おすすめの海外FX業者はこちら!
海外FXでなかなか勝てない人へ

海外FXでのトレード勝率を上げたいなら、こちらの記事をどうぞ。
海外FXの基本戦術をまとめています。

おすすめトレード手法を見る ▷

Tradeview(トレードビュー)に口座開設ボーナスはなし。ボーナス対応の海外FX業者は?

Tradeviewには入金ボーナスや口座開設ボーナスはありません。

そのため資金の少ない人がTradeviewでFXを始めると、入金額だけでFXトレードをすることになり、資金的に不利になります。

資金が少ないと、保有できる通貨量が少なくなり、利益も少なくなりますからね。

ではなぜTradeviewにボーナスは無いのでしょうか? またボーナスをもらうなら、どういった海外FX業者を使うべきでしょうか?

この記事ではTradeviewとボーナスの関係を見ていきます。

 

Tradeviewに入金ボーナス・口座開設ボーナスはなし

繰り返しになりますが、Tradeviewには入金ボーナスや口座開設ボーナスはありません。

入金ボーナスや口座開設ボーナスが欲しいなら、以下の海外FX業者がおすすめ。

どれもボーナスをトレードの証拠金として使うことができます。

 

Tradeviewにボーナスがない理由は、スプレッドに力を入れるため

Tradeviewがボーナスを付与しない理由は、取引手数料やスプレッドなどに力を入れるため。

海外FXでもらえるボーナスは無償ではなく、ボーナスにかかったコストはスプレッドや取引手数料に上乗せされます。

例えばXMはボーナスが豊富ですが、代わりにスプレッドがアメリカドル円で1.8 pipsと広めです。ECN口座の取引手数料も1ロット往復10ドルとかなり高め。

それに対しTradeviewはボーナスこそありませんが、ECN口座の取引手数料が1ロット往復5ドルと非常に安いです。

多額の資金を運用して、本格的にFXトレードの勝率を上げたいなら、Tradeviewなどの海外FX業者を利用しましょう。ボーナスはありませんが、取引手数料は安いです。

TradeviewでのFXトレードは、Tradeviewの「口座開設ページ」から始められます。

 

Tradeviewの代わりにボーナスがもらえる海外FX業者

残念ながらTradeviewでは入金ボーナスや口座開設ボーナスがもらえません。

資金が少なく、多額のボーナスが必要なら、ボーナスの豊富な海外FX業者で口座開設しましょう。

ここからはボーナスが豊富な海外FX業者をまとめておきます。

 

GemForex:口座開設ボーナス最大2万円

手っ取り早くボーナスを手に入れたいなら、GemForexがおすすめ。

GemForexで新規口座開設をして、本人確認を済ませると、それだけで最大20,000円のボーナスがもらえるからです。XMの口座開設ボーナスが3,000円なので、その7倍もらえるのは非常に大きいです。

海外FXが初めてで、いきなり自分のお金を入金するのが怖い方は、GemForexの口座開設ボーナスから狙ってみましょう。

新規口座開設ボーナスは、GemForexの「口座開設ページ」で確認できます。

 

XM:口座開設3,000円+入金ボーナス(5+45)万円

10万円くらいの資金で海外FXを始めるなら、XMがおすすめ。

XMは3種類のボーナスを提供しています。

中でも1番大きいのは最大5万円の100%入金ボーナスですね。10万円入金すれば、他のボーナスと含めて63,000円分のボーナスがもらえる計算になります。

ボーナスを6万円ももらえれば、0.1ロットの取引を何十回もできます。仮にボーナスを使い切ったとしても、FXトレードの経験をたくさん積めるでしょう。

海外FXで10万円入れる余裕があるなら、XMはおすすめです。

3種類のボーナスは、XMの「プロモーション」で確認できます。

 

iFOREX:10万円の100%入金ボーナス+10万円の25%入金ボーナス

GemForexとXMのボーナスを使い切ったら、次はiFOREXがおすすめ。

iFOREXでは以下の2種類の入金ボーナスが利用できます。

ただしiFOREXの入金ボーナスが適用されるのは初回入金のみ。2回目以降の入金からは入金ボーナスが獲得できません。

iFOREXのボーナスをたくさん欲しいなら、初回入金で10万円入れましょう。2つ目の25%入金ボーナスは割合が高くないので、無理して獲得する必要はないでしょう。

またiFOREXではMT4使えません。iFOREXの提供するオリジナルプラットフォームを使うことになります。オリジナルプラットフォームは使い勝手が良くないため、XMやGemForexと比べるとおすすめ度は低めです。

入金ボーナスは、iFOREXの「プロモーション」で確認できます。

 

海外FXのボーナスを利用する上での注意点

海外FXのボーナスがもらえると、証拠金を簡単に増やせるため、収益性の高いトレードがしやすくなります。

ただ一方で海外FX業者はボーナスの悪用に目を光らせているため、慎重に利用しましょう。

ここからはボーナスを使う上での注意点などを述べておきます。

 

ボーナスを悪用したトレードは禁止

当たり前ですが、ボーナスをもらえる海外FX業者は、ボーナスの悪用を禁止しています。

特にボーナスはゼロカットと一緒に悪用されやすいです。ボーナスがあれば、入金額が少なくても、大きなロットでの取引ができますからね。

ボーナス悪用とみなされやすい取引は、以下の通り。

  • 複数口座を使った両建て取引
  • 複数業者を使った両建て取引
  • 他のトレーダーと組んで裁量取引

特にLAND-FXはボーナス悪用に目を光らせており、こうした取引をすると、利益没収・口座凍結などのペナルティが課されることもあります。

ボーナスはあくまで、通常のFXトレードをサポートするためのものと心得ましょう。

 

ボーナス頼りの超ハイリスクトレードも控えよう

ボーナスを悪用する意図がなくても、ハイリスクなトレードをすると、FX業者にボーナス悪用とみなされるケースがあります。

よくあるケースは、ボーナスを含めてわずかな証拠金しかないのに、超ハイリスクな博打トレードするパターン。

例えば口座残高がボーナスを含めて10,000円ぐらいしかないのに、1ロット取引をするような感じですね。海外FXの1ロットは10万通貨なので、意外とハイリスクです。

海外FX業者からボーナスをもらえたとしても、ハイリスクトレードは控えましょう。ボーナスはあくまで、通常のFXトレードをサポートするものです。

 

ECN口座はボーナスを使えない

海外FX業者のFX口座には、STP口座とECN口座の2種類があります。

それぞれの特徴は以下の通り。

  • STP口座:スプレッドは平均。レバレッジが高く、ボーナスももらいやすい
  • ECN口座:スプレッドが非常に狭い。取引手数料が別に発生する

ボーナスももらえるのはSTP口座で、ECN口座では基本的にボーナスはもらえません。

ECN口座は取引に海外FX業者が介入できないため、海外FX業者側で得られる利益が小さくなりがち。ECN口座はボーナスやレバレッジ、最低入金額などで冷遇されやすいのです。

FXトレードでは資金量が多くなればなるほど、取引総コストも高くなるため、スプレッドの狭いECN口座の方が利益が出しやすくなります。

まずはボーナスをもらえるSTP口座でFXトレードの経験を積んで、資金に余裕ができたら手数料の安いECN口座に乗り換えるのが鉄板。

ECN口座を開設するなら、AXIORYとTradeviewがおすすめです。

詳しくはAXIORY公式サイトTradeview公式サイトをご覧ください。

 

ボーナスのある業者は、スプレッドが広く、取引手数料も高め

ボーナス対応の海外FX業者は、スプレッド・取引手数料が高い傾向があります。ボーナスにかかるコストを取引コストに上乗せしているからですね。

例えばボーナスの豊富なXMは、アメリカドル円のスプレッドが1.6 pipsと広めで、取引手数料も1ロット往復10ドルと高めです。

それに対してボーナスのないAXIORYだと取引手数料は1ロット往復6ドルですし、Tradeviewだと取引手数料は1ロット5ドルと非常に安いです。

資金の少ない時はボーナスのたくさんもらえるXMGemForexを使うのが良いでしょう。

ただ資金が溜まってきて、取引コストを下げる段階になったら、取引コストの安いAXIORYやTradeviewを使うのが鉄板です。

詳しくはAXIORY公式サイトTradeview公式サイトをご覧ください。

 

まとめ:Tradeviewはボーナスがないので、資金の少な人には不利

Tradeviewには入金ボーナスや口座開設ボーナスがありません。資金の少ない人だと、追加のボーナスを受けられないため、資金的に不利になります。

逆にボーナスがもらえれば、少ない資金でも大きな通貨量でハイリスクのトレードがしやすくなります。FXの世界では、取引通貨量が多ければ多いほど、利益が大きくなりますからね。

ボーナスがたくさん欲しいなら、特に以下の3つの海外FX業者がおすすめ。

ただボーナスのもらえる海外FX業者は、総じてスプレッドが広いです。FXトレードに慣れて、資金が増えてきたら、取引手数料の安いTradeviewに乗り換えましょう。

TradeviewでのFXトレードは、Tradeviewの「口座開設ページ」から始められます。

タイトルとURLをコピーしました