おすすめの海外FX業者はこちら!
海外FXでなかなか勝てない人へ

海外FXでのトレード勝率を上げたいなら、こちらの記事をどうぞ。
海外FXの基本戦術をまとめています。

おすすめトレード手法をチェックする ▷

Tradeview(トレードビュー)の取引プラットフォーム「MT4・MT5・cTrader・CURRENEX」の使い方・ダウンロード方法まとめ

Tradeviewでは以下の4種類の取引ツールが利用できます。

  1. MT4
  2. MT5(アプリ版は利用不可)
  3. cTrader
  4. CURRENEX

ではTradeviewでパソコンによるFXトレードをするなら、どの取引ツールを使うべきでしょうか? 結論から言うと、cTraderが1番おすすめです。

この記事ではTradeviewの取引ツール4種類についてわかりやすく解説します。

詳しくはTradeviewの「取引プラットフォーム」をご覧ください。

 

TradeviewのMT4の特徴

ここからはTradeviewMT4の特徴を見ていきます。

MT4の特徴を一言でまとめると、自動売買プログラム・インディケーターの種類が多いことです。

 

MT4のメリット

TradeviewMT4のメリットは以下の通り。

  • EA自動売買プログラムの種類が多い
  • インディケーターの種類が多い
  • 対応している海外FX業者が多い

デスクトップ版MT4の最大のメリットは、EA自動売買プログラムの種類が多いこと。MT4は利用者が多いため、EAの販売市場も活発です。

そしてMT4とMT5では自動売買プログラムの互換性がないことから、自動売買のためにMT4を使っているトレーダーはまだたくさんいます。

さらにMT4は対応しているインジケーターの種類も多く、自己流でチャート分析をする人にも人気があります。

MT4は対応海外FX業者が多く、ほとんどの海外FX業者で利用できます。MT4を使いこなせれば、そのノウハウを他の海外FX業者でも生かせるわけです。

海外FXが全くの初めてで、どの取引ツールを使えばいいのかわからない人は、とりあえず利用者の多いMT4から使い始めましょう。

MT4の詳細は、Tradeviewの「取引プラットフォーム」をご覧ください。

 

MT4のデメリット

TradeviewMT4のデメリットは以下の通りです。

  • MT5・cTraderと比べると、動作が遅め
  • Mac OSには対応していない(エミュレーターを使えば可能)
  • チャート上に日本時間を表示できない(専用インディケーターを使えば可能)
  • 板情報や経済指標の確認ができない

デスクトップ版MT4のデメリットは、取引ツールとしての基礎性能が低いこと。

後続のMT5と比べると動作が遅いですし、cTraderのようにワンタップ注文や経済指標の確認などができません。

チャートに日本時間を表示する機能もありませんが、これは専用インディケーターをインストールすればできるようになります。

MT4は取引ツールとしての性能が低く、ワンタップ注文や自動損切り設定なども使えません。

FXトレードに慣れて安定した利益が出せるようになったら、MT4を卒業して、cTraderなどの高機能な取引ツールに乗り換えましょう。

MT4の詳細は、Tradeviewの「取引プラットフォーム」で確認できます。

 

TradeviewのMT5の特徴

ここからはMT5の特徴を見ていきます。

MT5の特徴を一言でまとめると、MT4よりも動作が速いことです。

 

MT5のメリット

TradeviewMT5のメリットは以下の通りです。

  • MT4と比べて動作が速い
  • MT4と比べて時間足が多い
  • 開発元のアップデート回数が多い

MT5はMT4の後継で、MT4と比べて動作が速くなっているのが特徴です。

それ以外の特徴としては、時間足が増えていることぐらいでしょうか。ただ正直時間足は5分足と1時間足が使えれば充分で、それ以外の時間足が増えても大きなメリットとは言えないです。

またメタトレーダーの開発元はMT5の開発に力を入れており、MT4と比べてもアップデート回数が多いです。アップデートの回数が多くなれば、新しい機能が追加されやすくなり、不具合があってもすぐ修正されるようになります。

パソコンでの裁量トレードがメインなら、MT4よりもMT5の方が相性がいいです。

 

MT5のデメリット

TradeviewMT5のデメリットは以下の通りです。

  • MT4よりもEA自動売買プログラムの種類が少ない
  • MT4よりもインジケーターの種類が少ない
  • 対応している海外FX業者の数が少ない
  • TradeviewだとMT5アプリを使えない

MT5の最大のデメリットは、MT4よりもEA自動売買の種類が少ないこと。

MT5とMT4では自動売買プログラムに互換性がないため、自動売買プログラムにこだわる方は、MT4を使っている人が多いです。インディケーターの種類もMT4の方が多く、取引ツールの販売市場もMT4の方が活発です。

またMT5は対応している海外FX業者が少なく、MT5の設定を他の海外FX業者に引き継ぎにくいのも欠点です。

MT5に対応している海外FX業者の代表は、XMLAND-FXTradeviewあたりでしょうか。

色々な海外FX業者で入金ボーナスをもらったり、追加口座開設でEAをたくさんもらったりする人には、MT5は相性が悪いです。

 

注意:TradeviewだとMT5アプリを利用できない

TradeviewMT5に対応していますが、それはWindows版のみで、スマホやタブレット、MacOS版には対応していません。

MT5アプリが使えれば、1画面2チャート表示ができ、スマホでもパソコンに劣らないチャート分析ができただけに残念です。

どうしてもMT5アプリを利用したいなら、XMLAND-FXなど他のMT5対応の海外FX業者を選びましょう。

 

TradeviewのcTraderの特徴

ここからはデスクトップ版cTraderの特徴を見ていきます。

cTraderの特徴を一言でまとめると、高性能かつ多機能であることです。

 

cTraderのメリット

TradeviewcTraderのメリットは以下の通りです。

  • ワンタップ注文ができる
  • 板情報や経済指標が確認できる
  • オートチャーティストで相場の動きを予測できる
  • 自動で損切り・利食いの設定ができる
  • チャート・メニューの配置を自由にカスタマイズできる
  • チャート内の標準時間を日本時間に設定できる(UTC+9)

cTraderはFXトレード向けの便利な機能がたくさん詰まった取引ツールです。

まずcTraderではチャートを表示しながらのワンタップ注文が利用できます。即決即断が重要なスキャルピングトレードとは相性が良いですね。

さらにワンタップ注文をしたときに、自動で損切りや利食いの設定もできます。損切りのし忘れで、大きな損を抱えるリスクも避けられます。

またcTraderでは標準時間は日本時間に設定することで、チャート上で日本時間を表示できます。これはMT4・MT5にはない機能です。

他にも便利な機能がたくさんあり、裁量トレードをするなら、取引ツールはcTraderがおすすめだと断言できます。

cTraderの詳細は、Tradeviewの「取引プラットフォーム」をご覧ください。

 

cTraderのデメリット

TradeviewcTraderのデメリットは以下の通りです。

  • 対応している海外FX業者の数が少ない
  • 日本人利用者の数も少なく、日本語の情報が出回っていない
  • 機能が多すぎて、FX初心者だと使いこなせないことも
  • 自動売買も利用できるが、ハードルが高め(ほぼ英語の情報)

cTraderのデメリットをあえて挙げるとすれば、使える海外FX業者の数が少ないこと。

cTraderが使えるまともな海外FX業者はAXIORYTradeviewくらい。FxProも対応していますが、おすすめできるスペックではありません。

またcTraderは海外のサービスなので、日本人向けのチュートリアルやマニュアルはありません。

日本人利用者が少ないため、ネット上でも日本語の情報が少なめ。わからないことがあっても、自己解決することが求められます。

そのためcTraderはFXトレーダーに慣れている玄人向けの取引ツールといえます。

cTraderの詳細は、Tradeviewの「取引プラットフォーム」をご覧ください。

 

TradeviewのCURRENEXの特徴

ここからはCURRENEXの特徴を述べていきます。

 

CURRENEXのメリット

TradeviewCURRENEXのメリットは以下の通りです。

  • 複数の金融機関と接続でき、直接インターバンク市場にアクセスできる
  • 板情報を確認できる

CURRENEXは複数の金融機関と直接接続できる取引プラットフォームで、機関投資家やプロトレーダー向けに開発されたものです。

ただECN口座で使えば、直接インターバンク市場へアクセスできるので、わざわざCURRENEXを使うメリットは少ないですが。

CURRENEXの詳細は、Tradeviewの「取引プラットフォーム」をご覧ください。

 

CURRENEXのデメリット

TradeviewCURRENEXのデメリットは以下の通りです。

  • WindowsOSしか対応しておらず、スマホ/タブレット/Mac OSは非対応
  • 日本人利用者が非常に少なく、ネットにも日本語の情報が少ない
  • 他の取引ツールと比べると使い勝手が良くない

CURRENEXのデメリットは、使い勝手が良くないこと。

機関投資家やプロトレーダー向けに開発されたもので、一般のFXトレーダーが使うことは想定しておらず、ユーザビリティは低めです。

さらにCURRENEXは日本人利用者が非常に少ないため、ネットで検索をかけてもまともな情報がほとんど見つかりません。わからないことがあっても自分で解決できないのは不便ですね。

CURRENEXの最大のメリットは、直接インターバンクにアクセスできることですが、これはECN口座を使えば解決できます。

Tradeviewでは使い勝手や機能性で勝るcTraderが使えるため、わざわざ使いにくいCURRENEXを使う必要はないでしょう。

CURRENEXの詳細は、Tradeviewの「取引プラットフォーム」をご覧ください。

 

Tradeview取引ツール・プラットフォームのダウンロード方法・使い方(MT4/cTrader/CURRENEX)

ここからはTradeviewでの取引ツールの使い方・始め方を具体的な手順でまとめておきます。

 

手順1、Tradeview個人口座申請ページで口座開設しておく

TradeviewでFXトレードをするには、当然Tradeviewの口座アカウントが必要です。

まだ口座アカウントを持っていない方は、Tradeviewの口座開設ページからアカウント登録しておきましょう。

Tradeviewで口座開設するときは、以下の2種類の本人確認書類が必要になるので、事前にスマホで撮影しておくといいですよ。

  • 本人確認書類:免許証、マイナンバーカード、パスポートなど
  • 住所確認書類:公共料金の請求書、住民票の写しなど

住所確認書類を早く手に入れたいなら、住民票の写しがおすすめ。マイナンバーカードを持っていれば、コンビニで簡単に発行できます。

マイナンバーカードを持っていない方は、市役所などで発行しましょう。料金は200円くらいです。

 

手順2、口座アカウント番号・パスワードを確認する

Tradeviewで口座開設が完了すると、口座開設完了のメールが送られてきます。

口座アカウントにログインするには、以下の2つの情報が必要です。

  • 口座アカウント番号(半角数字)
  • ログインパスワード(半角英数)

メールを掘り返すのが面倒なら、事前にメモを控えておきましょう。

 

手順3、ダウンロードページから取引ツールをダウンロードする

次のTradeviewのダウンロードページで、取引ツールをダウンロードします。

ただデスクトップ版の取引ツールは意外と容量が重く、ダウンロードに時間かかります。パソコンに余分なもの入れたくない方は、cTraderのウェブトレーダーを使いましょう。

cTrader口座を持っていれば、Tradeviewのダウンロードページからすぐにトレードを始められます。

 

手順4、パスワードを入力して、ログインする

取引ツールを起動すると、ログインを求められます。口座アカウント番号とログインパスワードを入力して、ログインしましょう。

ログインが完了すれば、FXトレードを始められるようになります。

リアルマネートレードをするなら、Tradeviewの会員ページから口座入金もしておきましょう。

 

Tradeview MT5のダウンロード方法・使い方

Tradeviewダウンロードページでは、なぜかMT5だけダウンロードできません。

ここからはTradeviewのMT5のダウンロード方法や使い方をまとめておきます。

  1. Tradeviewの個人口座申請ページで口座開設しておく
  2. 口座アカウント番号・パスワードを確認する
  3. メール内のダウンロードリンクからMT5をダウンロードする
  4. パスワードを入力して、ログインする

全体的な流れは他の取引ツールの時と同じですが、口座開設後に送られてくるメールにMT5のダウンロードリンクが記載されています。

メール内のリンクをクリックして、MT5のダウンロード作業を済ませましょう。

 

Tradeview取引ツールに関するよくある質問

ここからはTradeviewの取引ツールについてよくある質問にお答えします。

 

Tradeviewの取引プラットフォームはどこでダウンロードする?

取引ツールのダウンロードは、Tradeviewのダウンロードページからおこないます。

 

TradeviewのMT5だけダウンロードできないけど?

Tradeviewのダウンロードページからは、MT5をダウンロードできません。

TradeviewでMT5口座を開設すると、口座開設完了メールが送られます。そのメールにダウンロードリンクが記されているので、そこからダウンロードしましょう。

 

Tradeviewの取引ツールのおすすめは?

TradeviewでFXトレードするなら、取引ツールはcTraderがおすすめです。

ワンタップ注文・決済、自動損切り・利食い設定、経済指標の表示など、FXトレードを快適にする機能がたくさん詰まっているからです。

cTraderの詳細は、Tradeviewのダウンロードページで確認できます。

 

まとめ:Tradeviewでトレードするなら、取引ツールはcTraderがおすすめ

ここまでTradeviewの取引ツールを解説してきました。

Tradeviewでは以下の4種類の取引ツールが利用できます。

4つの中で1番おすすめな取引ツールはcTrader。理由は取引ツールとしての性能が最も高いからです。

ほんの一例を挙げるだけでも、以下の機能が利用できます。

  • ワンタップ注文できる
  • 板情報や経済指標が確認できる
  • オートチャーティストで相場の動きを予測できる
  • 自動で損切り・利食いの設定ができる
  • チャートのカスタマイズを直感的にできる
  • チャート内の標準時間を日本時間に設定できる(UTC+9)

パソコンにcTraderをインストールするのがめんどくさいなら、ウェブ版のcTraderを使うのもありです。VPSによる自動売買などはできませんが、それでもパソコン版に劣らない機能を発揮できます。

私もcTraderはスマホ版とデスクトップ版の両方使いましたが、画面の広いデスク版が使いやすかったです。

というわけで、Tradeviewの取引ツールでどれを使うか迷ったら、まずはブラウザ版のcTraderから試してみると良いでしょう。

ブラウザ版cTraderのアクセスは、Tradeviewのダウンロードページから行えます。

タイトルとURLをコピーしました