTradersTrustの「Windows版MT4」をご覧ください。

 

Mac版MT4

Mac版MT4は、MacOSで起動できるパソコン向けのソフトウェアです。

ただ本来MT4はWindowsOS向けのソフトウェアで、Mac OSには対応していません。MacOSでMT4を起動するには、PlayOnMacなどの仮想環境ソフトを使う必要があります。

それでもMT4はソフトウェアが古いためか、最新のMacOSだとうまく起動しない、ログインできない、といったことがあります。

Macユーザーがデスクトップ版MT4を使うなら、

  • WindowsOSのパソコンを別途用意する
  • BootCampなどでMacパソコンにWindowsOSをインストールする

などの選択肢を取ることになります。

ただMacOSで相性の悪いMT4を使うくらいなら、より高性能で使いやすいブラウザ版cTraderを使うことをおすすめします。

詳しくはTradersTrustの「Mac版MT4」をご覧ください。

 

Android向けMT4

Android向けMT4は、Androidスマホ・タブレットでMT4を動かすアプリです。

スマホ向けのMT4アプリはどの海外FX業者も共通で、Google Playストアからダウンロードして利用します。

MT4アプリのメリットとしては、

  • Google Playストアからダウンロードして手軽に使える
  • デザインがシンプルで使いやすい
  • 動作が速い

などが挙げられます。

逆にMT4アプリのデメリットとしては、

  • 便利なインジケーターをインストールできない
  • チャートの表示時間を日本時間に変更できない
  • EAによる自動売買ができない
  • cTraderのように自動損切りの設定ができない

などが挙げられます。

MT4アプリはFXトレードが手軽にできる一方で、画面が小さく、チャートの分析の効率が落ちてしまいます。

取引回数の少ないスイングトレードであれば、MT4アプリでトレードしても、チャート分析の効率は落ちないでしょう。

逆にデイトレードやスイングトレードなら、デスクトップ版MT4を使った方が、チャート分析の効率を上げられるはずです。

詳しくはTradersTrustの「Android向けMT4」をご覧ください。

 

iOS向けMT4

iOS向けMT4は、iPhoneやiPadなどのiOSデバイスでMT4を起動するアプリです。

iOS向けのMT4も、Android向けMT4と同じくスマホアプリです。App Storeからダウンロードすることで、iPhoneなどでMT4を利用できます。

なお基本的な動作や使い方、性能などは、Android版MT4とほぼ同じです。

詳しくはTradersTrustの「iOS向けMT4」をご覧ください。

 

ウェブトレーダーMT4

ウェブトレーダーMT4は、ウェブブラウザでMT4を操作するのサービスです。

MacOSやChromeブラウザでも利用できるため、MacユーザーがパソコンでFXトレードするのにおすすめ。

ただしウェブトレーダー版のMT4は、デスクトップ版と違って、インディケーターのインストールやEA自動売買などはできません。

私も実際にウェブトレーダーを何度か利用したことがあるのですが、テクニカル指標の細かい設定などができず、使い勝手は良くありませんでした。

MacOSでウェブトレーダーを使うよりも、ブラウザ版のcTraderを使ったほうがトレードの効率も上がるはずです。

詳しくはTradersTrustの「ウェブトレーダーMT4」をご覧ください。

 

本格的にトレードするなら、デスクトップ版MT4がおすすめ

TradersTrustで本格的にFXトレードをするなら、デスクトップ版MT4がおすすめ。

理由としては、

  • 便利なインジケーターをたくさんインストールできる
  • スマホよりも大画面で、1画面あたりの情報量が多い
  • テクニカル指標をたくさん表示しても、画面に余裕がある

などが挙げられます。

私も実際にスマホとパソコンのMT4でトレードをしたことがあるのですが、やはりパソコンの方が画面が大きく、情報量に余裕があります。

また好きなインディケーターもインストールできるため、チャートを日本時間に変更したり、自動損切り・利食い設定を導入したりもできるわけです。

本格的にチャート分析をするなら、Windows版のMT4を使いましょう。

詳しくはTradersTrustの「Windows版MT4」をご覧ください。

 

MT4以外の取引プラットフォーム

TradersTrustでは取引プラットフォームはMT4しか使えませんが、他の海外FX業者とそれ以外の取引プラットフォームが使えることがあります。

MT4以外で代表的なものだと、MT5とcTraderが挙げられますね。

ここからはMT5とcTraderの特徴を簡単にまとめておきます。

 

MT5:MT4と性能はそれほど変わらない

MT5は、MT4の後継となる取引プラットフォームです。

それぞれの特徴を簡単にまとめると、

  • MT4:EA・インディケーターの種類が多い
  • MT5:全体的に動作が早い

といった感じですね。

もっと細かい違いを知りたいなら、以下の表をご覧ください。

MT4MT5
動作普通速い
時間足9種類21種類
対応業者多い少ない
EA自動売買多い少ない
カスタムインディケーター多い普通
仮想通貨非対応対応
描画ツール31種類44種類

MT4は世界中で多くの人が利用しており、EAやインジケーターの種類が多いです。

それに対しMT5は歴史が浅く、EAやインディケーターの種類はMT4より少なめ。

MT5のインディケーターは、MT4と互換性がありません。EA自動売買をする人は、MT4を好んで使う傾向があります。

MT5はMT4と比べても性能にあまり差はなく、それどころかのEAやインディケーターの種類でMT4よりも劣っています。

対応している海外FX業者も少なく、cTraderほど使い勝手が良くないことから、トレーダーの間では人気がありません。

MT5が使える海外FX業者は以下の通り。

  • XM:5万円ボーナスが使いやすく、初心者向け
  • LAND-FX:スプレッドが狭く、口座放置ペナルティがない
  • FBS:レバレッジ3,000倍。無料VPSを使いやすい
  • HotForex:コピートレードが使いやすい

おすすめはXM。5万円ボーナスが使いやすく、日本人利用者も多いため、使い勝手もいいです。

詳しくはXM公式サイトをご覧ください。

 

cTrader:高性能で裁量トレード向け

cTraderはMT4・MT5より高性能な取引プラットフォーム。特にECN口座でのスキャルピングトレードと相性が良いです。

cTraderがMT4・MT5よりも優れている点は、

  • 注文時に損切りと利食いを自動で設定できる
  • チャートの表示時間を日本時間に変更できる(UTC+9)
  • 取引ツール内で経済指標を表示できる
  • テクニカル指標のテンプレを保存できる

などが挙げられます。

私もFXトレードをするときはブラウザ版のcTraderを愛用していますが、やはりMT4と比べて直感的に操作できるのがありがたいですね。

ただ機能が多く、画面がごちゃついているため、FX初心者がいきなり使うと操作で手間取るかもしれません。ある程度FXトレードに慣れた中級者以上向けですね。

cTraderが使える海外FX業者は以下の通り。

  • AXIORY:取引手数料が1ロット往復6ドル。使いやすい
  • Tradeview:取引手数料が1ロット往復5ドル。少し使いにくい

初めてcTraderを使うなら、会員ページが使いやすいAXIORYがおすすめ。

詳しくはAXIORY公式サイトをご覧ください。

 

まとめ:裁量トレードをするなら、MT4よりもcTraderの方がいいかも

ここまでTradersTrustの取引プラットフォームについてわかりやすく解説してきました。

TradersTrustでは以下のデバイスでMT4を利用できます。

1番のおすすめはWindows版のMT4。

デスクトップ版のMT4なら便利なインジケーターやテクニカル指標などをインストールでき、チャート分析の効率を上げられます。

それとパソコンの方が画面が大きく、1画面あたりの情報量も増えるため、チャート分析の時間も節約できるでしょう。

詳しくはTradersTrustの「Windows版MT4」をご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました