おすすめの海外FX業者はこちら
海外FX初心者は「LAND-FX」がおすすめ!

最大50万円の100%入金ボーナスで大盤振る舞い!
スプレッドもUSD/JPY 0.8pipsと低く、デイトレードに最適
取引ツールはMT4・MT5対応
詳細はこちら↓

LAND-FX口座開設はこちら

XMでEA自動売買をする手順をわかりやすく解説

XM

XMは取引ツール「MT4」に対応しており、EAによる自動売買が可能です。

ただEA自動売買は設定の手順が複雑です。それにVPSの契約や収益性の高いEAの確保などもする必要があります。

自動売買が初めての人にはハードルが高いでしょう。

この記事では、XMでEA自動売買を始める手順をわかりやすく解説することにしました。

口座開設で3,000円ボーナスがもらえる
無料で今すぐ登録できます

 

EAとは?そのメリットについて

EAはエキスパートアドバイザー(Expert Adviser)の略称で、取引プラットフォーム「MT4」で使える自動売買プログラムを指します。

EAはネット上のウェブサイトで入手でき、MQL5フォーラムGoGoJungleなどでも販売されています。

ただEAは当たり外れが多く、ゴミのようなEAをぼったくり価格で売りつける輩もいます。EAで利益を出すには、収益性の高いものを見極める必要があるのです。

それでもEA自動売買には、以下のメリットがあります。

  • 国内FXの自動売買より取引コストが低い
  • チャートを見る時間を節約できる
  • FX特有のストレスがなくなる
  • 仕事に専念しやすくなる

EAの目利きが上手くなれば、国内の自動売買や裁量トレードより良い結果が出せるかもしれません。

前置きが長くなりました。ここからはXMでEA自動売買を始める方法を解説します。

 

XMで口座開設する

XMでEA自動売買を始めるには、まずXMで口座開設する必要があります。

XM公式「新規口座開設ページ」から口座開設を行いましょう。

XMは日本人利用者が多く、信頼性の高い海外FX業者です。海外FXが初めての人は、まずXMから始めてみましょう。

 

口座は「スタンダード・MT4口座」がおすすめ!

XMの口座タイプは3種類あります。

3口座の中で一番おすすめなのがスタンダード口座。取引通貨量が多く、50万円相当の入金ボーナスがもらえるからです。

 

またXMでは取引プラットフォームごとに2種類の口座に分けられています。

  • MT4口座:自動売買向け
  • MT5口座:裁量トレード向け

EA自動売買をするなら、MT4口座を選びましょう。MT4は歴史の長いプラットフォームで、使えるEAの種類が多いからです。

MT5は最近出たばかりの取引ツールで、対応しているEAの種類も少なめ。MT4の10分の1ほどでしょうか。

 

VPS(仮想専用サーバー)を契約する

XMの口座開設が終わったら、次はVPSの契約です。

VPSは仮想専用サーバー(Virtual Private Server)の略称で、共用サーバーを専用サーバーと同じ環境のようにするサービスのこと。

そしてEA自動売買をするならVPSは必須です。

 

VPSはEA自動売買に必須のサービス

VPSを契約する目的は、EA自動売買の運用を安定させるためです。

EA自動売買は基本的に24時間を運用します。普通のパソコンで使っていると、インターネットの接続状態が悪くなり、自動売買が正常に行われないことがあります。

またEA自動売買の運用は、パソコンに負荷がかかります。EAを運用しながら仕事でパソコン使えば、仕事で使っているソフトも重くなるはずです。

ただEAを運用するためだけにパソコンを買うのは割に合いません。だからVPSを契約して代用するのです。

VPSを契約して、WindowsとMT4をインストールすれば、普通のパソコンと同じように使えますからね。

EA自動売買で収益を出したいなら、VPSは必ず契約しましょう!

 

VPSはお名前.comデスクトップクラウドがおすすめ!

初めてVPSを契約するなら「お名前.comデスクトップクラウド」がおすすめ。

WIndowsとMT4がすでにインストールされており、セットアップの手間が省けるからです。

料金は月額2,000円前後と少し高めですが、それを補って余るほど使い勝手がいいです。

さらに「お名前.comデスクトップ」はGMOグループが管理しているため、サポートも充実しています。わからないことがあれば気軽に質問しましょう。

有料VPSは他にもいろいろありますが、初めてEA自動売買をするなら、お名前のVPSが無難です。

詳しくは公式サイト「お名前.comデスクトップクラウド」をご覧ください。

 

XMではVPS「Beeks」を無料利用できるが、おすすめできない

VPSにお金をかけたくないなら、XMの無料VPSサービスを使うのもアリです。

ただ無料VPSを利用するには、2つの厳しい条件をクリアする必要があります。

  1. 毎月5ロット(50万通貨)以上の取引
  2. 口座入金額5,000ドル以上(日本円で55万円)

どちらの資金の少ない人にはハードルが高いでしょう。

10万円くらいの資金でEA自動売買を始めるなら、普通に有料VPSを使った方がいいです。

 

自動売買プログラム「EA」を入手する

VPSの契約が終わったら、次はお待ちかねのEA入手です。

EAはインターネットの販売サイトで入手でき、無料EAをダウンロードしたり、有料EAを購入したりもできます。

ただ収益性の高いEAを見つけるのは難しく、中にはゴミみたいなEAをぼったくり価格で売る輩もいます。収益性の高いEAを見極める目を養いましょう。

ここからはEAの入手方法を解説します。

 

まずはMQL5で無料EAを試してみる

EAは「MQL5」というサイトで入手できます。

無料EAもたくさん配布されているので、良さげなものを片っ端からダウンロードして試してみましょう。

EA自動売買で利益を出すには、EAの目利きが必要。EAをたくさん使ってみることが大切です。

逆にいきなり高額なEAを買うのはやめましょう。初心者がいきなり高額EAを買っても使いこなせません。

まずはMQL5で無料EAを試しましょう。ダウンロードは「MT4の無料EA一覧」から行えます。

 

資金に余裕があれば、有料EAを購入する

ただし無料EAは機能が制限されていることがあります。特定の通貨ペアしか購入できない、取引ロット数が限定されている、などですね。

理由はおそらく有料EAを買わせるため。無料EAは体験版という位置付けでしょう。

無料EAで利益が出てきたら、有料EAの購入も検討してみましょう。

MQL5のEA販売ページには、アマゾンのようなレビュー機能があります。レビューで高評価のもの買えば、ハズレを引く確率が少なくなるでしょう。

ただ有料EAの価格帯は1万円から10万円と高額。購入前にはEAのパフォーマンスをしっかり下調べしておきましょう。

優秀なEAが欲しいなら、こちらの記事をご覧ください。

 

自動売買プログラムの注意点

ここからはEA自動売買プログラムを使うときの注意点を述べていきます。

 

EAは複数運用が基本

まずEA自動売買では基本的に複数のEAを同時に運用します。

理由はリスク分散するため。ひとつのEAで稼げなくなってもも、他のEAが収益を出していれば、その損失を補ってくれます。

どんなEAにも波があり、あらゆる状況で稼ぎ続けることはあり得ません。

だから様々な相場のケースに対応できるよう、手法の異なる複数のEAを同時運用するわけです。

「卵は一つのカゴに盛るな」という投資の格言はEA自動売買にも言えそうです。

 

EAには寿命がある(目安は1〜2年)

EAには寿命があります。寿命の目安は1年から2年でしょうか。

あまり高額なEAを買いすぎると、EAの購入コストを回収できなくなります。

EAの寿命が尽きる理由は、過去の相場に対応しすぎて、現在の相場に対応できなくなったからとされています。

この現象をカーブフィッティングと言います。

稼げなくなったEAは運用を停止して、新しいEAに切り替えましょう。EA自動売買の世界でも損切りは大切です。

 

 

EAの成果が出るまでに時間がかかる(数ヶ月くらい)

EAは運用してすぐに成果が出るとは限りません。

EA自動売買のプログラムは過去のチャートを元に作られていますが、それが今現在のチャートに対応しているとは限らないからです。

最初のうちは赤字で、数ヶ月かけて徐々に収益化していくというケースもあります。

だからEAの成果がすぐに出なくても、運用は続けましょう。

 

収益性の高いEAを見つけるのは難しい

稼げるEAを見つけるのは本当に難しいです。

稼げるEAがあれば、みんなそれに飛びつきますし、開発者も独占するからです。

必要以上に収益性を喧伝するEAがあれば、詐欺の可能性を考えましょう。EAは高額な情報商材なので、詐欺にも使われやすいのです。

1ヶ月で100%以上の利益率なんてEAがあれば、ほぼ詐欺です。EA自動売買の利益率は、月5%〜10%と相場が決まってます。

稼げるEAを見つけたいなら、EAを見る目を養いましょう。みんなが目もくれないようなところに、お宝は転がっているものです。

 

EAをMT4にセットする(Windows推奨)

EAを入手したら、それをMT4に組み込みます。

EA自動売買は基本的にVPSのWindowsで行うため、設定環境もWindows OS推奨。

設定方法は簡単で、MT4を起動して、ファイルから購入したEAを展開するだけ。

設定方法については、こちらの記事をご覧ください。

 

EA自動売買はめんどくさい。忍耐力も必要。

MT4のEA自動売買ははっきり言ってめんどくさいです。

VPSの契約は必須ですし、収益性の高いEAを見極める目も必要。そしてEAのセッティングや管理にも、パソコン・サーバー関連の知識が求められます。

国内FXのように、ボタン1つで後は勝手にやってくれるわけでもありません。情報収集能力や忍耐力も要求されるでしょう。

ただEA自動売買にはそれを補って余りあるメリットもあります。

  • 国内FX自動売買よりスプレッドが狭く、収益性が高い
  • 収益性の高いEAを自分で選べる
  • 海外FXの高いレバレッジをかけて自動売買できる
  • チャートを分析をする時間を節約できる

特にEA自動売買はスプレッドが余分に広がらないため、国内FXの自動売買よりも収益性の高いです。

めんどくさいことをやってのける忍耐力があるなら、EA自動売買はおすすめです。

口座開設で3,000円ボーナスがもらえる
無料で今すぐ登録できます

 

海外FX初心者はXMがおすすめ!

海外FXが初めての方は、XM(公式)がおすすめ。

理由は、入金ボーナスが豊富だから。入金したお金をすべて失っても、ボーナスで再挑戦でき、FXトレードの経験をたくさん積めます。

新規口座開設なら、10万円入金するだけで、6万3,000円分のボーナスが獲得可能。

さらに入金手数料や出金手数料も無料になりやすく、10万円以下の少額トレードと相性がいいです(銀行側の手数料は発生する)。

メールサポートも優秀で、わからないことがあれば気軽に日本語で質問でき、早ければ1日で返信してくれます。

欠点はスプレッドが若干広いこと、ECN手数料が1ロット10ドルと高いこと。スキャルピングトレードとは相性が悪く、デイトレード向けです。

海外FXのことがよくわからない方は、XMを選ぶのが1番無難です。

詳しくはXM公式サイトをご覧ください。

口座開設で3,000円ボーナスがもらえる
無料で今すぐ登録できます
おすすめ海外FXランキング
LAND-FX(初心者向け)

トレード資金が少ない人には、LAND-FXがおすすめ。
最大50万円の100%入金ボーナスがもらえます。
スプレッドも狭く(USD/JPY 0.8 pips)、デイトレードと好相性。

AXIORY(中級者向け)

少額でスキャルをするなら、AXIORYがおすすめ。
最低入金額が2万円と低く、レバレッジは400倍と高め。
スキャル向け取引ツール「cTrader」に対応。

Tradeview(上級者向け)

取引コストを極限まで抑えたいなら、Tradeviewがおすすめ。
ECN手数料が1ロット往復5ドルと、最安値クラス。
取引ツールはMT4/MT5/cTrader/CURRENEXの4種類。

この記事を書いた人
むれ

海外FXの情報を発信しているトレーダーです。
サイト運営やSEO、サイトデザインも大好きです。

むれをフォローする
XM
むれをフォローする
海外FX大全
タイトルとURLをコピーしました