おすすめの海外FX業者はこちら!
海外FXでなかなか勝てない人へ

海外FXでのトレード勝率を上げたいなら、こちらの記事をどうぞ。
海外FXの基本戦術をまとめています。

おすすめトレード手法をチェックする ▷

Traders Trust(トレーダーズ・トラスト/TTCM)無料VPS(仮想専用サーバー)の使い方・登録方法

TradersTrustでは月額有料VPSが利用できます。

VPSとは、簡単に言うとオンラインで使えるパソコンサーバーのことで、EA自動売買をするときに必須のサービスです。

TradersTrustのVPSにはブロンズ、シルバー、ゴールドの3ランクあり、ランクが上がるほど性能がよくなります。

ランクごとのVPSのスペックは以下の通り。

メモリ(RAM)ストレージ仮想CPU月額料金
ブロンズ1300MB25GB1コア
25ポンド(3,500円)
シルバー2700MB50GB2コア
45ポンド(6,300円)
ゴールド5120MB75GB4コア
80ポンド(11,200円)

さらにTradersTrustのVPSは、一定の条件を満たすことで、無料利用できます。

無料利用の条件は以下の通り。

口座残高取引ロット数(往復)
ブロンズ2,000ドル以上最低5ロット/月
シルバー3,000ドル以上最低7ロット/月
ゴールド5,000ドル以上最低10ロット/月

うまく活用すれば、VPSの運用コストを節約できます。

この記事ではTradersTrustの無料VPSや、他の月額有料VPSについてわかりやすく解説していきます。

VPSの詳細は、TradersTrustの「無料VPS一覧」でも確認できます。

 

TradersTrust VPSに関する基礎知識

ここからはTradersTrustのVPSに関する基礎知識をまとめておきます。

 

VPSの提供元は Beeks Financial Cloud

TradersTrustのVPSの提供元は、Beeks Financial Cloudという会社。海外FX業者で無料利用できるVPSの多くは、この会社が提供しています。

ただBeeksのVPSは、料金が高い割に、使い勝手があまりよくなく、日本人利用者の間でも評判は良くありません。

無料なら使ってみる価値はありますが、わざわざお金を払って使う価値があるかと言われると、微妙なところです。

BeeksVPSの使い勝手などは、こちらの記事が参考になります。

VPSの詳細は、TradersTrustの「無料VPS一覧」をご覧ください。

 

TradersTrustの有料VPSは3種類

TradersTrustはブロンズ、シルバー、ゴールドの3種類の有料VPSを提供しています。

ランクごとのVPSのスペックは以下の通り。

メモリ(RAM)ストレージ仮想CPU月額料金
ブロンズ1300MB25GB1コア
25ポンド(3,500円)
シルバー2700MB50GB2コア
45ポンド(6,300円)
ゴールド5120MB75GB4コア
80ポンド(11,200円)

1番下のランクのブロンズでも、メモリが1.3GBしかないのに、料金は3,500円と高め。

同じスペックでも、お名前.comデスクトップクラウドなら2,000円くらい、Contaboなどの海外VPSなら1,000円くらいで利用できます。

そう考えるとTradersTrustのVPSは、他の有料VPSと比べて割高ですね。

VPSの料金は、TradersTrustの「無料VPS一覧」で確認できます。

 

条件を満たすことで、VPSを無料利用できる

TradersTrustのVPSは、一定の条件を満たすことで、無料で利用できます。

無料利用の条件は以下の通り。

口座残高取引ロット数(往復)
ブロンズ2,000ドル以上最低5ロット/月
シルバー3,000ドル以上最低7ロット/月
ゴールド5,000ドル以上最低10ロット/月

1番下のブロンズでも、20万円相当の口座残高が必要で、さらに毎月5ロット以上の取引もすることになります。

取引ロット数の月間の累計なので、1ロットの取引を5回でも、0.1ロットとの取引を50回やってもOKです。

口座残高と取引ロットの条件を毎月満たせるなら、無料VPSを使い続けられるので、条件を満たしている方は、試してみると良いでしょう。

無料条件は、TradersTrustの「無料VPS一覧」で確認できます。

 

TradersTrust VPSの使い方・登録方法

ここからはTradersTrustのVPSの登録方法をまとめておきます。

 

TradersTrustの「VPS」ページにアクセスする

まずはTradersTrustの公式サイトにアクセスしましょう。

次にヘッダーメニューの「お取引→教育」から「VPS」をクリックします。

VPS」にアクセスしたら、下にスクロールして、「VPSサービスを申請」という青色ボタンをクリックします。

 

TradersTrust提携ページからBeeksVPSの申し込みをする

青色の申請ボタンをクリックすると、BeeksFinancialCloudの申し込みページに遷移します。

利用条件のチェックボックスにチェックを入れ、青色の「ORDER NOW」ボタンをクリックして、VPSの登録手続きを進めましょう。

申し込みページには「TradersTrustの会員経由で有料登録をすると、7%のディスカウントが受けられる」とも書かれてありますね。

TradersTrustとBeeksVPSをセットで利用するなら、この割引を使ってみるといいでしょう。

 

利用登録をして、支払い手続きも済ませる

「ORDER NOW」の青色ボタンをクリックすると、VPSサービスの注文ページに移動します。

ブロンズ、シルバー、ゴールドの3種類があるので、利用目的に合わせたVPSを選んで、注文手続きを済ませましょう。

数字の横にある「£」という単位は「ポンド」です。ブロンズのVPSなら27ポンド、シルバーは48ポンド、ゴールドは85ポンドですね。

日本円の料金などは、こちらの比較表をご覧ください。

メモリ(RAM)ストレージ仮想CPU月額料金
ブロンズ1300MB25GB1コア
25ポンド(3,500円)
シルバー2700MB50GB2コア
45ポンド(6,300円)
ゴールド5120MB75GB4コア
80ポンド(11,200円)

スペック・料金などは、TradersTrustの「無料VPS一覧」でも確認できます。

BeeksFinancialCloudでの手続きが終われば、VPSの登録手続きは完了です。

ただし無料VPSを利用するなら、さらに手続きが必要となります。

 

TradersTrustのサポートデスクにVPSの無料利用申請をする

TradersTrustの無料VPSは、自動で無料になるわけではありません。

無料で利用するには、以下の手順を踏むことになります。

  1. BeeksFXに料金を支払う
  2. TradersTrustのサポートデスクに無料利用の申請をする
  3. 条件を満たしていれば、払い戻しが受けられる

サポートデスクに無料利用申請をするなら、以下のメールテンプレを使いましょう。

<メール記載内容>
送信先メール:support.int@ttcm.com / jsupport@ttcm.com
件名:無料VPSサービス利用
本文記載内容:
①お客様のお名前
②弊社登録のメールアドレス
③VPSご利用のMT4運用口座番号
④Beeks社契約明細・お支払い明細を添付下さい。

引用元:無料VPSサービスはありますか?

サポートデスクへの連絡方法は、引用元の「無料VPSの申請方法」をご覧ください。

 

無料利用の条件を満たしていれば、VPSの料金がMT4口座に補填される

そして月末に無料利用の条件を満たしていれば、VPSの利用料金がTradersTrustのMT4口座に補填されます。

無料利用の条件をもう一度確認しておきましょう。

口座残高取引ロット数(往復)
ブロンズ2,000ドル以上最低5ロット/月
シルバー3,000ドル以上最低7ロット/月
ゴールド5,000ドル以上最低10ロット/月

条件を満たしていなければ、利用料金は補填されず、そのまま負担することになります。

無料条件は、TradersTrustの「無料VPS一覧」で確認しておきましょう。

 

無料VPSが使える他の海外FX業者

TradersTrust以外の海外FX業者でも無料VPSは利用できます。

ここからは無料VPSの利用できる海外FX業者をいくつか紹介します。

 

FBS:条件を満たしやすい

FBSは無料VPSの利用ハードルが1番低いです。利用条件は2つ。

  1. 450ドル以上の入金1回
  2. 毎月3ロット以上の取引

450ドルは日本円で5万円に相当します。他の海外FX業者だと50万以上の口座残高が条件だったりするので、それと比べるとハードルは低いですね。

ただし入金は1回で450ドル以上をまとめてする必要があり、複数回に分けて入金しても条件を満たされません。

2つ目の条件である毎月3ロット以上の取引も、合計で達成すれば大丈夫です。例えば0.1ロットの取引を30回するとか。

無料VPSが使える海外FX業者の中でも、FBSは1番達成ハードルが低いといえます。

無料VPSの詳細は、FBSの「プロモーション→VPSサーバー」をご覧ください。

 

GemForex:条件は厳しめ

GemForexでも無料VPSは利用できます。利用条件は以下の通り。

  1. 口座残高5,000ドル以上

条件は1つだけですが、口座残高を50万円以上にする必要があり、資金の少ない人にはハードルが高いです。

GemForexは資金の少ないトレーダーが使うことが多く、50万円入金できる人は少なめです。資金10万円でEA自動売買をするなら、FBSの無料VPSの方がおすすめ。

無料VPSの詳細は、GemForexの「プラットフォーム→GEM MT4 VPS」をご覧ください。

 

XM:条件は厳しめ

XMも無料VPSを提供しています。利用条件は2つ。

  1. 口座残高5,000ドル以上
  2. 毎月5ロット以上の取引

無料利用の条件は、かなり高めですね。

資金が少なく、手軽に無料VPSを使うなら、条件の達成しやすいFBSの方がおすすめ。

無料VPSの詳細は、XMの「プロモーション」をご覧ください。

 

HotForex:条件は厳しめ

HotForexの無料VPSの利用条件は以下の通り。

  1. 口座残高5,000ドル以上
  2. 毎月5ロット以上の取引

無料利用の条件はXMと同じくらい厳しめで、最低のブロンズランクでも50万円以上用意する必要があります。

少ない資金で無料VPSを利用するなら、やはりFBSがいいですね。

無料VPSの詳細は、HotForexの「無料VPS一覧」をご覧ください。

 

おすすめの月額有料VPS

海外FXが無料で提供しているVPSは、性能がイマイチだったり、日本語サポートが不十分だったりします。

VPSに使いやすさを求めるなら、月額有料のVPSサービスを使いましょう。

ここからはおすすめの有料VPSサービスをいくつか紹介します。

 

お名前.comデスクトップクラウド:設定が簡単

VPSが初めての人におすすめなのが、お名前.comデスクトップクラウド。すでにVPSにWindowsOSとMT4がインストールされており、初期設定が簡単です。

逆に他のVPSだと、WindowsOSのインストール等が必要だったりして、パソコンやサーバーの知識が必要となります。

さらにお名前.comデスクトップクラウドは、電話サポートなども充実しており、わからないことがあっても、気軽に日本語で質問できます。

欠点は月額料金が2000円前後と高いこと、そして料金体系が分かりにくいことです。VPSの運用に慣れてきたら、もっと安いVPSに切り替えましょう。

EA自動売買が初めてなら、まずはお名前.comのデスクトップクラウドがおすすめ。

 

ABLENET VPS:性能が高め。無料お試し期間あり

ABLENET VPSも、お名前.comデスクトップクラウドと並んで有名なVPSサービスです。回線の速度が速く、VPSとしての信頼性が高いのが特徴。

欠点はお名前.comと比べるとサポートが控えめなこと。電話サポートなどもなく、WindowsOSも自力でダウンロードする必要があります。

そのかわり10日間の無料お試しがあるので、お金を使わずVPSを試したい人にはおすすめです。

 

VULTER(ヴァルチャー):高コスパの海外VPS

VULTRはコストパフォーマンスが高いことで有名な海外VPSです。

自前でOSを用意できれば月額5ドルで運用できるため、自動売買トレーダー上級者に人気があります。

WindowsOSを用意できなくても、WindowsOSをレンタルできるプランもありますが、その場合は追加で月額20ドル取られます。

サーバーやOSの知識があり、自力でOSのインストールなどができるなら、運用コストを安く下げられます。

VULTRにWindowsOSをインストールする方法は、こちらの記事をご覧ください。

VULTRの欠点は、サービスが日本語に対応していないこと。英語が苦手な人には使いにくいサービスです。

 

CONTABO:VULTERよりも高コスパな海外VPS

CONTABOはさらに料金が安くてコスパな海外VPSです。

VULTRだとWindowsOS込みで月額2,000円くらいですが、CONTABOならWindowsOS込みで1000円で利用できます。海外VPSの中でも最安値クラスでしょう。

ただサイトのデザインがごちゃごちゃしており、ちょっと使いにくいです。

また公式サイトは日本語に対応しておらず、メールのサポートも英語なので、英語が使える人でないと厳しいです。

逆に英語に強く、VPSに慣れており、VPSの運用コストをできるだけ下げたいなら、CONTABOは有力候補です。

CONTABOの使い勝手・レビューは、こちらの記事が参考になります。

 

まとめ:TradersTrustのVPSはおすすめしない

ここまでTradersTrustのVPSについてわかりやすく解説してきました。

TradersTrustでは以下の3種類のVPSが利用できます。(スペックの詳細はこちら

メモリ(RAM)ストレージ仮想CPU月額料金
ブロンズ1300MB25GB1コア
25ポンド(3,500円)
シルバー2700MB50GB2コア
45ポンド(6,300円)
ゴールド5120MB75GB4コア
80ポンド(11,200円)

スペックの詳細は、TradersTrustの「無料VPS一覧」で確認できます。

TradersTrust経由でBeeksVPSを契約すると、7%の割引が受けられるのもお得ですね。

またTradersTrustのVPSは、以下の条件で無料利用できます。

口座残高取引ロット数(往復)
ブロンズ2,000ドル以上最低5ロット/月
シルバー3,000ドル以上最低7ロット/月
ゴールド5,000ドル以上最低10ロット/月

無料条件は、TradersTrustの「無料VPS一覧」でも確認できます。

利用申請は、TradersTrustの「VPS」から行ってください。

ただBeeksのVPSは、料金が高い割に使い勝手が悪く、日本人利用者の間では評判が良くありません。

またVPSを無料利用できても、来月も無料利用の条件を満たさなければ、VPSの料金を自己負担することになります。

それならサポートが充実していて、使い勝手もいい、月額有料VPSの方が良いのではないでしょうか?

VPS初心者はお名前.comデスクトップクラウド、中級者以上はVULTRCONTABOなどの海外VPSがおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました