おすすめの海外FX業者はこちら!
海外FXでなかなか勝てない人へ

海外FXでのトレード勝率を上げたいなら、こちらの記事をどうぞ。
海外FXの基本戦術をまとめています。

おすすめトレード手法を見る ▷

Tradeview(トレードビュー)の口座タイプ比較まとめ。MT4/MT5(X Leverage/ILC)cTrader/Viking(バイキング)の違いは?

2020年現在、Tradeviewで開設できる主要口座タイプは全部で6種類あります。

具体的な口座タイプは以下の通り。

  1. MT4 ILC口座(ECN口座):EA自動売買におすすめ
  2. MT4 Xレバレッジ口座(STP口座)
  3. MT5 ILC口座(ECN口座)
  4. MT5 Xレバレッジ口座(STP口座)
  5. cTrader:裁量トレードにおすすめ
  6. バイキング

この記事ではTradeviewの口座タイプをわかりやすく解説することにしました。

口座タイプは、英語版Tradeviewの「Accounts」でも確認できます。

 

Tradeviewの主要口座タイプ一覧

まずはTradeviewの主要口座タイプ6種類をそれぞれ見ていきます。

 

メタトレーダー4 Innovative Liquidity Connecter/ILC口座(ECN口座)

MT4 ILC口座のスペックは以下の通り。

レバレッジ200倍
取引手数料5ドル/lot
最低入金額10万円
最小ロット数0.1ロット
ロスカットライン100%
スプレッド目安(USD/JPY)0.2 pips
発注方式ECN方式

MT4 ILC口座の最大のメリットは、取引手数料が非常に安いこと。手数料が1ロット往復5ドルと、他の海外FX業者と比べても最安値クラスです。

参考までに具体例を挙げると、XM Zero口座は1ロット往復10ドル、LAND-FXのECN口座は1ロット往復7ドル、AXIORYのECN口座は1ロット往復6ドル。

Tradeviewの1ロット往復5ドルが非常に低いことが分かりますね。

またMT4のILC口座は、EA自動売買とセットで使われることが多いです。MT4は自動売買プログラムの種類が1番多いですから。

逆に裁量トレードするならMT4はおすすめできません。MT5・cTraderの方が取引ツールとしての性能が上だからです。

EA自動売買のコストを最小限に抑えたいなら、Tradeviewは最有力候補と言えます。

MT4 ILC口座は、英語版Tradeviewの「Accounts」でも確認できます。

 

メタトレーダー4 X Leverage(スタンダード口座)

MT4 Xレバレッジ口座の詳細は以下の通り。

レバレッジ500倍
取引手数料なし
最低入金額1万円
最小ロット数0.01ロット
ロスカットライン100%
スプレッド目安(USD/JPY)2.0 pips
発注方式STP方式

STP口座を使うことのメリットとしては、

  • 口座開設・入金ボーナスなどがもらえる
  • レバレッジが高め
  • 最低入金額が低め
  • 最小取引ロット数が低め

などが挙げられます。

実際TradeviewのXレバレッジ口座も、レバレッジが500倍と高めで、最小ロット数も0.01ロットと小さいです。これなら資金の少ない人でも利用しやすいですね。

ただSTP口座は総じてスプレッドが広いため、玄人のトレーダーは利用しません。実際TradeviewのSTP口座も、スプレッドが2.0 pipsとかなり広めです。

さらにTradeviewのSTP口座は、STP口座なのにボーナスがもらえません。これならXMGemForexを使ったほうがよさそうです。

Tradeviewの魅力は、非常に低い取引コストにあるため、わざわざスプレッドの広いSTP口座を使うメリットは少ないのです。

MT4 Xレバレッジ口座は、英語版Tradeviewの「Accounts」でも確認できます。

 

メタトレーダー5 Innovative Liquidity Connecter/ILC口座(ECN口座)

MT5 ILC口座の詳細は以下の通り。

レバレッジ200倍
取引手数料5ドル/lot
最低入金額10万円
最小ロット数0.1ロット
ロスカットライン100%
スプレッド目安(USD/JPY)0.2 pips
発注方式ECN方式

名称やスペックなどはMT4のILC口座と大体同じです。

MT5の最大の特徴は、MT4よりも動作が軽いこと。裁量トレードするならMT4よりもMT5の方が相性がいいです。

ただ裁量トレードをするなら、cTraderの方が優秀です。cTraderなら自動で損切り・利食いの設定もできますし、アプリ内で経済指標の確認もできますからね。

TradeviewがcTraderに対応している以上、MT5を使うメリットは少ないです。

MT5 ILC口座は、英語版Tradeviewの「Accounts」でも確認できます。

 

メタトレーダー5 X Leverage(スタンダード口座)

MT5 Xレバレッジ口座の詳細は以下の通り。

レバレッジ500倍
取引手数料なし
最低入金額1万円
最小ロット数0.01ロット
ロスカットライン100%
スプレッド目安(USD/JPY)2.0 pips
発注方式STP方式

口座のスペックなどは、MT4のXレバレッジ口座と大体同じです。

主な特徴としては、

  • レバレッジ500倍と高いこと
  • 最低入金額が1万円と低いこと
  • 最小取引単位が0.01ロットと低いこと

などが挙げられます。

ただしこちらのSTP口座もスプレッドが広めなので、スキャルピングトレードやデイトレードとは相性が悪いです。資金の少ない人がスイングトレードで40〜100 pips稼ぐとかなら問題ないでしょう。

ただ正直資金が少ない人が海外FXを使うなら、ボーナスがもらえるGemForexXMなどを使った方がいいです。

ボーナスがたくさんあれば、証拠金に余裕が出て、利益率の高いトレードをしやすくなりますからね。

MT5 Xレバレッジ口座は、英語版Tradeviewの「Accounts」でも確認できます。

 

cTrader口座

cTrader口座の詳細は以下の通り。

レバレッジ200〜400倍
取引手数料50ドル/1万ドル
最低入金額10万円
最小ロット数0.1ロット
ロスカットライン100%
スプレッド目安(USD/JPY)0.2 pips
発注方式ECN方式

cTraderの初期レバレッジは200倍ですが、資金が少なければレバレッジ申請画面で最大400倍に引き上げてもらえます。

レバレッジは高ければ高いほど、少ない資金で大きな取引がしやすくなるので、できれば最大レバレッジの400倍に設定しましょう。

Tradeviewで裁量トレードするなら、cTraderはおすすめ。理由は取引ツールとしての性能が高いから。

cTraderの主な特徴としては、

  • ワンタップで注文ができる
  • ワンタップ注文時に、自動で損切り・利食いの設定ができる
  • ツール内で板情報・経済指標を確認できる
  • チャート内で日本時間を表示できる

などが挙げられます。

特に自動損切り設定が便利で、損切りのし忘れで大きな損失を抱えるリスクを避けられます。裁量トレードで本格的に稼ぎたいなら、取引ツールはcTraderがおすすめです。

cTrader口座は、英語版Tradeviewの「Accounts」でも確認できます。

cTraderは、Tradeviewの「取引プラットフォーム」でダウンロードできます。

 

バイキング(CURRENEX)口座

バイキング口座の詳細は以下の通りです。

レバレッジ200〜400倍
取引手数料6ドル/lot
最低入金額10万円
最小ロット数0.1ロット
ロスカットライン100%
スプレッド目安(USD/JPY)0.6 pips
発注方式STP方式

バイキング口座では「CURRENEX(カリネックス)」という取引ツールが利用できます。

CURRENEXは、複数の金融機関と直接接続して取引できるプラットフォーム。

ただCURRENEXの対応プラットフォームはWindowsのみで、スマホやタブレットでは取引ができません。

さらにCURRENEXは利用者が非常に少ないため、ネット上でも日本語の情報が少なく、一般のトレーダーが使うにはハードルが高いです。

裁量トレードするなら、スマホ・タブレット対応のcTrader口座がおすすめ。

バイキング口座は、英語版Tradeviewの「Accounts」でも確認できます。

 

Tradeviewの主要でない口座タイプ一覧

Tradeviewでは先ほど挙げた6種類の口座以外にも口座タイプを選びます。

ただどれもマイナーですし、利用者も少ないため、軽く紹介するに留めておきます。

 

API/FIX口座

API・FIXとは、金融商品を電子取引するときに使われるプロトコルのこと。

正式名称は以下の通り。

  • API:Application Programming Interface
  • FIX:Financial Information Exchange

既存のプラットフォームではできない動作も、APIやFXを調整することで、可能となります。金融取引で使えるプログラミング言語のようなものですね。

ただしAPIやFXを調整するには、専用のプログラミング言語を体得する必要があり、一般的なトレーダーが使うにはハードルが高いです。

C#やJava、C++といった高度な言語の理解や
最低限の知識としてインフラ周り(TCP(通信)やネットワーク、DB)
についても知っておく必要があります。

引用:fix apiについて

自分で自動売買プログラムを開発して、それをTradeviewで試したいなら、API/FIXの口座開設を検討しましょう。

API/FIX口座は、英語版Tradeviewの「Institutional services」で確認できます。

 

Sterling口座

TradeviewのSterling口座は、株式やオプションなどを取引できます。

詳しくはTradeviewの「Sterling Trader」をご覧ください。

 

Rhinotrader口座

RhinotraderはTradeviewで使える取引ツールの一種です。

詳しくはTradeviewの「Rhinotrader」をご覧ください。

 

まとめ:裁量トレードをするなら、機能性に優れたcTrader口座がおすすめ

ここまでTradeviewの口座タイプを解説してきました。

口座タイプはたくさんありますが、中でもおすすめは以下の2つ。

  1. MT4 ILC口座(ECN口座):EA自動売買におすすめ
  2. cTrader口座:裁量トレードにおすすめ

1つ目のMT4 ILC口座は、スプレッドが狭く、取引手数料も往復5ドルと低いため、EA自動売買で利益を出しやすいです。

2つ目のcTrader口座は、高性能プラットフォーム「cTrader」が利用できます。チャート分析の効率がアップし、裁量トレードの利益率を底上げしてくれるでしょう。

トレードスタイルに合わせて、相性の良い口座タイプを選びましょう。

口座タイプは、英語版Tradeviewの「Accounts」で確認できます。

タイトルとURLをコピーしました