おすすめの海外FX業者はこちら!
海外FXでなかなか勝てない人へ

海外FXでのトレード勝率を上げたいなら、こちらの記事をどうぞ。
海外FXの基本戦術をまとめています。

おすすめトレード手法を見る ▷

XM(エックスエム)対応アプリまとめ。MT4アプリ・MT5アプリ・XMオリジナルアプリのどれがおすすめ?

XMの対応アプリは以下の3種類。

ただアプリの特徴が似ているため、どれを使えばいいかわからないでしょう。

この記事では3種類それぞれのアプリの特徴を解説しています。

XMの対応アプリは、XMの「プラットフォーム」でも確認できます。

 

XMのトレードで使えるアプリは3種類

XMで利用できるアプリでは3種類。

  1. MT4アプリ
  2. MT5アプリ
  3. XMアプリ

ここからはそれぞれのアプリの特徴を解説します。

 

MT4アプリの特徴

mt4アプリ

MT4アプリの特徴は以下の通り。

  • 対応している海外FX業者が多い
  • 注文・通貨ペア切り替えに少し手間がかかる
  • MT5よりもタイムラグが大きい
  • 自動売買はできない(パソコン版は利用可能)

MT4アプリの特徴は、対応しているFX業者の種類が多いこと。ボーナス目当てにマイナー海外FX業者を試すのにおすすめ。

ただ動作の快適性はMT5より劣ります。1分1秒を争うようなスキャルピングトレードには不向きかも。

MT4アプリはEA自動売買に対応していません。EA自動売買をするなら、パソコン版のMT4を使いましょう。

MT4アプリの詳細は、XMの「取引プラットフォーム」をご覧ください。

 

MT5アプリの特徴

mt5アプリ

MT5アプリの特徴は以下の通り。

  • 対応している海外FX業者が少ない
  • ワンタップ注文ができる
  • 通貨ペア切り替えで、画面遷移が不要に
  • タイムラグが少なく、スキャルピングトレード向き

MT5アプリの特徴は、動作が快適なこと。

注文や通貨ペア切り替えがスムーズにできるため、余計な時間をロスしません。特に1分1秒を争うスキャルピングトレードとは相性が良いはず。

ただMT5に対応している海外FX業者がまだ少ないです。有名どころだとXM、LAND-FX、FBS、Tradeviewあたりでしょうか。

スキャルピングトレードと相性のよいAXIORYが対応していないのは不便です。

裁量トレードがメインで、自動売買をする予定がないなら、MT5アプリはおすすめ。

MT5アプリの詳細は、XMの「取引プラットフォーム」をご覧ください。

 

XM公式アプリの特徴(MT5口座のみトレード可能)

xm公式アプリ

XMアプリは、XM公式が配信しているオリジナルアプリです。

主な特徴は以下の通り。

  • MT5口座ならトレードが可能
  • 入金・出金の管理ができる
  • レバレッジを変更できる
  • ポジションの確認ができる

アプリから直接XMの会員ページにアクセスでき、入金や出金、レバレッジの変更などができます。

FXトレードもできますが、対応しているのはMT5口座のみ。MT4口座だとトレードできないのは不便ですね。

XMでトレードするなら、XMオリジナルアプリよりMT4・MT5アプリのほうが使いやすいです。XM会員ページにアクセスするのも、ウェブブラウザで十分でしょう。

今のところ、XMアプリを使う必要性は感じられません。

XMオリジナルアプリは、App StoreGoogle Playからダウンロードできます。

 

スマホでFXトレードするなら、MT4/MT5アプリがおすすめ!

ここまでXMの対応アプリについて解説してきました。

XMの対応アプリは以下の3種類。

個人的なおすすめは、MT5アプリ。MT4アプリの上位互換で、1画面2チャート表示が便利です。

ただMT5は対応している海外FX業者が少なめ。GemForexis6FXなどと併用するなら、MT4アプリの方がおすすめです。

MT4・MT5アプリの詳細は、XMの「取引プラットフォーム」をご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました