おすすめの海外FX業者は?
初めての海外FXは、LAND-FXがおすすめ

最大50万円の100%入金ボーナスがもらえます。
スプレッドもUSD/JPY 0.8 pipsと狭く、デイトレードにも最適。
詳しくは公式サイトへ↓

LAND-FXで口座開設

XMの銀行入金・国内銀行送金まとめ。入金手順・おすすめの銀行は?

XM

XMで入金手続きをするなら、入金方法は国内銀行送金がいちばんおすすめです。

その理由は、利益出金に対応しており、セキュリティが盤石だからです。

ただXMも海外のサービスなので、日本人には不親切なところも多いです。入金でわかりにくいところもあるでしょう。

この記事では、XM国内銀行送金の入金について分かりやすく解説することにしました。

記事の最後には入金の注意点やおすすめの銀行口座も紹介しますので、最後まで読んでくださいね!

 

入金に関する基本情報

XM銀行入金の基本情報は以下の通り。

  • 入金手数料:無料(1万円以下の入金だと1,500円)
  • 最低入金額:10,000円
  • 入金が反映されるまでの時間:30分〜1時間
  • 利益出金:可能

入金手数料は基本無料ですが、1万円以下の入金だと1,500円の手数料が発生します。なるべく1万円以上で入金しましょう。

もう一つ重要なのが、銀行出金が利益出金に対応していること。海外FXではマネーロンダリング防止のため、入金方法と出金方法は同じにする必要があります。

クレジットカードやbitwallet入金だと、利益出金できませんが、銀行入金なら利益出金可能です。

出金額を制限されたくないなら、利益出金のできる銀行送金を選びましょう。

銀行入金の詳細は、口座開設後にXMの「会員ページ」で確認できます。

 

国内銀行送金がおすすめな理由

入金方法に国内銀行送金がおすすめな理由は4つ。

  • 利益出金ができる
  • bitwalletのように規制されるリスクが低い
  • セキュリティが万全
  • お金の管理が容易になる

それぞれの理由を説明します。

 

理由1、利益出金ができる

国内銀行送金の最大のメリットは、出金時に利益出金ができること。入金額以上の出金ができるわけですね。

例えばXMに10万円入金して、資金を20万円に増やしたとしましょう。

利益出金できないクレジットカードやbitwalletだと、最初に入金した10万円までしか出金できません。

それに対し、銀行送金なら20万円を全額出金できます。

海外FXは非常にリスクが高いため、FX口座に余分なお金を残さない方がいいです。利益出金できる銀行送金なら、出金額を自由に調整することが可能。

入金・出金は銀行送金を使うべきです。

 

理由2、bitwalletのように規制されるリスクが低い

海外FXでは出金手数料を節約するために、bitwalletのようなウォレットサービスがよく使われます。

こうしたサービスは便利ですが、セキュリティリスクからいきなり利用制限されるリスクもあります。

実際2019年4月にXMではbitwalletよる利益出金ができなくなっています。

海外FXに慣れていない人が、いきなりオンラインウォレットサービスを使うのはリスクが高いです。

まずは規制リスクの低い銀行送金から使いましょう。セキュリティも盤石で、いきなり利用制限が課されることもないでしょう。

 

理由3、セキュリティが万全

bitwalletSticPayなどのウォレットサービスは確かに便利ですが、銀行に比べるとセキュリティが劣るのも事実。

実際マイナーなウォレットサービスは、詐欺の道具に使われるケースも多いです。IDやパスワードが流出して、口座をハッキングされれば、お金を盗まれるかもしれません。

それにbitwalletもSticPayも海外の会社が運営しています。トラブルがあっても、日本の会社ほど丁寧には応対してもらえないでしょう。

日本語サポートが充実している海外サービスはまだまだ数が少ないです。ネットサービスに疎い方は、銀行送金を使ったほうがいいです。

 

理由4、お金の管理が容易になる

ウォレットサービスを使うことは、もう一つ銀行口座を持つことと同じです。

ネットサービスを使い慣れていない人だと、ID・パスワードや口座の管理が煩雑に思えるでしょう。それにbitwalletの使い勝手も銀行とは違うので、新しく覚えることも多いです。

海外FXを始めたばかりの人にとって、新しいウォレットサービスを使い始めるのは荷が重いはず。

まずは銀行送金で入金・出金して、慣れてきたらウォレットサービスで手数料を節約しましょう。

 

国内銀行送金のデメリット:出金時の手数料が高い

国内銀行送金の最大のデメリットは、出金手数料が高いこと。

入金手数料は基本無料ですが、出金するときは着金手数料とリフティングチャージが合わせて3,000〜5,000円発生します。

銀行の手数料なんて100円、200円と思われるかもしれませんが、国外送金は手数料が意外と高いのです。

以前はbitwalletを利用して出金手数料を824円に抑えられましたが、今は利益出金ができません

少しでも出金手数料を安くしたいなら、楽天銀行住信SBIネット銀行などのネット銀行を使いましょう。

 

XMで銀行入金する手順

ここからは実際にXMで銀行入金を手順を紹介します。

 

XM会員ページの入金方法から「Local Banks」を選ぶ

まずはXMの「会員ページ」にログインし、入金方法の項目から「Local Banks」を選びます。

 

入金先「AsianCoin」「Eprotection」のどちらかを選ぶ

「Local Banks」をクリックすると、次は「AsianCoin」「Eprotection」という2つの項目が表示されます。

2つの違いは、XMの入金先の銀行ブランドです。

  • AsianCoin:りそな銀行への振込
  • Eprotection:三井住友銀行への振込

同じ銀行間の振込だと、手数料が安くなります。

だからりそな銀行で入金するなら「AsianCoin」、三井住友銀行で入金するなら「Eprotection」を選びましょう。

それ以外の銀行を使っているなら、どちらを選んでもかまいません。

 

記載された銀行口座に入金する(MT4/MT5口座番号を忘れずに)

「AsianCoin」を選べば「りそな銀行」の銀行情報が表示され、「Eprotection」を選べば「三井住友銀行」の銀行情報が表示されます。

口座名義、口座番号などが表示されるので、振り込み手続きを済ませましょう。

振込方法は銀行窓口、ATM、インターネットがありますが、数字の打ち間違えリスクを減らしたいならインターネット振込がおすすめ。

それと注意しておきたいのが、口座名義人は「ローマ字氏名+MT4/MT5の口座番号」を入力すること。

口座番号を入力しないと、入金の反映が遅くなります。

 

入金手続き完了のメールがXMから届く

入金手続きが完了すれば、XMからお知らせのメールが届きます。

MT4/MT5口座に入金が反映されたら、いつでもFXトレードが可能です。

 

入金するときの注意点

ここまでがXMの入金手順を解説してきました。

ここからは入金時の注意点をいくつか紹介します。

 

XM口座名義と銀行口座名義が同じであること(別名義は不可)

まずXMで銀行入金をする場合、XM口座名義と銀行口座は同じであること。

これはマネーロンダリングなどの不正利用を防止するためですね。

銀行入金するときは、自分名義の口座を使いましょう。

 

最低入金額は1万円から

銀行入金の最低入金額は1万円から。

1万円以下の入金も可能ですが、1,500円の手数料が発生します。できるだけ1万円以上で入金しましょう。

それに対しクレジットカード入金の最低入金額は500円から。ごくわずかな資金で海外FXを始めるなら、クレジットカード入金を選びましょう。

 

メガバンクだと着金手数料やリフティングチャージが高い

大手銀行は着金手数料とリフティングチャージが高く、2つ合わせて最低でも5,000円はかかります。

銀行の出金手数料を安く節約したいなら、ネットバンキングを使いましょう。

中でも住信SBIネット銀行楽天銀行はおすすめ。5,000円の手数料が3,000円くらいにはなるでしょう。

さらにATMの出金手数料も無料になりやすく、日常生活で現金を使う人にも便利です。

 

振込名義人は「ローマ字+MT4/MT5口座番号」にすること

XMの銀行口座に振り込むとき、振り込み名義人は「ローマ字氏名とMT4/MT5口座番号」を入力しましょう。

そうしないと入金の反映が遅くなります。

 

一部の銀行は出金先にできない

XMでは以下の銀行を出金先にできません。

  • ゆうちょ銀行
  • じぶん銀行
  • みずほ銀行(インターネット支店のみ)
  • ジャパンネット銀行
  • 新生銀行
  • セブン銀行(SWIFTコードがない)

手数料の安い銀行なら、住信SBIネット銀行楽天銀行がおすすめです。

 

入金におすすめな銀行口座

銀行入金の最大のデメリットは、出金手数料が高いこと。

ただ本格的に海外FXでトレードするなら、手数料は少しでも安くしたいですよね?

というわけで、ここからは外貨送金の手数料が安い銀行を2つ紹介します。

 

住信SBIネット銀行

海外FXと日常生活で口座を兼用するなら、住信SBIネット銀行がおすすめ。

理由はATM出金手数料が無料になりやすいからです。普通に使っていれば、毎月2〜5回は出金手数料が無料になります。

また外貨の受け取り手数料は2,500円、リフティングチャージを入れても3,500円程度くらいで、メガバンクよりも手数料を安く抑えられます。

 

楽天銀行

楽天市場や楽天カードを使っているなら、楽天銀行もおすすめです。

楽天カードの会員ステージによってATM出金手数料が無料になり、さらに楽天ポイントも付与されるからです。

また外貨の受け取り手数料も2,450円と、他のメガバンクよりも安いです。ただしリフティングチャージは明記されていないのでご注意ください。

 

bitwalletは利益出金できないので、入金は国内銀行送金を使おう!

ここまでXMの銀行入金のメリット、デメリット、手順、注意点などをお話ししました。

銀行入金は利益出金に対応しており、セキュリティも万全なため、いちばんおすすめな入金方法です。

ただし出金手数料が高いので、なるべく手数料の安い銀行を利用しましょう。

 

海外FXが初めてなら、XMはおすすめ

海外FXが初めての人なら、XMはおすすめ。(XMの評判は?

ボーナスが豊富で、少ない資金でも収益性の高いトレードが楽しめるからです。

  • 3,000円の口座開設ボーナス
  • 5万円の100%入金ボーナス
  • 45万円の20%入金ボーナス

さらに取引ツールは「MT4・MT5」に対応しており、EA自動売買にも挑戦できます。

欠点はスプレッド・取引手数料が少し高いことですが、デイトレード・スイングトレードなら気にならないレベルです。

詳しくはXM公式サイトをご覧ください。

XM公式サイトはこちら

この記事を書いた人
むれ

海外FXの情報を発信しているトレーダーです。
サイト運営やSEO、サイトデザインも大好きです。

むれをフォローする
おすすめ海外FXランキング
LAND-FX

トレード資金が少ない人には、LAND-FXがおすすめ。
最大50万円の100%入金ボーナスがもらえます。
スプレッドも狭く(USD/JPY 0.8 pips)、デイトレードと好相性。

AXIORY

少額でスキャルをするなら、AXIORYがおすすめ。
最低入金額が2万円と低く、レバレッジは400倍と高め。
スキャル向け取引ツール「cTrader」に対応。

Tradeview

取引コストを極限まで抑えたいなら、Tradeviewがおすすめ。
ECN手数料が1ロット往復5ドルと、最安値クラス。
取引ツールはMT4/MT5/cTrader/CURRENEXの4種類。

XM
むれをフォローする
海外FX大全
タイトルとURLをコピーしました