おすすめの海外FX業者はこちら!
海外FXでなかなか勝てない人へ

海外FXでのトレード勝率を上げたいなら、こちらの記事をどうぞ。
海外FXの基本戦術をまとめています。

おすすめトレード手法を見る ▷

Tradeview(トレードビュー)法人口座の開設方法・手順まとめ。開設後にやることは?

Tradeviewでは法人口座を開設できます。

法人を立ち上げて、法人口座を開設することで、個人トレーダーの時よりも日本の税制で優遇が受けられます。

ではTradeviewで法人口座を作るには、具体的に何をどうすれば良いのでしょうか? またどんな書類が必要なのでしょうか?

この記事はTradeviewの口座開設についてわかりやすく解説していきます。

法人口座は、Tradeviewの「法人口座開設フォーム」で開設できます。

 

Tradeviewの法人口座開設に必要な書類

Tradeviewで法人口座を開設するには、以下の4つの確認書類が必要です。

  1. 法人確認書類(定款の写し、登記簿謄本・履歴事項全部事項証明書など)
  2. 法人の住所確認書類(法人宛の請求書など)
  3. 代表者の本人確認書類(免許証、パスポートなど)
  4. 代表者の住所確認書類(健康保険証、住民票の写し、公共料金の請求書など)

1番ネックとなるのは法人確認書類ですね。

その中の1つである登記簿謄本は、それぞれの都道府県の法務局で入手できます。直接出向くのが面倒なら、オンラインで請求しましょう。

2つ目と4つ目の住所確認書類は、発行から3ヶ月以内であることが条件となります。古い書類しか持っていない場合は、新しい確認書類を発行しましょう。

確認書類のアップロードは、Tradeviewの「法人口座開設フォーム」で行います。

 

Tradeview法人口座の開設方法

ここからはTradeview法人口座の開設方法を述べていきます。

 

手順1、Tradeview公式サイトにアクセスする

まずはTradeviewの公式サイトにアクセスしてください。

 

手順2、「新規口座開設」の赤色ボタンをクリック

次にトップページにある「新規口座開設」という赤いボタンをクリックします。

 

手順3、「Tradeview 法人口座」の赤色ボタンをクリック

Tradeviewの「新規口座開設ページ」では、個人口座と法人口座の2つが表示されます。

右側の法人口座開設をクリックしましょう。するとTradeviewの「法人口座申請ページ」に移動します。

 

手順4、口座開設フォームに必要事項を入力する

Tradeviewの法人口座開設フォームで必要事項を入力します。

入力する項目が多いので、それぞれの項目ごとに見ていきましょう。

 

取引プラットフォームの選択

まずはTradeviewの取引プラットフォームを選択します。

取引プラットフォームは9種類から選択可能です。

  • メタトレーダー Innovative Liquidity Connector(MT4のECN口座)
  • メタトレーダー4 X Leverage(スタンダード口座)
  • メタトレーダー5 Innovative Liquidity Connector
  • メタトレーダー X Leverage(スタンダード口座)(MT5のSTP口座)
  • Cトレーダー(cTraderのこと)
  • バイキング
  • API/FIX(開発者向け)
  • Sterling(株・株式指数CFD)
  • Rhinotrader(マイナーな取引ツール)

どれのプラットフォームが良いかわからないなら、まずはcTraderがおすすめ。

cTraderは裁量トレードに特化した取引ツールで、海外FXトレードに便利な機能がたくさん詰まっているからです。

いきなりcTraderを使うのが怖いなら、利用者の多い「MT4・MT5」を使うのも良いでしょう。取引ツールが自分に合わないと感じたら、後で追加口座で作り直せます。

プラットフォームは、Tradeviewの「取引プラットフォーム」で確認できます。

 

取引口座の通貨を選択

次は取引口座で使う通貨を選択します。

  • 日本円
  • 米ドル
  • EUR(ユーロ)
  • AUD(オーストラリア・ドル)
  • CAD(カナダドル)
  • CHF(スイス・フラン)
  • GBP(スターリング・ポンド)
  • MXN(メキシコペソ)
  • ZAR(南アフリカランド)

迷ったら日本円がおすすめ。日本人が海外FXトレードをするなら、日本円を使ったほうが、収益や損失の感覚をつかみやすいからです。

海外送金手数料や為替手数料を節約したいなら、他の通貨を使ってもいいですが、それはFXに慣れてからでもいいでしょう。

取引通貨一覧は、Tradeviewの「法人口座開設フォーム」で確認できます。

 

【基本情報のご登録】

まずは登録者の基本情報から入力していきます。

入力する内容は以下の通り。法人名や住所などですね。

  • 会社名(ローマ字・半角英数)
  • 法人形態
  • 住所(私書箱の住所はご利用できません)
  • 電話番号 (半角数字)
  • 住所 (ローマ字)
  • 市区町村 (ローマ字)
  • 郵便番号(半角数字)
  • 都道府県
  • Eメールアドレス:
  • 業務内容:

法人形態は4種類がありますが、それぞれの意味は以下の通り。

  1. Corporative:法人
  2. Partnership:2人以上のパートナーからなる法人
  3. Limited:有限会社
  4. Sole Proprietor:個人事業主

メールアドレスは捨てアドではなく、メインで使っているメールアドレスを登録しましょう。口座アカウントやパスワードなどの重要情報が届くからです。

入力項目は、Tradeviewの「法人口座開設フォーム」で確認できます。

 

【法人に関する情報】

「法人に関する情報」という項目では、以下の情報を入力します。

  • 設立日
  • 登録国
  • 株式(公開/非公開)
  • 純資産
  • 子会社の場合は親会社の名称(ローマ字・半角英)
  • 社員数
  • こちらにご登録の役員のみが取引口座の受益者ですか?(はい/いいえ)

入力項目は、Tradeviewの「法人口座開設フォーム」で確認できます。

 

【役員に関する情報】

「役員に関する情報」という項目では、以下の情報を入力します。

  • 姓 (ローマ字)
  • 名 (ローマ字)
  • ミドルネーム(該当する場合)
  • 出生地
  • 生年月日
  • パスポート番号
  • パスポートの有効期限
  • 国籍

「居住地に関する情報」という項目では、以下の情報を入力します。

  • 都道府県
  • 市区町村 (ローマ字)
  • 住所 (ローマ字)
  • 住所 (必要な場合・ローマ字)
  • 郵便番号(半角数字)
  • 電話番号 (半角数字):
  • 電話番号(任意)
  • 性別:
  • 選択してください(未婚/既婚)
  • Eメールアドレス

項目の下には「取引口座の受益者が複数の場合はクリックしてください」というボタンがあります。役員が2人以上いる場合はクリックして、その役員の個人情報なども入力しましょう。

入力項目は、Tradeviewの「法人口座開設フォーム」で確認できます。

 

【米国市民権に関する情報】

この項目では登録者がアメリカ人・アメリカ在住者かどうかを答えます。

質問と選択肢を法人口座開設フォームから引用しておきましょう。

米国市民権・永住権に関して:

  • (a) 米国市民権・永住権を保持しています (green card holder/ resident under the substantial presence test)
  • (b) 出生は米国ですが市民権を放棄したため現在は米国籍ではありません (証明書の添付が必要となります)
  • (c) 米国市民権や永住権はありません

Tradeviewで口座開設したいなら、選択肢は「C」を選びましょう。

アメリカ人・アメリカ在住者は、アメリカで認可を受けていない海外FX業者を口座開設できません。海外FX業者もアメリカは敵に回したくはないので、アメリカ人かどうかを入念にチェックするわけですね。

質問項目は、Tradeviewの「法人口座開設フォーム」で確認できます。

 

【収入源に関する情報】

「収入源」の項目では、以下の中から選びます。

  • 雇用・給与者所得
  • 遺産相続
  • 会社売却からの収入
  • 投資もしくは貯蓄
  • 不動産・家賃収入
  • 年金・恩給
  • その他

この項目は複数選択できます。自営業などの収入がメインなら「その他」を選択しましょう。

 

「破産された経験はございますか」という質問に答えます。

  • 「はい」「いいえ」で答える

経験があるから海外FX業者の口座開設ができない、という話は聞いたことがありません。

 

「米国市民権・永住権に関して」の項目では、以下の文言に同意する場合は、チェックボックスにチェックを入れます。

  • 私の知る限りにおいて、本申請書に記されたすべて の情報が事実かつ正確である事を認め、必要であれば追加書類を提出します

登録者がアメリカ人・アメリカ在住者ではないことの念押しですね。

それぞれの入力項目は、Tradeviewの「法人口座開設フォーム」で確認できます。

 

【投資のご経験 (複数回答可)】

この項目では以下の6種類の金融商品について、投資経験があるかの質問に答えます。

  • 株式・債権
  • 為替・CFD・貴金属
  • 商品
  • 先物
  • オプション
  • 投資信託

6種類それぞれの金融商品に対して、以下の3つの質問をされます。

  • 経験(なし、2年未満、2年から5年、5年から10年、10年以上)
  • 取引量(なし、0ドルから5万ドル、5万ドルから10万ドル、10万ドルから50万ドル、50万ドル以上)
  • 取引頻度(なし、毎日、毎週、毎月、四半期ごと、半年ごと)

投資経験がなかったり、投資頻度が少なかったりしても、それが理由でTradeviewの口座開設が断られる事はありません。

入力項目は、Tradeviewの「法人口座開設フォーム」で確認できます。

 

【以下の分野に関してご理解はございますか?】

次は以下の3つの質問に答えます。

  • CFD取引(はい・いいえ)
  • レバレッジと取引リスク(投資元金を失う可能性)(はい・いいえ)
  • 証拠金取引とTRADEVIEWでの必要証拠金(はい・いいえ)

CFD取引とは、レアメタルや農作物、株式指数などにレバレッジをかけて売買する取引のこと。FXトレードの仲間ですね。

FX取引もCFD取引も高いレバレッジをかけるため、非常にリスクが高いです。リスク管理を誤れば、資金を一瞬で失うリスクがあることは意識しましょう。

3つの質問は、Tradeviewの「法人口座開設フォーム」で確認できます。

 

【その他の情報】

FXトレードに関する様々な質問に答えていきます。

「年間投資予定額」の項目では、以下の選択肢の中から選びます。

  • 0ドル〜25,000ドル
  • 25,000ドル〜100,000ドル
  • 100,000ドル〜250,000ドル
  • 250,000ドル〜100万ドル
  • 100万ドル以上

 

「口座の目的」の項目では、以下の選択肢の中から選びます。

  • リスクヘッジ
  • 投資・投機
  • 自己勘定取引
  • その他

ちなみに自己勘定取引とは、投資銀行や証券会社などが自分の資金で投資を行うことです。

 

「口座管理の担当」の項目では、以下の選択肢の中から選びます。

  • ご本人が取引
  • 第三者が取引(限定委任状のアップロードが必要)
  • 第三者の口座を取引

Tradeviewでは誰かの代わりに取引をしたり、逆に誰かに取引を代行してもらうことも可能です。

ただ日本ではFXトレードの代行は、投資助言業に該当し、投資顧問業者としての登録も必要になります。

日本の金融法を熟知していないなら、この手の取引代行はおすすめできません。

 

紹介ブローカーを使う場合は、「紹介ブローカーについて」の項目にも答えます。

  • 紹介ブローカー名(ローマ字・半角英数)
  • 自由欄(弊社担当や紹介ブローカーから連絡を受けた場合は担当者名等をご記入ください)

これで一通りの入力作業は完了です。次は確認書類をアップロードします。

入力項目は、Tradeviewの「法人口座開設フォーム」で確認できます。

 

【必要書類のアップロード】

「書類の種類」の項目では、以下の4つの本人確認書類から選択します。

  • パスポート
  • 運転免許証
  • 身分証明書
  • マイナンバーカード

4つの中のどれかにチェックを入れると、アップロードする項目が現れるので、撮影した写真をアップロードします。

「発行された国」の項目では、その本人確認書類が発行された国を選びます。日本人であれば「japan」を選択しましょう。

「現住所確認書類」の項目では、現在の住所を確認する書類をアップロードします。

住所確認書類として使える書類は以下の通り。

  • 3ヶ月以内に発行した住民票の写し
  • 公共料金の明細書
  • 健康保険証

おすすめは健康保険証ですが、用意できないなら住民票の写しもおすすめ。

住民票の写しはマイナンバーカードを持っていれば、コンビニで200円くらいで発行できます。マイナンバーカードを持っていないなら、市役所などで発行しましょう。

書類のアップロードは、Tradeviewの「法人口座開設フォーム」から行えます。

 

Tradeviewでは以下の4つの契約書をPDF形式で公開しています。

  • Esignitures(電子署名)
  • Terms and Conditions(規約と条件)
  • Client Agreement(顧客契約書)
  • Additional Risk Disclosure(追加リスク開示書)

万が一のことを考えている慎重派は、ダウンロードしておきましょう。契約書はすべて英語で書かれているので、Google翻訳を使うと理解しやすいです。

契約書の確認は、Tradeviewの「法人口座開設フォーム」から行えます。

 

電子署名を行う

確認書類のアップロードが終わったら、次は電子署名です。自分のローマ字の名前を電子署名しましょう。

ローマ字にすると名前が長くなってしまう方は、イニシャル入力でも構いません。例えば山田太郎なら「T.Y」と入力します。

電子署名の入力が終わったら、以下の英文のチェックボックスにチェックを入れます。

  • I acknowledge that I have read the above documents and fully understand the information provided therein.

大意は「上記の書類を読んだ上で、完全に理解したことを認めます」でしょうか。

先ほど紹介した4つのPDFファイルの事ですね。

  • Esignitures(電子署名)
  • Terms and Conditions(規約と条件)
  • Client Agreement(顧客契約書)
  • Additional Risk Disclosure(追加リスク開示書)

Tradeviewで大金を動かすのであれば、万が一のこともありますし、読んでおくことをおすすめします。

入力した項目をもう一度確認したら、赤色の「送信する」ボタンを押しましょう。

これでTradeviewの口座開設手続きは完了です。

電子署名の入力は、Tradeviewの「法人口座開設フォーム」から行えます。

 

手順5、口座開設後に届くメールを確認する

口座開設手続きが完了すると、Tradeviewから口座開設申請メールが届きます。それから24時間以内には、口座開設完了のメールが届くはずです。

口座開設完了メールには、開設した口座のアカウント番号とパスワードが記載されています。

これら2つの情報は、会員ページ取引プラットフォームにログインするときに必要となります。届いたメールは削除しないようにしましょう。

 

法人口座を開設した後にやること

Tradeviewで口座開設が終わっても、すぐにFXトレードができるわけではありません。

ここからは口座開発が終わった後にやるべきことを述べておきます。

 

その1、Tradeviewの会員ページにログインしてみる

まずはTradeviewの「会員ページ」にログインしてみましょう。

Tradeviewの会員ページでは、FX口座への入金、口座からの出金、追加口座の開設などを行います。Tradeviewをメインに使うなら、ブックマークしましょう。

またTradeviewの会員ページにログインするには、口座アカウント番号とログインパスワードが必要となります。

これらは口座開設時のメールに記載されているので、忘れた方はメールを掘り出してチェックしましょう。

 

その2、Tradeviewで取引ツールをダウンロードする

TradeviewでFXトレードを始めるには、取引ツールも必要です。

取引プラットフォームは、Tradeviewの「取引プラットフォーム」でダウンロードできます。

取引ツールはcTraderがおすすめ。FXトレードに便利な機能がたくさん備わっており、スマホアプリやウェブブラウザにも対応しているからです。

それとMT5だけはTradeviewのダウンロードページではなく、口座開設後に届くメールのリンクからダウンロードするので注意してください。

他の取引プラットフォームは、Tradeviewの「取引プラットフォーム」で確認できます。

 

その3、Tradeviewで口座入金する

Tradeviewでリアルマネートレードをするなら、FX口座に資金を入金する必要もあります。

口座入金は、Tradeviewの会員ページから行います。口座アカウント番号とパスワードを入力して、ログインしましょう。

Tradeviewの入金方法は、bitwalletがおすすめ。入金・出金の手数料を安く抑えられるからです。

入金方法は、Tradeviewの「入金ページ」で確認できます。

 

その4、実際に取引ツールでFXトレードをしてみる

取引ツールをダウンロードして口座入金を済ませたら、実際にFXトレードをしてみましょう。

海外FX初心者だと、最初はどのタイミングでどのポジションを保有すべきか分からないため、勝率は低くなりがちです。

最初のうちは0.1ロットで取引しましょう。0.1ロットなら20 pips損しても、損失額は2000円程度に抑えられます。取引ロット数を小さめに設定しておけば、FXトレードで負けが続いても損失額は最小限になります。

ある程度トレードに慣れて勝率が安定してから、ロット数を増やしましょう。

取引ロット数は、英語版Tradeviewの「Accounts」で確認できます。

 

その5、ある程度利益が出たら、口座出金する

FXトレードでの勝率が安定して、ある程度利益が増えてきたら、FX口座から出金もしましょう。口座に資金を溜めすぎると、ロスカット・ゼロカットのダメージが大きくなるからです。

口座出金は、Tradeviewの会員ページから行います。

出金方法はbitwalletがおすすめ。理由は出金手数料がトータルで924円と安いからです。

出金方法は、Tradeviewの「出金ページ」で確認できます。

 

その6、別の追加口座で別の口座タイプも試してみる

Tradeviewは他の海外FX業者と比べても、口座タイプの種類が多いのが特徴です。

他の取引ツールを使ってみたいなら、追加口座を作ってみましょう。追加口座はTradeviewの会員ページから無料で作れます。

おすすめの口座タイプはcTrader。ワンタップ注文や自動損切り設定などは、裁量トレードで重宝するでしょう。

逆に自動売買がメインなら、MT4のILC口座がおすすめ。取引手数料が1ロット往復5ドルと最安値クラスなので、トレードで利益を出しやすいはずです。

口座タイプは、英語版Tradeviewの「Accounts」でも確認できます。

 

Tradeview法人口座を開設するメリット

Tradeviewで法人口座を開設することのメリットは以下の通り。

  • レバレッジ400倍でFXトレードができる(国内FX業者は25倍)
  • 法人税が適用され、税率を低く抑えられる
  • 10年間の損失繰り越しができる
  • 他の事業と損益通算できる
  • 計上できる経費の幅が広がる(役員報酬、給与所得控除、社宅による家賃など)

法人口座を開設することの最大のメリットは、圧倒的な節税効果。

法人税が適用され税率が下がるだけでなく、損失の繰越や他の事業との損益通算、さらには従業員による給与所得控除なども使えるようになります。

日本は法人を税制的に優遇しています。そのため法人化して法人口座を開設することで、個人トレーダーよりも税制上の優遇をたくさん受けられるわけですね。

莫大な収益を上げている個人トレーダーは、節税のために法人化を検討することもあるのです。

Tradeviewの法人口座は、Tradeviewの「法人口座開設フォーム」で開設できます。

 

Tradeview法人口座を開設するデメリット

Tradeviewで法人口座を開設することのデメリットは以下の通り。

  • 法人の設立・維持には、数十万円のお金がかかる
  • 法人の確定申告は個人よりも煩雑
  • 税理士と顧問契約をすることで、さらに運営コストが上がる
  • 稼いだお金を自由に使えなくなる
  • 法人の制度を悪用しているため、税務署からの印象が悪くなることも

法人を設立・維持するには、多額の費用がかかります。さらに法人の確定申告は煩雑なので、税理士を雇うこともほぼ必須となります。

したがってFXトレードで安定した収益を上げていないと、こうした法人の維持コストだけで赤字になるリスクもあります。

また海外FXの法人化は、日本の税制を悪用している面もあります。税務署からの印象も悪くなり、職員の裁量で節税が認められない可能性もあるので気をつけましょう。

Tradeviewの法人口座は、Tradeviewの「法人口座開設フォーム」で開設できます。

 

他で法人口座を開設するならどこがおすすめ?

Tradeview以外でも法人口座を開設することは可能です。

もしTradeview以外で法人口座を作るなら、どこがおすすめでしょうか?

ここからは法人口座におすすめの海外FX業者を2つ紹介します。

 

AXIORY:Tradeviewより会員ページが使いやすい

Tradeviewの会員ページが使いにくいと感じたら、次の法人口座はAXIORYがおすすめ。

AXIORYは、ECN口座の取引手数料が1ロット往復6ロットと安く、高性能FX取引ツール「cTrader」も使えるからです。

さらに会員ページ「MyAxiory」は最大10口座を同時に管理できます。追加口座を放置しても口座休眠・口座凍結・口座維持手数料が発生しないのも大きな魅力。

追加口座をたくさん開設して、様々なトレード手法を試したいなら、TradeviewよりもAXIORYがおすすめです。

詳しくはAXIORYの「法人口座について」をご覧ください。

 

TradersTrust:ECN口座の取引手数料が1ロット3ドル(VIP口座)

取引手数料をもっと節約したいなら、TradersTrustも検討しましょう。VIP口座は、取引手数料が1ロット往復3ドルで、Tradeviewよりもさらに低いです。

ただVIP口座を利用するには、2万ドル(200万円)の入金が必要で、資金的なハードルが高めです。

またTradersTrustでは取引ツールがMT4しか使えません。使い勝手の良いMT5やcTraderが使えないのは不便ですね。

MT4で自動売買をする人なら、取引コストを極限まで下げるために、TradersTrustを検討する余地があります。

詳しくはTradersTrustの「法人口座の作り方」をご覧ください。

 

まとめ:法人口座開設は節税目的なら利用価値あり

ここまでTradeviewの法人口座の作り方を解説してきました。

法人口座は節税などのメリットが大きいですが、法人口座の立ち上げや法人確認書類の入手がめんどうで、開設までに手間がかかります。

特にTradeviewは海外FXの中でも審査が厳しめで、口座開設時の入力項目も多いです。

ただそれでもTradeviewは、ECN口座の取引手数料が1ロット往復5ドルが非常に低い、cTraderに対応している、などの大きなメリットがあります。

会員ページが使いにくい、会員ページで複数口座を同時に管理できないというデメリットを我慢できるなら、Tradeviewの法人口座を作る価値はあるはずです。

Tradeviewの法人口座開設は、Tradeviewの「法人口座開設フォーム」から行えます。

タイトルとURLをコピーしました