おすすめの海外FX業者は?
初めての海外FXは、LAND-FXがおすすめ

最大50万円の100%入金ボーナスがもらえます。
スプレッドもUSD/JPY 0.8 pipsと狭く、デイトレードにも最適。
詳しくは公式サイトへ↓

LAND-FXで口座開設

XMの入金方法は? 入金手数料・反映時間・注意点まとめ

XM

XMは日本人の間で知名度のある海外FX業者です。日本人向けに入金方法がいくつか用意されており、使い勝手もなかなか良いです。

XMの入金方法は、 銀行入金、クレジットカード、オンラインウォレットサービスなどがあります。

ではXMで入金をする場合、どの入金方法がおすすめなのでしょうか?

この記事ではXMの入金方法、入金手数料、入金時の注意点などを解説します。

 

XMの入金方法は6種類

XMの入金方法は6種類。詳細は以下の比較表をご覧ください。

入金方法入金手数料最低入金額利益出金反映時間
国内銀行送金無料(※)1万円できる30分
クレジットカード・デビットカード無料500円できない即時
bitwallet無料500円できない即時
SticPay無料500円できない即時
ビットコイン無料500円できない即時
海外銀行送金無料2万円できる3営業日以上

(※国内銀行送金は、入金額1万円以下だと手数料1,500円が発生する)

ここからはそれぞれの入金方法の特徴を述べていきます。

 

国内銀行送金(一番おすすめ!)

国内銀行送金は、国内の銀行口座からXMの銀行口座に入金する方法です。

銀行入金は利益出金に対応しており、セキュリティも盤石で、6種類の入金方法の中でも1番おすすめです。

利益出金は、入金額以上の出金をすること。FXで増えた残高を「元本+利益分」でまとめて出金できます。

デメリットは出金手数料が高いこと。送金手数料とリフティングチャージで合わせて3,000円〜5,000円はかかります。

手数料を節約したいなら、住信SBIネット銀行楽天銀行を利用しましょう。

詳しくは「XMの銀行入金まとめ」をご覧ください。

 

銀行入金の注意点

銀行入金には3つの注意点があります。

1つ目は、入金額が1万円以下だと手数料が1,500円発生すること。銀行入金するときは入金額を1万円以上にしましょう。

2つ目は、振込名義人を「ローマ字氏名+MT4/MT5口座番号」にすること。口座番号を入力しておかないと、入金が遅れる可能性があります。

3つ目は、一部の銀行を出金先に選べないこと。

  • ゆうちょ銀行
  • ジャパンネット銀行
  • じぶん銀行
  • みずほ銀行(インターネット支店はNG)
  • 新生銀行

上記の銀行から入金はできますが、出金先には指定できません。

 

クレジットカード・デビットカード入金

XMではクレジットカード・デビットカードによる入金もできます。

入金できる国際ブランドは、VISA、Maestro、JCBのみ。マスターカードやダイナース、アメックスカードは使えません。

海外FXはほぼギャンブル扱いなので、クレジットカード会社によっては利用を制限しているところがあるのです。

国際ブランドがVISAであったとしても、ソニー系列などは入金を受け付けないこともあります。確実に入金したいなら、クレジットカードよりも銀行入金がおすすめ。

 

bitwallet入金(利益出金できなくなった)

bitwalletは海外FXトレーダーの間で有名なオンラインウォレットサービスです。

bitwalletの最大の特徴は、 出金手数料が824円と非常に安いこと。銀行出金よりも2,000円ぐらい安く出金できます。

ただし2019年4月からbitwalletでは利益出金ができなくなっています。せっかくFXで利益を上げても、利益分は銀行から出金することになるため、使いにくいです。

XMで出金するなら、利益出金に対応している銀行送金がおすすめ。

 

SticPay入金(利益出金できなくなった)

SticPayもbitwalletと同じようなオンラインウォレットサービスです。

ただ手数料がbitwalletよりも高いのが大きな欠点。

  • 入金手数料:銀行は入金額の1%、クレジットカードは入金額の3.85%
  • 出金手数料:出金額の2.5%+600円

さらに2019年7月あたりからSticPayでも利益出金できなくなっています。

マネーロンダリング防止のため、こうしたオンラインウォレットサービスでは利益出金できなくなる可能性が高いです。

稼いだお金を利益出金するなら、国内銀行送金を使いましょう。

 

ビットコイン入金(現在は使えない)

2019年現在、XMではビットコイン入金ができません。

ビットコイン入金はあまりおすすめできません。

ビットコインを購入し、ウォレットアプリも用意する必要もあり、入金まで手間がかかるからです。

クレジットカード同様に利益出金もできないため、利益分は銀行送金で出金することになり不便です。

たとえビットコイン入金が復活したとしても、使う理由はないでしょう。

 

海外銀行送金(現在は使えない)

2019年現在、XMでは海外銀行送金ができません。

海外銀行送金による入金もおすすめできません。

手数料が高い上に、入金が反映されるまでの時間も長く、使い勝手がよくないからです。

海外銀行送金を使うぐらいなら、国内銀行送金を使いましょう。

 

おすすめの入金方法は、銀行送金

6種類の入金方法の中で1番おすすめなのが、国内銀行送金による入金です。

理由としては、

  • 利益出金できること
  • セキュリティが盤石であること
  • 使い勝手が良いこと

などが挙げられます。

デメリットは出金手数料が高いことで、送金手数料とリフティングチャージで5,000円ほどかかります。

ただ住信SBIネット銀行楽天銀行など手数料の安い銀行を使うことで、出金手数料を安くできます。

海外FXが初めての方なら、入金方法は銀行入金がおすすめです。

 

XMの入金手数料は?

XMの入金手数料は以下の通り。方法ごとに表でまとめています。

入金方法入金手数料
国内銀行送金無料(1万円以下だと1,500円)
クレジットカード・デビットカード無料
bitwallet無料
SticPay無料
ビットコイン(利用不可)無料
海外銀行送金(利用不可)無料

XMの入金手数料は基本的に無料ですが、国内銀行送金で入金額1万円以下だと、手数料が1,500円発生します。

銀行入金するときは、なるべく入金額が1万円を超えるようにしましょう。

 

XMの最低入金額について

XMの最低入金額は以下の通り。こちらも入金方法ごとに表でまとめています。

入金方法最低入金額
国内銀行送金1万円
クレジットカード・デビットカード500円
bitwallet500円
SticPay500円
ビットコイン(利用不可)500円
海外銀行送金(利用不可)2万円

クレジットカード・bitwalletなら500円から入金ができ、手軽にFXを始められます。

 

入金が反映されるまでの時間は?

入金の反映時間は以下の通り。

入金方法反映時間
国内銀行送金30分
クレジットカード・デビットカード即時
bitwallet即時
SticPay即時
ビットコイン即時
海外銀行送金3営業日以上

クレジットカードやbitwalletならすぐに反映されるので、今すぐFXで遊びたい人におすすめ。

ただし利益出金はできないので、利益分は銀行送金で出金することになります。

最近はクレジットカードやウォレットサービスが海外FXで使えないケースが増えています。

快適に海外FXを楽しみたいなら、多少時間はかかっても銀行送金で入金するべきです。

 

XM入金時の注意点

ここからはXMで入金手続きをする時の注意点を述べています。

 

入金と出金のルートは同じにする(出金優先手順)

XMでは入金と出金の経路を同じにする必要があります。これはマネーロンダリングやテロリストへの資金供給を防ぐためです。

例えばクレジットカードで10万円入金した場合、出金方法はクレジットカードの払い戻しとなります。銀行出金やbitwallet出金は使えません。

ただクレジットカードで入金した10万円を15万円に増やした場合、払い戻しができるのは10万円まで。残りの5万円は銀行送金で出金します。

入金した金額までは、出金経路を同じにすること。これを「出金優先手順」と呼びます。

海外FXで資金移動するときは、入金と出金のルートを同じにするよう意識しましょう。

 

クレジットカード・bitwallet・SticPayは利益出金できない

XMではクレジットカード、bitwallet、SticPayによる利益出金ができません。

入金額以上に資金を増やした場合、残りの利益分は銀行送金で出金することになります。

これはおそらくマネーロンダリングを防止するための施策でしょう。クレジットカードやウォレットサービスは、銀行ほどセキュリティが盤石ではないため、詐欺・犯罪に利用されやすいのです。

安全かつ快適に出金手続きを済ませたいなら、出金方法は国内銀行送金を選びましょう。

 

Skrill・Netellerは日本では使えない

XMは入金・出金方法としてSkrill・Netellerに対応していますが、日本では利用できません。

日本でオンラインウォレットサービスを使うなら、bitwalletかSticPayを使いましょう。

手数料安くするならbitwallet、海外FX業者がbitwalletに対応していないならSticPayを選ぶといいです。

 

まとめ:XMは入金手段が多く、入金手数料も基本無料

ここまでXMの入金方法や入金手数料について詳しく解説してきました。

ビットコイン入金や海外銀行送金が使えなくなっており、現在利用できるのは以下の4種類のみです。

  • 国内銀行送金
  • クレジットカード・デビットカード
  • bitwallet
  • SticPay

それでもXMは入金手数料が基本無料で、海外FXが初めてな人にとっては使い勝手の良い業者だと思います。

入金方法はもちろん国内銀行送金(銀行入金)がおすすめ。利益出金に対応しており、セキュリティも盤石だからです。

銀行は出金手数料が高いですが、住信SBIネット銀行楽天銀行なら安くできます。

入金方法の詳細は、口座開設後の「会員ページ」をご覧ください。

 

海外FXが初めてなら、XMはおすすめ

海外FXが初めての人なら、XMはおすすめ。(XMの評判は?

ボーナスが豊富で、少ない資金でも収益性の高いトレードが楽しめるからです。

  • 3,000円の口座開設ボーナス
  • 5万円の100%入金ボーナス
  • 45万円の20%入金ボーナス

さらに取引ツールは「MT4・MT5」に対応しており、EA自動売買にも挑戦できます。

欠点はスプレッド・取引手数料が少し高いことですが、デイトレード・スイングトレードなら気にならないレベルです。

詳しくはXM公式サイトをご覧ください。

XM公式サイトはこちら

この記事を書いた人
むれ

海外FXの情報を発信しているトレーダーです。
サイト運営やSEO、サイトデザインも大好きです。

むれをフォローする
おすすめ海外FXランキング
LAND-FX

トレード資金が少ない人には、LAND-FXがおすすめ。
最大50万円の100%入金ボーナスがもらえます。
スプレッドも狭く(USD/JPY 0.8 pips)、デイトレードと好相性。

AXIORY

少額でスキャルをするなら、AXIORYがおすすめ。
最低入金額が2万円と低く、レバレッジは400倍と高め。
スキャル向け取引ツール「cTrader」に対応。

Tradeview

取引コストを極限まで抑えたいなら、Tradeviewがおすすめ。
ECN手数料が1ロット往復5ドルと、最安値クラス。
取引ツールはMT4/MT5/cTrader/CURRENEXの4種類。

XM
むれをフォローする
海外FX大全
タイトルとURLをコピーしました