LAND-FXの50万円ボーナスをチェック!
海外FXのおすすめは?

海外FXが初めての方は、こちらの記事を読みましょう↓

海外FX業者のおすすめはこちら!

XMの手数料まとめ:取引手数料・口座維持手数料はどれくらい?

XM

海外FXの世界にも、さまざまな手数料が存在します。取引手数料や入金手数料、出金手数料、口座維持手数料などですね。

「国内FXでは無料のサービスが、海外FXでは有料だった」というケースもよくあります。海外FXを使うなら、手数料も把握しておかないと安心できませんよね?

そこでこの記事は、XMで発生する様々な手数料をわかりやすく解説することにしました。

具体的には取引手数料、入金手数料、出金手数料、口座維持手数料の4つに言及します。

最大50万円の入金ボーナス

 

XMの口座ごとの取引手数料

XMの取引手数料は以下の通りです。

  • スタンダード口座・マイクロ口座:無料
  • XM Zero口座:10ドル/1ロット(10万通貨)

これだけだとわかりにくいので、それぞれの口座の取引手数料をもっと詳しく解説します。

 

スタンダード口座・マイクロ口座:取引手数料は無料

XMのスタンダード口座・マイクロ口座では取引手数料は無料。

FXトレードするごとに、海外FX業者にスプレッドを支払います。国内FXと同じですね。

ただXMのスプレッドは、アメリカドル円で平均1.6 pips。海外FX業者の中では平均レベルですが、国内FX業者の平均(0.3 pips)と比べると高いです。

まとめると、スタンダード口座とマイクロ口座では取引手数料が無料だけど、スプレッドは若干広めということです。

それぞれの口座タイプの詳細は、XMの「口座タイプ」で確認できます。

 

XM Zero口座:取引手数料は1ロット(10万通貨)10ドル

XM Zero口座では、1ロット(10万通貨)あたり10ドルの手数料が発生します。

XM Zero口座の発注方式はECNです。スプレッドが極端に狭い代わりに、取引手数料が別に発生します。

XM Zero口座のスプレッドは、アメリカドル円で0.1 pips。取引手数料の1ロット10ドルを加えても、実質的なスプレッドは1.1 pipsとなります。

スタンダード口座の1.6 pipsと比べて、スプレッドが0.5 pipsも狭いことがわかりますね。

XM Zero口座はスプレッドが極端に狭いため、スキャルピングトレードと相性が良いのです。

そのかわり入金ボーナスがもらえず、ロイヤリティプログラムにも参加できず、CFD取引も利用できません。

詳しくは公式の「XM Zero口座」をご覧ください。

 

他の海外FX業者との取引手数料を比較(ECN口座)

XM Zero口座はECN口座なので、スプレッドが非常に狭く、スキャルピングトレードと相性がいいです。

ECN口座とは、スプレッドが極端に狭い代わりに、取引手数料が発生する口座のこと。

ECN口座はXM以外にも存在します。主要な業者は以下の通り。(カッコ内は1ロット手数料と最大レバレッジ)

  • Tradeview:5ドル、レバレッジ200倍
  • AXIORY:6ドル、レバレッジ400倍
  • TitanFX:7ドル、レバレッジ500倍
  • XM:10ドル、レバレッジ500倍

XMのECN口座は、他と比べて手数料が高いですね。

ECN口座でトレードするなら、Tradeview、AXIORY、TitanFXの3社が優秀です。

ただこれら3つの海外FX業者では入金ボーナスがもらえません。資金の少ない人は、まずXMスタンダード口座で入金ボーナスをもらいつつ、資金を増やしましょう。

XMのボーナス詳細は、公式の「プロモーション」をご覧ください。

 

XMの入金手数料

XMの入金手数料は以下の通り。

  • 国内銀行送金:銀行側で108円〜
  • クレジットカード・デビットカード:無料(一部のカードは使えない)
  • bitwallet:銀行送金は入金額の1%、クレジットカードは4〜5%
  • SticPay:銀行送金は入金額の1%、クレジットカードは3.85%
  • ビットコイン:無料(現在は使えない)
  • 海外銀行送金:無料(出金手数料が超高い)

この中でおすすめの入金方法は、国内銀行送金(銀行入金)。

入金額以上の出金ができ、セキュリティも万全で、サービスが突然制限されるリスクがないからです。

クレジットカードやデビットカードも無料で入金できますが、入金額以上の出金ができません。

bitwalletは手数料が安いのですが、2019年4月から利益出金ができなくなりました。SticPayも同じく利益出金ができません。

XMで入金するなら、入金方法は銀行入金を選びましょう。

入金手続きは、口座開設後の「会員ページ」から行います。

 

XMの出金手数料

XMの出金手数料は以下の通り。

  • 国内銀行送金:受け取り銀行側で3,000円〜5,000円
  • クレジットカード・デビットカード:返金処理のため無料
  • bitwallet:824円(利益出金できない)
  • SticPay:出金額の1.5%+800円(利益出金できる)
  • ビットコイン:無料、ただし換金の手数料は発生する
  • 海外銀行送金:4,000円〜8,000円

おすすめの出金方法は銀行出金。利益出金に対応しており、セキュリティも万全だからです。

それに対しクレジットカード、デビットカード、bitwallet、SticPayは利益出金できません。

消去法で考えて、出金方法は銀行出金がおすすめです。

出金手続きは、口座開設後の「会員ページ」から行います。

 

XMの口座維持手数料(90日間利用がなければ、毎月5ドル)

XMの口座は、90日間利用していないと休眠口座になります。

口座が休眠状態だと、毎月5ドルの口座維持手数料を差し引かれます。使わなくなった口座とはいえ、毎月500円の手数料が発生するのは痛いですね。

休眠口座を復活させる方法は、口座内の資金を動かすこと。

入金したり出金したり、FXトレードしたりすれば、休眠状態から復活します。

XM口座を使う予定がまだあるなら、90日おきにトレードをして、口座を休眠させないようにしましょう。

 

残高がゼロのまま90日経過すると、口座凍結に

XMでは口座残高がゼロの状態で90日間放置すると、凍結口座になります。

休眠口座と凍結口座の違いは以下の通りです。

  • 休眠口座:口座を90日間放置。口座は復活できる
  • 凍結口座:口座残高ゼロの状態で、90日間放置。口座は復活できない

XMで口座を凍結させられてしまうと、二度と復活できません。新しく取引を始めたいなら、口座を作り直しましょう。

 

XMの手数料は安くて、おすすめ!

XMは海外FX業者の中でもまともです。利用者が気軽に利用できるよう、手数料も低く抑えられています。

銀行入金だと1万円以上で入金手数料が無料に、銀行出金でも2万以上で手数料が無料になります。手数料が無料になりやすいのも、XMの良いところです。

ただしECN口座の手数料は1ロット10ドルと高め。本格的にスキャルピングトレードするなら、もっと手数料の安い業者を選びましょう。

それでもXMには最大50万円の入金ボーナスや、日本人利用者が多いことによる安心感もあります。

XMは海外FX初心者には、十分おすすめできる業者です。

XMのここがスゴイ!

資金10万円くらいで海外FXを始めるなら、XMがおすすめ。

口座開設して入金するだけで、3種類のボーナスがもらえます。

  • 口座開設ボーナス3,000円
  • 100%入金ボーナス(最大5万円)
  • 20%入金ボーナス(最大45万円)

10万円入金すれば、63,000円分のボーナスがもらえます。入金額の1.5倍以上のボーナスがもらえるのは、資金の少ないトレーダーにとってありがたいはずです。

さらにXMは取引ツール「MT5」にも対応。MT5はiOS版だとワンタップ注文が可能で、しかもスマホアプリでも1画面で2つのチャートを同時に表示できます。

公式サイトや会員ページも日本人向けに丁寧に作られており、直感的な操作で手続きを進められます。

スプレッドが若干広いのが欠点ですが、それでも海外FX初心者の入門にはちょうどいいはずです。

XMでのFXトレードは、こちらの口座開設ページから始められます。

初心者におすすめの海外FX業者ランキング
GemForex

海外FXが全くの初めてなら、とりあえずGemForexがおすすめ。
メールアドレスと名前だけで、簡単に口座開設ができます。
さらに新規口座開設し、本人確認するだけで、最大2万円のボーナスがもらえます。
お金を使わずにリアルトレードをしたいなら、まずはGemForexを試しましょう。

XM

GemForexのボーナスを使い切ったら、次はXMがおすすめ。
口座開設で3,000円、そして最大5万円の100%入金ボーナスがもらえます。
またXMは日本人利用者が多いので、わからないことがあっても、検索・SNSで問題を解決しやすいです。

取引コストの低い海外FX業者ランキング
Tradeview:取引コストが最安値クラス

トレードのコストを最小限に抑えたいなら、Tradeviewがおすすめ。
ECN口座の取引手数料は、1ロット往復5ドル。
取引ツールは「MT5・cTrader」で、快適なFXトレードを実現できます。

AXIORY:cTraderでのトレードは非常に快適

10〜50万円で裁量トレードをするなら、AXIORYがおすすめ。
ECN口座の取引手数料は、1ロット往復6ドル。
取引ツールの「cTrader」は、ワンタップ注文や自動損切りなどができ、非常に便利。

LAND-FX:最大50万円のボーナスがもらえる

ボーナスがたくさん欲しいなら、LAND-FXがおすすめ。
最大50万円の100%入金ボーナスがもらえます。
スプレッドも狭く(USD/JPY 0.8 pips)、デイトレードと好相性。
取引ツールは「MT5」は、スマホで2チャート表示ができるのが便利。

この記事を書いた人
むれ

海外FXの情報を発信しているトレーダーです。
サイト運営やSEO、サイトデザインも大好きです。

むれをフォローする
XM
むれをフォローする
海外FX大全
タイトルとURLをコピーしました