GemForexで最大2万円ボーナスをゲットしよう!
海外FX業者のおすすめは?

海外FX業者選びで迷ってしまったら、以下の記事を読んでください。↓

おすすめ海外FXを見る ▷

Tradeview(トレードビュー)はスキャルピングトレードにおすすめ。その理由は?

海外FXでスキャルピングトレードをするなら、取引手数料の安いTradeviewはおすすめです。

スキャルピングトレードとは、1日に何回もトレードをして利益を出すトレード手法のこと。利幅の目安は1回あたり5 pipsから10 pipsほど。

スキャルピングトレードは取引回数が非常に多いため、取引コストを狭くすることが重要となります。その点でTradeviewは相性がいいんですよね。

この記事ではTradeviewがスキャルピングトレードにおすすめな理由について詳しく説明していきます。

Tradeviewの詳細スペックなどは、事前にTradeview公式サイトでチェックしておきましょう。

 

Tradeviewではスキャルピングトレードが可能

Tradeviewではスキャルピングトレードが可能です。公式サイトではきっちりと明言していませんが、多くのトレーダーがスキャル目的に利用しています。

Tradeviewは取引コストが非常に低いため、特にベテランの海外FXトレーダーが多く使っている印象があります。

ただその一方でTradeviewのECN口座は、レバレッジが低い、最低入金額が高い、ロスカットラインが高い、などのデメリットがあり、資金の少ない人には使いにくいです。

海外FXに50万円から100万円ほどの資金を投入でき、スキャルピングトレードの利益率にこだわるなら、Tradeviewは有力候補と言えます。

Tradeviewの詳細は、Tradeview公式サイトで確認しましょう。

 

Tradeviewがスキャルピングトレードにおすすめな理由

ここからはTradeviewがスキャルピングトレードにおすすめな理由を解説します。

 

理由1、ECN口座の取引手数料が、1ロット往復5ドルと非常に低い

Tradeviewの最大の特徴は、ECN口座の取引手数料が安いこと。取引手数料1ロット往復5ドルは、海外FXの中でも最安値クラスです。

参考までに他のECN口座と比較すると、

  • XM:1ロット往復10ドル
  • LAND-FX:1ロット往復7ドル
  • AXIORY:1ロット往復6ドル

これら3つと比べても、Tradeviewの1ロット往復5ドルが低いことがわかります。

そしてスキャルピングトレードをするなら、取引コストを低くすることに専念しましょう。取引回数が多いため、0.1 pipsでもコストを下げることが利益に直結するからです。

Tradeviewの取引コストなどは、Tradeview公式サイトで確認できます。

 

ECN口座とは? STP口座との違いについて

念のため補足しておくと、ECN口座とはスプレッドが非常に狭い口座のこと。発注方式にECN方式を使っています。

ECN口座は取引に海外FX業者を通さないため、約定や決済のスピードが非常に早く、スプレッドも狭いのが特徴です。

その一方で海外FX業者は利益を得られないため、ECN口座は冷遇されがちとなります。ボーナスはもらえませんし、レバレッジも低めに設定されています。

したがって、ボーナス目当てでトレードをするならSTP口座、取引コストを極限まで低くしたいならECN口座を選ぶといいでしょう。

 

理由2、スキャルピングトレード向け取引ツール「cTrader」が使える

Tradeviewがスキャルピングトレードにおすすめな理由の2つ目は、取引ツール「cTrader」が使えること。

cTraderはECN口座でのスキャルピングトレードに特化した取引ツールで、約定・決済のスピードが非常に速いのが大きな特徴。

またワンタップ注文にも対応しているため、ボタンを押せばすぐ注文できます。Mt 4と違って操作に手間取らず、一瞬で注文を済ませられるのは快適ですね。

スキャルピングトレードはわずかなpipsを稼ぐトレード手法であるため、トレードの速さが重要となります。ワンタップ注文ができるcTraderは、スキャルピングトレードと相性が良いのです。

cTraderの詳細は、Tradeviewのダウンロードページで確認できます。

 

理由3、約定・決済のスピードが速い

またTradeviewは他の海外FX業者と比べて、約定・決済のスピードが非常に速いことも特徴的です。

私もcTraderを使ったことがありますが、注文ボタンを押した瞬間に約定してくれるため、確かにスキャルピングトレードとは相性が良さそうです。

逆に約定・決済のスピードが遅いと、スリッページやリクオートが発生し、数ピップス単位の損失を抱えることもあります。

1回や2回くらいなら気になりませんが、100回も200回も取引をすると、積み上がって大きな損失になります。

したがって取引回数の多いスキャルピングトレードをするなら、取引ロスが少ないTradeviewはおすすめです。

詳しくはTradeview公式サイトをご覧ください。

 

Tradeviewでスキャルピングトレードをするデメリット

ここまでTradeviewがスキャルピングトレードにおすすめな理由を解説していましたが、その一方でデメリットも存在します。

デメリットを一言でまとめると、資金の少ない人には使いにくいことでしょうか。

ここからはTradeviewでスキャルピングトレードをするときのデメリットを紹介します。

 

デメリット1、レバレッジが200倍と低め(cTrader口座なら400倍に引き上げられることも)

TradeviewのECN口座は、最大レバレッジ200倍と低めです。

参考までに他のECN口座と比較してみましょう。

  • XM:500倍
  • LAND-FX:200倍
  • AXIORY:400倍

これら3つと比べてもTradeviewのレバレッジ200倍は低めですね。

レバレッジが低ければ低いほど、必要証拠金がたくさん必要になり、資金の少ない人がFXトレードをするのが難しくなります。

資金の少ない人がスキャルピングトレードをするなら、AXIORYのナノスプレッド口座がおすすめ。XMのECN口座はレバレッジ500倍と高いですが、取引手数料が高くおすすめできません。

ただTradeviewのcTrader口座は、口座開設した後に資金が少なければ、レバレッジを200倍から400倍に引き上げてもらえることもあります。

Tradeviewで400倍に引き上げられなかった場合のみ、AXIORYのナノスプレッド口座を検討しましょう。

口座スペックの詳細などは、AXIORY公式の「口座タイプ」をご覧ください。

 

デメリット2、最低入金額が10万円と高め

またTradeviewECN口座の最低入金額は10万円と高額に設定されています。

参考までに他のECN口座の最低入金額と比較すると、

  • XM:1万円
  • AXIORY:2万円
  • LAND-FX:20万円

やはりTradeviewの10万円は高い方ですね。

Tradeviewは取引コストこそ優秀ですが、最低入金額やレバレッジなどのハードルを高く、資金が少ない人には使い勝手が良くないです。

10万円の小額の資金でスキャルピングトレードするなら、AXIORYのナノスプレッド口座がおすすめ。取引ツールは「cTrader」を選びましょう。

 

デメリット3、最小取引単位は0.1ロット(1万通貨)

TradeviewのECN口座の最小取引単位は0.1ロット。これは1万通貨に相当します。

TradeviewのXレバレッジ口座であれば0.01ロット(1,000通貨)から取引ができますが、ECN口座は0.1ロット(1万通貨)からの取引となります。

最小取引単位が少ないと、小額トレードができなくなります。資金の少ない海外FXトレーダーやEA自動売買のテストに使う人には使いにくいでしょう。

最小取引単位の0.01ロットで取引をしたいなら、AXIORYのナノスプレッド口座の方がおすすめです。もっと少ない通貨量で取引したいなら、XMマイクロ口座も視野に入れましょう。

それぞれの口座タイプの詳細は、AXIORY公式の「口座タイプ」、XMの「口座タイプ」で確認できます。

 

デメリット4、ロスカットラインは100%と高め

Tradeviewのロスカットラインは100%。XM・GemForex・AXIORYが20%、LAND-FXが30%であることと比べると、かなり高めですね。

ロスカットラインが高いと、含み損をあまり抱えられず、ロスカットされやすくなり、ハイリスクのトレードがしにくくなります。資金の少ない人には辛いでしょう。

ロスカットギリギリでスキャルピングトレードをするなら、TradeviewよりAXIORYの方がおすすめ。ロスカットライン20%なので、Tradeviewよりはロスカットされにくいからです。

AXIORYの詳細スペックなどは、AXIORY公式サイトで確認しましょう。

 

補足:資金が少ないなら、AXIORYの「ナノスプレッド口座・cTrader」の方がおすすめ

ここまでTradeviewのECN口座のデメリットを紹介してきましたが、

  • レバレッジが低い
  • 最低入金額が高い
  • 最小ロット数が大きい

など、資金の少ない海外FXトレーダーの負担が大きくなるものばかりです。

Tradeviewは取引コストを下げてトレード環境を整える代わりに、資金量の少ないトレーダーを締め出している一面もあります。

少ない資金でスキャルピングトレードをするのなら、TradeviewよりもAXIORYの方がおすすめです。

特にAXIORYのナノスプレッド口座はECN口座で、スプレッドが狭め。取引手数料も1ロット往復6ドルと、Tradeviewには劣りますが、狭い方です。

AXIORYナノスプレッド口座の詳細は、こちらの記事をご覧ください。

 

Tradeviewでスキャルピングトレードするなら、おすすめはcTrader口座

Tradeviewでは以下の6種類の口座タイプを選択できます。

  1. MT4 ECN口座
  2. MT4 STP口座
  3. MT5 ECN口座
  4. MT5 STP口座
  5. cTrader
  6. バイキング

裁量トレードでスキャルピングトレードをするなら、おすすめの口座タイプはcTrader口座です。

cTraderは他の取引ツールと比べて注文・決済のスピードが非常に速く、スキャルピングトレードと相性が良いからです。

さらにスマホ版でもチャートを見ながらワンタップ注文ができるため、即決即断が求められるスキャルピングトレードにはぴったりといえます。

cTraderの詳細は、Tradeviewの「取引プラットフォーム」、もしくはこちらの記事をご覧ください。

 

まとめ:Tradeviewは取引手数料が低く、スキャルピングトレードと相性バツグン!

ここまでTradeviewとスキャルピングトレードについて解説しました。

Tradeviewがスキャルピングトレードと相性の良い理由については、

  • ECN口座の取引手数料が1ロット往復5ドルと安い
  • スキャルピングトレードと相性の良いcTraderが使える
  • Tradeview自体の注文・決済スピードが非常に速い

などが挙げられます。

Tradeviewは取引コストが非常に低いことから、ベテランの海外FXトレーダーの間でも人気があります。資金に余力があるなら、Tradeviewは最有力候補です。

ただその一方でレバレッジが低い、最低入金額が高いなどのデメリットもあり、資金の少ない人だとTradeviewのECN口座は使いにくいです。

資金の少ない方がスキャルピングトレードをするなら、AXIORYのナノスプレッド口座がおすすめ。取引手数料が1ロット往復6ドルと安いですし、cTraderにも対応しているからです。

TradeviewもAXIORYもスキャルピングトレードと相性の良い海外FX業者です。

それぞれの詳細スペックなどは、Tradeview公式サイトAXIORY公式サイトで確認しましょう。

タイトルとURLをコピーしました